ニュース

スフィーダSNSではリアルタイム最新情報から
選手たちの意外な一面までお届けしてます。


ニュースアーカイブ:

2020年10月25日
[U14]東京都U-15リーグ2部 第3節 FC駒沢女子に勝利!

◯3-1(1-1/2-0) 稲田、小泉、寒河江

 本日の2試合目となった本試合は、1試合目の修正とテーマの再確認を行い臨みました。ゲームプランとしてSBの立ち位置に少し変化を加え、守備の安定を図ることとボール保持の仕方を工夫しました。
 この試合も立ち上がりから勢いを持って入り、取り組んできた形から先制点が生まれました。しかしその後は相手の高い位置からのプレスに苦戦し、思うように前進出来ず、前半終了間際に相手の素晴らしいシュートで追いつかれます。
 後半はチームの一員として何をすべきなのか、相手のプレスに対する攻撃の打開策を持って挑みました。素晴らしいFKと、サイド突破を起点としたゴールにより勝利を収めることが出来ました。
 1日を通して課題に上がったのは、前半25分通した戦い方と相手のプレスに対する柔軟性の部分です。すぐに改善を図れるものではないですが、このチームは可能性しかありませんので、さらに強くなるための要素として捉えたいと思います。
 移動の送迎等のサポートをしていただいた保護者の皆様ありがとうございました。大きな2試合を勝ち切ることが出来ました。来週、自力で1位を決めるチャンスを得ましたので、チームとして掲げてきた目標に到達できるよう、引き続きチームへの応援・サポートをよろしくお願いいたします。

木野田 俊英

2020年10月25日
[U14]東京都U-15リーグ2部 第2節 INAC東京フェミニーナに勝利!

◯3-0(1-0/2-0) 北原、北原、北原

 先週の試合が延期となったため、3週間ぶりのリーグ戦となった本試合は、この期間の取り組みが現れた試合となりました。攻守において2つずつのテーマを持ち、試合に臨みました。
 前半は試合の入りが良く、相手陣地でプレーする機会を増やします。前線のプレッシングから早い時間に先制します。その後、ボールを握ることで主導権を得ますが決定的なチャンスは生み出せませんでした。
 後半は相手陣地でのボールの動かし方に修正を施し、交代選手の働きもあり攻勢を強めます。自分達の狙った形から得点は生まれませんでしたが、守備からの早い攻撃やセットプレーから得点を取れていることは評価出来ます。さらに得点を取れるように、チームとしてどのようにチャンスを生み出すかの部分を高めたいと思います。
 朝早くから送迎等のサポートありがとうございました。引き続きチームへのサポートをよろしくお願いいたします。

木野田 俊英

2020年10月25日
[U13]東京都U-15リーグ5部 第2節 Grant FC Joiasに勝利!!

○4-0(2-0/2-0) 佐藤2、堀、田中

 前節から三週間、個人戦術の積み重ねとミドルゾーンでのボール保持やサイドの崩しに取り組み今日の試合を迎えました。
 試合は立ち上がりのチャンスを決めきれず、相手の集中した守備とラインコントロールにより先制点は試合開始から12分でした。やはり、立ち上がりの重要性を学んだ一日となりました。前半の2得点はどちらもDFラインの背後に抜け出し、迷わずゴールに向かってトライし続けた狙い通りの得点です。
 追加点を狙い選手交代とポジションチェンジで二列目から追い越すプレーやサイドの崩しでゴールに迫りましたが決めきれず、逆に相手の前線からのプレスにより中盤での攻防に激しさが増し、ピンチを迎える場面もありました。ですがこちらもアタッキングサードに入る回数が増え、ボールを失った後の素早い攻守の切り替えからペナルティエリア内でボールを奪い返し追加点。更にはサイドの崩しにより中央が薄くなりスペースができたところでアンカーのおもいきったミドルシュートが決まりました。終了間際にはCKの連続でピンチを迎えましたが、GKを中心に集中し声を掛け合いゴールを守りきり試合終了。
 次節は一週間後に同じ相手と闘います。今日の反省を活かし、今日以上の内容で結果が出せるように準備したいと思います。
 保護者の皆さま、本日も無観客試合の中で送迎などのサポートをしていただき誠にありがとうございました。引き続き、選手たちへの応援・サポートのほど宜しくお願いいたします。

渋谷 由美子

2020年10月24日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)2020関東予選 2回戦INAC多摩川レオンチーナに勝利!!

○6-1(2-0/4-1) 間、間、川村、川村、水本、岩崎

 本試合にて1月に開催される全国大会の切符を手に入れる事が最大の目的であり、まずは導いてくれた選手に感謝すると共にチームを更に高める時間があること、この先の成長に大きな期待を感じています。今日のチームとしての取組み、我々らしいサッカーができたということについては非常に満足しています。
 闘う上でのポイントをいくつか押さえ、回収と前進を攻守に渡り強く求め送り出すと、選手交代時に一瞬の隙を見せた際の失点を除きグループでの回収力や連動性は向上が見られました。今日までサイド攻撃の改善を積み上げ、クロスやCK、サイドから中央へ複数が関わったコンビネーションでの得点が出せたのは評価に値します。特に両サイドを中心とした素早い攻撃は相手DFを引き出す上で効果的な局面として拘りを持って取り組んできました。ゲーム全体では押し込んだ時間が多い反面、攻め込んだ最後のフィニッシュの質(決め切る)に課題を残しているので、最重要課題として今日の学びを次につなげたいと思います。
 リスクを恐れずに攻撃する迫力は相手に脅威を与えていたのは事実ですが、迫力以上に中央において状況判断のバラツキからボールロストやカウンターを受ける未熟さも見せてしまいました。エリアによって主導権を握り、よりボールを落ち着かせることを特にGK/CB/CH中心に(舵取りをするための)遅効も整理をし、選手同士の確実なコンビネーションを引き出して参ります。
 今後は全国大会へ向けたポジション争いもより激化し、各種大会・テストマッチが重要な確認材料となりますので、更に選手個々の責任感とチームへのサポート力を求めスフィーダユースチームらしい姿をお見せできるようトレーニングを重ねたいと思います。本当に多くのご声援誠に有難うございました。支えてくれる皆様に感謝し、謙虚な姿勢で引き続き成長して参ります。引き続き応援・サポートのほどよろしくお願いいたします。

川嶋珠生

2020年10月24日
プレナスなでしこリーグ2部 第15節 ニッパツ横浜FCシーガルズとドロー

△2-2(0-1/2-1) 樫本、大竹

 今節を勝利で終えられるかが自分達の目的地へ近付ける唯一の手段でしたが、残念ながらホームで勝利を手にすることが出来ず2戦連続のドローとなりました。
 相手はここまで14戦で失点は僅か「5」と堅守を誇るチーム。自分達の確固たるスタイルは相手の守備網を攻略するために必要な武器となり、自分達のストロングポイントを全面に押し出した闘い方こそが勝利への近道だと判断していました。前半開始早々に注意していた形から失点すると流れが相手に行く時間帯もありましたが、チームは試合の中で微調整し、徐々にリズムを掴みながら落ち着いて闘ってくれたと振り返っています。GKが早々に負傷交代するなど、難しい状況も訪れましたが、チームはチームとしてのチーム力を示し、それらの状況を掻い潜ってくれた部分もありました。ゲームプラン通りに進められたところもありましたが、同点に追いついてからの自分達の流れの中で得点を奪いきれなかったことが勝利を手繰り寄せられなかった課題の1つであることは明らかなので、この課題とは引き続き向き合い続けて行く覚悟です。こうしたゲームで勝ち切れないと目的地にはたどり着けないと思っています。
 是が非でも勝利が欲しいと考えていたゲームでしたから、このドローはネガティブに捉えがちになってしまう結果ですが、敗戦が頭をよぎる79分の失点から最後の最後で同点に追いつくことが出来たことにこのチームの成長を感じられる部分はあります。どんな時でも諦めず、最後の最後までチームを信じて走り抜く。私達は残り3試合もこれまでと同じように準備し、最後まで仲間を信じて走り抜けます。最後に笑って時間を過ごせるように”今”としっかり向き合って行きたいと思います。
 本日も応援誠にありがとうございました。次節はアウェイですが、最後の2節はホームなので、そのホームに繋げられるよう結果を持ち帰りたいと思っています。泣いても笑っても最後3試合。どのチームよりも走って、勝利に向かいます。

川邊

2020年10月20日
皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会組合せ決定

 以下の通り皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会の組合せが決定致しましたのでお知らせ致します。スフィーダ世田谷FCはシードでの2回戦から参加となります。

2回戦
日時:12月5日(土)10:30キックオフ
会場:上野運動公園競技場
対戦:筑波大学、静岡SSUアスレジーナの勝者
対戦表:http://www.jfa.jp/match/empressscup_2020/schedule_result/

2020年10月20日
2020プレナスなでしこリーグ2部 第15節 試合情報

■試合情報
・ 日時 2020年10月24日(土) 13:00キックオフ(有料試合)
・ 会場 武蔵野陸上競技場(JR三鷹駅)
・ 相手 ニッパツ横浜FCシーガルズ
・ 交通 「JR三鷹駅」北口より関東バス[北裏行、武蔵関駅行、田無橋場行]乗車、「武蔵野市役所前」下車、徒歩2分
ご来場は外階段より2Fにお越しください
■試合ご案内①( チケット / 開門 / 座席 / 運用 )
◆チケット販売(当日現地購入のみ)
・ 12メンバーズ会員様 先行販売   11:00開始
・ 一般来場者様   11:30開始
・ チケット料金
<スタンド指定席> 1,000円 / 中高生500円
 ※新型コロナウイルス感染症対策のため、座席移動、変更は原則認められません
◆開門
・ 11:30
・ 2F入場口からのみ
※再入場 可
※本節ケータリング出店はございません
◆座席限定について
・ 新型コロナウイルス感染防止対策のため、本試合はメインスタンド540席をご用意しております
 (風通しがよいため、防寒着ご用意をお勧めします)
・ チケットご購入の際、お客様にご希望座席をお選びいただき、そちらを指定席とさせて頂きます
・ 全席、前後左右のソーシャルディスタンスを確保しております
・ 立ち見でのご観戦はできません
<座席エリア一覧>
http://www.sfida.or.jp/link/musashino.pdf
◆検温・個人情報ご記入のお願い
・ スタジアムへのご入場の際、非接触型検温のご協力をお願いいたします
・ 検温を済まされた方(37.5℃未満)のみ、チケット購入が可能となります
①検温 ②座席決め ③チケットご購入 ④半券記入 ⑤入場 の順番でご入場いただけます
・ 個人情報取得のご協力をお願いいたします
◆ガイドライン運用について
 本試合は「日本女子サッカーリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(10/1更新版)」を遵守し運用いたします
http://www.nadeshikoleague.jp/.../200901_covid-19...
■試合ご案内②(ご来場可否について)
◆試合当日までの二週間以内に下記項目いずれかの該当がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます
< ご自身の体調について >
・ 37.5℃以上の発熱がある方
・ 倦怠感がある方
・ 咳または喉の痛みがある方
・ 嗅覚または味覚に異常がある方
・ その他 風邪症状や息苦しさ等、体調に異変がある方
< 濃厚接触にあたる方 >
・ 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方
・ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
・ 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方
■試合ご案内③(ご観戦方法について)
◆マスク着用のお願い
 会場内ではマスク着用の上でご観戦頂きますようご協力お願い申し上げます
 ※熱中症予防のため一時的に外される場合は会話はお控えください
◆ホームチーム横断幕掲出について
 10:00~11:00 2F入場口より、「ホームベンチ裏掲出エリア」に掲出ください
 掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください
◆応援方法について
 新型コロナウイルス感染経路(飛沫・接触による感染)対策のため、下記行為を控えてのご観戦をお願い申し上げます
● 応援を扇動する行為
● 声を出しての応援、声援、審判へのクレーム等
● 指笛
● 鳴り物使用
● メガホンの使用(トラメガ含)
● 座席をまたいでのハイタッチ、肩を組む等の行為
● タオルマフラー、ゲートフラッグを前後左右に振る・回すなどの行為(掲げるのみは可)
● ビッグフラッグ、大旗の掲出(運営が認める無人エリアは可)
◆ビジターチームサポーター様へのお願い
・ ビジターチームのグッズ、ユニフォームを着用してのご入場はできませんので、ご理解ご協力を頂きますようお願い申し上げます
・ 県境をまたいでの感染拡大防止の観点から、ビジター席の設置はございません
◆ なでしこリーグリンク
 観戦ルールとマナーについて
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2020/0910_1334.html
 試合観戦についてのお願い
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2020/0910_1209.html
■会場内イベント情報
・ マッチデープログラム先着配布
・ オリジナルグッズ販売

2020年10月17日
[ユース] U-18 Women's Super League 2020第1節星槎国際高等学校湘南に敗戦

●2-5(0-2/2-3) 川村、水本

 今日まで攻撃の質を向上し挑んだ本戦、立ち上がり早い段階で2失点すると、勝負処で決めきれず失点を繰り返す締まりの無いゲームになってしまった事は非常に残念です。スコアほどの力差はあらずとも、相手は勝負際に対する統制と力を備えており単純に我々の弱さが出てしまったゲームだと振り返っています。かみ合わせや相性により、徐々に大きなズレになり自分たちの流れを引き戻せることなく終えた前半を経て、後半はもう一度立て直すことを求め選手たちが正しく理解し、修正することで得点を挙げる流れを取りもどすことが出来た修正力と勢いは依然今年のチームの色であり強みであります。
 いくつかの戦術的な変更へも柔軟に対応し冷静に振る舞い効果的なコンビーネーションと縦の推進力を取り戻す局面もありましたが、共に激しいプレッシャー下でのゴール前の攻防では、特に互いに推進力を持って突破を図る中で、ちょっとした油断や準備不足により自分達のミスから招く失点が試合をいかに難しくしてしまうのか学べた1戦でした。逆に相手は冷静に対応し、苦しい時間帯も我慢しながらコントロールしていました。これがトーナメントであれば終わり。その意識も常に持ち高い危機感を求めて参ります。苦しい敗戦ではありますが、来週に控えた正念場を戦い抜くために、明日からしっかりと調整し良い準備をしていきたいと思います。
 本日も多くの保護者の皆様の応援やサポート誠に有難うございました。引き続きサポートのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川嶋 珠生

2020年10月17日
プレナスなでしこリーグ2部 第14節 ちふれASエルフェン埼玉とドロー

△1-1(0-1/1-0) 渡辺

 予想以上の寒さの中、絶対に勝ち点を持ち帰らないといけない際のゲームでチームは最後まで自分達のプレーに集中し堂々と振る舞い勝ち点を得ることが出来ました。試合はほぼ想定していた展開の中、進みました。普段とは闘い方を微調整し、相手の攻撃を受けて立つことで、バランスを保たせました。ゲームが進む中でも調整を施し、少しずつ流れを引き寄せられるよう闘っていましたが、前半の終了間際で失点。しかし、チームはここで更に士気を落とすことなく、修正し後半戦へ突入。なかなか攻め手がない中で、センターバック渡辺の意表を突いたロングシュートで同点。一進一退の攻防が続く中、共に譲らなかった両者が勝ち点を分け合う形となり試合は終了。価値のあるドローだったと評価しています。
 毎試合の結果も、今の順位も全てが紙一重であり、毎週目の前の試合にだけ集中している日々を過ごしています。全てが終わった時の結果が最も重要であり、途中の今に大きな意味がないことを私達は理解しています。だからこそどんな試合も変わらずにチャレンジャーとして振る舞い、どんな時でも前へ進んで行くことを選んで来ました。残り4試合。自分達の価値は自分達で作るものであり、自分達のサッカーを自分達で証明する。ここから先も厳しい4試合が続いていきますが、これまでと同じように一戦一戦に懸けて走り抜きたいと思います。
 本日もご声援を賜り誠にありがとうございました。次節はホームゲームとなりますので2戦続いたアウェイよりも断然心強く感じています。チームは次節へ向けて最高の準備を行って参りますので引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

川邊

2020年10月12日
石野妃芽佳選手の負傷

 先週のトレーニングにて石野妃芽佳選手(23歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い復帰に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。石野妃芽佳選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:左膝前十字靭帯断裂
全治:8ヶ月間の見込み

2020年10月11日
プレナスなでしこリーグ2部 第13節 ASハリマアルビオンに敗戦

●0-3(0-0/0-3) 

 非常に惜しい敗戦であると共に、現在の自分達の現在地を示してくれる試合だったと言えるのかもしれません。
 アウェイで優勝候補との一戦ということもあり、しっかりと準備を重ね対策を施してきました。その成果もあり、前半こそほぼ理想に近い形で対応でき、チャンスも演出できていました。チームがここまで積み上げてきた物の成果を感じられる一面も多々あり、優勝候補の一角に一定の手応えを感じながら試合を進めることが出来ていたことは悪くなく、冷静に闘い続けられていた前半だったと感じていました。
 後半戦を迎えるにあたり、試合の進め方と相手の出方とその対策を施しピッチに送り出しましたが、予期出来ていた形に近いものから失点してしまいゲームは極めて難しい様相へと変化して行きました。細心の注意を払っていても尚、一瞬の隙を突き破る個の力を見せてきた相手に対応しきれなかったこともありますが、それと同時に自分達がゲームを支配している中で、その流れを得点という結果で示しきれなければ、こうも流れが一変するということを再認識させられた内容だったと思っています。
 0-3という惨敗に近いスコアでも消化しなければなりませんし、ゲームを正確に分析し評価することも大事です。これまでも多くの経験を重ねる中で着実に成長してきたチームですからこの経験も力に代えていきますが、それと同時にこの敗戦を振り切りチームで力強く次節へ進んで行くことを選択して行く必要があります。敗戦に捉われず、目の前の一戦へ向け準備を重ねていく…その繰り返しで今がありますから、この結果に飲まれることなく、次節を見据えていきます。
 応援して下さる全ての皆様に喜んでいただける結果をお届けできなかったことは非常に悔やまれますが、自分達が更に高く飛ぶために、この敗戦を乗り越えていきます。次節もアウェイとなりますが、引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。

川邊

2020年10月11日
[ユース] 東京都女子サッカーリーグ1部第2節FC PAFに勝利!

○2-0(2-0/0-0) 加藤、間

 JFAU-18関東予選の敗戦から今日まで、次の我々の目標であるJCY全国大会出場と本リーグの上位リーグにあたる関東リーグ昇格へ向け、力強く歩みだす為に意味を持った本試合でした。結果的にはまた自信を取り戻せたゲームとなりました。相手は昨年東京都2部リーグから昇格した勢いのあるチーム。
 立ち上がりはプレスの連動性や距離感が整わずに、相手のハイボールのセカンドを拾われる展開から、自分達の良さが消される形でスタートします。いつもであれば、プレーの精細さを欠き単調な攻撃を繰り返す所ですが、今日は最終ラインを中心にビルドアップから丁寧な配球が結果的に前線の負担を減らし、相手の運動量を奪う事で流れを手繰り寄せました。
 両SBが積極的に攻撃参加し、サイドチェンジやクロスを多用するなどピッチをワイドに使いながら敵陣へ迫ると、相手DFを引き出すテンポや関わりが徐々にも増え、アタッキングサードで数的優位を作り出し、前向きに仕掛ける場面は良く表現できていたと思います。特に中盤の配球力は更に磨きをかけるべきポイントとして、次節に向けた課題にし基礎技術の向上を継続して参ります。
 何より1試合通じて選手達が”流れ”を冷静に読んだことが今日の一番の勝因だと振り返ります。相手の時間帯にも冷静に対応できた事、我々が流れを取り戻すために何をするべきかグループで振舞えたことが結果的に無失点に繋がっています。
 まだまだ、決定機における質(クロスやセットプレー)は良い状態では無いものの勝利を掴む上で重要なポイントは学べたと思いますので、次節に向けた準備をして参ります。
 本日も気温も低く降ったり止んだりを繰り返す荒天の中、保護者の皆様の応援やサポート誠に有難うございました。逞しく成長する選手達を引き続き支えて頂きますようお願い申し上げます。

川嶋珠生

2020年10月04日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2020関東 第6節 日テレ・東京ヴェルディセリアスとドロー

△3-3(1-2/2-1) 高畠、島崎、島崎

 レギュレーション一巡に縮小された本リーグもラスト2試合、3位(セリアス)と4位の一戦を迎えました。先制は5分、積極的な姿勢を見せた中盤選手のゴールで幸先の良いスタートを切ります。前半半ばまではリズムを掴めていただけに追加点が必要でしたが、ボールに対する寄せが遅れるに従い相手が長く保持する時間帯へ変わっていきます。ただこれまでに比べ相手を外に追いやることやディフェンスサードから追い出すことはできており、特別怖いシーンは作らせずに対応できていました。もったいないのは低い位置で奪った後の攻撃が雑になったことが自らを苦しめ、慌ただしく最終ラインが乱れたところを突かれ追い付かれてしまいます。守備陣が整っていない場合のシンプルな判断やスペースを使いながら攻撃の時間を設けることを冷静に行えていれば、2失点目となるビルドアップミスも防げたと反省を残します。
 守勢で終えた前半の流れを打ち消すため、バランスを取り戻し相手から時間とスペースを奪うことを目指し後半に臨みます。前半より守備陣形と最終ラインを高く保てたことで、相手が保持しながらも反撃を伺うことはできていました。飲水までに失点しなかったことが選手達の成長で、ここを期に中盤の回収を増やすことから攻勢を取り戻していきます。終盤にシーソーゲームとなった展開でしたが、アディショナルタイムまでゲームを作れるようになったチームの成長が価値ある勝ち点を分け合う結果を残しました。
 本日もゲームマネジメントを学んだ一戦でしたが、チームは毎試合着実な修正と積み重ねを備えており、試合を楽しむこともできてきた様子です。現状は狙っていた成績ではありませんが、優勝争いに翻弄されることなく力を付けている点では関東大会に向けたポジティブな準備ができています。本戦は負ければ終わりですので、リーグ戦のメリットを最大限活かした時間を過ごしたいと思います。
 本日も無観客試合にてお目にかかることはできませんでしたが、たくさんの応援とサポートは感じております。伸び代の塊のチームですので、厳しくも充実した日々を過ごしたいと思います。痛みを抱える選手も増えていますので、心身のケアを中心としたサポートを引き続きよろしくお願いいたします。

山田岳暁

2020年10月04日
[U14]東京都U-15リーグ2部 第1節 FCリガール アザレイアに勝利!

◯2-0(0-0/2-0) 北原、冨沢

 今シーズン初の公式戦。昨シーズンの悔しい想いを胸に、結果で証明しようと活動してきました。順調であったとは言えませんが、ここまでの取り組みを評価できる結果であったと思います。
 8月に練習試合にて顔合わせしているチームですので、今週は相手の弱みにつけ込めるように準備してきました。重要になったのはロングボール。上手く活かし、上手く対応出来るかが鍵でした。
 前半は選手達がゲームプランを高いレベルで遂行してくれたことで、主導権を握ることができました。しかし結果に繋がる決定的なプレーが生まれず、逆に自分達のミスからピンチを招く場面もありました。
 後半はハーフタイムで修正したことを実行してくれましたので、ピンチもなく終始相手を押し込む形となりました。早い時間にセットプレーから得点が生まれ、勢いそのままにチャンスを作り続けた結果で追加点を挙げ、素晴らしかったと思います。
 自分達のスタイルをベースに相手に合わせて準備してきたので、後半はその相手の試合の振る舞いを見て、いつものようなサッカーを展開出来ればもっと良かったと振り返ります。試合を重ねていく中で勝てるチームとしてふさわしい試合運びを身につけていければと思います。
 2部リーグですが、続く対戦相手は今年の東京都予選で結果を出しているチームですので、良い結果が得られるよう取り組んでまいります。
 本日は無観客試合にてご理解ご協力いただきありがとうございました。保護者の皆さまと勝利を分かち合いたい気持ちではありますが、良い報告が出来るように精進してまいります。引き続きチームへのサポートをよろしくお願いいたします。

木野田 俊英

2020年10月04日
[U13]東京都U-15リーグ5部 第1節 成城学園中学校に勝利!

○16-0(9-0/7-0) 佐藤、佐久間2、松澤3、小林千2、田中、羽柴2、堀、末岡3、笠原

 待ちに待った初の公式戦は今年のチームの特徴を大いに発揮できた素晴らしいゲームとなりました。開始25秒での先制点に始まり、全員がチームの為に闘い試合終了まで貪欲にゴールを狙い続けた結果です。ミスも沢山ありましたが、ミスした後の切り替えが早く、素早く回収し攻撃し続ける事が出来たのは日頃のトレーニングでの成果だと確信しています。常に高い目標を持ち、自分達の目指すべきところはもっと上だという意識の中でトレーニングできている事が今日の結果に繋がりました。ゴールシーンに関しては、個の能力だけではなく数名の選手が関わる形、スルーパスでの抜け出し、両サイドからの崩し、セットプレー、ミドルシュートなど多くの選手が様々な形で決めてくれました。どこからでもゴールが生まれる点はこのチームの良さでもあります。しかしボールを持ち攻撃し続ける中で、ミドルサードでの駆け引きに物足りなさを感じました。相手を引き出す為のパス交換や運ぶドリブルが少なく、雑な縦パスを入れて個の能力で解決しようとしてしまう点は修正しトレーニングで改善したいと思います。
 スフィーダの選手らしく相手よりも走り、球際で闘う事は継続し、選手たちの更なる成長へと繋げられるよう取り組んで参ります。保護者の皆さまには無観客試合での開催にご協力して頂き、誠にありがとうございます。引き続き選手達へのサポート・応援のほど宜しくお願いいたします。

渋谷 由美子

2020年10月03日
[ユース]JFA全日本U-18女子サッカー選手権大会関東予選第1回戦 横須賀シーガルズJOYに敗戦

●2-3(2-0/0-3) 田口、川邊

 本大会に向けて全てを注いだ今日、プラン通り2点をリードしながらも逆転負けで1回戦敗退となりました。試合の入り方に成功したのは私たちであり、テストマッチを繰り返すことでゲームの進め方が以前よりも整理できていました。中央エリアの攻防がより重要視され、アタッキングサードで中盤の選手が前向きにプレーする場面が増えました。効果的なスペースを支配することで相手DFを引き出しフィニッシュの形まで崩した素晴らしい2得点だったと振り返ります。しかし、後半立ち上がりほんの少しの守備のミスから失点を喫すると、平常心を失った部分がいくつか見られ、相手の勢いを止めることが出来ず非常に悔しい敗戦に終わりました。前後半通じて、アタッキングサードでの仕上げの質(細かいパスワークや個の突破)が最終的には試合の勝敗を分けたゲームです。また、守備面で冷静さを欠いた原因はほんの少しの意思疎通、信頼関係から招いた勿体無い失点でした。今はメンバー外の選手達へ吉報を届けることが出来なかった事に、まず何より申し訳なさを感じます。相手はダイナミックな展開にテクニカルなパスワークを広げ、非常に力を持った素晴らしいチームです。本試合はまさに死闘と言える難しいゲームでしたが、勝負の瀬戸際で流れを手繰り寄せた相手を素直に讃えたいと思います。
 今日までの選手達の成長は著しく、前半は緊張感を吹き飛ばす我々らしいプレーを随所に見せてくれました。試合ぶりが悪かったわけではなく、形勢は互角以上の時間帯もありました。ここで敗退となりますが、次の目標に向かい力強く踏み出すのか、今年のユースチームの真意が問われています。まずは全員でしっかりと向き合い、本大会の全国大会と同時期に行われます*日本クラブユース女子サッカー大会(U18)出場に向けて調整をして参ります。
*2020年10月〜11月関東予選/2021年1月9日(土)〜17日(日)群馬県前橋にて開催
 本日は早朝から遠方まで送迎・サポートしてくださった保護者の皆様、選手達を目標の場へ導くことが出来ず申し訳ございません。何より無観客試合での壮行にて、見えない・わからない中での不安やご心配がありながらも、見守って頂きこの場をお借りして深く御礼申し上げます。選手達は最後の笛が鳴るまで諦めず闘ってくれました。まずは選手の心身をサポートして頂き、毎日ただただ真っ直ぐサッカーに向き合っている素晴らしい未来ある選手達の後押しを引き続き宜しくお願いいたします。

川嶋珠生

2020年10月03日
プレナスなでしこリーグ2部 第12節 AC長野パルセイロレディースに勝利!

○2-0(1-0/1-0) 大竹、大竹

 似たスタイルを武器とするチーム同士の一戦。志向するサッカーが激しくぶつかり合うであろう闘いにおいて、自分達が相手をコントロールしゲームを支配して行くことが重要でした。チームはこれまで取り組んできた攻撃での成果を見せる一方、試合の中での修正にも柔軟に対応し難しいゲームを取ってくれました。共に激しいプレッシャーを掻い潜り、相手ゴールに何度も迫りましたが、局地戦で少し上回れたことで試合を優位に進めることが出来ました。
 このリーグの中で最も危険なチームの1つであるチームに対し、真っ向勝負で闘い抜いたチームは評価に値しますし、最後まで走り切った両チーム共に素晴らしかったと振り返っています。簡単なゲームではありませんでしたが、それでも際の攻防戦を1つずつ乗り切り、勝負の綱渡りを渡りきれたのは成長の証です。こうしたゲームを制していけるチームになりつつある今に満足せず、更に高みを目指して自分達の道を貫き通したいと思っています。リーグの行方も残り3分の1となりましたが一戦必勝の覚悟で走り抜きたいと思っています。
 本日もスフィーダ世田谷FCを応援して下さる皆様に後押しして頂けましたこと心より感謝申し上げます。次のホームゲームまで1つでも勝ち点を積み上げられるようアウェイでも負けずに闘い抜いてきます。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊

2020年10月01日
100%スフィーダ!10月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」10月号はスフィーダが行く~京都遠征編~、リーグ戦のダイジェスト映像、後藤トレーナーのお仕事紹介の3本立てでお届けします!是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年09月29日
村上真生選手の負傷

 先週のトレーニングにて村上真生選手(20歳)が接触プレーにより負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い復帰に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。村上真生選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。

診断結果:右足第五中足骨骨折
全治:3ヶ月間の見込み
 

2020年09月27日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部第1節十文字学園女子大学に敗戦

●0-1(0-0/0-1)

   やっと本大会も様々な方の協力・支援を以て開幕までたどり着いた開幕戦にて、昨年の優勝チームとの1戦となりました。昨年の対戦成績は1勝1敗。関東リーグ昇格へ向けては、引き分け以上が求めらていました。結果的には、FKによる一瞬の隙を突かれた1本に泣いた形で終わりました。チームとして「やるべきこと」の質に差があったことは認めざるを得ません。ゲームに対する緊張感や危機感は攻守に渡る戦術的な統制から見て取れるように確実に成長しているのは確かです。しかし迫る大会を目前に、勝利や得点は全員が求めているところです。相手の素晴らしいFKによる1発があるように個々の発揮が結果に導くと体感出来たと相手の愚直な姿勢を素直に見習いたいと思います。
 ここまで純粋に選手たちが真っ直ぐサッカーに向き合ってきた想いに応えられるよう私もベストを尽くます。また今年はこのような状況の中、サッカーが出来ている環境や周りの人に感謝し目標が達成できるよう上手いチームではなく強いチームに成長出来るよう、個々が勝負強さを身につけるのみですので引き続き強化に努めて参ります。
 保護者・サポーターの皆様、無観客試合開催へのご協力誠にありがとうございました。選手達は皆目標に向かい逞しく成長を続けています。勝負所に向けて、心身豊かな状態で臨むべく引き続き応援・サポートのほどよろしくお願い致します。

2020年09月27日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2020関東 第5節 浦和レッズレディースジュニアユースに敗戦

●4-10(0-7/4-3)久保田、青木菜、石浦、久保田

 昨年の選手権覇者との一戦。前節の戦術面の修正として積極的な守備を心掛けて臨みました。その成果は相手陣内では良好、自陣では対応の臨機応変さに難があり、その数だけ失点に繋がったゲームです。攻撃も守備も最後は個の力、そこの責任や重要さをよく学べた試合でした。
 前半は悪くない入りです。相手GK前でフリーの場面をつくり、先に主導権を握る分岐点もありました。失点は8,17,20,29,30,37,40+2分。明らかに積極的な守備は効果があり、残るはシンプルな個の対応や球際で抑えられる場面が多かったですが軽さ、緩さが失点を招いてしまいました。DF、GKは刻一刻と変わる1対1の状況(トラップ際で捕まえられるのか、ワンテンポ遅れるのか、その位置や角度)でどのような対応がベストかを決断しなければならないポジションだけに、曖昧さを反省しなければなりません。
 後半は自分達に残された40分間で何をするべきかを確認しました。トライすべきチャンスが与えられていることを再認識し、心機一転諦めない姿勢で臨みます。連続4得点を挙げ一時4-7のスコアとしますが、飲水で途切れた流れを取り戻せず再び60,63,77分に失点、トータルスコアとなります。あまりに多い失点ではありましたが、この対戦カードで乱打戦になったことは過去にもありません。評価したい部分は連動した守備と4連続ゴールの力。やりたいことはできました。あとは個をせき止める力、粘り強さです。まずは両極端の課題と成果を整理し、繋がりがあるポイントを潰していきたいと思います。
 今後関東大会に向けた準備となりますが、リーグ戦残り2節も全国レベルの相手です。より高い順位のシード権を狙うチャンスは残されており、今後勝ち進み再戦する際にここまでの経験が糧になるよう前向きに挑んでいきたいと思います。
 本日は無観客試合にて皆さんには陰でのサポートとご心配をお掛けしました。チームは傍目の結果ほどネガティブな状況ではありません。選手達は厳しい連戦の中で自分の強さ、弱さを学んでおり、進化しようと切磋琢磨の日々を過ごしています。一区切りまであと二週、引き続きサポート頂きますようお願いいたします。

山田岳暁

2020年09月27日
プレナスなでしこリーグ2部 第11節 大和シルフィードとドロー

△1-1(1-0/0-1) 堀江

 90分+3分での失点でドローとなりました。勝ち点3が目の前に迫っていただけに、この劇的なドローにはまるで敗戦かのような雰囲気すら漂っていましたが、私はチームのパフォーマンスを決して悲観していませんし、むしろ相手と向き合い、真正面からやり合った戦術的な好ゲームだったと振り返っています。前回の対戦でも終了間際に追いつかれ、そのまま一気に逆転まで持ち込まれてしまった苦い記憶がありますから、同じようなミスを繰り返したゲームのように映るかもしれません。しかし、チームは前回の経験を経てチームとして成長してきていましたし、今日もチームとしての成長を感じることが出来ました。プレーの幅は広がり、引き出しも増えました。勿論、勝点3を持ち帰れれば、それが1番でしたが、試合のやり取りの中で、チームは勝つために最善を尽くしてくれましたし、手応えを感じられた部分があることも見逃してはならないと思っています。
 大和シルフィードは素晴らしいチームでした。相手は個人、チームともに戦術面では優れており、チームとして闘える統制の取れた集団。前への推進力、局面での勝負に懸ける気迫、そして何より最後まで諦めない強い心と仲間を信じる折れない心。それらを兼ね備えたチームとの対戦だったが故にお互いの意地と意地が交錯する好ゲームになったのだと思います。学ぶべき事が沢山あるチームだと改めて感じました。
 残り7節。私達は私達の強みを伸ばし、今日の経験も含めて一歩ずつ階段を登って行くことだけに気持ちを向けたいと思っています。勝とうが、負けようが、引き分けようが、毎週変わらずやってくる次節へ向けて、自分達としっかり向き合い続けて行きたいと思っています。
 本日も応援誠にありがとうございました。ベストな結果ではありませんでしたが、これを糧にベストな結果を得られるチームに進化して行きたいと考えています。次節はホームですので、引き続き熱いご声援を賜りますようお願い申し上げます。

川邊

2020年09月22日
[お知らせ]2020年度入会希望者向け入会セレクション2次選考結果

 9月18日に実施しました2020年度入会希望者向けスフィーダ世田谷FC U-13入会セレクション2次選考の合格者を以下の通りお知らせいたします。たくさんのご参加誠にありがとうございました。

20111 20117 20118 20120 20121
20123 20125 20127 20128 20130
20133 20134 20135 20136 20137
20138 20139 20140 20142 20143
20144 20145 20146 20147 20151
20154 20156 20160 20163 20165
20167 20170 20171 20173 20177
20178 20179 20180 20182 20189
20190
以上41名

◇3次選考会について
3次選考会は10月29日(木)19:15(19:00受付開始)より開催いたします。

2020年09月20日
プレナスなでしこリーグ2部 第10節 FC十文字VENTUSに勝利!

○5-2(3-0/2-2) 堀江、長﨑、大竹、オウンゴール、瀬野

 リーグ後半戦へ突入した今節。例年、リーグ前半戦と後半戦ではより拮抗した試合が多くなり、勝ち点を奪いきることが非常に難しくなっていきます。相手はここまで未勝利ではあるものの未勝利が故に変化を加えてきますし、予測が出来ない部分もあるわけです。2度目の対戦の難しさは前節のバニーズ京都SC戦でも経験しており、今節も初めて対戦するチームだという認識で挑みました。
 前半、チームの試合への入り方は非常によく、狙った形での崩し、そして得点もあり優勢に試合を進めることが出来ました。前回の対戦と同じく前半3得点を奪い3-0で戻ってこれたことは予想以上の結果であり、選手達が危機感を持って闘うことが出来た証でもあります。後半に立て続けに失点し4-2まで迫られることがありましたが、チームは4つあったアドバンテージもあり、慌てることなく闘い最終的に追加点を加え5-2で勝利することが出来ました。前半は勝者に相応しい振る舞いが出来ていましたし、隙も少ない良いコントロールが出来ていましたが、後半は狙い通りの形に持ち込めるシーンが多くなく、特に2失点目は不必要な失点だったと振り返っています。1失点した直後に闘い方を整えられれば奪われることのない失点でした。ただ、それでも前回対戦(5-0勝利)よりチームとしての成熟は感じられましたし、チームとしてのバリエーションは増え着実に成長している部分はあると確認できたことはプラスに捉えています。
 残り8試合。この8試合でも成長できるはずですし、成長なしに勝利はないと危機感を覚えています。たった1節で順位が目まぐるしく変わる切迫したリーグ戦。どこで敗戦し一気に順位を落とすかも予測がつきません。間違いなく言えること、それは自分達の強みを伸ばすことで、この難しいリーグ戦を闘い抜くことができるわけですから次節へ向けた準備も自分達の良さを引き出す作業に終始することになると思います。9月の目標は相手云々ではなく、自分達と向き合い、自分達の成長を目指す。今のところ階段は登れているで次節も成長を感じられる試合に出来るよう準備して参ります。
 本日も雨予報の中、それでも皆様にご来場頂き、応援頂きましたこと心より感謝申し上げます。屋根のない会場なので雨予報、更には新型コロナウィルスの影響もありますから来場者は激減するだろうと考えていましたが、それでも多くの皆様にご来場頂けていることに皆様の想いを受け取ることが出来ています。後半戦は前半戦以上に難しい試合が続くことは避けられないのですが、それでも一戦一戦目の前の相手だけに集中し全員で走り抜きたいと思っています。引き続き応援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊

2020年09月19日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2020関東 第4節 ジェフユナイテッド千葉・市原レディースU-15に敗戦

●0-4(0-2/0-2)

 今節でリーグが折り返しに差し掛かる大事なゲーム。今節を終了することで、2020なでしこリーグは成立し、今後新型コロナウィルスなどの影響などにより中止になったとしても中止になった時点の順位が最終順位となります。
 大敗です。左右クロス、中央突破、CKからの失点を振り返れば、どれだけ深い位置へのチャンスを与えてしまったかが明白です。そして早い時間立て続けの失点。試合の入りの守備強度、球際の緩さ、スペース管理の甘さが招いたもので、終わってみれば前半20分までに今日の試合を決められてしまう内容になりました。
 残り60分で相手の倍走らなければならない状況となれば、当然大事なところで技術的なミスも生じます。こちらもGKとの1対1、複数回の相手ディフェンスサードでのボール奪取と2,3点奪う場面は十分ありました。これらの状況でほとんどが最終的に相手へボールが渡っているのは、ペースアップを強いられたことと迷いや慌てたプレーによる精神的な弱さにあります。
 相手にも同じことが言え、慌てさせる、ミスを誘発することができる試合でした。つまりこの大敗は自分達次第であり、失点シーンも与える必要のないものでした。
 このチームを指揮する立場として、やはり一番ポイントになるのは中3選手だと思っています。中1,2選手にこれ以上を求めるのは酷であり既に十分チームを助けています。ピッチ内外で誰が何をするべきか、どんな振る舞いを取るべきか、誰がチームを変えるのか、改めて見つめ直すきっかけとなりました。
 今節は戦術論ではなくチームとしての修正となりますが、危機感を共有できた時の強さは自信があります。それを継続して発揮できる「チーム力」を目指し、毎試合を精一杯戦いたいと思います。
 保護者皆様には本日もたくさんの応援、サポートを頂きました。感謝と申し訳なさに尽きません。リザーブ選手が納得できる勝ち方、負け方にもこだわり強化を進めたいと思います。引き続き応援の程よろしくお願いいたします。

山田岳暁

2020年09月13日
プレナスなでしこリーグ2部 第9節 バニーズ京都SCに勝利!

〇2-1(0-1/2-0) 大竹、瀬野

 今節でリーグが折り返しに差し掛かる大事なゲーム。今節を終了することで、2020なでしこリーグは成立し、今後新型コロナウィルスなどの影響などにより中止になったとしても中止になった時点の順位が最終順位となります。
 毎節、ギリギリの試合が行われ、勝ち点に大きな隔たりがなく、予期せぬ結果も珍しく無くなってきたリーグ。それだけチーム間の力が拮抗している証拠ではありますが、今節終了時点での1位〜7位までの勝ち点差はたったの"5"
今日も厳しい闘いをやり切り勝ち点3を手に入れることができたことに安堵しています。しかし、それと同じくらい、課題を改善しつつある内容や、後半からの修正した闘いとそれを完璧に表現してくれたチームも素晴らしかったと思っています。先制されても慌てることなく、しっかりとゲームをコントロールし、相手のゴールをこじ開けた2ゴールはどちらも美しく、狙いがうまく噛み合ったシーンでしたし、それらを演出した途中交代の選手達の質も高かいものでした。このチームの強みはチーム力。ここまで9節全てで交代枠の"5"を使い切っています。変化を与えてくれる選手、安定をもたらしてくれる選手が揃っているからこそ出来る闘い方であり、この暑く過酷な時期を乗り越えられたのはチームで闘ってこれたからなのかも知れません。私達はこれまでも、これからも、変わることなく目の前の一戦だけに集中し、自分達のサッカーを貫き通すことで勝ち点を得ていきたいと思っています。どんな時でも、何があっても信念を貫き、仲間を信じて助け合いながら進んでいきます。
 本日もきっと多くの皆様に勝利を願って頂けていた事と思います。勝てたことが全てですが、続く連戦で過去を振り返る時間も多くないので、早期に修正点を洗い出し、更に成長につなげていく時間をチームで歩みたいと考えています。本日も応援誠にありがとうございました。
川邊

2020年09月13日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2020関東 第3節 十文字中学校に勝利!

〇2-0(2-0/0-0) 久保田、永田

 前節の引き分けからチームは多くのことを振り返り、勝つために必要なことを実践しようと努力してきました。精神的な要素の修正ではありましたが、目標や成し遂げることの方向性を選手達が自主的に共有したことによって、今日の試合では戦術の実践力を大幅に上げることにつながった印象です。
 今節のチームテーマは「中盤勝負」。攻守に渡りここが優位に立てればそれを囲う選手達の良さが発揮できます。勝点を狙う上で非常に重要な一戦、それぞれの良さを引き出すことを念頭に臨みました。
 前半は想定通り、中盤の主導権争いとなります。前線、中盤選手の積極的な守備で相手に決定的な役割を持たせないことができ、次第にペースを握ることができました。相手の背後を狙う選手を複数掛け、空いたバイタルエリアを取るサポートをつくることができ、これまでに比べゴール前への配球に選択肢を作ることができました。そういった流れの中、先制点はクロスから、追加点はCBのミドルシュートと手厚い攻撃を展開することができました。
 後半、相手は最終ラインを埋める配置とロングフィードからのスピーディーなチャンスメイクを図ります。今日はこれに受けに回らず、前線の蹴らせないチェイシング、中盤のセカンドボール回収、そこへのサポートを絶やさなかったことで守備陣の負担を軽減することができていました。それでも背後を取られた際はGKやDF陣の幅広いカバーリングで多くの決定機を阻止、終盤間際のCKではGKのビッグプレーでゴールマウスを守り切りました。
 ポジションごとの攻撃時の判断や切り替えの速さ、球際の厳しさはまだ課題が残りますが、「五分五分をマイボールに」「前を向くために」「背後を取るために」の修正にてポジティブな課題となります。またチームで声を掛け合い最後まで集中を切らさなかったことは選手達自身で掴んだ大きな勝因です。チームテーマであった中盤勝負で優位に立てたことは今後の試合においても連勝のカギになります。全員が攻撃的に、全員が闘い走り切れるチームを目指し、強化を進めていきたいと思います。
 本日は同じ東京の強豪チームとの一戦にて、保護者皆様のサポートや応援が非常に力になりました。毎週連戦に関わらずチームを支えて頂き改めて感謝申し上げます。まだまだ厳しい試合が続きます。全国クラスが揃うリーグ戦にて気が抜けませんが、引き続き応援の程よろしくお願いいたします。本日も誠にありがとうございました。
山田岳暁

2020年09月06日
プレナスなでしこリーグ2部 第8節 日体大FIELDS横浜に勝利!

〇2-1(1-1/1-0) 根本、堀江

 有観客試合になってから2連敗という成績が気にならなかったと言えば嘘になるかもしれませんが、試合に勝とうが敗けようが引分けようが毎週変わらず次節へ向けての対策と自分達の成長へのアプロ―チ終始してきました。当たり前ですが現時点での勝ち点や順位に大きな意味はなく、最終的にどこに位置出来るかどうかは目の前に迫る試合を毎週どう闘い続けるか?という積み重ね次第です。そういう意味でも今週も淡々と積み重ね、自分達と向き合い続けてくることが出来ました。
 取り組んできたことには一定の評価が出来る部分がありましたが、勝敗を左右する時間帯におけるチームとしての振る舞いや意識の統一には若干の誤差があったように感じています。それが結果として試合を難しいものにしてしまいましたが、それでも強引に勝利を引き寄せられる力強さは評価したいところです。ただ、このチームのポテンシャルをもってすればもっと高いパフォーマンスを求めることで成長して行くはずですし、次節から始まる『今シーズン一度闘った経験のある相手との2戦目』は自分達がさらに成長できなければ苦い結果を招くことになりかねないと危機感を得ています。
 自分達が試されているともいえるシチュエーションの中、それでも進んでいけるか?歩みを止めてしまうか?すべては自分達次第なので、自分達を越えていけるチームに進化して行けるよう一週間時間を無駄にすることなく準備したいと思います。
 本日もご声援を賜り誠にありがとうございました。今シーズン有観客での初勝利となりましたが、次節以降も皆様と共に勝利を手繰り寄せられるように最大限の準備をして参ります。引き続きご声援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊


2020年09月05日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2020関東 第2節 ザスパクサツ群馬レディースU-15とドロー

 本節も酷暑のため飲水タイムを前後半2回ずつ取る形式で行いました。第1節の課題であった攻撃の判断、ショートカウンターの守備対応を積み上げ臨んだ一戦です。
 相手は一定の守備ラインから積極的にボールの出所に制限を掛け、帰陣の速さもよく統一されていました。序盤からこちらの攻撃が吸収され、ローペースに持ち込まれたことがこの試合のキーポイントだと振り返られます。テンポを上げる、少しでも高い位置を狙う、素早い回収など修正を求め選手達も理解はできていたはずですが、ペースを狂わされた攻撃陣の復調には至らず精彩を欠くまま時間を費やしていきました。先制はその中でもハードワークしていたサイドの選手達による積極的なプレーで奪うことができ、後半へとつなぎます。
 改めて前半から変わる必要があり、後半出だしを勝負所と捉えペースアップしますがその時間帯を継続することはできませんでした。攻め疲れた訳でもなく終始前線・中盤の選手の運動量が上がらず、その影響はそのまま守備陣の負担となります。しばらく守備陣の奮闘に支えられながら好機を伺いますが、攻撃のサポートが遅れたところを捕まり同点に。その後も内容が変化することなくドローで終わったゲームですが、攻守に渡りチームで守備陣を助けてあげられなかったことが全てです。
 毎節課題を抽出し次のゲームに活かせることがリーグ戦のメリットであり、選手達の成長源となります。サッカーの質を上げることと平行し、チームとしての質、一選手としての強さを備える努力をしていきたいと思います。これが関東大会、全国大会であればPK戦です。そのことも学ぶ一戦でした。
 本節も保護者皆様のサポート頂き、サッカーに集中することができました。今年は特にそれが当たり前ではないことを再認識し、次に進んでいきます。引き続き応援の程よろしくお願いいたします。

山田 岳暁

2020年09月03日
原志帆選手の負傷

 2020プレナスなでしこリーグ2部第7節(8/29)、後半35分に負傷交代した原志帆選手(28歳)ですが、精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い復帰に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。原志帆選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。

診断結果:左足首外側靭帯損傷及び後方軟骨損傷合併
全治:6週間の見込み
 

2020年09月02日
100%スフィーダ!9月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」9月号はスフィーダが行く~長野遠征変~、リーグ戦のダイジェスト映像、#11長﨑茜選手のお仕事紹介の3本立てでお届けします!是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年09月02日
2020プレナスなでしこリーグ2部 第8節 試合情報

■試合情報
・ 日時 2020年9月6日(日)17:00キックオフ(有料試合)
・ 会場 AGFフィールド(飛田給)
・ 相手 日体大FIELDS横浜
・ 交通 京王線「飛田給」駅より徒歩10分
 ※お車でのご来場はできません
当日は南門(甲州街道沿い)のみご入場できます(2F通路は封鎖中)

■試合ご案内①( チケット / 開門 / 座席 / 運用 )
◆チケット販売(当日現地購入のみ)
・ 12メンバーズ会員様 先行販売   15:00開始
・ 一般来場者様   15:30開始
・ チケット料金
 <メインスタンド席> 1,000円 / 中高生500円
 <芝生席・芝生エリア> 500円(一律)
 ※新型コロナウイルス感染症対策のため、座席移動、変更は原則認められません
◆開門
・ 15:30
・ メインスタンド席:2F接続門
・ 芝生席・芝生エリア:フィールドゲート1(南門内)
※再入場 可
※化粧室は
 <メインスタンド席> 再入場口を出て隣接施設内
 <芝生側> バックスタンド
 にそれぞれございます
◆座席限定について
・ 新型コロナウイルス感染防止対策のため、本試合はメインスタンド242席、芝生席・芝生エリア360名分をご用意しております
・ 芝生席・芝生エリアは各ブロック人数制限を掛けております(6~12名)
・ チケットご購入の際、お客様にご希望座席をお選びいただき、そちらを指定席とさせて頂きます
・ 全席、前後左右のソーシャルディスタンスを確保しております
・ 立ち見でのご観戦はできません
<座席エリア一覧>
http://www.sfida.or.jp/link/agf.pdf
◆検温・個人情報ご記入のお願い
・ スタジアムへのご入場の際、非接触型検温のご協力をお願いいたします
・ 検温を済まされた方(37.5℃未満)のみ、チケット購入が可能となります
①検温 ②チケットご購入(指定席購入)③半券記入 の順番でご入場いただけます
・ 個人情報取得のご協力をお願いいたします
◆ガイドライン運用について
 本試合は「日本女子サッカーリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を遵守し運用いたします
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2020/0724_1702.html

■試合ご案内②(ご来場可否について)
◆試合当日までの二週間以内に下記項目いずれかの該当がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます
< ご自身の体調について >
・ 37.5℃以上の発熱がある方
・ 倦怠感がある方
・ 咳または喉の痛みがある方
・ 嗅覚または味覚に異常がある方
・ その他 風邪症状や息苦しさ等、体調に異変がある方
< 濃厚接触にあたる方 >
・ 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方
・ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
・ 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方

■試合ご案内③(ご観戦方法について)
◆マスク着用のお願い
 会場内ではマスク着用の上でご観戦頂きますようご協力お願い申し上げます
 ※熱中症予防のため一時的に外される場合は会話はお控えください
◆ホームチーム横断幕掲出について
 14:00~15:00 フィールドゲート1(芝生席入場ゲート)より、「ホームベンチ側ゴール裏エリア」の垣根部分に掲出ください(ゴール背後を除く)
 掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください
◆応援方法について
 新型コロナウイルス感染経路(飛沫・接触による感染)対策のため、下記行為を控えてのご観戦をお願い申し上げます
● 応援を扇動する行為
● 声を出しての応援、声援、審判へのクレーム等
● 手拍子
● 指笛
● 鳴り物使用
● メガホンの使用(トラメガ含)
● 座席をまたいでのハイタッチ、肩を組む等の行為
● タオルマフラー、ゲートフラッグを前後左右に振る・回すなどの行為(掲げるのみは可)
● ビッグフラッグ、大旗の掲出(運営が認める無人エリアは可)
◆ビジターチームサポーター様へのお願い
・ ビジターチームのグッズ、ユニフォームを着用してのご入場はできませんので、ご理解ご協力を頂きますようお願い申し上げます
・ 県境をまたいでの感染拡大防止の観点から、ビジター席の設置はございません

■会場内イベント情報
・ マッチデープログラム先着配布
・ オリジナルグッズ販売
・ 南門にてケータリングカー出店あり(軽食、ソフトドリンクのみ)

2020年08月29日
プレナスなでしこリーグ2部 第7節 ニッパツ横浜FCシーガルズに勝利!

○1-0(1-0/0-0) 三本

 炎天下での試合。消耗戦は避けられなかったため交代要員も含め全員で90分を闘い抜くことを想定していました。この試合に限らず、毎試合厳しい試合が続きますが、今日の試合に関しては内容よりも是が非でも勝ち点3が必要でしたので、勝ち点を積み上げられたことを評価したいと思っています。また直近2試合の2連敗で失点を5つも重ねていたことから今節の1-0の完封勝利にも意味を感じていています。
 得点後、決して決定機がなかったわけではなかったので、どこかで1つでも決め切れていれば、もう少し落ち着いた試合展開に持ち込めた可能性があったと思いますし、決め切らなければいけないシーンはありましたが、大和シルフィード戦での苦い経験が今節に反映され最後までやりきれたと思っています。また1つチームの成長を感じています。
 チームはシーズン中でも十分に成長しますし、成長し進化して行かなければ勝ち抜くことは出来ません。様々な経験をし、成功と失敗を繰り返しチームとして進んでいく。その連続の中でチームは強くなっていきます。前節の敗戦を経て、下を向くことなく歩み続けたチームは1つ壁を乗り越えたのかもしれません。
 次節は日体大FIELDS横浜を迎えての一戦となります。これまで同様に出来る限りの準備をし、来るべき日に備えます。本日も応援誠にありがとうございました。


2020年08月29日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2020関東 第1節 栃木サッカークラブレディースに勝利!

◯3-1(0-0/3-1) 久保田、青木菜、羽柴

 昨年度まで関東U-15女子サッカーリーグ大会と称していた本大会、今年度はJFA 第 25 回全日本 U-15 女子サッカー選手権大会と紐付けされ、リーグ優勝チームは全国大会出場権獲得、2位以下は関東予選のシード権振り分けが成されます。今年初の公式戦は残暑の厳しさから飲水タイムを前後半2回ずつ取るなど、新しい形式の試合となりました。
 前半は開始早々にビッグチャンスを迎えるも枠を捉えきれず。試合の入りは決して悪くなかったもののイメージやタイミングのズレが多く、反対に相手のシンプルな跳ね返しから反撃を食う展開が続きます。前半の反省は攻撃に厚みやワンクッション作りたい場面でサポートに出て来れないことが攻撃を単調にしてしまったこと。跳ね返されることを恐れて配球に躊躇してしまうことが自分達を苦しめる結果となり、ヒヤヒヤする内容となりました。
 後半は運動量を取り戻した序盤に先制することができ、チームも落ち着きを取り戻します。失った直後の回収意識も継続できており、勢いと集中がある時間帯に追加点を挙げることができたことは非常によい展開でした。交代枠7名を使いながらチーム全体の運動量を落とさず、3点目を挙げたラスト10分まではよいゲームマネージメントができていましたが終了間際の失点は後味の悪い締め括りとなりました。
 非常に暑い中、初めての80分ゲームは体力的にも精神的にもタフな試合でした。選手達はやるべきことを理解しよく頑張ってくれました。目標のワンゲーム3得点を狙うことは実現できましたし、今後クオリティを上げることが命題です。チーム全員でもぎ取った価値ある1勝、次のザスパ戦も継続できるよう準備していきます。
 保護者皆様、長らくお待たせした公式戦をサポート頂き誠にありがとうございました。これからタイトなスケジュールとなりますが日々成長できるよう頑張りたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

山田岳暁

2020年08月26日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様⑧

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして継続して御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:日本製紙クレシア株式会社
代表者:山崎 和文
設立:1963年4月2日
事業内容:フェイシャルティシュー、トイレットロール、キッチン用品、ハイジーン(衛生用品)、軽失禁、大人用紙おむつ、産業用ワイパー、その他関連商品の製造及び販売
所在地:東京都千代田区神田駿河台4-6
HP:https://www.crecia.co.jp/


2020年08月23日
[ユース]全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会東京都予選決勝 日テレ・メニーナに敗戦

●0-5(0-2/0-3)

 今年もU18女子クラブユース東京都NO.1を決める決勝戦で顔を合わせた日テレ・メニーナ。U18年代の強豪である相手に対し、どこまで通用するのか非常に楽しみにしていた一戦でした。結果として内容と共に満足の行く形で終われずに大きい反省材料を残した形での敗戦。終始非常に質の高いボールポゼッションに対して、互いに戦術的な主導権を握り合う中で、相手の時間帯に失点をすると、ネガティブな要素を自分達で増やしてしまったことが大きな要因です。チームスタイルであるアグレッシブさや意図的なプレッシングも徐々に士気を弱めた前半、後半に向け運動量の豊富な交代選手を起用しながら、上手く密集を作り出し良い状態で保持出来た回数もあったにも関わらず、ゴールチャンスから点に結びつけれられなかった点は非常に残念に思います。
 今大会で得た課題に向き合い、関東大会へ向けチームスタイルに更に磨きを掛け、クロス対応、ゴール前の守備のアプローチを中心に失点を簡単にしないこと、そこから落ち着いてボールを動かしゴールへ向かうことにトライし、守備の改善とアタッキングサードの質を高めていきたいと思います。
 本大会へのご声援誠に有難うございました。今後ともチームの成長に大きな期待を寄せて頂き応援のほどよろしくお願い申し上げます。

川嶋 珠生

2020年08月23日
プレナスなでしこリーグ2部 第6節 ちふれASエルフェン埼玉に敗戦

●0-3(0-1/0-2)

 ホーム2連敗。絶対に負けられない勝負において、勝負の境目で相手の技術に敗れる結果となりました。サッカーはミスにより成り立つスポーツでありますが、1つのミスで失点することはほとんどないと考えています。失点のシーンは複数のミスが重なり合い生まれるものであることから、今回の3失点も同じことが言えますし、その我々の判断ミスを的確に突いてきた相手が今回に関しては一つ上回っていたと認めなければいけないと思っています。 
 試合は生き物ですから、同じ相手と対戦したとしても流れや状況によりスコアや結果は大きく異なる可能性を秘めています。そうした勝負のやり取りの中で、自分達の強みが相手を上回れなかったことは修正が必要ですし、今節の課題も踏まえ、前だけを見て一歩成長しなければならないと考えています。長いリーグ戦、今の順位や勝ち点が最も大事ではなく、目の前の結果で一喜一憂することもありません。大事なのは当然の如く最終順位にあり、目の前の一戦一戦と全力で向き合い続けるだけです。揺るぎない姿勢を貫き今後も毎節ベストを尽くしていきます。
 本日もたくさんの皆様にご来場頂いたにも関わらず、ホーム2連敗という絶対に避けなければならぬ結果を招いてしまい申し訳なく思っています。また会場を作って下さった運営スタッフやボランティアの皆様と喜びを分かち合えなかったことが悔しいです。この想いを胸に、次節へ向けて心と身体を練り上げていきます。次節はアウェイですが勝ち点を持ち帰りたいと思っていますので引き続き応援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊

2020年08月22日
ホームゲームにおけるライブ配信及び Twitter 速報

1. ライブ配信について
8 月 16 日(日)実施しました 2020 プレナスなでしこリーグ 2 部 第 5 節 スフィーダ世田谷 FC vs 大和シルフィードにて、Mycujoo のシステムトラブルにより配信が出来ず、楽しみにして下さっていた皆様には多大なるご迷惑をお掛け致しました。お詫び申し上げます。今週末行われます 第 6 節 スフィーダ世田谷 FC vs ちふれ AS エルフェン埼玉につきましては、皆様に快適にライブ配信をお楽しみ頂く為、システムエラー時の解決に向け Mycujoo と万全の状態を準備しております。万が一、再度通信上のエラーが起きた場合にシステムツールの再起動が必要となります。その際には、ご覧いただくライブ配信動画の URL の変更の可能性があります事、事前にお知り置き下さいますようお願い申し上げます。URL 変更の際は、速やかに Twitter にてお知らせ致します。本件につき、ご不便をお掛け致しますが再発防止に努めて参りますので引き続きスフィーダ世田谷への熱い応援をお願い致します。

2. Twitter 速報について
リモートマッチ及び Mycujoo ライブ配信等の実施時は、当日の Twitter 速報は行いません。何卒ご了承ください。
(万が一、ライブ配信のエラー時は Twitter にて速報をお知らせします。)

2020年08月22日
[お知らせ]2020年度入会希望者向け入会セレクション1次選考結果

 8月18日、19日に実施しました2020年度入会希望者向けスフィーダ世田谷FC U-13入会セレクション1次選考の合格者を以下の通りお知らせいたします。たくさんのご参加誠にありがとうございました。

20111 20114 20115 20117 20118
20119 20120 20121 20122 20123
20124 20125 20126 20127 20128
20129 20130 20131 20133 20134
20135 20136 20137 20138 20139
20140 20142 20143 20144 20145
20146 20147 20148 20149 20150
20151 20152 20153 20154 20155
20156 20157 20158 20160 20161
20162 20163 20165 20167 20168
20169 20170 20171 20172 20173
20174 20175 20177 20178 20179
20180 20182 20183 20185 20186
20188 20189 20190 20192
以上69名


◇2次選考会について
2次選考会は9月13日(金)19:15(19:00受付開始)より下高井戸運動場にて開催いたします。

2020年08月20日
2020プレナスなでしこリーグ2部 第6節 試合情報

■試合情報
・ 日時 2020年8月23日(日) 17:00キックオフ(有料試合)
・ 会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・ 相手 ちふれASエルフェン埼玉
・ 交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分
 ※お車でのご来場はできません
 ※駐輪場はJISS側ご利用ください
■試合ご案内①( チケット / 開門 / 座席 / 運用 )
◆チケット販売(当日現地購入のみ)
・ 12メンバーズ会員様 先行販売   15:00開始
・ 一般来場者様   15:30開始
・ チケット料金 12メンバーズ、一般共に 1,000円 / 中高生500円
◆開門
・ 15:30
・ Aゲート(A,C,D エリア席)
・ Cゲート(B エリア席のみ)
※再入場 可
◆座席限定について
・ 新型コロナウイルス感染防止対策のため、本試合は最大1,198席をご用意しております
・ チケットご購入の際、お客様にご希望座席をお選びいただき、そちらを指定席とさせて頂きます
・ 全席、前後左右のソーシャルディスタンスを確保しております
・ ゴール裏および立ち見でのご観戦はできません
<座席エリア一覧>
http://www.sfida.or.jp/link/nishigaoka.pdf
◆検温・個人情報ご記入のお願い
・ スタジアムへのご入場の際(再入場含む)、非接触型検温のご協力をお願いいたします
・ 検温を済まされた方(37.5℃未満)のみ、チケット購入が可能となります
・ 個人情報取得のご協力をお願いいたします
◆ガイドライン運用について
 本試合は「日本女子サッカーリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を遵守し運用いたします
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2020/0724_1702.html
■試合ご案内②(ご来場可否について)
◆試合当日までの二週間以内に下記項目いずれかの該当がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます
< ご自身の体調について >
・ 37.5℃以上の発熱がある方
・ 倦怠感がある方
・ 咳または喉の痛みがある方
・ 嗅覚または味覚に異常がある方
・ その他 風邪症状や息苦しさ等、体調に異変がある方
< 濃厚接触にあたる方 >
・ 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方
・ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
・ 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方
■試合ご案内③(ご観戦方法について)
◆マスク着用のお願い
 会場内ではマスク着用の上でご観戦頂きますようご協力お願い申し上げます
 ※熱中症予防のため一時的に外される場合は会話はお控えください
◆ホームチーム横断幕掲出について
 14:00~15:00 Aゲートより、「ホームベンチ側ゴール裏エリア」の手摺部分に掲出ください(ゴール背後、施設看板を除く)
 掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください
◆応援方法について
 新型コロナウイルス感染経路(飛沫・接触による感染)対策のため、下記行為を控えてのご観戦をお願い申し上げます
● 応援を扇動する行為
● 声を出しての応援、声援、審判へのクレーム等
● 手拍子
● 指笛
● 鳴り物使用
● メガホンの使用(トラメガ含)
● 座席をまたいでのハイタッチ、肩を組む等の行為
● タオルマフラー、ゲートフラッグを前後左右に振る・回すなどの行為(掲げるのみは可)
● ビッグフラッグ、大旗の掲出(運営が認める無人エリアは可)
◆ビジターチームサポーター様へのお願い
・ ビジターチームのグッズ、ユニフォームを着用してのご入場はできませんので、ご理解ご協力を頂きますようお願い申し上げます
・ 県境をまたいでの感染拡大防止の観点から、ビジター席の設置はございません
■会場内イベント情報
・ マッチデープログラム先着配布
・ オリジナルグッズ販売
・ 会場内売店あり(Aゲート:ソフトドリンクのみ)

2020年08月19日
週イチなでしこカフェ出演情報

 以下の日時にて「週イチなでしこカフェ」に#3原志帆選手、#20樫本芹菜選手が生出演致します。是非ご覧ください。
 
週イチなでしこカフェ
2020年8月20日(木)12:00~
https://youtu.be/aR077GsBm98

2020年08月16日
プレナスなでしこリーグ2部 第5節 大和シルフィードに敗戦

●1-2(0-0/1-2) 柏原

 第5節にして初めての有観客試合でのホームゲーム。多くの協力があり開催できているホームゲームという認識を強く持ち、またこのホームゲームを完成させる最後のピースはピッチに立つ私達であると理解しています。今日のような猛暑の中、闘うステージを作り上げて下さった運営、ボランティアの皆様、そして、足を運んで下さったファン・サポーターの皆様、チームを支えて下さるスポンサーの皆様をはじめとする全ての関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。誠にありがとうございました
 大事な一戦ということもありますが、普段通りチームは統制を保ち、冷静に闘ってくれたと思っています。前半と後半の闘い方に変化を加え相手の強固な守備ブロックをこじ開ける作業を繰り返していましたが数多くかけた手数の中で後半中盤にようやく途中交代の柏原が得点しゲームの主導権を掴みかけることが出来ました。その後も追加点を狙うこと、前線の活性化を図ることを意図し選手交代を行い圧力を高めることが出来ていましたが、84分に失点すると、90分にも追加点を奪われ試合をひっくり返されてしまいました。これもサッカーであり、相手の狙いだったはずなので根気強く守り続けた相手に根負けした形だと認識しています。
 スタメン出場した選手、途中交代の選手、チームは各々の役割をしっかりと遂行し、勝利に向かって全力で闘ってくれました。1失点した後もホームで勝ち切るために前へ出る反動で追加点を許したわけですが、勝負に境目における際の攻防戦で敗れたわけですから素直に敗けを受け止め次節へ気持ちを新たに走り出したいと思っています。
 まだリーグ戦は続きますから目の前に迫る試合に集中して行きたいと思っています。本日は久々に皆様にお会いでき本当に心強く感じました。皆様と共に勝利を掴みとれるよう一週間出来る限りの準備を積み上げていきます。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。
川邊

2020年08月15日
[ユース]全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会東京都予選準決勝 十文字中学高等学校に勝利!

○7-0(5-0,2-1) 川邊、川邊、川村、川邊、川村、片寄、荒川

 皇后杯における修正点を今日まで積み上げ、特にボールを保持した中でもチャンスメイクを創出する為の攻撃における狙い所と関わり所を整理して挑んだ本大会初戦。チームとして大きな狙いとしている隙のない守備から狙った形での得点を表現できたのが一つの勝因だったと振り返ります。
 選手達自身が相手の立ち位置や配置を観る中で、”どこにスペースがあるのか””スペースを生み出すためにどこにパワーを持たせるのか”を理解しながら相手を引き出すドリブルや相手を動かすパスを使い分けることが少しづつ出来ていますので、勝敗に拘りながら相手から学び自分達の力へ変換して参ります。オフザボールでの狙いや質の部分ではそれぞれの役割をもう一度整理しながらオプションを増やせるとより効果的な攻撃から守備に変わる局面に対しても優位性を保てると思いますので、全体のオーガナイズをチームとしてもう一段階成長し、次の戦いに向け準備をしたいと思います。
 本日も誠にありがとうございました。引き続き選手達の後押しを宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2020年08月11日
2020プレナスなでしこリーグ2部 第5節 試合情報

■試合情報
・ 日時 2020年8月16日(日) 17:00キックオフ(有料試合)
・ 会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・ 相手 大和シルフィード
・ 交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分
 ※お車でのご来場はできません
 ※駐輪場はJISS側ご利用ください

■試合ご案内①( チケット / 開門 / 座席 / 運用 )
◆チケット販売(当日現地購入のみ)
・ 12メンバーズ会員様 先行販売   15:00開始
・ 一般来場者様              15:30開始
◆開門
・ 15:30
・ Aゲート(A,C,D,F エリア席)
・ Cゲート(B,E エリア席)
※再入場 可
◆座席限定について
・ 新型コロナウイルス感染防止対策のため、本試合は最大1,380席をご用意しております
・ チケットご購入の際、お客様にご希望座席をお選びいただき、そちらを指定席とさせて頂きます
・ 全席、前後左右のソーシャルディスタンスを確保しております
・ 立ち見でのご観戦はできません
<座席エリア一覧>
http://www.sfida.or.jp/link/nishigaoka.pdf
◆検温・個人情報ご記入のお願い
・ スタジアムへのご入場の際(再入場含む)、非接触型検温のご協力をお願いいたします
・ 検温を済まされた方のみ、チケット購入が可能となります
・ 個人情報取得のご協力をお願いいたします
◆ガイドライン運用について
 本試合は「日本女子サッカーリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を遵守し運用いたします
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2020/0724_1702.html

■試合ご案内②(ご来場可否について)
◆試合当日までの二週間以内に下記項目いずれかの該当がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます
< ご自身の体調について >
・ 37.5℃以上の発熱がある方
・ 倦怠感がある方
・ 咳または喉の痛みがある方
・ 嗅覚または味覚に異常がある方
・ その他 風邪症状や息苦しさ等、体調に異変がある方
< 濃厚接触にあたる方 >
・ 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方
・ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
・ 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方

■試合ご案内③(ご観戦方法について)
◆マスク着用のお願い
 会場内ではマスク着用の上でご観戦頂きますようご協力お願い申し上げます
 ※熱中症予防のため一時的に外される場合は会話はお控えください
◆ホームチーム横断幕掲出について
 14:00~15:00 Aゲートより、「Fエリア」手摺部分に掲出ください(ゴール背後、施設看板を除く)
 掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください
◆応援方法について
 新型コロナウイルス感染経路(飛沫・接触による感染)対策のため、下記行為を控えてのご観戦をお願い申し上げます
● 応援を扇動する行為
● 声を出しての応援、声援
● 手拍子
● 指笛
● 鳴り物使用
● メガホンの使用(トラメガ含)
● 座席をまたいでのハイタッチ、肩を組む等の行為
● タオルマフラー、ゲートフラッグを振る・回すなどの行為(掲げるのみは可)
● ビッグフラッグ、大旗の掲出(運営が認める無人エリアは可)
◆ビジターチームサポーター様へのお願い
・ ビジターチームのグッズ、ユニフォームを着用してのご入場はできませんので、ご理解ご協力を頂きますようお願い申し上げます
・ 県境をまたいでの感染拡大防止の観点から、ビジター席の設置はございません

■会場内イベント情報
・ マッチデープログラム先着配布
・ オリジナルグッズ販売
・ 会場内売店あり(Aゲート)

2020年08月08日
プレナスなでしこリーグ2部 第4節 AC長野パルセイロレディースとドロー

△1-1(1-1/0-0) 樫本

 開始1分の得点で一気に試合を優勢に進めることが出来た入りでしたが、その後、いくつか訪れた決定期を決め切ることができず、逆に給水タイム直前のワンプレーで相手に決定的な仕事をされてしまいました。徐々に相手の圧力に押される展開となりましたが、ハーフタイムを挟み後半の戦い方を修正。後半も開始から押し込めるシーンが幾つか演出できました。しかし、決定的なシーンは作り出すことが出来ているものの、決定的な結果を残すには至らず、逆に相手のカウンターにより何度か危機的な状況に追い込まれてしまうシーンもありました。非常に統制の取れた危険極まりないチームとの対戦でしたから、限りなく難しいゲームになることは覚悟していましたが、今日得た勝点1に意味を持たせられるかどうかは今後の自分達次第だと捉えています。
 今日のゲームはオフェンスのクオリティーが勝敗に直結すると考えていましたが、まさにその通りの試合となってしまいました。当然そのクオリティーが高ければ勝ち切れる可能性もあったと考えられるかもしれませんが、まだ磨かなければいけない伸び代部分の磨き方がより鮮明になったという見方もできます。リーグを闘う中でも質は追求し続けなければいけませんし、更にチームとして成長していくことで強いチームに進化出来ます。このドローを無駄にすることなく、次節への課題と捉え、日々のトレーニングで成長していけるようにしたいと思っています。
 本日も東京より我々の勝利を信じ、応援して下さっていた方もたくさんいたと思います。誠にありがとうございました。勝利をお届けできず悔しい気持ちはありますが、この想いは次節への持ち越します。次節は初の有客試合でのホーム戦となります。有客試合に際し、万全のコロナウィルス対策を施し、安心してご観戦頂ける環境作りをしようと運営も準備に力を入れてくれています。我々も運営の皆様の頑張りに恥じぬようベストの闘いが出来る準備をして行きたいと思いますし、ファン・サポーターの皆様と共にスタジアムで闘えるその日に、最良の自分達を披露出来るよう仕上げて行きます。引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。

川邊

2020年08月02日
プレナスなでしこリーグ2部 第3節 オルカ鴨川FCに勝利!

⚪︎1-0(0-0、1-0) 樫本

 相手の土俵の上で闘わされた前半。修正し、勝負を決した後半。非常に苦しい試合でしたが、粘り強く勝利を引き寄せられたことにチームの成長を感じました。決して自分達のやりたい事が出来た前半ではありませんでしたが、耐える時間帯を耐え、後半にやるべきことをチームで表現出来たことが結果に直結したものと考えています。自分達が目指す場所へ辿り着くためにはこうした際の攻防を制せるチームでなければ不可能なわけですから、今日の経験は一つの勝利以上の価値があると思っています。
 選手達は本当によく全員で走り抜いてくれました。毎節、簡単ではありませんが、気持ちを新たに次節へ向かいます。本日もたくさんのご声援誠にありがとうございました。

川邊

2020年08月01日
100%スフィーダ!8月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」8月号は3月に放送されたMC森田淳司さんと川邊健一監督の対談や#16奈良美沙季選手、#20樫本芹菜選手によるリーグ解説の再放送。そして、#20樫本芹菜選手、#27三本紗矢香選手によるリモート対談の2本立てでお届けします!是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年07月29日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様⑦

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして継続して御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:株式会社 神戸屋
代表者:桐山 健一
設立:1918年11月8日
事業内容:パン・洋菓子・冷凍生地・デリカ食品の製造・販売、ならびにベーカリーレストランなど各種業態直営店舗の企画開発・運営
所在地:大阪市東淀川区豊新2-16-14
HP:http://www.kobeya.co.jp/

社名:正栄食品工業株式会社
代表者:本多 市郎
設立:1947年11月4日
事業内容:原料乳製品、油脂類、製菓原材料類、缶詰類、乾燥果実・ナッツ類、菓子・リテール商品類などの輸入および卸販売。
所在地:東京都台東区秋葉原5-7
HP:http://www.shoeifoods.co.jp/


2020年07月26日
プレナスなでしこリーグ2部 第2節 バニーズ京都SCに勝利!

⚪︎3-0(1-0、2-0) 瀬野、大竹、中山

 先ず初めに、ホーム開幕戦を迎えるにあたり多くのチーム関係者、及びボランティアの皆様の御協力のもと闘わせて頂きましたことに御礼申し上げます。初のリモートマッチ、キックオフ時間の急な変更、変わりやすい天候などもあり、いつも以上に運営は大変な一日となりましたが、こうして皆様と共に勝利を勝ち取れたことに意味を感じています。
 試合は天候同様に(攻守の)移り変わりの激しい展開となりミスも多くありましたが、チームとして修正しながら尻上がりに後半へ向かって攻勢に出れるシーンが増えていきました。また途中交代で入る選手達は皆、自分達の役割を遂行し、明らかにアクセントとなってくれていますし、それもあり終盤でも運動量を落とすことなく相手にプレッシャーをかけ続けられるのは、このチームの大きな強みの1つだと認識しています。
 2試合が終わったことにより、残りの試合は16試合となりました。まだ道のりは長いですが、今は目の前の試合にだけ集中し、万全の準備を施し、1試合1試合丁寧に闘い抜く事だけを考えています。次節へ向けた準備はすでに始まっていますから、限られた時間を有効に使い備えていきます。
 本日はリモートマッチでしたが、総視聴回数も予想以上に多く、たくさんの応援を頂いておりました。チームは皆様の想いと共にピッチで闘うことが出来たと思っています。次節以降は有観客試合となる予定ですが、応援して下さる全ての方に「また観に行きたい」と思って頂けるような試合が出来るよう最後まで走り抜きたいと思っています。引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
川邊健一

2020年07月22日
2020プレナスなでしこリーグ2部 第2節 ネット中継のお知らせ

 7/26(日)開催の「2020プレナスなでしこリーグ2部 第2節 vs バニーズ京都SC」戦におきましては、リモートマッチ(無観客試合)のため下記の通りネット中継を実施いたします。
 ご視聴皆様の新たな観戦スタイルをお楽しみいただきながら、熱い応援をお願いいたします。

■視聴方法
・キックオフ:7月26日(日) 17:00
・放送時間:15:55~19:15 予定
・Mycujooにて放映
・URL
https://mycujoo.tv/view/event/98393?src=CPT_EL
 
■試合情報
・2020プレナスなでしこリーグ2部 第2節 ※リモートマッチ(無観客試合)
・スフィーダ世田谷FC vs バニーズ京都SC

■当日イベント
<キックオフ前>
 医療従事者への感謝を伝えるセレモニー
<ハーフタイム>
 石田美穂子コーチの過去の収録ライブ映像 配信
 ※前半終了時から視聴可能
 ※チャット機能(画面上 「 チャット 」)よりアクセス可

●石田ミホコ 紹介
 ・石田ミホコ(いしだ みほこ)
 ・1982年6月19日生まれ 歌手
 ・神奈川県出身
 ・2008年にシングル「一番星」でプロデビューを果たす
 ・オフィシャルTwitter
https://twitter.com/mihoko_ishida
 
<試合終了後>
 ヒロイン(勝利時)・監督インタビュー

2020年07月21日
[募集]2021年度ジュニアユース入会希望者向けセレクション参加者募集開始!

 本年度も以下の日程でセレクションを行うこととなりました。

■日時:
2020年8月18日(火)又は19日(水)

■お問合せ:
担当:川嶋 珠生
TEL:03-6228-1932
メール:info@sfida.or.jp
 
■お申込み:
http://www.sfida.or.jp/join/u13selection.html

2020年07月19日
プレナスなでしこリーグ2部 第1節 FC十文字VENTUSに勝利!

⚪︎5-0(3-0、2-0) 瀬野、村上真、村上真、三本、柏原

 開幕戦を勝ち切ることができました。試合の中で相手のウィークポイントを的確に突き、柔軟に対応しながらゲームを進められたのは非常に良かったと思っています。今日の試合は相手のポゼッションvs我々のプレスという図式でしたが、相手のそれを上回り、最後まで圧力をかけ続けられたのは勝因の一つです。
 18分の1が終わりました。まだリーグは始まったばかりです。勝負事ですから勝つこともあれば、負けることもありますが、今日のような勝利を一つでも多く積み重ねていけるよう準備を重ねて行きます。
 本日はリモートマッチでしたが、きっと多くのサポーターの皆様が、私達の闘いを後押しして下さっていたものと思います。選手達は皆様の想いも背負って、本気で走り抜いてくれました。次節もリモートマッチとなりますが、引き続きご声援のほど宜しくお願い致します。

川邊健一

2020年07月19日
[ユース] 皇后杯JFA第42回全日本女子サッカー選手権大会・東京都予選 第2回戦FCゼルビア町田レディースに勝利!

○2-0(0-0、2-0) 遠山、片寄

 初夏の強烈な日差しを感じさせる炎天下の中、立ち上がりから冷静にボールを支配しながら好機を伺う展開に。スコアから伺えるほど前後半の内容は決して悪くなかったと思いますが、ちょっとしたチームの方向性や意識でチームは違った印象を見せます。選手達にとっては学びの多い試合だったと思います。相手の堅い守備陣に対して崩すためのアクションやサポート、仕掛けは特に中盤・前線の選手たちに強く今後も求めていきたいと思います。特に後半に挙げた2点とも全体の関わりの流れのなかでの綺麗なゴールでした。ここまでGK含めたDF陣も本大会無得点と安定したパフォーマンスを見せてくれていますので、チーム全体としての攻守において狙いどころと関わりどころをトレーニングで積み上げし、次節に向けた準備をして参ります。引き続き応援・サポートのほど宜しくお願い申し上げます。

川嶋 珠生

2020年07月12日
[ユース] 皇后杯JFA第42回全日本女子サッカー選手権大会・東京都予選 第1回戦東京女子体育大学に勝利!

○3-0(1-0、2-0) 
 新型コロナウィルスによる活動休止を経て活動再開に移行し、段階的にコンディションを高め、今日本年度メンバーでの初の公式試合となりました。
 まずは調整期間が限られた中ではありましたが、1試合通じて大きな怪我やトラブルも無く終えれたこと、最終的に無失点と安定した試合運びが出来たことを嬉しく思います。ただ、まだまだ土台が出来たというレベルにしかたどり着いていませんが、個々の判断の質が良くなった印象もあります。相手の状況を観ながら落ち着いた試合運びをした前半、積極的な突破へのアクションや仕掛けを求め送り出した後半、チームとして確認したい配置やコンビネーションも見れたのでスタートしては悪くないと思います。課題はまだまだありますので、次週に向けてチームとしてクリアにしていきたいと思います。
 本日は無観客試合ということで、皆様にご協力頂き改めて感謝申し上げます。また、大会本部関係者の感染防止対策によって、選手達がより安全に試合へ集中出来ました。当たり前ではない環境に感謝し、次週に向けて良い準備をしたいと思います。引き続き応援・サポートのほど宜しくお願い申し上げます。

川嶋 珠生

2020年07月01日
100%スフィーダ!7月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」7月号は#1石野妃芽佳選手、#15渡辺瑞稀選手によるリモート対談と過去の街ブラグルメ特集の2本立てでお届けします!是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年06月24日
2020プレナスなでしこリーグ2部日程発表

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。
 2020プレナスなでしこリーグ2部の日程が下記の通り発表されましたのでお知らせ致します。今シーズンも熱いご声援を賜りますようお願い申し上げます。

なでしこリーグHP:http://www.nadeshikoleague.jp/2020/nadeshiko2/

※開幕から2節はリモートマッチ(無観客試合)にて開催

2020年06月03日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様⑥

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして継続して御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:メロディアン株式会社
代表者:中西 優紀雄
設立:1961年9月
事業内容:コーヒーフレッシュ、シロップ、美と健康飲料、およびデザート等の食品製造販売、化粧品製造販売
所在地:大阪府八尾市旭が丘1-33
HP:https://www.melodian.co.jp/

2020年06月02日
2020プレナスなでしこリーグ2部 開幕日程決定のお知らせ

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。
 開催が未定となっておりました2020プレナスなでしこリーグ2部の開幕日程が下記の通り決定致しましたのでお知らせ致します。

2020年7月18日(土)

※開幕から2節は無観客試合にて開催。3節以降の開催については、感染拡大状況などを鑑み、決定いたします。
※開催日、対戦カード、キックオフ時刻、スタジアムについては未定です。決定次第お知らせいたします。

http://www.nadeshikoleague.jp/news/2020/0602_1800.html

2020年05月28日
100%スフィーダ!6月号放送更新日時決定のお知らせ

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」6月号ですが6/2(火)19:00に放送内容が更新される運びとなりました。(以降は通常の下記日時にて放送)
 今回は過去の街ブラ特集(祖師ヶ谷大蔵/八幡山/下北沢)、クラブマスコット「トリニィー」の質問コーナー、#3原主将と#8熊谷副将のメッセージという盛りだくさんの内容でお届けします。是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~
放送エリア:J:COM世田谷、調布・狛江

2020年05月26日
チーム活動再開のお知らせ

 スフィーダ世田谷FCは、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を受けチーム活動を自粛して参りましたが、緊急事態宣言の解除及び日本女子サッカーリーグからのトレーニングをはじめとしたチーム活動自粛要請の解除に伴い、6月2日(火)よりチーム活動を再開することとなりましたことをご報告致します。
 来るなでしこリーグ開幕戦へ向け引き続き調整を重ねて参ります。今後とも変わらぬご声援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年05月26日
[お知らせ]活動再開のお知らせ

 スフィーダ世田谷FCユース、Jrユース、ママさん、U-12スクールは、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を受けチーム活動を自粛して参りましたが、緊急事態宣言の解除に伴い、6月2日(火)よりチーム活動を段階的に再開することとなりましたことをご報告致します。

2020年05月20日
100%スフィーダ!5月号放送内容更新に関するお知らせ

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」5月号についてですが、新型コロナウィルスの影響により、更新日が未定となっておりましたが、5月号の更新は行わず引き続き4月号が以下の日時にて放送されることになりましたことをご報告致します。
 6月号の更新などにつきましては、詳細が決まり次第、追ってご案内させて頂きます。
 引き続き応援番組「100%スフィーダ!」とスフィーダ世田谷FCを宜しくお願い致します。

J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年05月13日
週イチ なでしこカフェへの出演情報

 以下の日時にて、スフィーダ世田谷FCの選手達が週イチ なでしこカフェに出演することをご案内致します。是非ともご覧下さい。
 
日時:2020年5月14日(木)12:00~
番組名:週イチ なでしこカフェ
内容:各チームの状況やトレーニング、選手考案のバラエティ企画
https://youtu.be/X0JkHS2fhLw

2020年05月06日
新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」延長への対応

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。
 5月4日(月)日本政府より新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」延長、5月5日(火)日本女子サッカーリーグより活動自粛要請延長の要請を受け、トップチームの活動を5月31日(日)まで休止することをご報告致します。
 再開時期については社会情勢などを鑑み判断して参ります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


2020年05月06日
[お知らせ]新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」延長への対応

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。
 5月4日(月)新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」延長を受け、ユース、Jrユース、ママさん、U-12スクールの活動を5月31日(日)まで休止することをご報告致します。
 再開時期については社会情勢などを鑑み判断して参ります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


2020年04月29日
100%スフィーダ!5月号放送内容更新の時期

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」5月号についてですが、新型コロナウィルスの影響により、更新日が未定となっております。つきましては更新日までは引き続き4月号が以下の日時にて放送されます。
 更新を心待ちにして下さっている皆様方におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。
 引き続き応援番組「100%スフィーダ!」とスフィーダ世田谷FCを宜しくお願い致します。

J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年04月28日
2020プレナスなでしこリーグ2部 開催延期/2020プレナスなでしこリーグカップ 開催中止のお知らせ

 新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため「2020プレナスなでしこリーグ2部」の開催が6月28日(日)まで延期することになりました。尚、7月以降の試合開催については、今後のコロナウイルスの状況や、サッカー界の状況等も鑑み、改めて 判断されることになります。
 また、開催を予定しておりました「2020 プレナスなでしこリーグカップ」は、中止となりましたことを併せてお知らせいたします。

リーグ公式HP:http://www.nadeshikoleague.jp/news/2020/0428_1700.html

2020年04月27日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様⑤

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして継続して御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:株式会社 木村屋總本店
代表者:福永 暢彦
設立:1869年
事業内容:各種パン・和菓子・洋菓子の製造および販売
所在地: 埼玉県入間郡三芳町竹間沢381-2
HP:https://www.kimuraya-sohonten.co.jp/

2020年04月23日
株式会社PR TIMES様とPRパートナー契約締結

 2020シーズンより株式会社PR TIMES様とPRパートナー契約を締結しましたことを御報告致します。主にプレスリリース配信などでサポート頂く事になります。
 
社名:株式会社PR TIMES
代表取締役社長:山口 拓己
設立:2005年12月
事業内容:プレスリリース配信サービス『PR TIMES』の運営
オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
WEBクリッピングの提供
ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス『conecc』の運営
ブログマーケティングサービス『ブログタイムズ』の運営
カスタマーリレーションサービス『Tayori』の運営
所在地:東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル3F
HP:https://prtimes.jp/


2020年04月09日
2020プレナスなでしこリーグ2部 第6節~第9及びなでしこリーグカップAグループ第2節開催延期のお知らせ

 本日、日本女子サッカーリーグより発表がありました通り、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を受け5月31日(日)までに開催予定のすべての試合について、開催延期となりましたことをご報告致します。
 延期が決まりました試合に関する代替開催試合については詳細が決まり次第、追ってご案内申し上げます。
 
≪開催延期になるスフィーダ世田谷FCの試合≫
プレナスなでしこリーグ2部
■第6節 5月2日(土)15:00キックオフ vs AC長野 @長野U
■第7節 5月6日(水)14:00キックオフ vs 大和 @AGF
■第8節 5月24日(日)13:00キックオフ vs オルカ @鴨陸
■第9節 5月31日(日)13:00キックオフ vs ちふれ @駒沢陸上
 
プレナスなでしこリーグカップ
■Aグループ第2節 5月17日(日) 14:00 キックオフ vs 日テレ @西が丘


2020年04月08日
新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」へのクラブ対応

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。
 昨日、発令されました新型コロナウィルス感染拡大防止に関する緊急事態宣言を受け、トップチームの活動を当面、休止することをご報告致します。
 再開時期については社会情勢などを鑑み判断して参ります。何卒、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


2020年04月08日
[お知らせ]新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」へのクラブ対応

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。
 昨日、発令されました新型コロナウィルス感染拡大防止に関する緊急事態宣言を受け、ユース、Jrユース、ママさん、U-12スクールの活動を引き続き5/6(水)まで休止することをご報告致します。
 何卒、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


2020年04月02日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様④

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして継続して御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:ケイ低温フーズ株式会社
代表者:岡﨑 忠勝
設立:2006年
事業内容:食品卸
所在地:(本社)兵庫県伊丹市北伊丹5-43-1 (首都圏支社)大田区大森中1-2-28
HP:http://www.k-teionfoods.co.jp/
 
社名:日清オイリオグループ株式会社
代表者:久野 貴久
設立:1907年
主な事業内容:油脂・油糧および加工食品事業、加工油脂事業、ファインケミカル事業 等
所在地:東京都中央区新川1-23-1
HP:http://www.nisshin-oillio.com/
 
社名:サンスターグループ オーラルケアカンパニー 東日本支社
代表者:池元 淳
設立:1950年11月
事業内容:歯磨、歯ブラシ、デンタルリンス、ヘアケア・スキンケア製品、食品、石けん・洗剤、化学品等の製造販売
所在地: 東京都港区芝3-8-2芝公園ファーストビル4階
HP:http://jp.sunstar.com/
 
社名:宝酒造株式会社
代表者:村田 謙二
設立:2002年4月1日
事業内容:酒類、酒精、調味料、その他の食料品及び食品添加物の製造並びに販売など
所在地:京都市伏見区竹中町609
HP:https://www.takarashuzo.co.jp/
 
社名:カゴメ株式会社
代表者:寺田 直行
設立:1949年
事業内容:調味食品、保存食品、飲料、その他の食品の製造・販売
種苗、青果物の仕入れ・生産・販売
所在地:愛知県名古屋市中区錦3-14-15
HP:http://www.kagome.co.jp/
 
社名:松田食品工業株式会社
代表者:松田 浅三
設立:1977年8月1日
事業内容:1.大豆加工食品の製造・販売、2.寿司材料の製造・販売
〔味付け高野豆腐・味付干瓢・巻芯等〕、3.その他和惣菜、和スイーツの製造・販売
所在地:大阪市生野区中川5-4-21
HP:http://mazdafoods.co.jp/
 
社名:味の素株式会社
代表者:西井 孝明
設立:1925年12月17日
事業内容:食品、アミノ酸、医薬品等の製造及び販売
所在地:東京都中央区京橋1-15-1
HP:https://www.ajinomoto.com
 
社名:日本ハム株式会社首都圏量販部
代表者:畑 佳秀
設立:1963年8月
事業内容:肉製品製造業
所在地: 東京都品川区大崎2-1-1
HP:http://www.nipponham.co.jp
 
社名:フジパン株式会社
代表者:安田 智彦
設立:1951年2月6日
事業内容:パン・菓子の製造・販売
所在地: 愛知県名古屋市瑞穂区松園町1-50
HP:https://www.fujipan.co.jp/

※順不同

2020年04月02日
スフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバー更新企業様③

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:王子ネピア株式会社
代表者:用名 浩之
設立:1971年3月19日
事業内容:ティシュ及び紙パルプ加工品、ならびに紙おむつの製造、加工ならびに売買
所在地:東京都中央区銀座5-12-8 王子ホールディングス1号館
HP:https://www.nepia.co.jp/
 
社名:トップビジネス印刷株式会社
代表者:佐藤 泰三
設立:1970年4月1日
事業内容:パンフレット・ポスター・チラシ・封筒・各種帳票等のデザイン、印刷、小ロットのクリアーホルダー・POPアップ名刺、カード・缶バッチ・マグネット・コースター等のノベリティ類
所在地:東京都江東区石島24-6
HP:https://top-printing.net/

※順不同

2020年04月01日
100%スフィーダ!4月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」4月号はMC森田敦さんと#16奈良選手、#20樫本選手、#24瀧下選手が祖師谷南商店街を街ブラ散策!是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年03月26日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様③

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして継続して御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:キリンビール株式会社
代表者:布施 孝之
設立:2007年7月1日
事業内容:酒類の製造、営業、販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.kirin.co.jp/
 
社名:キリンビバレッジ株式会社
代表者:堀口 英樹
設立:1963年4月15日
事業内容:清涼飲料の製造および販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.kirin.co.jp/
 
社名:アサヒ飲料株式会社
代表者:岸上 克彦
設立:1982年3月30日
事業内容:各種飲料水の製造、販売、自動販売機のオペレート、その他関連業務
所在地:東京都墨田区吾妻橋1-23-1
HP:http://www.asahiinryo.co.jp/
 
社名:ハウス食品株式会社
代表者:工東 正彦
設立:2013年4月22日(創業 1913年11月11日)
事業内容:食品製造加工ならびに販売、その他
所在地:東京都千代田区紀尾井町6-3
HP:http://housefoods.jp/

※順不同

2020年03月25日
2020プレナスなでしこリーグ2部 第3節~第5及びなでしこリーグカップAグループ第1節開催延期のお知らせ

 本日、日本女子サッカーリーグより発表がありました通り、新型コロナウイルスの影響により4月4日(土)から4月26日(日)に開催予定のすべての試合について、開催延期となりましたことをご報告致します。
 延期が決まりました試合に関する代替開催試合については詳細が決まり次第、追ってご案内申し上げます。

≪開催延期になるスフィーダ世田谷FCの試合≫
プレナスなでしこリーグ2部
■第3節 4月5日(日)14:00キックオフ vs Aハリマ @味フィ西
■第4節 4月19日(日)14:00キックオフ vs 十文字V @熊谷陸
■第5節 4月26日(日)14:00キックオフ vs バニーズ @AGF

プレナスなでしこリーグカップ
■Aグループ第1節 4月11日(土) 18:00 キックオフ vs AC長野 @長野U

2020年03月20日
2020プレナスなでしこリーグ 第12節 試合日程決定のお知らせ

 以下の通り、未定でした2020なでしこリーグ2部 第12節の日程が決まりましたのでお知らせ致します。

日時:2020年9月13日(日)14:30キックオフ
会場:京都府立山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘)
対戦:バニーズ京都SC

2020年03月19日
スフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバー更新企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:株式会社セイザンプランニング
代表者:武田 二郎
設立:1989年4月1日
事業内容:販売促進の企画立案、及び活動(試食・試飲)、人材派遣・業務委託・請負事業
所在地:東京都調布市飛田給1-10-16
HP:http://www.seizan-p.co.jp/
 
社名:株式会社フジサワ・コーポレーション
代表者:澤田 剛治
事業内容:屋内外広告、看板、店舗装飾展示会など各種サイン・ディスプレイの総合企画・制作・施工、及び賃貸不動産業、保険代理店業務
本社:東京都豊島区長崎1-10-8
HP:http://www.fujisawa-corp.co.jp/
 
社名:日本衛生興業株式会社
代表者:河原 満良
事業内容:貯水槽清掃、汚水槽・雑排水槽その他の排水槽清掃、産業廃棄物収集運搬業など
本社:東京都世田谷区砧5-1-1ベルビュー成城206
HP:http://nihon-eisei-kougyo.jp/

※順不同

2020年03月16日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして継続して御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:サッポロビール株式会社
代表者:髙島 英也
設立:2003年7月1日
事業内容:ビール・発泡酒・新ジャンル・ワイン・焼酎などの製造販売、洋酒の販売、他
所在地:渋谷区恵比寿4-20-1
HP:http://www.sapporobeer.jp/

2020年03月10日
2020プレナスなでしこリーグ1部および2部 第1節~第2節開催延期のお知らせ

 本日、日本女子サッカーリーグより発表がありました通り、3月中のなでしこリーグは開催延期となりましたことをご報告致します。以下日本女子サッカーリーグの発表となります。何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 新型コロナウイルスの影響により、2020プレナスなでしこリーグ1部 第1節~第2節、同2部 第1節~第2節として開催予定の計20試合について、は開催延期を決定いたしました。
 今シーズンの開幕を楽しみにお待ちいただいておりましたファン・サポーターの皆様、事情をご賢察の上、ご理解いただきたくお願い申し上げます。
 延期が決定した試合の代替開催日およびチケットの取扱いについては、決定次第お知らせいたします。

2020年03月10日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規入会企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:子どもプログラミングスクールegg(株式会社ブレイブ)
代表者:中島 将太
設立:2016年4月6日
事業内容:パソコンの教育・プログラミングの教育
所在地:東京都世田谷区三軒茶屋1-37-8 ワコーレ三軒茶屋64ビル9階
HP:https://egg-school.jp
 
社名:水道機工株式会社
代表者:角川 政信
設立:1936年1月15日
事業内容:上下水道施設および環境保全、衛生施設の設計、施工、監理
所在地:東京都世田谷区桜丘5-48-16
HP:https://www.suiki.co.jp/
 
社名:株式会社ヨコオ 厚木工場
代表者:横尾 和浩
設立:昭和38年8月(日にちは不明です)
事業内容:ブランド赤鶏「みつせ鶏」「ふもと赤鶏」の生産・製造・販売
所在地:本社所在地:佐賀県鳥栖市山浦町1239
    厚木工場所在地:神奈川県厚木市酒井3044
HP:http://www.yokoo.co.jp/
 
社名:株式会社セントラルファミリー
代表者:赤嶺 洋平
設立:1974年11月18日
事業内容:生命保険代理店
所在地:世田谷区太子堂2-19-3 ムサシヤビル1F
HP:https://www.central-family.com/

※順不同

2020年03月04日
ミューラージャパン株式会社様とメディカルプライヤー契約締結

 2020シーズンも引き続きミューラージャパン株式会社様にメディカルサプライヤーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。主にテーピングなどをご提供頂きます。
 
社名:ミューラージャパン株式会社
代表取締役社長:椿原 裕
事業内容:Mueller Sports Medicine 社製テーピング用品、サポーターなどのスポーツケア®製品の製造・輸入・販売。IMPLUS社製インソール、スニーカーボール、ランニングソックスなどフットケア製品の製造・輸入・販売、トリガーポイント正規代理店
本社:神奈川県横浜市中区山下町74番地1 大和地所ビル
HP:http://www.muellerjapan.com/

2020年03月04日
株式会社スポーツフィールド様と就労支援に関するパートナー契約締結

 2020シーズンより株式会社スポーツフィールド様と就労支援に関するパートナー契約を締結しましたことを御報告致します。主に選手への就労支援でサポート頂く事になります。
 
社名:株式会社スポーツフィールド
代表取締役社長:篠﨑 克志
設立:2010年1月5日
事業内容:スポーツ人財の採用支援事業(新卒,中途,デュアルキャリア,セカンドキャリア)
所在地:東京都新宿区市谷本村町3-29 FORECAST 市ヶ谷 4F
HP:https://sports-f.co.jp/

2020年03月03日
12メンバーズ会員様限定!シーズンチケット2020発売開始!

 スフィーダ12メンバーズ会員様限定のシーズンチケット2020の販売を開始致します。今シーズンも皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
・お申込み
 せたがやいち スフィーダ世田谷オンラインショップ
 HP:https://www.setagaya-1.com/sfida/_pc/
・受付期間
2020年3月3日(火)~3月17日(火)12:00
・販売価格(税込)
 価格¥7,700-

2020年03月02日
100%スフィーダ!3月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」3月号はMC森田敦さんと川邊監督、#16奈良選手、#20樫本選手がプレナスなでしこリーグの展望などについて対談!また新加入選手達からのコメントもお届けします!開幕戦を控え今回も盛りだくさんの内容となっています。是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年03月01日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様

 2020シーズンも多くの企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
;br>
社名:コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社
代表者:カリン・ドラガン
設立:2001年6月29日
事業内容:清涼飲料水の製造、加工および販売
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー
HP:https://www.ccbji.co.jp/

社名:エスビー食品株式会社
代表者:小形 博行
設立:1940年4月5日(創業 1923年4月5日)
事業内容:カレー、コショー、ガーリック等香辛料とチューブ入り香辛料等の香辛調味料、即席カレー、即席シチュー、レトルト食品、チルド食品、生ハーブ及びハーブ関連商品他各種食品の製造販売
所在地:東京都中央区日本橋兜町 18-6
HP:http://www.sbfoods.co.jp/

社名:田代内科クリニック
代表者:田代 博一 事業内容:国立成育医療研究センター正門前に開業している内科・消化器科・循環器科のクリニックです。健康の窓口として、健康やお身体 病気のことなど何でもご相談ください。また予防接種 健康診断などでお待ちしています。
所在地:世田谷区砧3-4-1-5F
HP:http://www.tashiro-naika.com/

社名:株式会社 江戸一飯田
代表者:飯田 一雅
設立:1971年5月
事業内容:佃煮煮豆製造卸売
所在地:東京都中央区築地4-13-4
HP:http://edo1-iida.p-kit.com/

社名:株式会社土佐屋商店
代表者:中津 直三
設立:1955年1月12日
事業内容:海産物の卸売
所在地:東京都世田谷区北沢3-20-2

社名:山崎製パン株式会社
代表者:飯島 延浩
設立:1948年6月21日
事業内容:パン、和・洋菓子、調理パン・米飯類の製造・販売、製菓・米菓の販売、ベーカリーの経営、コンビニエンスストア事業
所在地:東京都千代田区岩本町3-10-1
HP:https://www.yamazakipan.co.jp/

社名: 株式会社リアルワン
代表者:小柴 真一
設立:2004年11月
事業内容:不動産 賃貸管理
所在地:東京都千代田区飯田橋4-4-7オービットビル1F
HP:http://www.realone.co.jp/

社名:東京新宿ベジフル株式会社
代表者:遠藤 貴司
設立:2005年6月1日
事業内容:青果物卸売業
所在地:東京都新宿区北新宿4-2-1 東京都中央卸売市場淀橋市場
HP:http://www.vf-shinjuku.jp/

社名:株式会社 三陽
代表者:長谷 幸一郎
設立:1991年3月
事業内容:水産物卸売業、水産品加工業、仲卸業
所在地:福岡県福岡市中央区長浜2-3-6 三陽長浜ビル3F
HP:http://sanyo-jp.com/

社名:株式会社 紀文食品
代表者:堤 裕
設立:1947年9月26日
事業内容:水産練り製品を主体とした総合加工食品の製造・販売
所在地:東京都港区海岸2-1-7
HP:https://www.kibun.co.jp/

社名:株式会社マーケティングフォースジャパン
代表者:横山 秀樹
設立:1969年9月10日
事業内容:
・新製品開発並びに販売に関する市場調査
・量販店、百貨店における店頭管理に関わるコンサルティング事業
・店頭販売、店頭販促、各種プロモーション企画の立案並びに運営
・広告代理業
・一般労働者派遣事業
・有料職業紹介事業
・油脂類、油粕類、各種食品、飼料、肥料および油脂化学製品の販売事業
所在地: 東京都中央区日本橋茅場町2-13-13 共同ビル8F
HP:http://www.mfj-inc.co.jp/

社名:下田商事株式会社
代表者:下田 英一
設立:1992年6月28日
事業内容:乾物・雑穀・乾めん・加工食品卸売業、それらに関する製造業・販売業
所在地:東京都新宿区上落合2-26-5
HP:http://www.simoda.co.jp/

社名:エバラ食品工業株式会社
代表者:宮崎 遵
設立:1958年5月
事業内容:調味料食品の製造販売
所在地: 横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス14階
HP:https://www.ebarafoods.com/

社名:加藤産業株式会社
代表者:加藤 和弥
設立:1947年8月22日
事業内容:総合食品卸売業、カンピー製品製造発売元
所在地:東京都大田区大森中1-2-28 大森町ビル7F
HP:http://www.katosangyo.co.jp/

社名:スターゼン株式会社
代表者:中津濵 健
設立:1948年6月17日
事業内容:食肉の加工・販売、食肉製品・食品の製造・販売等
所在地:東京都港区港南2-5-7
HP:https://www.starzen.co.jp/

社名:ブルドックソース株式会社
代表者:石垣 幸俊
設立:1926年9月21日
事業内容:ソース、その他調味料の製造・販売
所在地:東京都中央区日本橋兜町11-5
HP:https://www.bulldog.co.jp/

社名:味の素AGF株式会社
代表者:品田 英明
設立:1973年8月1日
事業内容:飲食料品の製造、販売
所在地:東京都渋谷区初台1-46-3 シモモトビル
HP:http://www.agf.co.jp/

社名:大塚食品株式会社
代表者:牧瀬 篤正
設立:1955年5月19日
事業内容:食品・飲料の製造、販売、及び輸入販売
所在地:大阪市中央区大手通3-2-27
HP:http://www.otsukafoods.co.jp/

社名:アルモニア株式会社
代表者:小原 和浩
設立:2010年3月15日
事業内容:一般貸切旅客バス事業(関自旅一第1013号) 法人貸切バス事業  ゴルフ事業
所在地:東京都杉並区永福4-13-1
HP:http://www.armonia.co.jp/

社名:伊藤ハム株式会社
代表者:柴山 育朗
設立:1928年4月
事業内容:食肉加工品の製造及び販売食肉の加工及び販売調理加工食品、惣菜類の製造及び販売
所在地:東京都目黒区三田1-6-21アルト伊藤ビル
HP:http://www.itoham.co.jp/

社名:株式会社サミット・コルモ
代表者:竹野 浩樹
設立:1989年3月17日
事業内容:衣料品及び住居関連商品の小売チェーン
所在地:東京都杉並区永福3丁目37番7号
HP:https://colmopia.com/

社名:伊丹産業株式会社
代表者: 北嶋 一郎
設立: 1948年1月15日
事業内容:①LPガス製造、販売
     ②都市ガス製造、販売
     ③高圧ガス製造、販売
     ④発電及び電気の供給、販売
     ⑤太陽光発電等の設計、施工、販売
     ⑥石油製品販売
     ⑦米穀販売、搗精、加工および主食集荷
     ⑧通信機器の販売
     ⑨飲食店の経営
     ⑩生鮮食料品、食料品の集荷、販売
     ⑪酒、食塩の販売
     ⑫収入印紙、郵便切手の売捌
     ⑬薪炭販売
     ⑭自動車販売、修理
     ⑮損害保険代理業
     ⑯自動車及び自動車関連機器のレンタル及びリース業
     ⑰不動産の賃貸、管理
     ⑱農薬販売
     ⑲上記各号に附帯する一切の事業
所在地:兵庫県伊丹市中央5-5-10
HP:http://www.itami-grp.co.jp/

社名:富士瓦斯株式会社
代表者:津田 維一
設立:1954年5月24日
事業内容:LPガスの販売
本社:東京都世田谷区上祖師谷4-36-16
HP:http://www.fujigas.com/

社名:株式会社クレオ
代表者:横井 司
設立:1968年12月
事業内容:マーケティングおよび広告・プロモーションのトータルエージェンシー
所在地:東京都千代田区丸の内2-5-1丸の内2丁目ビル5F
HP:https://kreo.jp/

社名:国分首都圏株式会社
代表者:内藤 悟
設立:1928年1月12日
事業内容:酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか
所在地:東京都中央区日本橋1-1-1
HP:https://www.kokubu.co.jp/shutoken/

社名:国分フードクリエイト株式会社
代表者:山崎 佳介
設立:2015年2月20日
事業内容:酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか
所在地:東京都中央区日本橋1-2-6
HP:http://www.kokubu.co.jp/fc/

社名:株式会社大森屋
代表者:稲野 達郎
設立:1955年3月(創業1927年4月)
事業内容:味付海苔、焼海苔等の製造・販売
     ふりかけ、お茶漬け、スープ等の製造・販売
所在地:大阪市福島区野田4-3-34
HP:http://www.ohmoriya.com/

社名:株式会社髙山
代表者:髙山 時光
設立:昭和31年5月1日
事業内容:菓子、食品の販売
     菓子、食品等の企画販売事業
     包装資材の販売事業
     前各項に付帯関連する事業
所在地:東京都台東区西浅草3-24-6
HP:http://www.takayama-inf.com/

社名:ビッグホリデー株式会社
代表者:岩崎 安利
事業内容:旅行業
本社:東京都文京区本郷3-19-2 ビッグホリデービル
HP:http://bigs.jp/

社名:アサヒビール株式会社
代表者:塩沢 賢一
設立:1889年11月
事業内容:ビール類をはじめ総合酒類事業を展開
所在地:東京都墨田区吾妻橋1-23-1
HP:https://www.asahibeer.co.jp/

社名:株式会社ミツハシ
代表者:三橋 美幸
設立:1951年10月1日
事業内容:米穀、炊飯・加工商品・輸入米の販売
所在地:神奈川県横浜市金沢区幸浦2-25
HP:http://www.3284rice.com/

社名:株式会社 武蔵製菓
代表者:茶畑 哲夫
設立:1981年8月25日
事業内容:和菓子製造、及び販売
所在地:東京都立川市錦町3-5-23
HP:http://www.musashiseika.com/

社名:JA全農たまご株式会社
代表者:小島 勝
設立:2005年6月1日
事業内容:
・鳥卵およびその加工品の販売
・鳥卵加工食品の製造
・養鶏用および鳥卵包装・加工用の機械器具資材、養鶏飼料の開発および販売
・医薬品・医薬部外品・化粧品および日用雑貨類の販売
・貨物利用運送事業
・前各号に附帯する一切の業務
所在地: 東京都千代田区内神田1-1-12 コープビル9階
HP:http://www.jz-tamago.co.jp/

社名:安曇野食品工房株式会社
代表者:佐藤 勇二
設立:1998年6月19日
事業内容:ヨーグルト・デザート・チルド飲料の製造・販売、他
所在地: 長野県松本市大字笹賀5652
HP:http://www.azuminofood.jp/

社名:中野冷機株式会社
代表者:森田 英治
設立:1946年2月(創業1917年4月)
事業内容:冷凍・冷蔵ショーケース、冷凍機、業務用冷蔵庫および同応用製品の設計・製造・販売・据え付け工事とアフターサービス、ならびに建築・設備工事
所在地: 東京都港区芝浦2-15-4
HP:http://www.nakano-reiki.com/

社名:敷島製パン株式会社
代表者:盛田 淳夫
設立:1920年6月
事業内容:パン、和洋菓子の製造、販売
所在地: 名古屋市東区白壁5-3
HP:https://www.pasconet.co.jp/

社名:プリマハム株式会社
HP:https://www.primaham.co.jp/

社名:関東日本フード株式会社
代表者:山中 隆
設立:1979年2月
事業内容:日本ハムグループ食肉販売
所在地:東京都品川区大崎2-1-1ThinkParkTower
HP:http://www.nfgroup.co.jp/kantofood/

社名:株式会社バスクリン
代表者:三枚堂 正悟
設立:2008年7月1日
事業内容:医薬部外品(入浴剤・育毛剤他)、化粧品、雑貨品等の製造販売
所在地:東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル8階
HP:https://www.bathclin.co.jp/

社名:ニコニコのり株式会社
代表者:白羽 清正
設立:1950年6月
事業内容:海苔並びに一般食品の製造・販売・輸出入
所在地:大阪府大阪市浪速区敷津東3-3-23
HP:http://www.niconico-nori.co.jp/

社名:ジャパンプリント株式会社
代表者:久門 新二
設立:1976年4月
事業内容:商業美術印刷(チラシ・リーフレット・ポスター・POP等)、プランニング、セールスプロモーション、ツール制作、広告企画制作、ショッピングモールの催事企画&運営、Web制作&運用、データベース、システム構築、シールラベル印刷、包装紙印刷
所在地:東京都青梅市新町6-15-20
HP:http://www.japanprint.co.jp/

社名:住商グローバル・ロジスティクス株式会社
代表者:沖廣 克也
設立:1983年11月
事業内容:
・各種販売、ブランド・アパレル店舗販売、医療品・雑貨卸売業に対応した国内物流センター業務
・荷主企業へのインハウス物流機能、その他物流サービスの提供
・NVOCC 事業を始めとした国際複合一貫輸送事業並びに関連サービス
・輸送容器(マキシコン)・物流機器等に関わるビジネスの営業及び運営
所在地:東京都千代田区一ツ橋一丁目2番2号
住友商事竹橋ビル
HP:http://www.sglogi.co.jp/

社名:キッコーマン食品㈱首都圏支社
代表者:井上 信政
設立:2009年
事業内容:しょうゆ、しょうゆ関連調味料、食品、酒類などの販売
所在地:東京都港区西新橋2-1-1
HP:http://www.kikkoman.co.jp/

社名:東海漬物株式会社
HP:http://www.kyuchan.co.jp/

社名:ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
代表者:岩田 義浩
設立:2012年3月30日
事業内容:飲料水及び食品事業、外食事業、その他
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-1
HP:https://www.pokkasapporo-fb.jp/

社名:大王製紙株式会社
代表者:佐光 正義
設立:1943年5月5日
事業内容:日用品雑貨の製造加工並びに販売
所在地: 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グランブルーム
HP:http://www.daio-paper.co.jp/

社名:ジャペル株式会社
代表者:水野 昭人
設立:1970年8月
事業内容:ペットフード・ペット用品の卸売業
所在地:愛知県春日井市桃山町3-105
HP:http://www.japell.com/

社名:エステー株式会社
代表者:鈴木 貴子
設立:1948年8月31日
事業内容:生活日用品の製造、販売
所在地:東京都新宿区下落合1-4-10
HP:http://www.st-c.co.jp/

社名:全農パールライス株式会社
代表者:前田 守弘
設立:1972年10月9日
主な事業内容:米穀のとう精・販売、酒造用米穀のとう精、炊飯事業、食品等の販売
所在地:東京都千代田区内神田1-1-12 コープビル2F
HP:https://www.zpr.co.jp/

社名:兼貞物産株式会社
代表者:平木 元治
設立:1952年10月
主な事業内容:乾しいたけ・加工食品卸売
所在地:福岡県久留米市御井朝妻1-5-23
HP:http://www.kanesada.co.jp/

社名:森永乳業株式会社
代表者:宮原 道夫
設立:1949年4月13日
主な事業内容:牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造、販売
所在地:東京都港区芝五丁目33-1
HP:http://www.morinagamilk.co.jp/

社名:キーコーヒー株式会社
代表者:柴田 裕
設立:1920年8月24日
主な事業内容:海外におけるコーヒー農園事業から、コーヒーの製造、販売ならびに コーヒー関連事業経営に至るまでのコーヒーに関する総合企業
所在地:東京都港区西新橋2-34-4
HP:http://www.keycoffee.co.jp/

社名:東洋水産株式会社
代表者:今村 将也
設立:1953年3月25日
事業内容:即席めん類・生めん類・加工食品類・冷凍魚介類の製造・加工・販売 他
所在地:東京都港区港南2-13-40
HP:https://www.maruchan.co.jp/

社名:マルハニチロ株式会社
代表者:伊藤 滋
設立:1943年3月31日
事業内容:漁業、養殖、水産物の輸出入・加工・販売、冷凍食品・レトルト食品・缶詰・練り製品・化成品・飲料の製造・加工・販売、食肉・飼料原料の輸入、食肉製造・加工・販売
所在地:東京都江東区豊洲3-2-20
HP:https://www.maruha-nichiro.co.jp/

社名:世田谷信用金庫
代表者:大場 信秀
設立:1921年(大正10年)4月
事業内容:金融業
本店所在地: 東京都世田谷区世田谷1-23-3
HP:http://www.shinkin.co.jp/setagaya/

社名:株式会社ヤマタネ
代表者:山﨑 元裕
設立:1924年7月
事業内容:倉庫業
     主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律に基づく主要食糧卸売販売業
所在地:東京都江東区越中島1-2-21
HP:https://www.yamatane.co.jp/

社名:株式会社アッシュ
代表者:高山 時光
設立: 1987年4月15日
事業内容: 菓子、食品の企画・開発販売事業 前項に付帯関連する事業
所在地: 東京都台東区東上野4-24-11 NBF上野ビル13階
HP:https://www.ash-inf.com/

社名:雪印メグミルク株式会社
代表者:西尾 啓治
設立:2009年10月1日
事業内容:牛乳、乳製品及び食品の製造・販売等
所在地:東京都新宿区四谷本塩町5-1
HP:http://www.meg-snow.com/

社名:メルシャン株式会社
代表者:長林 道生
設立:1934年12月4日
事業内容:ワインを中心とした酒類の製造・販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.mercian.co.jp/

社名:江崎グリコ株式会社
代表者:江崎 勝久
設立:1922年2月11日
主な事業内容:菓子、冷菓、食品、牛乳・乳製品の製造および販売
所在地:大阪府大阪市西淀川区歌島4-6-5
HP:https://www.glico.com/jp/

社名:岩下食品株式会社
代表者:岩下 和了
設立:1955年
事業内容:食品の製造・販売・開発
所在地:栃木県栃木市沼和田町23-5
HP:http://www.iwashita.co.jp/

社名:コンフェックス株式会社
代表者:昆 靖
設立:1950年1月(創業1906年12月)
事業内容:菓子食品総合商社
所在地:東京都渋谷区代々木3-38-7
HP:http://www.confex.co.jp/

※順不同

2020年03月01日
スフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバー更新企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:宍戸コンクリート工業株式会社
代表者:宍戸 邦啓
事業内容:生コンクリートの製造販売
本社:東京都世田谷区給田3-2-15
HP:http://www.shishido-concrete.co.jp/

社名:日本興産株式会社
代表者:秋山 俊洋
本社:東京都世田谷区深沢6-10-1
 
社名:丸富製紙株式会社
代表者:佐野 武男
設立:1955年9月9日
事業内容:トイレットペーパー、ティシュペーパー、タオルペーパーの製造および販売
所在地:静岡県富士市比奈678
HP:http://www.marutomi-seishi.co.jp/

社名:株式会社ハウジングプラザ
代表者:長 茂雄
設立:1989年(平成元年)11月
事業内容:不動産業
本社: 東京都世田谷区梅丘1-21-7
HP:http://www.housingplaza.jp/

※順不同

2020年03月01日
2020スフィーダ12メンバーズ(ファンクラブ) 新規募集開始

 本日、3月1日より2020シーズンのスフィーダ12メンバーズ(ファンクラブ)の新規募集を開始いたします。御入会頂き、熱くスフィーダ世田谷FCのサポートを賜れれば幸いです。宜しくお願い申し上げます。
HP:http://www.sfida.or.jp/community/12members.html

2020年02月29日
新型コロナウイルス感染拡大への対応

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。新型コロナウィルス感染拡大を鑑み、以下の日程の試合を非公開とさせて頂きますことをご報告致します。また新型コロナウィルスの拡大が終息するまでファンの皆様との交流、イベント参加などの活動を自粛させて頂きます。

3月1日(日)
13:00vs流通経済大学@流通経済大学龍ケ崎キャンパス

※尚、2月27日(木)よりユース、ジュニアユース、スクール、ママさんなどトップチーム以外の全てのカテゴリーの活動を停止しております。

2020年02月29日
[お知らせ]新型コロナウイルス感染拡大への対応

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。新型コロナウィルス感染拡大を鑑み2/27(木)よりトップチーム以外の全ての活動を休止しておりますことをご報告致します。
 活動再開については未定ですが今後の状況を見極めつつ適切に対応して参ります。


2020年02月25日
トレーニングマッチ情報

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の通り、トレーニングマッチを行うこととなりましたのでご案内致します。

3月1日(日)
13:00vs流通経済大学@流通経済大学龍ケ崎キャンパス
※45分×3本予定(都合により本数や試合時間は変更になる場合があります)


2020年02月24日
[U13]アクオレカップ 東京都ガールズ(U15)サッカー大会 十文字レイトブルーマーとドロー

△1-1(0-0/1-1) 北原

 引き分け以上で決勝トーナメント(ベスト4)に進める状況の中、勝って決勝トーナメントに進む事を目指し最後まで走り戦いましたが、惜しくも引き分けに終わってしまい悔しい一戦となりました。
 先日の修徳戦と同じく立ち上がりが非常に悪くコーナーキックを与えてしまう上にその後の10分、15分も選手達のテンションが上がらず消極的なプレーが続いてしまいました。緊張するなとは言いませんでしたが、もっと積極的に堂々とプレーし、「自分達はできる!やってやる」という雰囲気を前面に出した試合の入りができていれば前半から主導権を握れたのではと思います。それでも徐々に自分達でボールを動かしテンポも上がり、中盤で前を向くプレーや相手の背後を取るプレーが増え自分達のやりたい事ができ始め前半で得点は奪えなかったものの、良い流れでハーフタイムを迎えられました。
 後半も自分達のやりたい事、やろうとする事は変えずにボールを動かし、失った瞬間には相手より早く切り替え球際は激しく戦いボールをより早く回収する事、守備ではスライドとラインアップを繰り返しながら最後はしっかりと体を寄せチャレンジandカバーで相手を自由にプレーさせなかった点は大きな成長を感じました。
 攻撃では中盤の選手が二列目から飛び出すプレーやサイドバックの積極的な攻撃参加で攻撃に厚みを加え、裏に抜け出したエースが角度のないところから技ありのゴールを決めてくれました。しかしこのゴールをきっかけに残り10分ほどは相手は前線に人数をかけて来ました。そこで相手を下げさせる為にシンプルに大きく前に蹴り出す勇気と決断が遅かった事、中途半端なラインコントロールでDFとGKとの間に蹴られたロングボールの対応が曖昧になり失点した事は悔いが残ります。試合の入り方と終わらせ方という部分と勝利を掴む難しさを学んだ1日となりました。それでも試合を通して選手達の大きな成長を感じられました。ここで満足する事なく、決勝戦に進む為に日頃の練習から全力でプレーする事を求め、更なるレベルアップと成長に繋げたいと思います。本日も朝早くから応援に駆けつけてくださいましたサポーター、沢山の保護者の皆さまに心から感謝致します。引き続き、選手達へのサポート、応援、そして成長への後押しを宜しくお願い致します。

渋谷由美子

2020年02月20日
トレーニングマッチ情報

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の通り、トレーニングマッチを行うこととなりましたのでご案内致します。

2月23日(日)
13:00vsFC十文字VENTUS@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
※45分×2本


2020年02月20日
親善試合「スフィーダ世田谷FC vs FC十文字VENTUS」中止のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。2月23日(日)予定しておりました清瀬市主催の「親善試合」並びに「なでしこリーガーによる清瀬市サッカー教室」は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の状況を鑑み中止とりましたのでお知らせ致します。ご来場を予定されていた皆様方におかれましてはご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


2020年02月18日
親善試合「スフィーダ世田谷FC vs FC十文字VENTUS」開催のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の日時にて清瀬市主催の親善試合(多摩・島しょスポーツ習慣定着促進事業)を開催することとなりましたのでお知らせ致します。

日時:2020年2月23日(日)12:10キックオフ
会場:清瀬内山運動公園サッカー場A面
対戦:FC十文字VENTUS
交通:武蔵野線「新座駅」下車、徒歩30分
備考:10:00~11:40まで同じなでしこリーグ2部所属FC十文字VENTUSと共に「なでしこリーガーによる清瀬市サッカー教室」を開催します。

2020年02月14日
2020プレナスなでしこリーグ 第4節 試合日程決定のお知らせ

 以下の通り、未定でした2020なでしこリーグ2部 第4節の日程が決まりましたのでお知らせ致します。

日時:2020年4月19日(日)14:00キックオフ
会場:熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
対戦:FC十文字VENTUS

2020年02月11日
スフィーダ世田谷FC選手リレーInstagram開始

 スフィーダ世田谷FC選手リレーInstagramを開始することとなりました。つきましては多くのファン・サポーターの皆様方にフォローをお願いしたいと思います。選手達の日常やチームの裏側などをお届けします!
https://www.instagram.com/sfidasetagaya_player/


2020年02月08日
必勝祈願

 本日、12:30より世田谷区杉並区にある大宮八幡宮にて、2020シーズンへ向けた必勝祈願を行いました。2020シーズンこそ目指すべき場所へ辿り着きたいと思います。ご声援のほど宜しくお願い申し上げます。


2020年02月08日
トレーニングマッチの内容変更(2/9)

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の通り、明日のトレーニングマッチの予定に変更がありましたのでお知らせいたします。諸事情によりリオフットボールクラブ(男子中学生)とのトレーニングマッチは中止となりました。

(変更前)
2月9日(日)
13:30vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
15:30vsリオフットボールクラブ(男子中学生)@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
※45分×2本、35分×2本

(変更後)
2月9日(日)
13:30vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
※45分×2本


2020年02月04日
2020シーズンなでしこリーグ/なでしこリーグカップ日程発表

 以下の通り、2020シーズンの日程が発表されましたことをご報告いたします。3月21日(土)アウェイにてリーグ戦が開幕致します。熱いご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
HP:http://www.nadeshikoleague.jp/2020/nadeshiko2/

2020年02月02日
[U14]アクオレカップ 東京都ガールズ(U15)サッカー大会 修徳中学校に勝利!

◯1-0(1-0/0-0) 石浦

 【チームで戦う事・勝ち点3を取る事】をテーマにこの試合に臨みました。しっかり勝ち点3を取り最後までチームの為に走り戦い抜いた選手たちを褒めたいと思います。また、ベンチメンバーも心を一つにしてベンチから声をかけ仲間を励ますなどチームで戦えていた事が今日の勝利に繋がったように感じます。
 試合は立ち上がりに相手の中央からの速い攻撃やプレスに少し圧倒されピンチを迎える時間が続きましたが、徐々にボールを保持できるようになり自分達のペースを掴みかけていた時間帯に、ペナルティエリア内で相手のファールを誘う素晴らしい仕掛けからPKを獲得、しっかりと得点を奪う事ができました。
 選手同士でそれぞれの特徴を理解しプレーできるようになって来た事、ピッチ内で細かい修正をする様子や助け合うプレーが増えサッカー選手としての成長を感じています。
 アタッキングサードでの積極的な仕掛けはここ数ヶ月求め続けトレーニングして来ましたし、後半に関しては相手陣内に押し込む時間が増えドリブルでの仕掛けだけではなく狭い局面でもワンタッチプレーでのコンビネーションや広いスペースへのロングパス、スルーパスでチャンスを作り、失った後の回収も早くなりました。ですが、クロスバーに弾かれる場面やゴールキーパーとの1対1など2.3点決めれるチャンスがありながら1点しか決めれなかった事実は反省すべき点です。
 守備に関しては前から奪いに行く意識や失った後の切り替えは早くなりましたが、簡単に中央を通されバイタルエリアを使われてしまう場面がありました。チャンスで確実に決めきる力・守備時の立ち位置・セットプレーの守備など引き続きトレーニングを重ね、今日の勝利に満足する事なく個人のレベルアップはもちろんチームとしての更なるレベルアップを期待しています。
 本日は沢山の保護者の皆様に応援して頂き、誠にありがとうございました。引き続き選手達へのサポート、応援の程宜しくお願い致します。

渋谷由美子

2020年02月01日
100%スフィーダ!2月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」2月号は1月に行われた第2回スフィーダ世田谷カップの模様をお届け!原キャプテンが決勝戦を実況、他にも少女選手達との交流会の模様など盛りだくさんの内容となっています。是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2020年01月31日
トレーニングマッチ情報

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。2020年より多くの皆様にスフィーダ世田谷FCのトレーニングマッチをご観戦頂くことを目的とし、公開できるトレーニングマッチは公開することになりました。皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

2月2日(日)
12:50vsつくばCレディース@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
14:50vs茨城フットボールアカデミー@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
※45分×4本

2月9日(日)
13:30vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
15:30vsリオフットボールクラブ(男子中学生)@清瀬市内山運動公園サッカー場A面
※45分×2本、35分×2本

2月16日(日)
12:00vsノジマステラ神奈川相模原@ノジマフットボールパーク
※45分×3本

2020年01月31日
薄田春果選手の移籍先チーム

 移籍先が未発表でした薄田春果選手はオーストラリアNPL1部リーグのSYDNEY OLYMPIC FCに移籍することになりましたのでお知らせ致します。

2020年01月30日
2020シーズントレーニングウェアスポンサー様決定のお知らせ

 2020シーズンのトレーニングウェアスポンサー様が決定致しましたのでご報告申し上げます。
 サミット株式会社様、株式会社サンルイ・インターナッショナル様、株式会社ドトールコーヒー様、株式会社ブレイブ様、三栄造園株式会社様、株式会社ユーテック様、株式会社玉川ホールディングス様と2020シーズンのTRウェアスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い各社様からの後押しを受け、2020シーズンも全力で戦って参ります。応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
サミット株式会社
代表取締役社長:竹野 浩樹
設立:1963年(昭和38年)7月
事業内容:食品スーパーマーケット及びその他生活関連商品の小売チェーン
本社:東京都杉並区永福3-57-14
HP:http://www.summitstore.co.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面
 
株式会社サンルイ・インターナッショナル
代表取締役社長:森田 敦子
設立:1998年(平成10年)1月16日
  St.Louis international,inc.
事業内容:フィトテラピーに関する業務
本社:東京都目黒区中目黒3-12-5
HP:https://intime-cosme.com
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ右袖

株式会社ドトールコーヒー
代表取締役社長:星野 正則
設立:1962年(昭和37年)4月
事業内容:コーヒーの焙煎加工並びに販売、食品の仕入れ、販売及び輸出入、飲食店の経営、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集及び加盟店の指導
本社: 東京都渋谷区神南1-10-1
HP:https://www.doutor.co.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ左袖
 
株式会社ブレイブ
代表取締役社長:中島 将太
設立:2016年(平成28年)4月6日
事業内容: web広告事業、web制作事業、こどもプログラミング教室運営
本社:東京都世田谷区三軒茶屋1-37-8ワコーレ三軒茶屋64ビル9階
HP:https://bra-ve.co.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ背面
 
社名:三栄造園株式会社
ショップ名:世田谷エクステリアルーム
代表取締役会長:藤倉 幸彦
事業内容:エクステリア・造園工事の設計・施工・管理・リフォーム
本社:東京都世田谷区松原1-2-9
HP:http://www.sanei-landscape.com
掲出個所:選手、スタッフ着用トレーニングウェア背面

社名:株式会社ユーテック
代表取締役社長:中島 佳史
事業内容:
・特高・高圧受変電設備、各種負荷設備の竣工試験調整及び定期点検整備、精密試験測定
・電気設備故障時の緊急サービス、及び調査
・電気に関する各種設備の設計、管理、諸手続き代行、各種調査、計測、試験、及び結果の解析
・電気使用、利用の合理化に関する各種サービス
本社:東京都世田谷区上北沢5-5-12
HP:http://utec-um.co.jp
掲出個所:選手、スタッフ着用トレーニングウェア背面

社名:株式会社玉川ホールディングス
代表取締役社長:關口 雅章
事業内容:
・リネンサプライの企画及びサービスの提供
・業務用・個人用衣類及び寝装品のクリーニング
・寝具のリース及び乾燥サービスの提供
・寝装品関係・ユニフォーム類・テーブルリネン類の販売
・環境関連事業(エコロジー)
本社:東京都世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル6階
HP:http://www.tamasen.co.jp
掲出個所:選手、スタッフ着用トレーニングウェア背面

2020年01月26日
[U14]アクオレカップ東京都ガールズ(U15)サッカー大会 青梅FCストロベリーに勝利!

○12-0(5-0/7-0) 矢野,久保田,羽柴,久保田,久保田,久保田,井藤,青木菜,大熊,青木菜,大熊,羽柴
 前回の試合の反省点の修正とチームのストロングポイントのさらなる強化を図り、1週間TRを積み重ねてきました。雰囲気も良く、強度も1段階レベルを上がり、選手が主体となって活動してくれていました。"チーム"としての勝利の目指し方、取り組み方など再確認したことが今日の内容と結果に結びついたと振り返っています。
 内容としましては、ハイラインによるハイプレスに序盤は対応に苦しめられましたが、その中でも得点を重ねたことがチームに流れをもたらしたと思います。グランドコンディションや相手のスタイルとの駆け引きによって、シンプルなプレーが連続する場面も見られましたが判断としては高く評価しています。背後のスペースの取り方に工夫を凝らし、色々なアイディアと技術の高さを感じさせてくれました。アクションの質やプレーの質にこだわったTRの成果が見られました。オフサイドになってしまう場面も多く見られましたが、今日のようなあまり見られないDFラインコントロールをするチームに対しての崩し方も学べたと思います。細かい部分での課題はたくさんありますし、次の試合までの約1ヶ月間で出来ることに全力を尽くしたいと思います。
 本日は多くの保護者の皆様に応援して頂き、誠にありがとうございました。アクオレカップ優勝に向けチーム一丸となって精進してまいります。引き続きチームへのサポートを宜しくお願い致します。

木野田 俊英

2020年01月22日
なでしこリーグ2020シーズン大会形式

 2020シーズンのなでしこリーグ/なでしこリーグカップの大会方式および試合方式が決定いたしましたので、お知らせいたします。
 各試合の日程詳細は2月4日(火)17時頃、日本女子サッカーリーグ公式HPにて発表となります。
 
2020プレナスなでしこリーグ
■参加チーム
ちふれASエルフェン埼玉
FC十文字VENTUS ※昇格
オルカ鴨川FC
スフィーダ世田谷FC
日体大FIELDS 横浜 ※降格
ニッパツ横浜FCシーガルズ
大和シルフィード
AC長野パルセイロ・レディース ※降格
バニーズ京都SC
ASハリマアルビオン
 
■開催日程
3月21日(土) ~ 11月8日(日)
※大会日程は現段階での予定のため、変更になる場合がございます。
 
■大会概要
□大会形式
ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりのリーグ戦(全18節/90試合)
□選手の登録
◆登録人数の制限なし(小学生は認めない)
◆下部組織チームとしてクラブ申請しているチームから5名まで登録することができる。
◆外国籍選手は5名登録、3名までが出場できる。
◆各試合にエントリーできる選手は18名以内
◆各試合の選手の交代は3名以内
 
■入れ替え 
1部チームと2部チーム、2部チームとチャレンジリーグチームとの自動昇降格および入替戦はともに実施しない
 
■賞金額
優勝 1,000,000円
2位 500,000円
3位 300,000円
 
-------------------------------------------- 
2020プレナスなでしこリーグカップ
■参加チーム
《Aグループ》
マイナビベガルタ仙台レディース
日テレ・ベレーザ
スフィーダ世田谷FC
AC長野パルセイロ・レディース
ASハリマアルビオン
 
《Bグループ》
浦和レッドダイヤモンズレディース
ノジマステラ神奈川相模原
日体大FIELDS 横浜
ニッパツ横浜FCシーガルズ
大和シルフィード
 
《Cグループ》
アルビレックス新潟レディース
INAC神戸レオネッサ
愛媛FCレディース
オルカ鴨川FC
バニーズ京都SC

  《Dグループ》
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
伊賀FCくノ一三重
セレッソ大阪堺レディース
ちふれASエルフェン埼玉
FC十文字VENTUS
 
■開催日程
□予選リーグ 4月11日(土) ~ 6月21日(日)
□準決勝 6月27日(土)または6月28日(日)
□決勝・3位決定戦 8月23日(日)
※大会日程は現段階での予定のため、変更になる場合がございます。
 
■大会概要
□大会形式
◆なでしこリーグ1部、なでしこリーグ2部に所属する全20 チームが参加する。20 チームを4つのグループに分け、5チームの1回戦総当たり「予選リーグ」を行う。
◆予選リーグのグループ分けは、「2019 プレナスなでしこリーグ1部」「2019 プレナスなでしこリーグ2部」の順位により、決定する。
◆予選リーグの各グループ1位チーム計4チームで決勝トーナメント(決勝、3位決定戦、準決勝)を行う。
□選手の登録
◆登録人数の制限なし(小学生は認めない)
◆下部組織チームとして「クラブ申請」登録を行ったームから何名でも登録することができる。(クラブ申請したチームが複数の場合、うち1チームからのみ選手登録を可とする)
◆外国籍選手は5名登録、3名までが出場できる。
◆各試合にエントリーできる選手は18名以内
◆決勝・3位決定戦は延長戦に入った場合、4人目の交代を行うことができる。(それまでにすべての交代要員を使い切っていない場合でも)
 
■賞金額
優勝 5,000,000円
準優勝 3,000,000円
3位 1,000,000円

2020年01月21日
無常の花 ~スフィーダ世田谷とともに~ 写真展開催

 この度、2016シーズンよりスフィーダ世田谷FCオフィシャルカメラマンを務めて下さっている高濱修が以下の日時で写真展を開催することとなりました。クラブの歴史を記録した大変貴重な機会となりますので是非ともご来場頂き、歴代の写真をお楽しみ頂ければ幸いです。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

会期:2020年2月11日(火)~2月16日(日)10:00~18:00 ※最終日のみ16:00まで
会場:世田谷美術館区民ギャラリーA3-4
入場料:無料
交通:田園都市線「用賀駅」より美術館行バス「美術館」下車、徒歩3分。または「用賀駅」下車、徒歩17分など

主催:高濱修
後援:スフィーダ世田谷FC

2020年01月19日
[U14]アクオレカップ東京都ガールズ(U15)サッカー大会 吉祥女子中学に勝利!

○3-0(2-0/1-0) 青木菜、青木菜、宅和
 年が変わり、この学年として今大会を優勝するに相応しいチームになろうとTRに励んできました。この試合においては基準は自分達で作ること、やらなければならないことを100%やり切ることにこだわりました。戦術的なテーマとしましては先週のTRMに引き続き、選択肢を与えるアクションやポジショニング・選択肢を自ら生み出すプレー・失ってから奪い返すまでのスピードの3点です。
 ゴール前に人数をかけ守ってくる相手に対し、幅を使いながら打開しようとする意図は見られました。ミドルシュートも積極的に打つなどゴールへの意欲も高かったと思います。終始相手陣内で時間を進めることは出来ましたが、ゴール数に少し物足りなさを感じました。なかなか引き出せない相手に対し、どのようにスコアを伸ばしていくかの工夫も今後必要になると感じました。
 今日における1番の課題はプレーを合わせようとコミュニケーションを取れないことです。ハーフタイムや試合後に話をする場面が見られるようになったのは非常に良いことだと思います。自分達で振り返り、次に繋げようとする姿勢はとても大切です。さらなるレベルアップを図るには、起きたミスに対してすぐに修正しようとするコミュニケーションです。"今"なにを狙っていたのか、どういうプレーがしたかったのか、どのタイミングだったのか、それを改善出来る最大のチャンスはミスが起きた直後です。一人一人が自分の思い描くプレーをするのではなく、あくまでチームの中の1人として振る舞って欲しいと思います。チームの勝利のためになにが出来るのか、個性を存分に出してもらいながら役割を考え体現してほしいです。まだ始まって2週間しか経っていないチームですので、まずは来週のゲームを見据えながら高みを目指したいと思います。
 本日は多くの保護者の皆様に応援して頂き、誠にありがとうございました。引き続きチームへのサポートを宜しくお願い致します。

木野田 俊英

2020年01月18日
[ユース]関東プリンセスリーグ2019第16節 INAC多摩川レオネッサU-18に勝!

○4-1(2-0/2-1) 白﨑、橋本、白﨑、田口
 2019年度最後の公式戦の締めくくりと2020年最初の公式戦という両者の意味を持たせた本戦で、サポートの改善を落とし込み、ボール周辺のサポートを増やす事でスムーズなボール循環と前進を求めました。ビルドアップに関しては数的優位を作り出し相手FW/MFを突破するシーンが増えたのは良い点ですが、スペースを作る動きの選手と作り出したスペースを埋める選手のタイミングが合わずゴールへ向かう為の効果的なスペースを使えないシーンが多く見られたので、動きの連動性を引き続き求めて参ります。選手達は積極的なトライを見せ、ピッチ上で修正しようと声を掛け合う場面が増えているのは良い点です。今年に懸ける想いを感じる事が出来た大きな1歩目と捉え、今後の成長に期待したいと思います。
 非常に厳しい寒い中、応援に来てくださいました保護者・サポーターの皆様誠にありがとうございました。また2019年度ユースチームを支えて下さり改めて感謝申し上げます。各種大会におけるタイトルを掴み取る事が出来ず非常に悔しい年となりました。今年はその想いを胸に覚悟を持って日々を過ごして参ります。引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2020年01月17日
2020シーズン新加入選手のお知らせ⑤

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、日体大FIELDS横浜より瀬野有希選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:瀬野 有希(せの ゆうき)
■年齢:23歳(1996年12月30日)
■身長:168cm
■代表歴: 2015 U-19日本女子代表候補
■出身:埼玉県
■ポジション:MF
■前所属チーム歴:ラガッツアFC→修徳高等学校→日本体育大学女子サッカー部→日体大FIELDS横浜
■コメント:
 この度、スフィーダ世田谷に入団することになりました、瀬野有希です。とても良い環境でサッカーが出来る事に感謝し、チームに貢献できるよう頑張ります。早くチームに慣れて、今シーズンは、結果にもこだわって闘いたいと思いますので、応援よろしくお願い致します。

2020年01月09日
2020モデルユニフォーム受注生産受付開始のご案内︎

 2020モデルユニフォームの受注生産申し込みを開始します。
※3月中旬納品予定(時期が前後する場合がありますので予めご了承ください)

・お申込み
 せたがやいち スフィーダ世田谷オンラインショップ
 HP:https://www.setagaya-1.com/sfida/_pc/
・受付期間
 2020年1月9日(木)~1月20日(月)15:00
・販売価格(税込)
 一般価格¥15,000-
 会員価格¥12,000-

2020年01月09日
2020シーズン新体制のお知らせ︎

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の通り2020シーズンの新体制を御報告申し上げます。2020シーズンも引き続き変わらぬご声援を賜りますようお願い申し上げます。

監督 川邊 健一
コーチ 石田 美穂子
GKコーチ 廣瀬 義貴
トレーナー 後藤 香代子
トレーナー 武田 遥河

1 石野 妃芽佳
2 戸田 歩
3 原 志帆 ※主将
4 村上 朱音
5 柏原 美羽
6 下山田 志帆
7 中山 さつき
8 熊谷 汐華 ※副将
9 堀江 美月 (新)
10 大竹 麻友
11 長崎 茜 ※副将
12 サポーター
13 金子 ゆい
14 片寄 優
15 渡辺 瑞稀
16 奈良 美沙季 (新)
17 根本 彩夏
18 大久保 萌
19 安田 祐美乃
20 樫本 芹菜 (新)
21 岸 星美
22 村上 真生 (新)
23 伊藤 綾花
24 瀧下 まひる (新)
25 -
26 野村 智美
27 三本 紗矢香

(新)新加入選手

2020年01月08日
2020シーズンユニフォームスポンサー様決定のお知らせ︎

 2020シーズンのユニフォームスポンサー様が決定致しましたのでご報告申し上げます。
 サミット株式会社様、東邦ホールディングス株式会社様、株式会社金冠堂様、株式会社トモズ様、株式会社ブレイブ様、株式会社ドトールコーヒー様、株式会社ジェイコム東京世田谷局様と2020シーズンのユニフォームスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い各社様からの後押しを受け、2020シーズンも全力で戦って参ります。応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
サミット株式会社
代表取締役社長:竹野 浩樹
設立:1963年(昭和38年)7月
事業内容:食品スーパーマーケット及びその他生活関連商品の小売チェーン
本社:東京都杉並区永福3-57-14
HP:http://www.summitstore.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(前面胸)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面
 
東邦ホールディングス株式会社
代表取締役会長CEO:濱田 矩男
設立:1948年(昭和23年)9月
事業内容:医薬品卸事業
本社:東京都世田谷区代沢5-2-1
HP:http://www.tohohd.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(背面上部)
 
株式会社金冠堂
代表取締役社長:山﨑 充
設立:1943年(昭和18年)6月
事業内容:一般用医薬品の製造・販売及び医薬部外品、化粧品、食品等の販売
本社:東京都世田谷区三軒茶屋1-34-14
HP:http://www.kinkan.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(背面下部)
 
株式会社トモズ
代表取締役社長:徳廣 英之
設立:1993年(平成5年)9月
事業内容:ドラッグストア「トモズ」(調剤・物販併設)・「アメリカンファーマシー」(欧米型ドラッグストア)・「メディコ」・「カツマタ」及び「インクローバー」(ブランド化粧品専門店)の経営
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル 3F
HP:http://www.tomods.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(前面鎖骨部分左)
 
株式会社ブレイブ
代表取締役社長:中島 将太
設立:2016年(平成28年)4月6日
事業内容: web広告事業、web制作事業、こどもプログラミング教室運営
本社:東京都世田谷区三軒茶屋1-37-8ワコーレ三軒茶屋64ビル9階
HP:https://bra-ve.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(前面鎖骨部分右)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ背面

株式会社ドトールコーヒー
代表取締役社長:星野 正則
設立:1962年(昭和37年)4月
事業内容:コーヒーの焙煎加工並びに販売、食品の仕入れ、販売及び輸出入、飲食店の経営、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集及び加盟店の指導
本社: 東京都渋谷区神南1-10-1
HP:https://www.doutor.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(肩)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ左袖

株式会社ジェイコム東京世田谷局
世田谷局局長:上島 真二
事業内容:ケーブルTV事業、メディア事業
住所:東京都世田谷区経堂5-32-8 マーベラス経堂4階
HP:http://www.jcom.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(パンツ)

2020年01月04日
100%スフィーダ!1月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」1月号は12月に行われたファン感謝祭、スフィーダ世田谷FCが主催しているウォーキングサッカー体験会、世田谷税務署でe-Taxの使用方法を学ぶなど盛りだくさんの内容となっています。是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日22:30~

2020年01月01日
謹賀新年︎

 新年明けましておめでとうございます。2019年も多くのご声援を賜り誠にありがとうございました。
 2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催される特別な一年となりますので、東京都のクラブとして微力ながら関わらして頂くと行くと共に、クラブの積年の目標である1部リーグ昇格へ向けて邁進して参りたいと思っています。2020年も引き続き熱い応援のほど宜しくお願い申し上げます。

2019年12月28日
[ユース]関東プリンセスリーグ2019第15節 フィオーレ武蔵野FCに勝利‼︎

○6-0(1-0/5-0) 久保、安積、砂原、石原、片寄、片寄

 年内最後の公式戦において、特別な想いを乗せるのではなく、「いつも通り」を目的にアグレッシブな連携とアタッキングサードでの崩し方や関わり方を確認し挑みました。PA付近から選手達自身が効果的なアクションを引き出し・使う連動がスムーズに行えていた内容のある終わり方が出来ていたと思います。サイドからのクロス、中央突破、ドリブルでの個人技、複数人でのワンタッチプレー、得点シーンもバリエーション豊富だったのは評価に値します。
 開始早々に相手のチェイシングから先制点を奪うと徐々に相手の非常にコンパクトな守備ブロックに対し差し込む経路を探る時間に多くを割いてしまう展開に。攻守の運動量と立ち位置の修正を図り、ゴールへの意識を強く求め後半には多くの得点を重ねる事が出来ましたが、チームの意識や方向性を統一する事でゲームの様子が大きく変わると学べた1日となりました。前半にも多くあったクロスを含むサイドの崩しは確実な得点を挙げる上でも連携・連動面において修正すべき点であると感じましたので、引き続きトレーニングで改善して参ります。
 本日も寒い中、応援に来てくださいました父兄・サポーターの皆様誠にありがとうございました。また、今年は特に回収率を見てもアグレッシブにボールを奪う姿勢や意識の成長を大きく感じたシーズンでした。更に個人・グループとしても得点力を身につけ、勝てる集団へ個々が邁進する来シーズンにしてもらいたいと思います。厳しい・苦しい時も選手達を暖かく見守り続けて頂いた保護者の皆様には多大なる感謝を申し上げます。2020年も素晴らしい能力・可能性を持っている選手達の後押しを宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年12月27日
年末年始休業のお知らせ

 いつもご声援を賜りまして誠にありがとうございます。以下の通り年末年始の期間を休業させて頂きます。2020年1月7日(火)10:00より通常営業となりますので何卒宜しくお願い致します。

■休業期間
2019年12月29(日)~2020年1月6日(月)

2019年12月26日
山﨑萌子選手の移籍先チーム

 移籍先が未発表でした山﨑萌子選手はプレナスチャレンジリーグ所属のアンジュヴィオレ広島に移籍することになりましたのでお知らせ致します。

2019年12月26日
[ユース]Women's Super League 第7節 常葉学園橘高校女子にドロー

△1-1(1-0/0-1) 石原

 本大会も最終節となり、1部昇格へ向け少しでも望みを残すために勝ち点3を目指し挑んだ今節。今シーズン東海大会でチャンピオンのタイトルを掴み取り全日本高等学校女子サッカー選手権全国大会を控える勢いのある対戦相手にどこまで我々が通用するのか非常に楽しみに迎えました。序盤から前線のプレスが相手の保持を苦しませる展開に持ち込むと、連動した守備からショートカウンターで先制点を決めると、セットプレーを含め以後終始押し込んだ形を何度も作っただけに勝ち越しの得点が奪いきれなかった事が現チームの弱さでもあり、来季に向けた課題でもあります。個人に対する仕掛け方・運び方、チームとしての仕掛けるスペース・運ぶスペースを修正し追加点を狙い送り出した後半、時間とともに前への圧力を高めていく相手に対し、こちらも前半同様アグレッシブに走りチャンスを作る展開に。自分達の流れでの得点や攻撃の終わり方・失い方が如何に相手の息を吹き返す要素になるのか、学べた1戦だったと前向きに捉え次節に向けて準備をしたいと思います。
 本日も遠方まで応援にお越しくださった保護者の皆様、誠に有難うございました。次節が年内最終の公式戦となります。最後まで応援のほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年12月24日
須田綾香選手の移籍先チーム

 移籍先が未発表でした須田綾香選手は九州リーグ所属の福岡J・アンクラスに移籍することになりましたのでお知らせ致します。

2019年12月24日
皇后杯 JFA第41回 全日本女子サッカー選手権大会 決勝イベント参加情報

 12月29日(日)に開催される皇后杯 JFA第41回 全日本女子サッカー選手権大会 決勝(NACK5スタジアム大宮)のイベントに当リーグ所属クラブ選手が参加いたしますのでお知らせいたします。

【皇后杯 JFA第41回 全日本女子サッカー選手権大会 決勝 イベント概要】

■皇后杯 サッカー教室 ~Time To Fly2023~
□開催時間 11:30~12:40 ※開門は12:00となります。
□開催場所 NACK5スタジアム大宮 メインピッチ
□内容   小学生約80人を対象にしたサッカーフェスティバル。

■皇后杯 ウォーキングサッカー体験会 ~Time To Fly2023~
□開催時間 11:30~12:40 ※開門は12:00となります。
□開催場所 NACK5スタジアム大宮 メインピッチ
□内容   年齢・性別を問わず楽しめるサッカー。なでしこリーグの選手と一緒に楽しみましょう

■サッカー教室・ウォーキングサッカー参加予定選手
<ジェフユナイテッド市原・千葉レディース> 鴨川実歩、上野紗稀、船田麻友
<日体大FIELDS横浜> 嶋田千秋、江崎杏那
<ノジマステラ神奈川相模原> 國武愛美、大賀理紗子
<オルカ鴨川FC> 村岡真実、宮本真緒
<スフィーダ世田谷FC> 片寄優、伊藤綾花
<FC十文字VENTUS> 冨田美波、川越あきら、佐々木由紀菜、小山紗也加、山田彩未、井原美波
※選手のコンディション等により変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

2019年12月23日
2020シーズン新加入選手のお知らせ④

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、マイナビベガルタ仙台レディースより樫本芹菜選手及び奈良美沙季選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:樫本 芹菜(かしもと せりな)
■年齢:26歳(1993年1月9日)
■身長:159cm
■選抜歴:2010年 U-17女子日本代表、2011年 U-19女子日本代表
■出身:広島県
■ポジション:MF
■前所属チーム歴:青崎S.C. HANAKO→藤枝順心高校→ルイス・アンド・クラーク・コミュニティ大(アメリカ)→バトラー大(アメリカ)→クリーブランド・アンバサダーズ(アメリカ)→MSVデュイスブルク(ドイツ)→マイナビベガルタ仙台レディース
■コメント:
 このたび、ご縁をいただきスフィーダ世田谷FCに入団できることを嬉しく思います。
 実際に環境を見させていただき、スタッフ、選手たちと話をするなかで、ピッチ内外に関わらず、ともに成長していける場所だと感じました。新しい挑戦の始まりを心から楽しみにしています。形を問わず、クラブに関わる全ての方々が1つのチームとして同じ目標に向かって進めるよう、私の持てる力すべてを出し尽くしますので、応援よろしくお願いいたします。
 
■氏名:奈良 美沙季(なら みさき)
■年齢:27歳(1992年4月22日)
■身長:166cm
■選抜歴:2007年 U-16日本女子代表候
■出身:埼玉県
■ポジション:DF
■前所属チーム歴:大宮FCエンジェルス05→埼玉平成高校→ちふれASエルフェン埼玉→マイナビベガルタ仙台レディース
■コメント:
 はじめまして。マイナビベガルタ仙台レディースより移籍してきました奈良美沙季です。新しい環境で、新しい仲間とサッカーできるのをとても楽しみにしています。2020シーズン、チームの目標を達成できるように、自分自身日々成長し、勝利するために、チームのために頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

2019年12月22日
[ユース]Women's Super League 第6節 ちふれASエルフェン埼玉マリに勝利!

〇1-0(0-0/1-0)

 今年度初めての対戦となった本試合、予想通り激しい中盤の攻防から互いに決定機を迎える厳しいゲームとなりました。
 運動量・守備強度の高い内容から、ここまで取り組んできた前線のチェイシングからアタッキングサードへ侵入し、素晴らしいクロスからの得点で勝利を収める事が出来ました。ただし、慌てず効果的なスペースを使うサイドチェンジを使うのか、相手の一瞬の隙を突く鋭い縦の突破を使うのか、個人・グループでの状況判断は引き続きトレーニングで積み上げる必要があります。当たり前のように前を向く・前向きに関わる習慣は身に付いていますので、ボールを引き出すための駆け引きや周辺のサポートの質を高めよりアグレッシブな積極的なプレーを引き出したい思います。また、1か月前大きな課題に上がったクロスを含めた空中戦でのヘディングの技術は、回収率を見ても日頃のドリルの成果が出ているので、引き続き基礎技術にも着目し強化を努めて参ります。
 今日の収穫としては、メンバーを大幅に変えても同じ水準を持って戦術理解し、ピッチで表現してくれた点です。年内の公式戦は残り2戦となりましたが、チームの成長と更なる競争が期待できる1日となりました。まだまだ伸びしろを感じだ本戦をベースに次戦へ向けて、日々の取り組みに充てて行きたいと思います。本日も遠方へ保護者・サポーターの皆様ご声援誠に有難うございました。これからも・応援サポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年12月20日
菅野永遠選手の移籍先チーム

 移籍先が未発表でした菅野永遠選手はプレナスチャレンジリーグ所属のFC十文字VENTUSに移籍することになりましたのでお知らせ致します。

2019年12月18日
2020シーズン新加入選手のお知らせ③

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、武蔵丘短期大学シエンシアより村上真生選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:村上 真生(むらかみ まお)
■年齢:19歳(2000年3月22日)
■身長:163cm
■選抜歴:2019地域対抗戦関東A選抜
■出身:佐賀県
■ポジション:FW
■前所属チーム歴:Lumiere→鎮西学院高校→武蔵丘短期大学シエンシア
■コメント:
 この度、スフィーダ世田谷FCに入団させて頂くことになりました村上真生です。1日でも早くチームに慣れ、自分の最大限の力を発揮して、勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。応援のほど宜しくお願い致します。

2019年12月18日
松永早姫選手の移籍先チーム

 移籍先が未発表でした松永早姫選手はプレナスなでしこリーグ2部所属の愛媛FCレディースに移籍することになりましたのでお知らせ致します。

2019年12月17日
2020シーズン新加入選手のお知らせ②

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、静岡産業大学磐田ボニータより堀江美月選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:堀江 美月(ほりえ みつき)
■年齢:22歳(1997年12月7日)
■身長:174cm
■代表歴:2017ユニバーシアード日本女子代表、2018なでしこチャレンジ
■出身:愛知県
■ポジション:FW
■前所属チーム歴:NGU名古屋FCレディース→開志学園JSC高等部→静岡産業大学磐田ボニータ
■コメント:
 この度、スフィーダ世田谷FCに入団させて頂く事になりました堀江美月です。自分の特徴であるプレーを存分に発揮し、チームの目標達成に少しでも貢献できるよう精一杯頑張っていきます。

2019年12月15日
[ユース]関東プリンセスリーグ2019第13節 日テレ・メニーナに敗戦

●0-5(0-3/0-2)

 4ヶ月前の対戦の時に課題にあがった鋭いカウンターや個の仕掛けの部分でどれだけ成長しているのかを確認する絶好の機会となりました。
 前半の立ち上がりの失点が多いこともあり、立ち上がりには警戒することを念頭にゲームに入りました。選手達は非常に集中した入りで、ボール奪取からの鋭いカウンターも発揮できていました。先制点をなかなか決められずにいると、相手のCKのこぼれ球を決められ先制を許してしまいます。先制点を決められてからも幾度となくチャンスを作りますが、なかなか決められず立て続けに失点をし前半を終えます。
 後半はフレッシュな選手を多く投入し反撃を試みますがプレッシングがハマらず開始早々にクロスから失点をするとそこから終始ボールを保持され幾度となくピンチを迎えますがGKを含め選手全員で粘り強く耐え凌いではいましたが終了間際に追加点を許す完敗のゲームとなってしまいました。
 課題であった鋭いカウンターや個の仕掛けに関しては成長が見られたところは良かったですが多くのチャンスを作ったものの決めきることができなかったこともあり決定力不足が露わとなりました。守備ではマークの受け渡しや流動的な選手に対してどう対応するかが曖昧であったり、ボールにチャレンジするところとゴールを守るところの判断がチームとしてバラバラだったことが課題となりました。
 本日も寒い中、応援に来てくださいました父兄・サポーターの皆様誠にありがとうございました。不甲斐ない敗戦とはなりましたが、チームとして成長した部分、チームとしての課題や足りない部分がハッキリと認識できたのでプラスに捉えております。引き続き応援ならびにサポートのほどよろしくお願い致します。

蔭山 翔平

2019年12月14日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第9節 杉並FCに勝利!

〇7-1(4-0/3-1)

 東京都女子サッカーリーグ1部リーグ最終節を迎え、少しでも勝ち点を取り高順位への可能性を高める為にスコアへの拘りを持たせた1戦。サイド攻撃を中心にフィニッシュの改善をトレーニングで積み上げた結果、決定機を多く作り出し、スコアを重ねる事で落ち着いた試合運びが出来ました。終始、トランジションにおいて優位に立てた事が一番の勝因だったと捉えています。特にやってきたクロス(セットプレー含)の得点が見られたのは収穫です。慎重にかつ大胆に保持と前進を繰り返す事によって、攻勢を強めた点は評価出来ます。戦術的な配置変更から攻撃の糸口を見つけるのに時間が掛かったものの、明日にも繋がる試行も確認できました。
 選手達は状況を見極め、ゴールへ向かう為の選択が実行出来ていたので、更に質を高めるワンタッチプレーや抜け出しを増やし攻撃に緩急を付けていきたいと思います。ただし、途中相手に流れが渡った瞬間の振る舞いにおいてクリアの質やセカンドボールの回収等、選手個々で冷静な判断が出来ず、苦し紛れの回避が目立ちました。現在積み上げている成果は素直に成長として認め、課題に対しては個々が向き合い力に変え、今向かうべき残りの日々へのモチベーションへ繋げて参ります。
 本日も保護者・サポーターの皆様、ご声援を誠にありがとうございました。引き続き選手達の後押しを宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年12月16日
2020シーズン新加入選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、ユースチームより瀧下まひる選手が昇格することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:瀧下 まひる(たきした まひる)
■年齢:18歳(2001年9月17日)
■身長:160cm
■代表歴:2016 U-16日本女子代表候補
■出身:東京都
■ポジション:FW
■前所属チーム歴:大沢FC→スフィーダ世田谷FCジュニアユース→スフィーダ世田谷FCユース
■コメント:
 この度、トップチームに昇格させて頂くことになりました瀧下まひるです。日々感謝を忘れず、少しでも早くチームの勝利に貢献できるよう努力します。宜しくお願い致します。

2019年12月11日
[Jrユース]JFAナショナルトレセン女子U-14 東日本(12/13~16)メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の久保田真生(中2)がJFAナショナルトレセン女子U-14 東日本メンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:久保田真生(くぼた まお)
年齢:14歳
ポジション:FW
 
期間:2019年12月13日(金)~12月16日(月)
会場:鹿島ハイツスポーツプラザ
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00023816/

2019年12月05日
退団選手のお知らせ②

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、No.16梅津美絵(24)、No.24山﨑萌子(24)が退団、移籍することになりましたので御報告致します。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

■氏名:梅津 美絵
■背番号:16
■ポジション:MF
■年齢:24歳
■移籍先:発表の準備が整い次第、お知らせします
■コメント:
 今シーズンでスフィーダ世田谷FCを退団することになりました。結果を残す事ができず、チームの力になれなかったことに、不甲斐なさと申し訳なさでいっぱいです。
 どんな時も応援して下さったサポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、本当にありがとうございました。雇用先の株式会社トモズの皆様には、サッカーに集中できる環境を提供していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。そして、最高の仲間やスタッフに出会う事ができて良かったです。
 次の場所でもここで学んだ事を生かし、どんな時も感謝の気持ちを忘れずに精進していきたいと思います。2年間本当にありがとうございました。

----------------------------------------------------
■氏名:山﨑 萌子
■背番号:24
■ポジション:DF
■年齢:25歳
■移籍先:発表の準備が整い次第、お知らせします
■コメント:
 2019シーズンをもちまして、退団することになりました。大学を卒業してから、2年という時間をこのチームで過ごせたことはとても素晴らしい経験となりました。
 いつどんな時でも声を枯らすほど応援してくださったサポーターの皆様、よりよい環境でサッカーを出来るようにと尽力してくださったスポンサー企業の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、嬉しいも悔しいも、暑い日も寒い日も、一緒に過ごしてきたチームの仲間・スタッフの方々にも心から感謝しています。このチームでしか見ることのできない景色や味わうことのできないたくさんの想いを感じられた2年間でした。この2年間の経験を無駄にすることなく、次のステージでも頑張っていきたいと思います。
 これからもスフィーダ世田谷FCの応援をよろしくお願いします!!2年間本当にありがとうございました。

2019年12月03日
100%スフィーダ!12月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」12月号はMC森田敦さんと川邊監督の2019シーズン振り返りの対談、スフィーダが行くなど盛りだくさんの内容となっています。是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日22:30~

2019年12月01日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第8節 日本女子体育大学にドロー

△0-0(0-0/0-0)

 昨日に続き「仕掛ける」意識をピッチで表現する事を求め挑んだ本戦、相手に終始飲まれてしまう苦しいゲームとなりました。
 終始徹底してきた相手のストロングポイントに対して、ボールの飛距離を予測するポジショニングや前進を妨げるアプローチスピードの対応に立ち上がりは時間が掛かり、攻撃に対する優位性を保てなかったのは課題です。落ち着いた前半終盤、徐々に前を向く・前向きに関わる意識が増えると、好機を迎える場面もあり、今日の目的でもある「クロス」からのチャンスメイクもありました。後半へはゴールへの意識・準備スピードを求めますが、相手のプレッシングに対して様々な侵入経路から我々が目指す場所への関わりや侵入が手薄になり、徐々に自分達から闘い方を手放してしまったのは勝利を手にするに足りない部分です。何よりも自分達の力を信じ、落ち着いて試合運びが出来なかった点は反省です。トレーニングで積み上げた準備スピードの発揮が出来ず相手のプレースピードに勝る事が出来なかったので、基準を上げる必要性を全員が持ち、日々の成長に充てて参ります。
 本日も非常に気温の低いナイターの試合に保護者・サポーターの皆様、ご声援を誠にありがとうございました。引き続き選手達の後押しを宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年12月01日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ大会 第9節 十文字中学校とドロー

△0-0(0-0/0-0)

 初参戦の関東リーグは2位で幕を閉じました。引き分けの中でもスコアレスドローは特に歯がゆさが残りますが、今は純粋にチームへの感謝の念で一杯です。
 今日のチームの闘い振りは一体感があり、慎重さと思い切りの良さのバランスも取れていました。「勝てば優勝」が頭をよぎる中、得点を狙いつつ失点を許さないことは非常に難しいことです。その点でアンカー、DF陣、GKの失点0への貢献は今シーズン一番の評価に値します。事実、試合開始時は暫定3位にいたチームを2位に引き上げた勝点1はその賜です。
 一方、得点0については本日対戦の十文字中学校の粘り強さ、チーム力が我々を勝っていたと捉えています。決定的な得点チャンスもありましたが、シューターに余裕を持たせない寄せや見えないプレッシャーを最後まで与えられるところは同じ東京のライバルとして見事なものでした。当然、攻撃陣の反省は決め切る技術、精神力が相手を越えられなかったことになります。スリッピーな状況下でスピードや置き所のコントロールが定まらないことをどのように日常に置き換えられるか、試合後の涙と共に無駄にしないでほしいと願っています。
 2019年の公式戦はこれで終了です。ノックアウト方式のU15選手権で全国4位、年間リーグ戦で2位は立派な成績であり、悔しさの伴う結果です。この一年間で、全国大会の結果が決してランキング通りではなく関東のレベルが全国上位であること、日々成長しなければあっという間にライバルに差をつけられてしまうことを学ぶことができました。まだまだ成長著しい選手達ですので、この流れを大事に週明けからより高みを目指してトレーニングに励みます。
 本日もたくさんの応援、声援を頂き、誠にありがとうございました。優勝の可能性を持った最終戦に臨むことができ、改めて選手達には感謝したいと思います。そして最後まで選手達をサポートして頂いたご家族の皆様、このチームを応援頂いた皆様に心より御礼申し上げます。チームとしては最終戦に至るまでに優勝を決められなかった反省も残しましたので、この雪辱は次世代に託したいと思います。一年間、本当にありがとうございました。

山田 岳暁

2019年11月30日
関東プリンセスリーグ2019第12節 武田消毒ジェイドに勝利!!

〇10-0(5-0/5-0)

 80分を通じて全体が仕掛ける意図を持ちながら焦る事なく落ち着いた試合運びが出来ていました。
 早々に先手を取って勢いに乗ると、ここまで得意としてきた回収力と打開力で得点を積み上げ、相手の状況に応じたプレーエリアの選択もテンポを落とす事なく実行できている印象です。意図的なポジション移動や自分たちからアクションを連動することで空いたスペースへ埋めるべく、ゴールへ直結する動きを引き出せていますが、フィニッシュの改善はまだまだ課題が残ります。トレーニングで積んできたアタッキングサードへの侵入とその為のコンビネーションは定着している印象なので、崩しのバリエーションを求めて参ります。
 前節も挙げた細部への技術改善は今日の試合でも幾度と見られたので、まずは今継続して求めている技術発揮のための”情報収集力の向上”(慌てて技術発揮しないための身体の向きや立ち位置)を明日以降も徹底したいと思います。
 本日も遠方かつ非常に気温の低いナイターの試合にも関わらず保護者・サポーターの皆様、応援・送迎誠にありがとうございました。明日の東京都1部リーグへ向けて良い状態で迎えていますので、何卒選手達の後押しのほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年11月29日
退団選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、No.10薄田春果(23)、No.20須田綾香(25)、No.22松永早姫(23)、No.26菅野永遠(22) が退団、移籍することになりましたので御報告致します。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

■氏名:薄田 春果
■背番号:10
■ポジション:MF
■年齢:23歳
■移籍先:発表の準備が整い次第、お知らせします
■コメント:
 2019年度をもちまして11年間在籍させて頂いたスフィーダ世田谷FCを離れる事を決めました。
 この11年間は本当に濃く、楽しさだけではなく、悔しさなど、沢山の事を学ぶ事ができ、1人の人間としてとても成長する事のできた、あっという間の12年間でした。中学生の頃トップチームに上げて頂き、お姉さん方と共にプレーできた喜びは今でも覚えています。そしてチャレンジリーグ入替戦、なでしこリーグ1部への入替戦、カップ戦決勝、中学の頃は全国3位など様々な経験をさせて頂くことができました。
 そして何より様々な方々に出会えた事。代表、監督を始めスフィーダに関わって下さっているスタッフの方々。スフィーダ世田谷FCに在籍し、同じピッチで闘ってくれた選手。どんな状況でもスタジアムに駆けつけ、私達と共に闘って下さるサポーターの方々。また、ご支援して下さるスポンサー様。このクラブにいれたからこそ、出会えることができ、言葉に表すことはできないほど皆様には感謝しています。皆様がいて下さったからこそ、私はここで大好きなサッカーを続けられました。
 2019年でスフィーダでのサッカー人生は幕を閉じますが2020年からは、新天地でのサッカー人生が新たにスタートします。スフィーダ世田谷FCの選手ではなくなりますが成長した姿をお届けすることが、皆様への恩返しになると思っています。恩返しが出来るよう、これからも精進致します。私のわがままにはなりますが、スフィーダを離れても、皆様の頭の片隅で構いません。ほんの少しでも、私の事を気にかけて頂ければ、幸いです。それが私の力になります。
 そして、最後にはなりますが今後ともスフィーダ世田谷の応援引き続き宜しくお願いします!!本当にありがとうございました!!

----------------------------------------------------
■氏名:須田 綾香
■背番号:20
■ポジション:MF
■年齢:25歳
■移籍先:発表の準備が整い次第、お知らせします
■コメント:
 今シーズンでスフィーダ世田谷FCを退団することになりました。サポーターの皆様、企業の皆様には温かいご支援を頂きありがとうございました。
 スフィーダ世田谷FCでの5年間は楽しさ、悔しさ、嬉しさ、苦しさなど色々経験しました。初めてなでしこリーグにスフィーダ世田谷FCの選手として出場できたことは本当に嬉しかったです。5年間の中で怪我をすることが多く、リハビリがしんどい時期もありましたが私が頑張る事ができたのは、スタッフやチームメイト、サポーターの皆様に温かい言葉をかけて頂いたおかげです。私に関わるすべての方のおかげで今の私があり、大好きなサッカーを出来ていると思うので、サッカー選手としても社会人としても成長できるように努力していき、成長した姿を見ていただけるよう、自分らしさを忘れず頑張っていきます。
 スフィーダ世田谷FCでサッカーができたことは私にとって大切な財産です。これからもスフィーダ世田谷FCの応援をよろしくお願いします。5年間本当にありがとうございました。
 
----------------------------------------------------
■氏名:松永 早姫
■背番号:22
■ポジション:DF
■年齢:23歳
■移籍先:発表の準備が整い次第、お知らせします
■コメント:
 この度、スフィーダ世田谷FCを退団することになりました。チームの力になる事ができず本当に不甲斐なく思っています。
 2年間という短い期間でしたが、どんな時も応援してくださったサポーターの皆様、そしてスポンサー企業の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
 スフィーダの仲間や会社の皆様と出会えた事は私の財産となりました。これからも自分らしく、サッカー選手として頑張りたいと思います。2年間本当にありがとうございました。

----------------------------------------------------
■氏名:菅野 永遠
■背番号:26
■ポジション:MF
■年齢:22歳
■移籍先:発表の準備が整い次第、お知らせします
■コメント:
 今シーズンをもちまして、チームを退団することになりました。高校を卒業してから3年間という長いようで短かった期間をスフィーダという最高なチームで過ごすことができてよかったです。
 この3年間では試合に出場することができたり、できなかったり、苦しい時期が続くときもありました。悔しい思いをすることもたくさんありましが、その中でも私がこのチームから得たものはたくさんあります。素晴らしい仲間に、監督、スタッフ、いつどんな時でも応援してくださったサポーターの方々。たくさんの人が支えてくださったからこそ頑張れた自分がいました。これからはスフィーダ世田谷FCという名前ではなく、違うチームの名前を背負って戦うことになります。ここで得たことを糧に、全力で楽しんで更なる成長を成し遂げたいと思います。
 最後になりましたが、3年間の応援本当にありがとうございました。これからもスフィーダ世田谷FCをよろしくお願い致します。

2019年11月29日
引退選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、No.25田中江梨奈(24)、No.28倉持杏子(23)が引退することになりましたので御報告致します。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

■氏名:田中 江梨奈
■背番号:25
■ポジション:FW
■年齢:24歳
■コメント:
 今シーズンをもって、契約満了となり、引退することを決意しました。来シーズンも皆さまと共に戦いたい思いがありましたが、チームに貢献することができなくなり申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 2年間という短い期間でしたがサポートしていただいた企業の皆さま、どんな時も応援してくださったサポーターの皆様、チームのみんな、そしてサッカーを始めてからずっと支え続けてくれた家族には本当に感謝しています。ありがとうございました。

----------------------------------------------------
■氏名:倉持 杏子
■背番号:28
■ポジション:MF
■年齢:23歳
■コメント:
 スフィーダ世田谷FC28番の倉持杏子です。この度、2019シーズンを持ちまして引退することを決めました。入団から2年間、サポーターやファンの皆様には本当にお世話になりました。
 どんな時でも一緒に戦ってくださるサポーターの皆様、そして試合を楽しみにして会場まで足を運んでくださるファンの皆様の姿にパワーをいただき、私自身日々過ごさせていただきました。
 素晴らしい環境の中、皆様と同じ時間を過ごさせていただいたことへの感謝の気持ちを忘れず、怪我を完治させて未来に向けて前向きに進んでいきたいと思います。2年間本当にありがとうございました。

2019年11月28日
[募集]現小学6年生向け 追加セレクション参加者募集開始!

 2019年はすでに入会セレクションを終えましたが若干名の欠員が生じましたので以下の通り追加セレクションを開催致します。皆様のお申し込みをお待ちしております。  
■日時:
2019年12月18日(水)19:00受付開始、19:15〜20:45セレクション
 
■お問合せ:
担当:川嶋 珠生
TEL:03-6228-1932
メール:info@sfida.or.jp
 
■お申込み:
http://www.sfida.or.jp/join/u13selection.html

2019年11月26日
[Jrユース]U-15日本女子選抜トレーニングキャンプ(11/30-12/3@J-GREEN堺)メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の荒川結乃花(中3)、大曽根由乃(中3)がU-15日本女子選抜トレーニングキャンプメンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:荒川 結乃花(あらかわ ゆのか)
年齢:15歳
ポジション:DF
 
氏名:大曽根 由乃(おおそね よしの)
年齢:15歳
ポジション:MF
 
期間:2019年11月30日(土)~12月3日(火)
会場:J-GREEN堺
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00023663/

2019年11月24日
皇后杯全日本女子サッカー選手権大会2回戦静岡産業大学磐田ボニータに敗戦

●0-1(0-1/0-0)

 まず初めに、遠く三重県伊賀市まで本当に多くの皆様に駆けつけて頂けたことに感謝申し上げます。それにも関わらず、相手の闘いに飲み込まれ不甲斐ない内容、結果で終わってしまったことに申し訳なく思っています。全ては自分達の力不足こそが敗因ですが、相手の組織、気力は非常に充実しており、いくつかの大事な部分で相手を上回ることができませんでした。
 前半26分の失点まではそこまで悪い内容ではなかったと思っています。トレーニングしてきたことが随所に発揮出来ており、チームとして前進する力もありました。しかし、失点と同時に試合の様相が一気に変わり、相手の勢いに飲み込まれ始めてしまいました。ハーフタイムで距離感を調整し、再度チームとして振る舞えるように修正しましたが、それでも相手のチームとしての勢いが上回り苦しい展開でした。選手交代なども含め、手の打てることは行いましたが、それでも力及ばず2回戦で姿を消すこととなりました。
 本日の敗戦で2019シーズンの全ての試合が終了となりました。非常に悔いの残る試合であり、これで2019シーズンが終わることへの情けなさを覚えています。また東京に残る選手達に次戦へのバトンを届けるのが出来なかったこと、ご来場頂いた多くのスフィーダサポーターの皆様を落胆させてしまったことなど本当に悔しい思いで一杯です。この敗戦は本当に重く捉えなければいけませんし、何故敗れたのか?を追求していかなければならないと思っています。
 この試合で2019スフィーダ世田谷FCの挑戦は終わってしまいましたが2019シーズンも沢山のご声援を賜れましたこと誠にありがとうございました。感謝してもしきれません。いつでも背中を押して下さった皆様にこの場を借りて改めて御礼申し上げたいと思っています。心から感謝しております。
 
川邊

2019年11月24日
[ユース]関東プリンセスリーグ2019第11節 ザスパ草津レディースU-18に勝利!!

〇5-0(2-0/3-0)

 主導権を握る時間帯が多くなる中、80分通じて集中力を切らすことなく戦術的な統制のもと、得点を積み上げてくれたゲームでした。両者攻守において非常にコンパクトフィールドを形成する立ち上がり、高い位置で奪ったショートカウンターで2得点を挙げるとゲームは落ち着きを見せ、チャンスを幾度と作るも追加点には至らず、ゴールへの意欲を求め後半ピッチへ送り出しました。
 テンポの良い中盤の密集した保持から素早くサイドへ展開し優位性を作り、高い位置での攻撃を続けられた結果、相手陣形でのミスを誘い得点を重ねる事が出来ました。今日までオフザボールの選手同士の関わりや連動に着目しトレーニングを積み上げ、一人一人が準備スピードを上げる事でゴールへ向かうための効果的なスペースを選択出来ていた印象です。特に攻撃に切り替わった瞬間の立ち位置や身体の向きはこの週末で改善された印象がありますので、ターンの向きや1stタッチの置き所、ダイレクトプレーの精度等、簡単なボールロストを減らす基礎技術にも拘りを求めて参ります。
 毎週末、連日素晴らしい環境の元、ゲームを通じたチーム・個の強化が出来ております。選手達もゲームの中からトライ&エラーによる気づきを多く感じてくれている印象です。引き続き個の強化・育成も継続して参ります。
 本日も連日遠方へ保護者の皆様の応援誠にありがとうございました。引き続き応援・サポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年11月17日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ第7節 南葛SC Wingsにドロー

△2-2(0-1/2-1)

 東京都女子サッカーリーグも残り2節を残し、現時点で首位に立つ相手に対し自分達がどこまでできるのか、胸を借りる挑戦者として積極的な試合展開も求め送り出しました。最終的には、後半から狙い通りのチャンスメイクからセットプレーで得点を重ね逆転できたこと、交代枠の選手を含めて積み上げた守備意識の改善と発揮をし続けられたこと、高い集中力と組織で粘り強いやり取りが出来た今シーズンの中では非常に締まった好ゲームだったと評価しています。ただし、後半ATでの最後の1プレーでの失点。そこまでの流れは状況判断という点においていくつかのミスが重なりました。最後の最後まで得点機を狙い続けた相手チームが上回っていたと受け止め、次のステップの課題に充てて参ります。攻守が入れ替わる切迫した試合展開から32分の先制後、相手にボールを持たれる展開も目立つ場面、失点を重ねてもおかしくないところで、落ち着いて人数をかけて対応し攻撃を許さず優勢な状態に跳ね返せた成長も感じた1日でした。まだ自力での優勝も可能性を残している状況下において、次につながる闘いを見せることが出来たので、今日をベースに”勝ち切る”為の意識・状況づくりを日頃のトレーニングから強く求めます。
 本日も寒風の中、多くの保護者・サポーターの皆様の応援誠にありがとうございました。今日のようなゲームを繰り返し、今年のユースらしいチームを残りの時間を噛み締めつつ求め続けて参ります。引き続き応援・サポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年11月17日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ大会 第6節 白岡SCLに勝利!

○4-0(2-0/2-0)

 なでしこリーグホーム戦の前座試合を予定していた本節ですが、台風による順延で本日の開催となりました。本日を含めた残り2節で条件によっては優勝を掴めることができ、勝ち点に加えスコアも重要な要素となっています。選手達は自分達次第であることを理解しながらも、余計な気負いをせず自信を持って試合に臨めていました。
 前半は早々にリードするも、相手のプレスや速攻、セットプレーに警戒を緩めず堅実な試合運びを目指しました。相手にセカンドボールを拾われ二次攻撃を受ける時間帯もありましたが、2ライン、3ラインとしっかり守備対応をすることで相手の反撃を吸収します。その勢いが切れた時間帯に挙げた追加点は、この試合において非常に重要な得点でした。
 後半はビルドアップと連携の修正を図り臨みます。前半よりスムーズな試合運び、突破を行うことができ、シュートを放つ回数も増やせました。しかし技術的な雑さで枠を捉えきれない所は反省を残します。前節は後半の追加点に及ばず逃げ切りの勝利でしたが、今日はセットプレーでの3点目、運動量のある抜け出しで4点目とスコアを伸ばすことができました。
 チームは非常に良い状態を保ちつつ、全選手が日々成長を見せています。11月の三連戦は試合ごとに得点数を伸ばしており、スコアを目指したというより選手達の成長がスコアを伸ばしていると言えます。夏の全国大会のチーム力を越えた実感を掴み、最終戦に挑みたいと思います。
 毎週遠方の会場まで応援に駆け付けて頂いている皆様、本日も誠にありがとうございました。夏の短期決戦と違い、定期的に選手達の成長やチームの変化を感じて頂けるリーグ戦も残り1試合となりました。そこにタイトルを懸けることができていることに喜びと感謝を持って臨みたいと思います。TRMの質の高さがチームの状況を表しており、気の抜けない切磋琢磨ができています。このまま怪我なく病気なく、ベストを尽くしたいと思います。引き続き選手達のサポートをお願いいたします。

山田 岳暁

2019年11月17日
[U-13]東京都女子サッカーU15リーグ1部 第9節 フィオーレ武蔵野FC U15に敗戦

●1-3(1-1/0-2)

 1部リーグでの初勝利を目指し最後まで走り抜いた最終節は1-3の悔しい敗戦となりました。
 ミドルシュート、ゴール正面からの直接フリーキック、相手陣内に押し込んだ状態からのロングカウンター。どれも言い訳のできない失点です。得点シーンに関しては、決して良い状態ではなかったですがシュートを打つという決断力、時間帯も含め素晴らしいゴールでした。このゴールで追い付き前半を1-1で折り返せた事で選手たちの気持ちも高まり、追加点を取りに行く姿勢は素晴らしいものでしたが、その際のリスク管理はどうだったのか、急ぐのと慌てるのとでは大きな違いで、やや冷静さを失ってしまっていたように感じます。
 ここ数日のトレーニングやトレーニングマッチで攻撃時のビルドアップ、ボールの動かし方、お互いの立ち位置などを整理し準備して来ましたが、相手が思った以上に後ろにブロックを引き前線からプレスをかけに来なかった事もあり、ボールは持てても相手をうまく引き出す事ができず、テンポを上げられないまま相手の人数が多いところに突っ込んでしまい奪われる、バイタルエリアまでは運べてもそこからゴールにどう向かって行くのか、ゴールを奪うところまでのイメージがうまく描けてなかったように感じます。守備に関してはこの1週間、相手のミスを待つのではなく自らボールを奪いに行く事をトレーニングして来ました。その成果は何度か見られましたが、自陣のゴール前でも奪いに行く事を優先しすぎて簡単に中に運ばれシュートを打たれてしまう場面も目立ちました。攻守において、エリアや状況に応じてプレーの優先順位を整理できるかが課題の一つです。
 本日の試合を持ちましてU13の公式戦は終わりましたが、今後は各個人の更なるレベルアップに向けトレーニングの質を高め、21人がサッカー選手としても1人の人間としても成長していけるよう日々努力して参ります。本日も沢山の暖かいご声援、誠にありがとうございました。保護者の皆様には日頃からご家庭でのケア、サポートをして頂き心から感謝申し上げます。引き続き、選手たちへの応援、サポートの程宜しくお願い致します。

渋谷 由美子

2019年11月13日
[Jrユース]JFAエリートプログラム 女子U-14トレーニングキャンプ(11/18-23@J-GREEN堺) メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の久保田真生(中2)がJFAエリートプログラム 女子U-14トレーニングキャンプメンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:久保田真生(くぼた まお)
年齢:14歳
ポジション:FW
 
期間:2019年11月18日(月)~11月23日(土)
会場:J-GREEN堺
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00022396/

2019年11月10日
[ユース]関東プリンセスリーグ2019 第10節 つくばFCレディースユースに勝利!

○8-0(1-0/7-0)
 
 主導権を握る時間帯が多くなる想定の中、相手陣形への侵入・崩しの成長が見られた一日となりました。
 シンプルな展開を見せた立ち上がり、早々にサイドチェンジからアタッキングサード深くからのクロスでの先制点を皮切りに、優勢な試合運びを見せました。追加点を挙げられなかった反省点は残るものの、戦術的にトライする意思は感じられる前向きな時間だったと振り返っています。効果的なスペースを認知する判断や技術力を身に付ける必要性や危機感を感じてくれたと思います。
 後半へはプレーゾーンの整理を図り、個人技に頼ることなく中央で厚みを作り、意図的に崩せた点は評価したいと思います。以前は孤立もしくは数的不利なプレーエリアでの強引な突破やラインブレイクが目立ちましたが、サポートの距離・タイミングが改善されることでピッチ上で効果的な選手を選択できるシーンが増えた印象です。更にポジショニングの再調整や攻撃的なアクションの創出を求めトレーニングで追及して参ります。ただし、攻勢を仕掛ける時間帯が多かった中でもとくに守備では警戒心に乏しく、簡単にライン間を渡してしまう状況があったので、失った状況でのポジショニングや回収スピードを再確認し、次週への東京都1部リーグへ向けた調整を図ってまいります。
 本日も多くの保護者・サポーターの皆様の応援誠にありがとうございました。引き続き応援・サポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年11月10日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ 第8節 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-15に勝利!

○3-0(3-0/0-0)
 
 選手達の戦術理解、個人戦術の成長がもたらした素晴らしい勝利です。
 前半は流れを掴むためにピッチ上で選手自身が判断しなければならない局面がいくつかありましたが、冷静なゲーム運びができていました。スコアについてもチームの課題を一つ越えることができ、今後の試合も自信を持って臨むことができるはずです。また選手同士でも相手に対して、システム的に、という論理的な思考やコミュニケーションが増えているため、失う要素の一つである技術的なミスやタイミングの向上を突き詰めて質を上げていきたいと思います。
 後半は中盤のプレッシャーや特に最終ラインに引っ掛けるシーンが目立ちました。ひとつ前進、ラインブレイクを意図したプレーであるため、相手の守備強度の変化に対応したプレーの変更や受け手の場所、ランニングの工夫等が必要でしたが、修正には時間を要しました。しかし交代選手がチームに勢いや回収力を甦らせてくれたことで、最後まで締まった試合にすることができました。リーグ戦後のTRMも結果内容共に充実したゲームができていたため、チームの誰もが余すことなく成長できた一週間だったと言えます。
 課題は上述の技術・判断の向上、そして更なる一週間を送れるかです。中盤選手には運動量も求めたいと思います。残り2節、より基準を高く設定し強化を図りたいと思います。
 本日も遠方に加え、早朝からのご来場と応援を頂き誠にありがとうございました。インフルエンザの早期流行など、選手・保護者皆様合わせてお気をつけください。次週もどうぞよろしくお願いいたします。

山田 岳暁

2019年11月03日
[ユース]関東プリンセスリーグ2019 第9節 横須賀シーガルズJOYにドロー

△3-3(1-1/2-2)
 
 本節の目的は「前進(運ぶ・差し込む)」と「回収(囲う・奪う)」に焦点を当て、相手陣形に応じた確実な前進と意図的な回収を求めピッチに送り出しました。自陣に守備ブロックを形成しカウンターを狙っている相手に対し、ポゼッションで主導権を握りつつ選手権の課題に挙がった、ミドルゾーンでフリーな状態を作り出す為の連鎖や連動は改善されていると思います。スムーズなチェンジサイドからGKに対しても優位性を保ち得点まで繋げられたゴールはトレーニングで積み上げた成果として継続してまいります。
 流れの中で得点を奪えた収穫はあるものの、勝ち切るまでに至らず、GKとの連携や失点シーンから見て取れる明らかな課題も明確になりましたので、次節へ向け改善を図りたいと思います。いずれにしても、チーム戦術を守りつつ、個々が少しづつ状況に応じた「決断」をしようとしている成長をプラスに捉え、今日課題に挙がった「回収」に対する向上を求めて参ります。
 本日も多くの保護者・サポーターの皆様の応援誠にありがとうございました。引き続き応援・サポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年11月03日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ 第6節 CANACRAVO FCに勝利!

◯2-0(0-0/2-0)
 
 関東大会ベスト16のCANACRAVO FCとの今季初対戦。私達がリーグタイトルを狙うには勝ち点3を取りにいくこと、さらに得点数にも欲を持っていくことが不可欠な状況にあります。チームはそのことを追及し、準備をしてきました。
 前半は相手の球際の積極性に受け身になり、フィニッシュに行き着く攻撃を展開することが少なかった内容です。球際に深く掛けてくる相手を剥がそうと狭いエリアに入り込んでしまったり、空いているスペースを有効に使うことが少なく、悪い奪われ方が続いてしまいました。
 HTは相手の守備と空いているスペースの確認、そのスペースを確保し有効に使うことからやり直そうと仕切り直しました。相手の距離感が伸びたところで後半早々に先制でき、修正される前に追加点を取れたことでその後は終始攻勢に進めることができました。これまでの課題として3点目を取れるかが本筋でしたが、相手GKを中心にした粘り強さに阻まれます。しかしながら、GKとの一対一、クロスの質と合わせるタイミングなど状況は作れていてもテクニカルな部分で得点を逃していることは選手個々の課題として強化を続けたいと思います。
 続くTRMは上記修正と理解を深めることに選手達が積極的にチャレンジしており、結果内容共に実りのあるゲームができました。このチームはまだまだ層の厚さと厳しいポジション争いを行える成長期にありますので、選手達には期待を寄せたいと思います。
 本日は遠方での試合に関わらず、たくさんの応援・サポートを頂き誠にありがとうございました。11月3連戦と続きますので、防寒など皆様お気をつけください。引き続き選手達のサポートとケアをお願いいたします。

山田 岳暁

2019年11月01日
100%スフィーダ!11月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」11月号はMC森田敦さんと#5柏原美羽選手の八幡山商店街で街ブラ!そして、石田美穂子コーチのスペシャルインタビューなど盛りだくさんの内容となっています。是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日22:30~

2019年11月01日
倉持杏子選手の負傷

 先日のトレーニング中に倉持杏子選手(23歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたことをお知らせ致します。一日も早い復帰に向けてスフィーダ世田谷メディカルチームがサポートして参ります。倉持杏子選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:左膝前十字靭帯断裂
全治:8ヵ月間の見込み

2019年10月27日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第6節 小平サッカークラブに勝利!!

◯7-0(4-0/3-0)
 
 東京都女子サッカーリーグ1部リーグも残り4試合と折り返しを迎え、上位チームへの可能性を持たせる意味でも一つも落とせないゲームの中、冷静に試合運びができた点は評価出来ます。開始直後に数的優位を見つけ出し、中盤を経由した前進からアタッキングサードへの効果的な侵入が多く見られました。相手が対応や修正をしてきた際の受ける場所や受け方、配球への意図等、相手との駆け引きやチームとしての狙いどころをHTで変えれた点は今までよりも成長した部分として積み上げて参ります。精神的にもフレッシュな選手の活躍や新しいポジションでの前向きなトライが見える収穫と課題の見える有意義なゲームでした。選手権後、力強く歩み出そうと再スタートし取り組んだ今週。相手とボールを動かしながら爆発的なスピードやコンビネーションを発揮する為のマークを剥がすタイミング・距離感は次週への課題に挙げ取り組んで参ります。
 本日も多くの保護者・サポーターの皆様の応援誠にありがとうございました。引き続き応援・サポートの程、宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年10月26日
プレナスなでしこリーグ2部 第18節 セレッソ大阪堺レディースに敗戦

●1-3(1-2/0-1) 熊谷
 
 本日の結果を以って、なでしこリーグ2部を7位という結果で終えることとなりました。不本意な結果であり、目標から大きく遠のいた結果でもありますが、まずは2019シーズンも共に走り抜いて下さったファン・サポーターの皆様、力強く支えて下さった関係各企業の皆様に心より御礼申し上げたいと思います。誠にありがとうございました。皆様の支えがあったからこそ私達は走り抜くことが出来たと思っています。
 今年のチームは例年以上によく走り、闘い、チームとして統制の取れたサッカーを表現できるチームでした。多くの試合で狙った通りのサッカーが出来る時間も多く、この順位で終えることになった現実が無念さを増長させます。しかし、結果が全てのこのリーグにおいて、この7位という結果だけが事実であり、それが私達の立ち位置であることは誰の目にも明らかです。この事実を受け止めた上で、今の自分達に何が必要で、何をしていかなければいけないのかを検証し、そして進化させていく。その作業の中で、私達は毎年過酷さを増していくこのリーグで生き残っていかなければなりません。2019シーズンのリーグ戦を走り抜き、目の前に突き付けられた課題は理解しているつもりです。その課題と向き合い、来る皇后杯でも自分達と向き合い、チャレンジをしていきたいと思っています。
 本日も沢山のご声援を賜りましたこと心より御礼申し上げます。多くの皆様と共に闘えた2019シーズンも想いれの強いシーズンとすることが出来ました。良い日も悪い日も勝った日も敗けた日もどんな時でも変わらずご声援を賜りました全ての皆様に感謝しております。私達はこれからも自分自身と向き合い、ずっと応援して頂けるようなチームでいられるよう互いに磨き合って参ります。どうぞ2020シーズンも引き続きご声援を賜れれば幸いです。2019シーズンはありがとうございました。2020シーズンも何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊

2019年10月24日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第18節 試合情報

■試合情報
・日時 2019年10月26日(土) 13:00キックオフ(有料試合)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・相手 セレッソ大阪堺レディース
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分

■第16節(10/12)試合中止における12メンバーズ限定2019ホームゲームシーズンチケット取り扱いについて
払い戻しご希望の方は以下ご確認ください
<払い戻し方法>
・12メンバーズ会員証ご提示
・お一人様1枚まで:700円払い戻しいたします
<受付期間:10/23~12/26>
・ホーム戦試合会場:10/23(水)、10/26(土)@味の素フィールド西が丘 Aゲートグッズブース
・クラブ事務所:月曜日から木曜日13:00~17:00
・お問い合わせ:03-6228-1932

■入場ゲートご案内
〇なでしこリーグ2部(有料)
・Aゲートにてチケット販売、引換
・ご入場はAゲートからのみとなります(Cゲートは再入場のみ)
・チケット販売時間 11:30開始 14:20(後半20分)まで
 11:45 12メンバーズ会員様 先行入場開始
 12:00 一般ご来場者様 入場開始
・一般1,000円 / 中・高校生500円 / 小学生以下 無料
※スフィーダ世田谷FCのチケット販売は当日現地のみです
※本試合は一部区間を除き全席自由席となります

■ご来場方法について
・自転車来場の方 : 駐輪場はAゲート側のJISS側駐輪場となります(Cゲート側はテニスコート利用者専用にてご遠慮ください)
・お車でのご来場はできません
・公共手段では都営三田線「本蓮沼駅」が便利です(途中コンビニや飲食店有り、Cゲートまで徒歩10分)

■両クラブサポーター様 / ご来場様ご案内
〇本節は「ホーム / アウェイベンチを入れ替え」ての運営となります
よって、以下の通り応援エリアもこれまでと逆になります
[JISS側ゴール裏] → スフィーダ世田谷FC 応援エリア
[電光掲示板側ゴール裏] → セレッソ大阪堺レディース 応援エリア
〇横断幕掲出時間
10:30 ~ 11:30まで
※掲出方法
・Aゲートよりご入場ください
・両チーム共にゴール裏エリアのみ掲出可(メインスタンド、バックスタンド側は掲出できません)
・施設広告に被さる掲出はご遠慮ください

■会場内イベント情報
〇マッチデープログラム先着配布
○CMでお馴染み!世田谷自然食品様のお味噌汁 先着300名様にプレゼント!!
〇ピッチ内アップ終了後(12:35)
選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)
〇オリジナルグッズ販売
試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇試合後ファン交流
ヒロインインタビュー(勝利時)
スフィーダファミリー写真撮影
サイン会(予定)

■スケジュール
〇11:45
 12メンバーズ会員様 先行入場開始
〇12:00
 一般ご来場者様 入場開始
〇12:20~12:35
 ・両チーム ピッチ内ウォーミングアップ(GK・FP共に)
・ピッチ内アップ終了後、選手サイン入りざっくう人形投げ入れ @メインスタンド前
〇12:48頃
 選手メンバー紹介アナウンス
〇12:54
 選手入場セレモニー
〇13:00
 前半キックオフ
  スフィーダ世田谷FC × セレッソ大阪堺レディース
〇13:45(予定)
 ハーフタイム
〇14:00(予定)
 後半キックオフ
〇14:45(予定)
 試合終了
 ヒロインインタビュー(勝利時)
 スフィーダファミリー写真撮影(スタッフがご案内いたします)
〇16:00
 閉門


2019年10月23日
プレナスなでしこリーグ2部 第16節 バニーズ京都SCに勝利!

○1-0(0-0/1-0) 梅津 
 
  11日間で4試合という連戦の3試合目。本節は台風の影響で順延になった試合であり、中2日での簡単ではない状況下にありました。それでも平日開催という運営スタッフが極端に限られる中での今節開催に当たり、これまでスフィーダ世田谷FCの歴史の中で関わって下さった関係者たちの繋がりや支えにより滞りなく実施できました。いつもに加え、1つの闘う理由を背負って闘えた時間は意味のあるものだったと感じていました。 
 昨日の前日調整からも選手達から疲労の色は伺い知ることが出来ていました。しかし、心身の疲労は言い訳にすることなどできるわけもありませんし、試合は待ってくれるはずもないので、今の自分達に表現できること全てを出し尽くすしかないと考えていました。 
 試合は前半こそチームとしての振る舞いややるべきことの徹底が成されておらず、統制のある闘いが出来ているとは言い難い内容でした。ハーフタイムに修正し、後半はスタートから勝負をかけることが出来、その流れで先制点を奪い、勝ち切れたことには一定の評価をしています。しかし、終盤、足が止まった時に再度チームとしての振る舞いにブレが生じたことやまとまりに欠いてしまった部分も垣間見れたので、そこは今後に向けた課題として成長への伸び代と考えたいと思っています。 
 本日は平日開催の試合にも関わらず200名弱の皆様にご来場頂けましたこと心より感謝申し上げます。多くの関係者、そしてスポンサー・ファン・サポーターの皆様に支えられて闘えたこの一戦には意味がありますし、この試合で勝ち切れたことで未来を繋げることが出来ました。最終節まで中2日と、次節も過酷な状況が容易に想像できますが、それでも私達は走り続け、最後の瞬間まで闘い抜きたいと思います。次節まで時間はありませんが出来うるすべての準備をし、勝利を目指して闘いますので引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。 
 
  川邊

2019年10月20日
プレナスなでしこリーグ2部 第17節 ASハリマアルビオンに敗戦

●0-3(0-0/0-3)
 
 僅かな可能性ながらも昇格圏内の2位以内に入る可能性を残していた今節。他力本願は勿論のこと、勝利が絶対条件の中、この何が起きても不思議ではないリーグ戦へ可能性を懸けました。結果としては0-3という完敗ともいえるスコアで終了のホイッスルを聞く形となりましたが、何もかもが悪かったゲームだとも思っていません。相手の前へのパワーやスピード、チームとしての振る舞いは今シーズン闘った中でも最も高いレベルにあったと認めなければいけない反面、我々もチームのストロングポイントで十分に対抗することが出来ていたと振り返っています。確かにピンチに見える局面はいくつかありましたが、多くは想定出来うる範囲内のことであり、粘り強くチャンスを伺い、勝機を見出だせる瞬間もありました。ただ、いつものように手数で相手を上回るまでには至らなかったのはチャンスメイクまでの設計図をうまく描かせることが出来なかった私の準備不足だったのだと真摯に受け止めています。チームは今節も力強く闘ってくれたと評価しています。
 本日も敗戦となり、遠く姫路まで応援に駆け付けて下さりました皆様と勝利を分かち合えなかったのが残念です。ここまで勝負の際のゲームがいくつもあり、それらを落とすことで目標から遠のいてしまったリーグ戦ですが、これからの2試合は昇格も降格もない中、目標は5位以内に定め2020シーズンの開幕戦をホームで迎えられるようにしたいと思っています。
 本日も沢山のご声援誠にありがとうございました。次節まで時間はないですが、全てを受け止めて次節へ進みたいと思います。引き続きご声援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊

2019年10月19日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会関東予選第2回戦 十文字中学高等学校に敗戦

●0-2(0-1/0-1)
 本戦を以て、スフィーダ世田谷ユースは関東予選を終了しました。と同時に、全国大会の出場が叶わない事を意味しています。ユースチームに関ってきた全ての方々がここまで積み上げた歴史を継承することが出来ず、大変申し訳なく、無念さを感じます。選手は今日も走り闘ってくれていましたし、勝利に向かい笛が鳴るまで諦めずに立ち向かっていました。我々の勝利に対する力が足りてなかった、チームに勢いと自信をもってピッチに立たせてあげる事が出来なかった私の責任、その一言に尽きます。
 流れの中からボールを左右に振りつつ、安定したミドルゾーンへの侵入から前線にスペースと時間を与えることでバイタルエリアへ前向きの状態で侵入する好機を作り出すものの、中央の攻防によるボールロストからロングカウンターを受けてしまい、セットプレーから失点を繰り返してしまいました。ハーフタイムでは空中戦・球際での勝負に勝ち切ること、我々らしいサッカーを取り戻すことを求め送り出しました。サイドから起点にいくつかゴール前での決定機・セットプレーを生み出していたあの時間帯でのチャンスや流れを得点に出来なかったことがよりゲームを難しくしてしまったと振り返っています。
 今年の各種大会は残すところ、関東プリンセスリーグ2019/東京都女子サッカーリーグ1部リーグの2つとなります。一つでも順位を上げる事は何より、成長に焦点を当て次に歩みだす1歩が選手一人一人の今後のサッカー人生における重要な期間になりますので、攻守における連携を深め、より成熟させて参ります。
 本日も多くの保護者・サポーターの皆様の応援誠にありがとうございました。選手達が躍動し、勇気を持ってプレーする姿をお見せ出来ず大変申し訳ございません。引き続きどうか応援・サポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年10月17日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第16節 試合情報

■試合情報
・日時 2019年10月23日(水) 13:00キックオフ(無料試合)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・相手 バニーズ京都SC
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分

■本節は無料試合となります
<12メンバーズ限定 2019ホームゲームシーズンチケット取り扱いについて>
払い戻しご希望の方は以下ご確認ください
<払い戻し方法>
・12メンバーズ会員証ご提示
・お一人様1枚まで:700円払い戻しいたします
<受付期間:10/23~12/26>
・ホーム戦試合会場:10/23(水)、10/26(土)@味の素フィールド西が丘 Aゲートグッズブース
・クラブ事務所:月曜日から木曜日13:00~17:00
・お問い合わせ:03-6228-1932

■入場ゲートご案内
Aゲート、Cゲートどちらからでもご入場いただけます
11:45  12メンバーズ会員様 先行入場開始
12:00  一般ご来場者様 入場開始
※本試合は一部区間を除き全席自由席となります

■ご来場方法について
・自転車来場の方 : 駐輪場はAゲート側のJISS側駐輪場となります(Cゲート側はテニスコート利用者専用にてご遠慮ください)
・お車でのご来場はできません
・公共手段では都営三田線「本蓮沼駅」が便利です(途中コンビニや飲食店有り、Cゲートまで徒歩10分)

■両クラブサポーター様 / ご来場様ご案内
〇本節は「ホーム / アウェイベンチを入れ替え」ての運営となります
よって、以下の通り応援エリアもこれまでと逆になります
[JISS側ゴール裏] → スフィーダ世田谷FC 応援エリア
[電光掲示板側ゴール裏] → バニーズ京都SC 応援エリア
〇横断幕掲出時間
10:30 ~ 11:30まで
※掲出方法
・両チーム共にゴール裏エリアのみ掲出可(メインスタンド、バックスタンド側は掲出できません)
・施設広告に被さる掲出はご遠慮ください

■会場内イベント情報
〇マッチデープログラム先着配布
〇ピッチ内アップ終了後(12:35)
選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)
〇オリジナルグッズ販売
試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇試合後ファン交流
ヒロインインタビュー(勝利時)
サイン会(予定)

■スケジュール
〇11:45
12メンバーズ会員様 先行入場開始
〇12:00
一般ご来場者様 入場開始
〇12:20~12:35
・両チーム ピッチ内ウォーミングアップ(GK・FP共に)
・ピッチ内アップ終了後、選手サイン入りざっくう人形投げ入れ @メインスタンド前
〇12:48頃
選手メンバー紹介アナウンス
〇12:54
選手入場セレモニー
〇13:00
前半キックオフ
スフィーダ世田谷FC × バニーズ京都SC
〇13:45(予定)
ハーフタイム
〇14:00(予定)
後半キックオフ
〇14:45(予定)
試合終了
ヒロインインタビュー(勝利時)
〇15:30
閉門


2019年10月17日
「台風15号に伴う義援金募金活動」実施報告

 9月8日(日)~9日(月)にかけて関東地方に上陸した台風15号の影響により被害に遭われた被災地の皆様にお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
 9月21日(土)、9月28日(土)プレナスなでしこリーグ第13節及び第14節におきまして、「台風15号に伴う義援金募金活動」を実施しましたのでご報告をさせて頂きます。またお寄せ頂きました義援金につきましては昨日のプレナスなでしこリーグ2部vsオルカ鴨川FCの試合前にオルカ鴨川FC様を通じ、被災地の皆様へ寄付させて頂きました。たくさんのご協力誠にありがとうございました。

9月21日(土) 197,467円
9月28日(土) 53,705円

2019年10月16日
皇后杯 JFA 第41回全日本女子サッカー選手権大会組合せ決定

 以下の通り皇后杯 JFA 第41回全日本女子サッカー選手権大会の組合せが決定致しましたのでお知らせ致します。スフィーダ世田谷FCはシードでの2回戦から参加となります。

2回戦
日時:11月24日(日)13:30キックオフ
会場:上野運動公園競技場
対戦:静岡産業大学磐田ボニータ、FC今治レディースの勝者
対戦表:http://www.jfa.jp/match/empressscup_2019/schedule_result/


2019年10月16日
プレナスなでしこリーグ2部 第12節 オルカ鴨川FCに敗戦

 昇格戦線に生き残るために絶対に落とせない一戦であり、相手にとっても敗戦は昇格戦線から大きく後退する際の一戦。ギリギリの攻防戦を制した試合巧者はオルカ鴨川FCでした。
 前半から互いのスタイルが交錯する激しい展開となり、一進一退の攻防が続きましたが、コーナーキックから最も警戒していた形で失点。準備していたものでの失点が敗戦へと直結しました。勝負はほんの些細なことで決し、その些細なことに拘ったチームが勝利への近道を辿ることになります。その点で相手が上回っていたと認めなければいけません。決して自分達のサッカーが悪かったわけでもないですし、チャンスもなかったわけでもなければ手数も相手を少なくはありません。ただそれでも得点という形で結果に繋げられなければ試合は難しい様相へと変化して行きます。今できることは自分達のスタイルを徹底し、更に手数を増やしていくこと。チームとしての方向性を見誤らず、自分達を信じて貫いていきたいと思っています。
 本日は平日の試合だったにも関わらず多くの皆様に応援へ駆けつけて頂けましたこと大変心強く感じておりました。昇格戦線から離脱するような敗戦でしたので非常に厳しい結果ではありますが、次節も目の前ですのでしっかりと回復させ勝利を目指して闘いたいと思います。引き続きご声援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊

2019年10月15日
ローランド先生出演情報

 この度、スフィーダ世田谷FCの選手達がフジテレビ「ローランド先生」出演させて頂く事になりました。
 ホスト界の帝王ローランドが最終目標である「世界平和」を目指すべく、悩める人類のお悩みを解決するカリスマ相談バラエティ!是非ご覧ください!

日時:2019年10月18日(金)25:40〜26:40
配信媒体:フジテレビ(8)ch
リンク:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/roland/index.html/


2019年10月15日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第16節 S世田谷 vs バニーズ 代替開催決定のお知らせ

 台風19号の影響を考慮し中止となりました、第16節 スフィーダ世田谷FC vs バニーズ京都SC [10/12(土)11:00K.O. @江戸川区陸上競技場 ]について、代替開催日が決定しましたので下記の通りお知らせいたします。

【代替開催日】
2019 プレナスなでしこリーグ2部
第16 節 スフィーダ世田谷FC vs バニーズ京都SC
10/23(水)13:00 キックオフ 味の素フィールド西が丘


2019年10月14日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会関東予選1回戦 茨城フットボールアカデミーに勝利!

〇0-0(0-0/0-0) PK(4-2)

 大型台風19号の順延により本日から開催となった本大会の第1回戦において、開催地が東京という最高の環境の元、多くのご声援を頂き本日を迎えました。今日まで積み上げたチームの発揮が最大の目的に送り出しましたが、結果的には何とか勝った、その一言に尽きると思います。初戦の難しさと本大会の厳しさを知れたゲームでした。
 攻撃に人数を掛け強気な姿勢を見せた立ち上がりから、守備に人数を割く相手陣形を崩し切れず、カウンターを受ける展開に徐々に冷静さを失ってしまったのが今日の原因だととらえています。
 ハーフタイムでは相手を揺さぶりスキを突く為に横のサポートを増やし、アタッキングサードへの侵入を増やせた点は良かったと思います。
 全力で立ち向かってくれた茨城フットボールアカデミーは個の局面や攻守における連動、多くの部分で気迫あふれる素晴らしいプレーの連続でした。我々は常に勇気を持ってプレーをすることを相手から学び、背負い、次戦へ向け明日から準備をしていきたいと思います。

 本日も気温が低い荒天の中、多くのご声援誠にありがとうございました。非常に苦しいゲームではありましたが、選手達の気持ちで勝ち進めた一日でした。これからもハードな試合が続きますので、引き続き熱いサポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年10月13日
[地域活動]ウォーキングサッカー体験会開催のお知らせ

 この度、スフィーダ世田谷FCが主催、一般社団法人日本ウォーキング・フットボール連盟が共催するウォーキングサッカー体験会を開催することとなりましたので、以下の通りご案内致します。
 ウォーキングサッカーとは言葉の通り歩いてい行うサッカーであり、老若男女問わず、全てのサッカー愛好者が楽しめる競技。主なルールは、プレーヤーが走ることは禁止、コンタクトプレー禁止、ボールを蹴り上げる(1.8m以上)こと禁止など。子供から大人まで、サッカー初心者の方まで楽しむことが出来ます。10月より翌年3月を目途に月1回のペースで全6回を開催予定ですので、ご興味のある方は是非ともご参加ください。

■会場
世田谷区立希望ヶ丘地域地区体育館3階(世田谷区船橋6-25-1)

■日時
10月16日(水)9:00~12:00
11月22日(金)9:00~12:00
12月10日(火)9:00~12:00※
1月14日(火)9:00~12:00※
2月4日(火)9:00~12:00※
3月10日(火)9:00~12:00
※印の日程はトップチームの選手も参加予定です

■お問い合わせ/お申込み
http://www.sfida.or.jp/team_academy/walkingsoccer.html/

2019年10月10日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第16節 S世田谷 vs バニーズ 開催中止のお知らせ

 10月12日(土)開催の第16節 スフィーダ世田谷FC vs バニーズ京都SC(11:00K.O. @江戸川区陸上競技場)は、台風19号の関東地方接近に伴う影響を考慮して開催中止となりましたので、お知らせいたします。代替日、会場、キックオフ時間等は決定次第お知らせいたします。ご来場予定をされていた皆様方には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解頂けますと幸甚です。今後ともスフィーダ世田谷FCの応援をよろしくお願いいたします。

【中止となった試合】
2019 プレナスなでしこリーグ2部
第16 節 スフィーダ世田谷FC vs バニーズ京都SC
10/12(土)11:00 キックオフ 江戸川区陸上競技場


2019年10月09日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第16節  試合情報

■試合情報
・日時:2019年10月12日(土) 11:00キックオフ
・会場:江戸川区陸上競技場
・相手:バニーズ京都SC
・交通:東京メトロ東西線 「西葛西」駅南口より
1) 徒歩約20分
2) 都バス臨海町二丁目団地前行「清新ふたば小学校前」バス停下車、徒歩約2分

■入場ゲートご案内
〇なでしこリーグ2部(有料)
・チケット販売時間 9:30開始 12:20(後半20分)まで
 9:45 12メンバーズ会員様 先行入場開始
 10:00 一般ご来場者様 入場開始
・一般1,000円 / 中・高校生500円 / 小学生以下 無料
※スフィーダ世田谷FCのチケット販売は当日現地のみです
※本試合は一部区間を除きメインスタンド全席自由席となります

■両クラブサポーター様 / ご来場様ご案内
〇鳴り物使用 禁止
〇横断幕掲出時間
 8:45 ~ 9:30まで
 ※掲出場所は両チーム共にゴール裏エリアのみ
〇その他
・お車ご来場 可 ※50台まで(無料開放)
・今節はフード販売がありませんので、西葛西駅などご来場前のお買い求めをお願いいたします(自動販売機は施設1Fにあり)

■会場内イベント情報
〇マッチデープログラム先着配布
〇オリジナルグッズ販売

 試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇ピッチ内アップ終了後(10:35)

 選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)

〇入場セレモニー

 エスコートキッズ(当日募集10:40〆切)

〇試合後

 ヒロインインタビュー(勝利時)
サイン会(予定)

■スケジュール
〇8:45
 横断幕掲出入場開始(※9:30まで)
〇9:30
 チケット販売(引換)開始
〇9:45
 12メンバーズ会員様 先行入場開始
〇10:00
 一般ご来場者様 入場開始
〇10:15~10:35
 ・両チームピッチ内ウォーミングアップ(GK 10:15~ / FP 10:20~)
 ・ピッチ内アップ終了後、選手サイン入りざっくう人形投げ入れ @メインスタンド前
〇10:40
 エスコートキッズ参加者集合 @グッズ売り場 / 受付なし
 ※実施時は保護者様は観戦エリアにてお待ちください
〇10:48頃
 選手メンバー紹介アナウンス
〇10:54
 選手入場セレモニー(エスコートキッズあり)
〇11:00
 前半キックオフ
  スフィーダ世田谷FC × バニーズ京都SC
〇11:45(予定)
 ハーフタイム
〇12:00(予定)
 後半キックオフ
〇12:45(予定)
 試合終了
  ヒロインインタビュー(勝利時)
〇13:30
 閉門


2019年10月06日
週イチなでしこカフェ出演情報

 週イチなでしこカフェは国内女子サッカー最高峰、なでしこリーグとその選手達の魅力にフォーカスし、飛躍を応援する応援番組。8回目となる今週は主将#3原選手、副将#10薄田選手が出演。是非ご覧ください!
 
配信媒体:YouTube / Periscopeの2媒体での生配信
リンク:https://youtu.be/N0wqJmnDGTk
日時:2019年10月10日(木)12:00~

2019年10月06日
プレナスなでしこリーグ2部 第15節 静岡産業大学磐田ボニータに勝利!

○1-0(1-0/0-0) 根本

 この試合を落とせば昇格争いから離脱する可能性が高くなる我々に対し、この試合を落とせば降格する可能性が高くなる相手との一戦。お互いに引けない一戦が故に簡単なゲームではありませんでしたが、チームとして振る舞い続けた今日のチームは多くの局面で相手の強度を上回り、主導権を握り続けることを可能にしてくれました。1点のみのロースコアのゲームとなりましたが、勝者に相応しいパフォーマンスだったと振り返っていますし、崩されることなく勝ち切れたことは素晴らしかったと思います。
 今節を終えて、何とか昇格戦線に踏み止まることが出来ました。下位チームが上位チームから勝ち点を得るゲームばかりで残り3試合(スフィーダは4試合)でもドラマが待っているはずですが、今のチームは今日のように目の前の試合で闘いきることに集中してくれるはずです。一戦必勝の覚悟で勝負に徹したいと考えています。
 本日は遠くアウェイの地まで多くの皆様にご足労頂き、たくさんのご声援を賜われたこと、大変心強く感じておりました。アウェイにも関わらずまるでホームのような雰囲気を作って頂き感謝申し上げます。次節はホームですから、何としても勝ち切れるよう万全の準備を施して参ります。引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。本日もありがとうございました。
 
川邊

2019年10月05日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第5節 日体大FIELDS横浜サテライトBに敗戦

●0-1(0-0/0-1)

 東京都女子サッカーリーグ1部リーグ上位に食らいつく為に落とせない1戦であり、来週に控えた大一番に対するテストマッチを位置づけに攻撃の戦術の統制を図り挑んだ試合でした。理想に近い形で支配できた立ち上がり我々に好機が多く、ミドルゾーンでの厚みをもたらすことで、相手のスペースに数的優位な状態で侵入出来ていただけに非常に勿体ない敗戦だと振り返っています。
 選手達は球際・迫力・判断スピードに対して優位性を保ちながら特にサイドでのコンビネーションからテンポの良い前進・侵入を繰り返すことが出来ていました。ただし、打ち切る・ゴール前の判断(自分で打ち切るのか・味方に打たせるのか)において駆け引きや個人・グループにおいて一工夫あれば楽な展開に持ち込めた反省点も残ります。攻撃のテンポや方向性は良くなっていますので、連携面や個人戦術でのミスを減らし連携を深めて参ります。
 前向きな材料も多くあったゲームですので、しっかりと次の試合に向け準備したいと思います。
 応援に来てくださいました保護者・サポーターの皆様誠にありがとうございました。選手達と手を取り合い、団結した逞しい姿をお見せできるよう残りの時間で作り上げて参りますので、引き続き選手達のサポートを宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年10月01日
100%スフィーダ!10月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」10月号はMC森田敦さんと#23伊藤綾花選手の祖師谷商店街で街ブラ!そして、なでしこリーグ2部第11節のハイライトなど盛りだくさんの内容となっています。是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日22:30~

2019年09月28日
プレナスなでしこリーグ2部 第14節 愛媛FCレディースに敗戦

●0-1(0-1/0-0)

 本日は株式会社ウテナ様によるマッチスポンサーゲーム、ウテナ絆マッチ。3連続のマッチスポンサーゲームの最後こそ勝利を手にしたいと強く感じていましたが、暫定首位の愛媛FCレディースに前半7分失点。そこから得点を奪うことが出来ず0-1の敗戦。2戦連続の無失点となりこの3戦で得ることの出来た勝ち点は1となりました。勿論求めていた結果からは程遠いものであり、今日の試合を勝ち切れるかどうかで今後のリーグの行方が大きく左右されることは承知していただけに痛恨の敗戦となりました。
 チームは臆することなく果敢に闘ってくれたと思っていますし、自分達のサッカーを体現しようと必死に走ってくれました。全く何もできなかったわけでもないと思っていますし、良さを出せている部分もあったと評価しています。しかし、結果が全てのステージです。敗戦という結果が事実であり、結果が出てしまった以上は今日の試合を自分達の力に代え、次節の闘いへ向けて進むことだけを考えなければいけないと思っています。残り5試合。目の前の試合だけに集中しつつ、現実と向き合い続けて行きたいと考えています。このチームの力を少しでも引き出せるよう引き続き出来うるすべての準備を行っていきます。
 本日も皆様と共に勝利を共有できなかったことが悔しく申し訳ない気持ちに包まれています。次節はアウェイですが勝利を持ち帰りたいと思っています。良い状態で次のホームゲームを迎えられるかは自分達次第ですから、自分達を信じて進んでいきたいと思います。本日もありがとうございました。
 
川邊

2019年09月24日
[Jrユース]U-15日本女子選抜トレーニングキャンプ(9/26-29@J-GREEN堺)メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の荒川結乃花(中3)、大曽根由乃(中3)がU-15日本女子選抜トレーニングキャンプメンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:荒川 結乃花(あらかわ ゆのか)
年齢:15歳
ポジション:DF
 
氏名:大曽根 由乃(おおそね よしの)
年齢:15歳
ポジション:MF
 
期間:2019年9月26日(木)~9月29日(日)
会場:J-GREEN堺
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00022834/

2019年09月23日
[ユース]U-18 WOMEN'S SUPER LEAGUE 2019 第5節 前橋育英高等学校に敗戦

●1-4(0-2/1-2)

 昨日の東京都1部リーグで課題に上がった攻撃における場所と関わりを再確認し、前日に出場時間が短い選手を中心にメンバーを組み挑みましたが失点を繰り返す不甲斐ない試合になってしまいました。セットプレーからの失点が多くありましたが、対応の難しくない軽率なミスの連続から失点を繰り返してしまったことは非常に残念な点です。キックオフから相手に主導権を握られる展開になり、意図的な回収が実施できずに走らさせることによって、ボールを奪った攻撃時に立ち位置を取る準備が遅くなり、結果的にタッチ数の多い個での突破が続いてしまい侵入回数が減ってしまいました。速攻・帰陣が素早い相手に対して回収後の攻撃のポジショニングの整理と守備強度を強く求め後半に臨みました。
 後半は前半よりボールを動かすテンポや距離感を修正し、ボールを奪いシュートで終わり切る回数が増えましたが、相手の守備ブロックに差し込む・侵入するタイミングは一歩間違えると相手に前向きの状態でボールを奪われ失点に繋がりますので、トレーニングで強く求めていきたいと思います。この週末の2連戦でユースチームとしての修正点は明確になりましたので選手と前向きな日々を過ごして参ります。
 本日も応援に来てくださいました保護者・サポーターの皆様誠にありがとうございました。関東大会まで3週間を切りました。引き続き選手達のサポートを宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年09月23日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第14節 試合情報

 本節は株式会社ウテナ様がマッチスポンサーとして開催いたします

■試合タイトル
2019プレナスなでしこリーグ2部 第14節
スフィーダ世田谷FC vs 愛媛FCレディース
ウテナ絆マッチ

【コラボマッチイベント】
〇大人気「ウテナ化粧品」を30名様にプレゼント
〇キックターゲット実施

■試合情報
・日時 2019年9月28日(土) 13:30キックオフ(有料試合)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・相手 愛媛FCレディース
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分

■入場ゲートご案内
〇前座試合(無料試合)
・Aゲート(赤羽商業高校側)
・Cゲート(本蓮沼駅側)
上記両ゲートを9:30~11:45無料開放いたします
〇なでしこリーグ2部(有料)
・Aゲートにてチケット販売、引換
・ご入場はAゲートからのみとなります(Cゲートは再入場のみ)
・チケット販売時間 12:00開始 14:50(後半20分)まで
12:15 12メンバーズ会員様 先行入場開始
12:30 一般ご来場者様 入場開始
・一般1,000円 / 中・高校生500円 / 小学生以下 無料
※スフィーダ世田谷FCのチケット販売は当日現地のみです
※本試合は一部区間を除き全席自由席となります

■ご来場方法について
・自転車来場の方 : 駐輪場はJISS側駐輪場となります。(Cゲート側はテニスコート利用者専用にてご遠慮ください)
・お車でのご来場はできません
・公共手段では都営三田線「本蓮沼駅」が便利です(途中コンビニ有、会場まで徒歩10分)

■両クラブサポーター様 / ご来場様ご案内
〇本節は「ホーム / アウェイベンチを入れ替え」ての運営となります。よって、以下の通り応援エリアも通常と逆になります。

[JISS側ゴール裏] → スフィーダ世田谷FC 応援エリア
[電光掲示板側ゴール裏] → 愛媛FCレディース 応援エリア

〇横断幕掲出時間
11:00 ~ 12:00まで
(Aゲートよりご入場ください)
※掲出方法
・両チーム共にゴール裏エリアのみ掲出可(メインスタンド、バックスタンド側は掲出できません)
・施設広告に被さる掲出はご遠慮ください

■会場内イベント情報
〇マッチデープログラム先着配布
〇オリジナルグッズ販売
 試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇会場内売店あり(Aゲート)
〇ピッチ内アップ終了後(13:05)
選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)
〇入場セレモニー
 エスコートキッズ(当日募集13:10〆切@グッズ売り場)
〇試合後ファン交流
ヒロインインタビュー(勝利時)
サイン会(予定)

■スケジュール
〇9:30
 前座試合 開門 @A、Cゲート
〇9:30~9:45
 前座試合 ピッチ内ウォーミングアップ
〇10:00
 前座試合キックオフ
 関東プリンセスリーグ2019
 スフィーダ世田谷FCユース × 茨城フットボールアカデミー
〇11:30
 前座試合終了(予定)
〇11:45
 一時閉門
〇12:00
 チケット販売(チケット引換) 開始 @Aゲート
〇12:15
 12メンバーズ会員様 先行入場開始 @Aゲート
〇12:30
 一般ご来場者様 入場開始 @Aゲート
〇12:50~13:05
・両チーム ピッチ内ウォーミングアップ(GK・FP共に)
・ピッチ内アップ終了後、選手サイン入りざっくう人形投げ入れ @メインスタンド前
〇13:10
 エスコートキッズ参加者集合 @Aゲートグッズ売り場 / 受付なし
 ※実施時はご父兄様はスタンド席観戦エリアにてお待ちください
〇13:18頃
 選手メンバー紹介アナウンス
〇13:24
 選手入場セレモニー(エスコートキッズあり)
〇13:30
 前半キックオフ
 スフィーダ世田谷FC × 愛媛FCレディース
〇14:15(予定)
 ハーフタイム
〇14:30(予定)
 後半キックオフ
〇15:15(予定)
 試合終了
 ヒロインインタビュー(勝利時)
〇16:00
 閉門


2019年09月22日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第4節 十文字学園女子大学に敗戦

●0-2(0-1/0-1)

 皇后杯東京都予選ではワイドな展開に苦しみながらもセットプレーでの得点で勝利を収めた相手との再戦。
 互いに今日の試合の重要性を感じている雰囲気の中、立ち上がりから相手の気迫を受ける形でスタートしました。クロスに対する浮き球の処理、セカンドボールの回収は以前よりも落ち着いて対応しているように見えます。
 押し込まれる時間帯を我慢しただけに、勝ち点を取れなかった悔しさが大きく残ります。序盤から警戒していた浮き球の競り合いのこぼれからロングボール1発で先制点を奪われ、押し下がっていた中央の立ち位置を修正し、徐々に我々に主導権が傾き幾度か好機を迎えました。決めきる勝負強さがあればスコアも変わってきたと思います。大きなテーマのところでは攻撃の組み立ての部分をトレーニングで落とし込みました。共通認識した場所とスペースを使いながらチームとして狙いを持って攻め続けた時間帯もありました。そこは良い部分として継続して参ります。サイドでチャンスを作りスペースがある中で、上手く使いながら、クロスに対してもパワーを持って入っていくという意味では、選手達はしっかり実践してくれました。ゴール前で、最後身体を張ってキープできるかできないか、パワーを持った中で冷静にゴールへ押し込める事ができるか、良い奪い方からの攻撃のスイッチがあったからこそ、質を追求していかなければいけないと再確認できたと思います。この敗戦を次に繋げ、明日も大きく前へ進んで参ります。
 本日も応援に来てくださいました保護者・サポーターの皆様誠にありがとうございました。
 引き続き選手達のサポートを宜しくお願い致します。
川嶋

2019年09月22日
[U13]東京都U15リーグ1部 第8節 ジェファFC Sonhoにドロー

△0-0(0-0/0-0)

 未だ勝利する事が出来ず迎えた本日の試合は前節の結果と同様、0-0の引き分けという結果に終わりました。
 ボールを持っても雑なプレーが多くテンポも上がらず、前半は特に相手も前線から激しく奪いに来なかった事もあり相手のペースに合わせてしまったような印象です。ゲームを通してチャンスらしいチャンスも作ることができず、効果的な縦パスではなく無理な体勢からパスを出そうとしてしまい、またそのパスを受けた選手も相手を背負っていたりスペースを持っていなかったり良い状況ではない為、マイボールにする事が出来ずボールを簡単に失うという悪循環になってしまいました。守備面では無失点という結果は出ていますが、攻撃面に関しては得点という結果が出せていない以上、ゴール前の攻防や個の力というものを強化する必要性を感じています。チーム、グループとしての質を高めるだけではなく個の能力や特長、一人一人の個性を生かす事も日々のトレーニングから意識し取り入れ、次節が最終戦になりますがなんとか初勝利を目指して選手と共に努力して参ります。
 本日も沢山の保護者の皆様の暖かいご声援に改めて感謝申し上げます。引き続き、選手たちへの応援、サポートの程宜しくお願い致します。

渋谷由美子

2019年09月21日
プレナスなでしこリーグ2部 第13節 大和シルフィードに敗戦

●0-1(0-0/0-1)

 本日はサミット株式会社様によるマッチスポンサーゲーム、サミットブルーウェーブマッチ。シーズンの終盤でチームの後押しをして下さろうと多くの関係者の皆様にゲームを彩って頂きましたが、結果は痛恨の敗戦。距離感を狂わされ、自分達の表現したいものが表現できない試合となってしまいました。多くの試合で自分達の時間を長く作れることが多かったのですが、この試合に関してはスタッツこそ上回っているものの、相手を飲み込めるほどの圧力をかけ続けることが出来ませんでした。原因、理由ははっきりしているのですが、ただただ自分達が相手のサッカーの上を行ききることが出来なかった結果ですから、結果・内容共に真摯に受け止めています。
 内容としては相手のサッカーに間延びを余儀なくされ、攻守において距離感が遠い中でのゲームになってしまいました。前半のスタートこそこれまでのどのゲームよりもスムーズな入り方が出来ていたと振り返っていますが、得点機を活かせず、徐々に相手に押し返される展開へ。後半、ハーフタイムで改善し、序盤こそいくつかのチャンスを作ったものの一瞬の隙から失点。その後はオープンで雑な展開を抜け出すことが出来ず、焦りから冷静な判断の出来ないゲームとなってしまいました。ゲーム的に自分達の描いたものが表現できたのは前後半のそれぞれ10分程度。それ以外の時間を制圧しきれなかったことが敗因だと考えています。
 上位戦線に踏み止まるために勝ち点を重ねなければいけない闘いだったわけですが、それ以上にこれだけの舞台を作って下さったサミット株式会社の関係者の皆様をはじめ関係各社の皆様、ホームゲームを作り上げてくれている運営スタッフ、ボランティアの皆様、アカデミー選手達に今はただただ申し訳ない感情が先行しています。選手達は油断や過信、慢心もなく闘ってくれましたし、求めていたことを愚直に遂行しようと努めてくれました。今日の試合がどれだけ重要で、どれほど大きな一戦なのかもチームで共有できていたと思っています。それでも私達は敗者になり、相手が勝者になったということを解明し、次への糧にしなければなりません。ここまで積み上げてきたチームの力を信じていますし、このサッカーで突き進むことだけは変わらないので、次節も出来る限りの準備をし進んでいきたいと思っています。
 最後になりますが、本日も沢山の皆様にご声援を賜れましたこと誠に感謝申し上げます。これからも皆様に応援して頂けるようなサッカーが続けられるよう毎日を全力で過ごして参ります。来週も厳しいゲームとなりますが、皆様と共に勝利を掴みとれるようベストを尽くします。引き続き応援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2019年09月19日
台風15号に伴う義援金募金活動

 この度の関東地方に上陸しました台風15号における被災地への支援の為、以下の日程のホームゲームにて義援金募金活動を実施させて頂く事をお知らせします。
 募金頂いた義援金は、オルカ鴨川FCに寄付をさせて頂き復興活動へお役立て頂きます。
 
プレナスなでしこリーグ2部
第13節 9月21日(土) 味の素フィールド西が丘
第14節 9月28日(土) 味の素フィールド西が丘
第16節 10月12日(土) 江戸川区陸上競技場

2019年09月19日
原志帆選手の負傷

 5月12日(日)なでしこリーグ第8節を最後に膝蓋腱の治療に専念していた原志帆選手(27歳)ですが、経過が思わしくなく、今後、少なくとも8週間以上の治療期間が必要との見解に至りましたことをご報告致します。
 一日も早い復帰に向けてスフィーダ世田谷メディカルチームがサポートして参ります。原志帆選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:左膝膝蓋腱炎
全治:未定

2019年09月17日
プレナスなでしこリーグ2部 第12節 代替開催日決定

 台風15号の影響で開催中止となりました、2019プレナスなでしこリーグ2部 第12節 オルカ鴨川FC vs スフィーダ世田谷FC[9/15(日)14:00キックオフ/鴨川市陸上競技場]について、代替開催日が決定しましたので下記のとおりお知らせいたします。

2019プレナスなでしこリーグ2部 
第12節
オルカ鴨川FC vs スフィーダ世田谷FC
10月16日(水)13:00キックオフ 袖ケ浦市陸上競技場

2019年09月16日
[U14]U15プレナスなでしこアカデミーカップ2019EAST 第9節 FCみやぎとドロー

△1-1(0-1/1-0)

 アカデミーカップ最終戦にして、戦術的なテーマは昨日の反省を踏まえながらも継続し、個人としてもチームとしてもここまで積み上げてきたものを全て出し切ることを求めました。勝負にこだわることはもちろんですが、一人ひとりが楽しむこと、良さを発揮することを伝え送り出しました。
 60分を通して、守備ブロックを作りカウンターを狙う相手に対し、ボールを保持しながらチャンスを作り出すことは出来ました。主導権を握ることは出来ていたと思いますし、勝利まであと一歩のところでした。
 課題として挙げられるのは、今日のように帰陣して守備の3ラインを作るチームに対しての崩しに迫力と精度が欠けています。相手を引き出すことと、どのタイミングでどこに人数をかけるかが出来ればもう少しチャンスを作り出せたと思います。また、ボールを失ったときのカウンターへの対応と、少ない相手のチャンスに対するゴールを守るための守備のところです。攻守において、切り替わるところの予測スピードは今後も追求し続けていかなければならないと感じました。
 選手はいま持っているポテンシャルを最大限表現してくれました。期待すればするほど、要求が高くなってしまうものですが、試合を重ねる度に選手の成長が感じられ、このチームで活動する日々がとても充実していました。3年生の数名は勉学のために少しの間チームを離れてしまいますので、このメンバーとしての活動は一旦区切りとなります。今いるメンバーと共に、チームとしてここからの日々もさらに充実したものにしたいと思います。
 本日は多くの保護者の皆様に応援して頂き、誠にありがとうございました。保護者の皆様による、暖かく手厚いサポートに改めて感謝申し上げます。引き続きチームへのサポートを宜しくお願い致します。

木野田 俊英

2019年09月16日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第13節 試合情報

本節はサミット株式会社様がマッチスポンサーとして開催いたします。

■試合タイトル
 2019プレナスなでしこリーグ2部 第13節
 スフィーダ世田谷FC vs 大和シルフィード
 サミットブルーウェーブマッチ

【コラボマッチイベント】
〇9/18、9/21号チラシの「チケット引換券」ご提示で無料入場
〇サミットアプリのチラシ画面ご提示で無料入場
〇豪華賞品多数!!HT抽選券を先着1,500名様に配布!

■試合情報
・日時 2019年9月21日(土) 13:00キックオフ(有料試合)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・相手 大和シルフィード
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分

■本節は東京武蔵野シティフットボールクラブとの共催試合となります
 スフィーダ世田谷FC、東京武蔵野シティフットボールクラブどちらのチケットでも2試合ご覧いただけます
 毎年恒例の男女リーグ共催!是非ご来場ください!!

■入場ゲートご案内
〇なでしこリーグ2部(有料)
・Aゲートにてチケット販売、引換
・ご入場はAゲートからのみとなります(Cゲートは再入場のみ)
・チケット販売時間 11:30開始 14:30(後半30分)まで
  11:45 12メンバーズ会員様 先行入場開始
  12:00 一般ご来場者様 入場開始
・一般1,000円 / 中・高校生500円 / 小学生以下 無料
※スフィーダ世田谷FC、東京武蔵野シティフットボールクラブどちらのチケットでも2試合ご覧いただけます
 ※スフィーダ世田谷FCのチケット販売は当日現地のみです
 ※本試合は一部区間を除き全席自由席となります

■ご来場方法について
・自転車来場の方 : 駐輪場はJISS側駐輪場となります(Cゲート側はテニスコート利用者専用にてご遠慮ください)
・お車でのご来場はできません
・公共手段では都営三田線「本蓮沼駅」が便利です(途中コンビニ有、会場まで徒歩10分)

■両クラブサポーター様 / ご来場様ご案内
〇本節は「ホーム / アウェイベンチを入れ替え」ての運営となります。
よって、以下の通り応援エリアもこれまでと逆になります。

[ JISS側ゴール裏 ] → スフィーダ世田谷FC 応援エリア
[ 電光掲示板側ゴール裏 ] → 大和シルフィード 応援エリア

〇横断幕掲出時間
 10:30 ~ 11:30まで
(Aゲートよりご入場ください)
※掲出方法
・両チーム共にゴール裏エリアのみ掲出可(メインスタンド、バックスタンド側は掲出できません)
・施設広告に被さる掲出はご遠慮ください

■会場内イベント情報
〇マッチデープログラム先着配布
〇オリジナルグッズ販売
 試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇会場内売店あり(Aゲート)
〇ピッチ内アップ終了後(12:35)
 選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)
〇入場セレモニー
 エスコートキッズ(当日募集12:40〆切@グッズ売り場)
〇ハーフタイム抽選会発表
〇試合後ファン交流
 ヒロインインタビュー(勝利時)
 サイン会(予定)

■スケジュール
〇11:30
 チケット販売(チケット引換) 開始 @Aゲート
〇11:45
 12メンバーズ会員様 先行入場開始 @Aゲート
〇12:00
 一般ご来場者様 入場開始 @Aゲート
〇12:20~12:35
・両チーム ピッチ内ウォーミングアップ(GK・FP共に)
・ピッチ内アップ終了後、選手サイン入りざっくう人形投げ入れ @メインスタンド前
〇12:40
 エスコートキッズ参加者集合 @Aゲートグッズ売り場 / 受付なし
 ※実施時はご父兄様はスタンド席観戦エリアにてお待ちください
〇12:48頃
 選手メンバー紹介アナウンス
〇12:54
 選手入場セレモニー(エスコートキッズあり)
〇13:00
 前半キックオフ
 スフィーダ世田谷FC × 大和シルフィード
〇13:45(予定)
 ハーフタイム
 抽選券当選発表
〇14:00(予定)
 後半キックオフ
〇14:45(予定)
 試合終了
 ヒロインインタビュー(勝利時)
〇15:30
 Cゲート閉門
 ※AゲートはJFL開放

■ナイターゲームご案内!
 第21回JFL第22節
 東京武蔵野シティフットボールクラブ vs ソニー仙台FC
  18:00 キックオフ
 ※武蔵野シティFCまたはスフィーダ世田谷FCのチケットでどちらの試合もご覧いただけます


2019年09月15日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ大会 第5節 ノジマステラ神奈川相模原アヴェニーレに敗戦

●2-4(1-1/1-3)

 暫定首位対決、チームはそのことをよく理解して臨んだ一戦でしたが、結果の通り4失点での厳しい敗戦となりました。決して一方的な展開でもなくチャンスが少ない内容でもありません。チームとしてルーズな部分が安易な失点を与え、その度に追い付く展開でした。本日のチームは攻守にわたり精細が欠けていた上にリードされていてもスプリントを掛けられない、自分達らしくない戦い振りでした。そのことが一番の反省です。
 リーグ戦は折り返しを迎え、次節は10月になります。私達にできることは勝つために努力することしかありません。この2戦で失った勝ち点5は非常に大きなものですが、明らかになったチームの弱さに向き合うこと、受け入れること、日々乗り越える行動を取ることを選手達には求めていきたいと思います。
 本日も残暑厳しい中、たくさんの方に応援にお越し頂きありがとうございました。苦しい時こそできること、やるべきことは明確です。個人が強くなり、チームで助け合うことのみです。そこから逃げない内面の変化や成長を求めて強化を図りたいと思います。
 また地域リーグとはいえ間違いなく国内屈指のレベルのリーグ戦ですので簡単に目標を掴めるはずがありません。ここからのチームの成長を楽しみにして頂ければと思います。引き続き選手達のサポートをよろしくお願いいたします。

山田 岳暁

2019年09月11日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第12節 開催中止のお知らせ

 9月15日(日)に開催を予定しておりました2019プレナスなでしこリーグ2部第12節 オルカ鴨川FC vs スフィーダ世田谷FC(14:00キックオフ/鴨川市陸上競技場)の試合は、台風15号の影響で千葉県内、鴨川市内に被害が出ているため、ご来場の皆様の安全面を最優先し、開催中止といたします。
 代替日につきましては決定次第改めてご案内させて頂きます。

2019年09月08日
[U15]第3回関東U-15女子サッカーリーグ大会 第4節 日テレ・メニーナ・セリアスとドロー

△1-1(1-1/0-0) 久保田

 約一ヶ月半のリーグ中断を経て、各チームそれぞれの夏を過ごしました。各チーム中断前と後では経験もチーム力も目標も大きく変わっていると見られ、それに伴い新たな戦い方も定まっているところです。第4節はそのスタートとして重要な一戦でした。
 他チームとやや異なるスタイルの相手に対し、先ずは受けから入らず自分達から仕掛けようと試合に入りました。その甲斐があり開始5分、GKへのバックパスの隙を突き先制を奪うことができました。その後にも大きなチャンスを作るなど、勝利を引き寄せる上で最初の大きな時間帯を迎えましたが選手達にはまだその重要性は浸透していませんでした。幸か不幸か、今日のクーリングブレイクは勝利を引き寄せる流れが途絶える面と相手への守備対応を整理する面に分かれ、17~8分の4分割ゲームはお互いに守備が安定した展開に。そのため流れの中からシューターがフリーになる回数が少なく、フィニッシュ精度に欠け追加点が取れずに後半へ推移します。
 後半も同様にズルズルと推移しますが、それでもスフィーダにとっては瞬間的にフリーでシュートを放つシーンを数回作ることができていました。ビルドアップを奪ったカウンター、サイド突破からのクロス、セットプレーと攻撃の手も少なくありません。空中戦を除いた攻撃は優先順位やプレーそのものの質、タイミングなど改善の多さが追加点を奪えない要因であるため、受け入れてトレーニングあるのみです。
 全国大会の課題克服が叶わなかった内容、結果となり歯がゆさが残るドローとなりましたが、長いリーグ戦では勢いを切らさないことも重要です。次節以降、勝ちきれない試合、勝ちを逃す試合を繰り返さないことがないように強化を進めていきたいと思います。
 本日は朝一番の試合とは言え、大変暑い中の応援にお越し頂き誠にありがとうございました。まだまだ成長過程であると示した試合です。リーグ消化が進むに連れ、一戦一戦の重要性やトレーニング強度も変化していき選手達には負担も掛かると思います。引き続き連携やサポートを頂きますよう、よろしくお願いいたします。本日もありがとうございました。

山田 岳暁

2019年09月07日
プレナスなでしこリーグ2部 第11節 ちふれASエルフェン埼玉とドロー

△1-1(1-1/0-0) 田中

 中断明けの2試合目にして、ホームにちふれASエルフェン埼玉を迎えてのリーグ第11節。相手はこのリーグのレベルを凌駕する選手層を保持しておりリーグ内では突出したチーム。しかも本日の暑さの中、ボールを走らせることを得意とする相手に対し、人が走ることを得意とする我々との戦術的な攻防がどのように試合を彩るのかが勝敗の行方を左右すると考えていました。
 相手の出方を伺いながら闘った前半戦、必ず変化を生み出してくるだろう相手に対し、その上の闘いが選択できるように準備した後半戦。特に後半戦は相手にボールを保持させる中で主導権を握りながら闘うことが表現できていました。選手達がチームとして一体化し、自分達のやるべきことを遂行してくれたからこそ、統制の取れた闘いが出来ましたし、いつも以上に無駄に走ることなく、体力的にも維持しながら安定したパフォーマンスを発揮できていました。しかし、ショートカウンターの質が高ければ、更に得点を奪える可能性があったゲームですし、追加点を奪えずゲームを難しくしてしまった点は上位戦線に踏み留まって行く上で修正しなければいけないものです。
 本日はトモズ絆マッチということで、多くの関係者の皆様に準備して頂き、最高の舞台を整えて頂きました。最高の相手に対し、最高の舞台を用意して下さったからこそ、ピッチで自分を表現できる私達は結果で応えることが義務だと理解していましたが、それが叶わず悔しい気持ちが先行しています。これだけ暑かったにも関わらず、それでも多くの皆様に背中を押して頂き、尚も一歩足りなかったことは不甲斐ないですが、この悔しさもこのチームが成長して行く上で必要なことだったと前向きにとらえ、明日からの活力に代えたいと思っています。後半戦が始まって1勝1分。次節は首位オルカ鴨川FCとの一戦となります。同じスタイルの相手との対戦ということで難しい試合になることは百も承知していますが、自分達を信じ、自分達の道を切り開いていきたいと思っています。
 本日も暑い中、たくさんの皆様にご来場頂けましたこと改めて御礼申し上げます。次節も自分達の全てをピッチで表現できるよう良い準備を施して参ります。引き続きご声援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊

2019年09月03日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規入会企業様③

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:伊丹産業株式会社  
代表者: 北嶋 一郎 
設立: 1948年1月15日 
事業内容:①LPガス製造、販売 
     ②都市ガス製造、販売  
     ③高圧ガス製造、販売  
     ④発電及び電気の供給、販売  
     ⑤太陽光発電等の設計、施工、販売  
     ⑥石油製品販売  
     ⑦米穀販売、搗精、加工および主食集荷  
     ⑧通信機器の販売  
     ⑨飲食店の経営  
     ⑩生鮮食料品、食料品の集荷、販売  
     ⑪酒、食塩の販売  
     ⑫収入印紙、郵便切手の売捌  
     ⑬薪炭販売  
     ⑭自動車販売、修理  
     ⑮損害保険代理業  
     ⑯自動車及び自動車関連機器のレンタル及びリース業  
     ⑰不動産の賃貸、管理  
     ⑱農薬販売  
     ⑲上記各号に附帯する一切の事業  
所在地:兵庫県伊丹市中央5-5-10
HP:http://www.itami-grp.co.jp/

2019年09月02日
2019プレナスなでしこリーグ2部 第11節 試合情報

本節は株式会社トモズ様がマッチスポンサーとして開催いたします

■試合タイトル
2019プレナスなでしこリーグ2部
トモズ絆マッチ

【コラボマッチイベント】
〇8/27、9/5号チラシご提示で無料入場
〇8/30、9/5配信LINE画面ご提示で無料入場
〇大好評「トモズセット」を先着800名様に配布

■試合情報
・日時 2019年9月7日(土) 11:00キックオフ(有料試合)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
https://www.jpnsport.go.jp/nishigaoka/tabid/129/Default.aspx
・相手 ちふれASエルフェン埼玉
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分

■入場ゲートご案内
〇なでしこリーグ2部(有料)
・Aゲートにてチケット販売、引換
・ご入場はAゲートからのみとなります(Cゲートは再入場のみ)
・チケット販売時間 9:30開始 12:20(後半20分)まで
 9:45 12メンバーズ会員様 先行入場開始
10:00 一般ご来場者様 入場開始
・一般1,000円 / 中・高校生500円 / 小学生以下 無料
※スフィーダ世田谷FCのチケット販売は当日現地のみです
※本試合は一部区間を除き全席自由席となります

■ご来場方法について
・自転車来場の方 : 駐輪場はAゲートとなります。(Cゲート側はテニスコート利用者専用にてご遠慮ください)
・お車でのご来場はできません
・公共手段では都営三田線「本蓮沼駅」が便利です(途中コンビニ有、会場まで徒歩10分)

■両クラブサポーター様 / ご来場様ご案内
〇本節は「ホーム / アウェイベンチを入れ替え」ての運営となります。
よって、以下の通り応援エリアもこれまでと逆になります。

[JISS側ゴール裏] → スフィーダ世田谷FC 応援エリア
[電光掲示板側ゴール裏] → ちふれASエルフェン埼玉 応援エリア

〇横断幕掲出時間
8:45 ~ 9:30まで
※掲出場所は両チーム共にゴール裏エリアのみ(メインスタンド、バックスタンド側は掲出できません)

■会場内イベント情報
〇マッチデープログラム先着配布
〇オリジナルグッズ販売
 試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇会場内売店あり(Aゲート)
〇ピッチ内アップ終了後(10:35)
 選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)
〇入場セレモニー
 エスコートキッズ(当日募集10:40〆切)
〇試合後
 ヒロインインタビュー(勝利時)

■スケジュール
〇9:30
 チケット販売(チケット引換)  開始 @Aゲート
〇9:45
 12メンバーズ会員様 先行入場開始 @Aゲート
〇10:00
 一般ご来場者様 入場開始 @Aゲート
〇10:20~10:35
 ・両チーム ピッチ内ウォーミングアップ(GK・FP共に)
 ・ピッチ内アップ終了後、選手サイン入りざっくう人形投げ入れ @メインスタンド前
〇10:40
 エスコートキッズ参加者集合 @Aゲートグッズ売り場 / 受付なし
 ※実施時はご父兄様はスタンド席観戦エリアにてお待ちください
〇10:48頃
 選手メンバー紹介アナウンス
〇10:54
 選手入場セレモニー(エスコートキッズあり)
〇10:26
 スポンサーマッチデー記念品贈呈セレモニー by株式会社トモズ社長 徳廣 英之 様
〇11:00
 前半キックオフ
  スフィーダ世田谷FC × ちふれASエルフェン埼玉
〇11:45(予定)
 ハーフタイム
〇12:00(予定)
 後半キックオフ
〇12:45(予定)
 試合終了
  ヒロインインタビュー(勝利時)
〇13:30
 閉門

■ナイターゲームご案内!
2019明治安田生命J3リーグ第22節
FC東京U-23 vs ギラヴァンツ北九州
17:00 キックオフ

スフィーダ世田谷vsちふれASエルフェン埼玉のチケットではFC東京U-23のゲームは観戦できません
FC東京U-23vsギラヴァンツ北九州戦の試合を観戦ご希望の方は対象のチケットをご用意下さい

2019年09月01日
100%スフィーダ!9月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」9月号は柏原選手と片寄選手が2019シーズン前半戦を振り返り!選手達の印象に残った試合やプレーも紹介!そして、前半戦のゴール集など盛りだくさんの内容となっています。是非ご覧ください!

J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日22:30~

2019年08月31日
[U14]U15プレナスなでしこアカデミーカップ2019EAST第8節 マイナビベガルタ仙台レディースジュニアユースに勝利!

○1-0(1-0/0-0) 矢野

 前節の大敗から2回の練習を経て臨んだゲーム。敗戦から学ぶ姿勢は素晴らしいものであり、選手達は今日の一戦に向けて全力を注いでくれました。試合前に選手のみでミーティングする姿も"勝ちたい"という気持ちが表れていました。守備の強度をテーマにトレーニングを重ね、自分達の攻撃に繋げるためのアクションの守備とはなにかを見つめ直しました。攻撃は引き続き、主導権を握ってボールを動かし、相手の嫌なところからゴールを目指しました。
 ゲームを支配して相手陣地に侵入する回数が増えているのは非常に評価出来ます。またミスが起き失っても、攻撃時に良い距離感にいることですぐにボールを奪い返すことが出来ていました。切り替えのスピードや球際の闘い、一人ひとりがチームのためにハードワークすることがこのチームの良さですが、その良さが存分に発揮されていたと思います。ミドルサードからアタッキングサードへの侵入、またゴール前のプレークオリティと得点を奪うために相手のDFラインをどう崩すかにこだわりたいと思います。相手のプレスを受けずに嫌なところを突き、ゴールに迫るためにもっと見るものを増やし、予測の幅を広げ、判断をはやく出来るようにTRしたいと思います。
 約2ヶ月ぶりに勝利することができたこと、また試合に向けたチームの一体感を感じることが出来たことはとても良かったです。アカデミーカップは残すところあと1試合となりました。内容の伴った勝利で締めくくられるよう、日々取り組んで参ります。
 本日も遠い仙台まで応援に駆けつけて頂いた保護者の皆様、誠にありがとうございました。このいい環境で試合遠征が出来ているのも、各ご家庭によるサポートあってのものです。感謝の気持ちを忘れず、明日のTRMも有意義なものにしたいと思います。

木野田 俊英

2019年08月31日
プレナスなでしこリーグ2部 第10節 ニッパツ横浜FCシーガルズに勝利!

○1-0(1-0/0-0) 大竹

 いよいよ後半戦のリーグが再開しました。そのスタートはここまで1勝1分1敗のニッパツ横浜FCシーガルズ。ホーム開幕戦であるリーグ第2節で勝利して以来、カップ戦での2戦では1分1敗と分が良いとは言えないチーム。リーグ再開の試合結果は今後のリーグ戦を占う上でも非常に重要であり、昨年はここでの躓きが結果的に最後まで尾を引く形となったと評価していました。そういう意味でも、再スタートを切る意味でもこの一戦の重要度は極めて高く、そうしたゲームを粘り強くチームとして闘い抜けたこと、最後まで運動量を大きく落とすことなく走り抜けたことは良かったと思っています。
 内容としましてはゲームの中でいくつかの微調整を施し、相手のプレーの上を行けるようチームとしてプレーできていましたし、チームとしての戦術的な統制は最初から最後まで取れており大崩れすることなく安定したゲーム運びが出来た内容だったと思っています。ここまで準備してきたもので相手の自由を奪えていましたし、リーグ再開の試合ということを考えれば一定の評価の出来る試合だったと振り返っています。非常に難しい相手、難しいシチュエーションでの試合でしたが、細部におけるタイミングとイメージのズレを少しでも調整できれば更に質の高いゲームにすることが出来ました。そこは次のステップへ進む課題としてチームで共有して行きたいと思っています。
 本日も残暑厳しいコンディションの中、相手チームを上回るファン・サポーターの皆様にご来場頂きご声援を賜れましたこと心より感謝申し上げます。皆様のご声援と、チームが魅せてくれた献身性が勝利を手繰り寄せたものと確信しています。これからも厳しい試合は続きますが、一戦一戦皆様と共に精一杯闘い抜きたいと考えています。引き続き熱いご声援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2019年08月31日
[U13]東京都U15リーグ1部 第7節 FRIENDLYレディースにドロー

△0-0(0-0/0-0)

 残り3節となったこのリーグ戦、残留する為には今日の試合は何としても勝たなければならない試合である事、勝つ為には何が必要かを選手達と共にもう一度確認し試合に臨みました。
 また、今日のピッチではボールが収まらずバタつく事も予想し、ボールの処理、サポートを早くし攻撃はテンポを上げる事にチャレンジしました。
 試合は前半からお互いに落ち着かない時間が続く中、少しずつピッチにも相手のスピードにも慣れ相手を観てプレーを選べる場面が増え、FWの抜け出しでチャンスを迎えるも相手GKの好判断でシュートを打たせてもらえず、逆に相手に裏を取られピンチを迎えましたがDFラインの粘りとカバーリングで決定機を作らせなかったのは良かった点です。また、高い位置からプレスをかけ相手の隙を狙って素早い動きでパスカットし、そのままシュートまでという素晴らしいプレーもありました。スコアが動かなかった事が不思議なほどの内容でした。
 後半は、勝つ為ゴールを奪う為に更にテンポとギアを上げ、主導権を握りサイドバックの積極的な攻撃参加から幾度となくチャンスを生み出す事ができましたがゴールは奪えず。
 また、CKから見事なシュートを放ちましたがポストに嫌われ、そのセカンドボールもゴールを目の前にして押し込む事ができず逆に相手のカウンターを受けてしまいましたが、GKのファインセーブで守りきりました。多くのチャンスを迎えながらゴールを奪う事が出来ず勝たなければいけない試合、引き分けに終わりました。終わった事、現実を受け止め次の試合までにゴールを奪う為のトレーニング、そして勝負にこだわるという大きな課題に取り組み、チームとして更なるレベルアップを目指したいと思います。
 本日も会場まで足を運んでくださった保護者の皆様、誠にありがとうございました。引き続き、選手へのサポートを宜しくお願い致します。

渋谷由美子

2019年08月25日
[U14]U15プレナスなでしこアカデミーカップ2019EAST第7節 日テレ・メニーナセリアスに敗戦

●0-5(0-3/0-2)

 チームとして攻撃のベースが構築されつつある中でのゲームで、水曜日のTRMを経て、さらにゴールを奪えるようなアクションと連携を取り組んできました。相手のゲームプラン、ストロングポイントを共有した上で、あくまでも自分達が主導権を握ることを目指しました。
 内容は結果以上に力の差を感じるものとなりました。前節に続き、強豪チームとの対戦の中で相手は狙いを遂行し、結果に結び付けてきた印象です。徹底されたゲームプラン、ゴールパターンを食い止めきれず、後手に回ってしまいました。流れを変えることができず、60分の中で自分達のサッカーを展開することが出来なかったのは申し訳なく思います。ボールを動かして主導権を握るサッカーを展開した相手チームから学ぶものは多く、また状況を打開する守備を出来なかったことも今後の課題として取り組んで参ります。
 夏休みの2敗から負けて悔しいだけでなく、チームの現状を見つめ直し、出来ていることと出来ていないことが明確になりました。選手達のポテンシャルをまだまだ引き出しきれていないことも感じたので、アカデミーカップは残り2試合となりますが、結果と内容にこだわっていけるような日々を送りたいと思います。
 本日はお暑い中、保護者の皆様の沢山の応援ありがとうございました。多くのご声援を力に変え、結果に結び付けたい気持ちで一杯でしたが、期待に応えることが出来ず、選手達も非常に悔しい想いをしていると思います。苦しい結果が続いていますが、引き続きご家庭でのサポートを宜しくお願い致します。

木野田 俊英

2019年08月25日
[U13]東京都U15リーグ1部 第6節 INAC多摩川レオネッサU-15に敗戦

●0-1(0-1/0-0)

 この1ヶ月、連動した守備と攻撃のテンポを上げる事を重点的に、先週の夏合宿では個の強化をテーマに厳しいトレーニングを乗り越え今節を迎えました。その成果は要所要所で見られ、高い位置からプレスをかけ連動しサイドに追い込みしっかりと身体を寄せて奪いきるプレーが何度もありました。奪ったボールもテンポよくフリーな味方に繋ぎゴールに迫る場面、サイドを突破されても最後の最後でDFラインが体を張りゴールを決めさせないという展開が続く中、CKの一瞬の隙を突かれ失点。
 失点を許した事で足も止まりかけていましたが、前半ラストにあと一歩のところで同点ゴールというチャンスを作りながらもそこで押し込めない、ゴールを奪いきれない弱さが出てしまい前半を0-1で折り返しました。
 後半、もう一度守備の確認をしプレスの位置を明確にしましたが、相手もシステムを変更し追加点を狙ったアグレッシブな攻撃に対し徐々に押し込まれる時間帯が増え苦しい展開となりました。フレッシュな選手を入れて流れを変えようと試みましたが1点が遠く、逆に前半に取られた1点の重みを感じるゲームとなりました。
 負けた事実は重く受け止めています。ですが選手達はこの暑さの中でも相手よりも走り勝利を目指し諦めず最後の最後まで闘ってくれました。U13が始動してからの5ヶ月間での選手達の成長を感じるゲームでした。次節まであまり時間はありませんが、選手達の勝ちたい気持ちと努力を無駄にしないよう監督である私自身も成長しなければと思います。
 本日も厳しい暑さの中、多くの保護者の皆様に会場まで足を運んで頂き、サポート・応援して頂き誠にありがとうございました。

渋谷由美子

2019年08月19日
[Jrユース]JFAエリートプログラム女子U-14 タイ遠征(8/23~28) メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の久保田真生(中2)がJFAエリートプログラム女子U-14 タイ遠征(8/23~28) メンバーに選出されましたことをご報告致します。

氏名:久保田真生(くぼた まお)
年齢:14歳
ポジション:FW
 
期間:2019年8月23日(金)~8月28日(水)
会場:タイ
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00022396/

2019年08月19日
プレナスなでしこリーグ2部 第11節 及び第13節キックオフ時間決定

 日頃より温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の通り、未定だったキックオフ時間が決定致しましたのでご案内させて頂きます。引き続きご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
2019プレナスなでしこリーグ2部 
第11節
スフィーダ世田谷FC vs ちふれASエルフェン埼玉
9月7日(土)11:00キックオフ 味の素フィールド西が丘
 
第13節
スフィーダ世田谷FC vs 大和シルフィード
9月21日(土)13:00キックオフ 味の素フィールド西が丘

2019年08月18日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会東京都予選 決勝 日テレ・メニーナに敗戦

●0-4(0-1/0-3)

 U18年代の東京都頂点を決する1戦。相手は過去にも幾度と闘ってきた日テレメニーナ。長くに渡りチャンピオンに君臨するチームに対して、関東の切符をすでに手に入れ失うものがない状況下で、両者がここまで積み上げた力をどう発揮し合うのかが興味深い立ち上がりでした。
 相手のポゼッションを志向としたポジショナルプレーに対して、我々はキープレーヤーを管理し、カウンターの機会を伺う展開となりました。スコアから見て取れる力差はもちろんありますが前向きな要素もありました。非常に高い技術を持つ相手に対して予防や対策は出来ても鋭いカウンター、個での突破に関しては関東大会に向けて成長しなければいけない点になります。逆に相手はゲームの中で個々が我々のサッカーに対して対応している印象すら感じました。
 選手達はこの一戦を持って必ず成長してくれることと思いますし、約1か月半後の関東大会において達成すべきはっきりとした目標へ向かってくれるでしょう。手応えと課題は見えたので、強化・成長を練習と試合を繰り返して継続して参ります。
 本日も応援に来てくださいましたご父兄・サポーターの皆様誠にありがとうございました。強化遠征から今日まで駆け抜けた日々が一旦終了となります。関東大会に向けて狭き門を必ず通り抜けるチームを作り上げて参ります。引き続き選手達のサポートを宜しくお願い致します。

川嶋珠生

2019年08月17日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会東京都予選 準決勝 十文字中学高等学校に勝利!

○2-1(0-1/2-0) 砂原、瀧下

 遂に冬の選手権の入り口となる東京都予選がスタートしました。今年は2次トーナメントからの参入とあって、御殿場遠征を通じて得た成果の発揮を目的にコンディションの好調を見せていた選手を積極的に起用し挑みました。立ち上がり、落ち着きのないプレーの連続から非常に悪い入り方をしてしまったのは私の大きな今日の反省点です。相手のパワーある素晴らしいカウンターに先制点を許し、前半は終始全ての選手がゲームを冷静に観れずやりたいことが全く出せない状態でベンチに戻ってきました。ピッチ上でのポジティブな要素を確認し、後半では勝負所を選手達は良く理解し表現してくれたと思います。逆転することは簡単では無かった状況でしたが、流れを引き戻せた事だけは評価に値します。
 明日の決勝では選手が明確な判断と闘いに挑めるよう私自身もしっかりと反省し、準備をしていきたいと思います。
 本日も多くの応援誠にありがとうございました。明日は自分達らしいサッカーで勝者に値する表現ができるよう心身共に充実した状態で臨みたいと思います。応援の程、宜しくお願い致します。

川嶋

2019年08月16日
[お知らせ]2019年度入会希望者向け入会セレクション2次選考結果

 8月15日に実施しました2019年度入会希望者向け、スフィーダ世田谷FC入会セレクション2次選考の合格者を以下の通りお知らせいたします。
 
19202 19203 19208 19209
19210 19211 19213 19214
19216 19219 19220 19222
19223 19224 19225 19226
19228 19229 19230 19232
19233 19237 19238 19242
19243 19244 19246 19251
19252 19254 19255 19256
19257 19259 19260 19264
19267 19268 19269 19270
19272 19274 19275 19277
19278 19282 19283 19284
19286 19287 19289 19290

以上52名
 
◇3次選考会について
3次選考会(最終)は8月20日(火)受付19:00/選考19:15~20:45、下高井戸運動場にて開催いたします。
尚、3次選考に参加頂けない方は個別対応致しますので川嶋までご連絡下さい。


2019年08月15日
[U14]U15プレナスなでしこアカデミーカップ2019EAST第2節 浦和レッドダイヤモンズレディースユースに敗戦

●1-5(0-1/1-4) 島崎

 前回の試合から1ヶ月の期間が空き、テーマは攻守において主導権を握り常に先手を取るための予測・判断のスピードと、自陣からいい状態で前進しゴールに向かうことでした。相手は全国決勝のメンバーからほとんど入れ替えはなく、その相手に自分達のサッカーを60分間貫くこと、また相手の強みであるセットプレーとサイド攻撃に注意することを伝え送り出しました。
 高い位置から奪いに行く守備の精度は高まっており、ポジションが整い狙いを持って守備出来ている際は奪い切れるようになりました。そのボールを奪った後、また相手がリスクを避けてロングボールを蹴った後に相手の勢いを剥がすことができず、すぐに失ってしまうことからリズムを崩してしまいました。GKの活躍で耐えることが出来ていましたが、前半終了間際にCKによる失点、後半にもCKから2失点とサイドから突破を許し失点と相手の強みを生かされてしまうゲームとなりました。奪ったボールに対して周りのサポートがはやく、全体が押しあがることで得点することが出来ましたので、その精度を高めていくだけです。各選手がボールを動かすための止める蹴るの技術の向上はもちろんのこと、周りの選手がミスをミスにしないサポート、準備をすることを徹底していきたいと思います。
 本日は天候が不安定の中、応援に駆けつけて下さいました保護者の皆様、誠にありがとうございました。

木野田 俊英

2019年08月14日
[ユース]U-18 WOMEN'S SUPER LEAGUE 2019 第4節 アルビレックス新潟レディースU-18に敗戦

●0-1(0-1/0-0)

 遠征3日目さすがに選手達から隠しきれない疲労が見える中、昨日課題に見えた中盤の守備対応の克服を目的に今日までの闘いぶりを大きく変えずに挑んだ一戦でした。相手選手からも非常にこの対戦に向けた緊張感が感じられる立ち上がり。今までにない個々のアプローチスピード・球際の強さに応戦出来ず、相手の勢いに飲まれてしまった開始15分間。この時間の失点が最後まで尾を引く形でゲームは終了しました。
 非常にスピーディー・ダイナミックな配給と展開を試みる相手に対して、守備時における前線FWのチェイシングにミスマッチが生まれ後手に回ってしまった非常にもったいない立ち上がりから、クーリングブレイクを活用し相手のキープレーヤーへのパスラインを遮断し、相手の狙いを予防すること・奪いきれたボールを勇気を持って繋ぐことを求め、ゲームが落ち着く形となりました。相手選手の体格や空中戦の身体の使い方はもちろん見習うべき点も多く、現時点でチームとしての守備組織が通用するという確認は取れました。攻撃の狙いを変えることで冷静さを取り戻したいところでしたが、精神的・肉体的にもあと少しゴールを奪うためのパワーと関わりを持つ必要性を感じたと思います。明日は最終日。ピッチコンディションに加え早朝の試合と更に今日よりも難しい条件下での試合になりますが、今日まで得た自信と勝負強さを明日しっかりと発揮して本遠征を終了したいと思います。
 本日も東京から多くのサポート、応援誠にありがとうございました。2チーム体制で今日まで試合を重ね、オンザピッチだけでなくオフザピッチでも選手の様々な一面が見れる良い時間を過ごしています。普段の活動ではなかなか長い時間取れないコミュニケーションも積極的に互いに取る事で理解し合う成長も感じられます。明日、攻撃の修正を図り最高の形で全日本U-18女子サッカー選手権大会東京都予選に向かいたいと思います。応援のほどよろしくお願い致します。
川嶋

2019年08月13日
[ユース]U-18 WOMEN'S SUPER LEAGUE 2019 第3節 星槎国際高等学校に勝利!

○3-0(1-0/2-0)瀧下、瀧下、坂上

 昨日の反省点を念頭に守備時の約束事を確認し、まずは選手間の距離感を第一にプレッシング位置を下げ、序盤は自陣に押し込まれる形でスタートします。相手のパワーを受ける状態にも組織的に対応し、じっくりと自分たちの流れを待ったそんな80分でした。選手達は戦術を質の高い状態で遂行し、ゲームの中で成長してくれています。意図的ではない自陣深くのエリアでの苦しい流れにも慌てることなくしっかりと相手の狙いを防いだDF/GK陣にも安定性を感じました。課題も新たに見つかり、チーム全体で整備するべき点も明確になりつつありますので、選手個々が選ぶ一つ一つの選択を丁寧且つ大切に切り取りながら今のサッカーに打ち込めるこの環境を楽しみたいと思います。
 本日も多くの保護者の皆様・サポーターの皆様のご声援誠にありがとうございました。明日も充実した1日にしたいと思います。引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

川嶋

2019年08月12日
[ユース]U-18 WOMEN'S SUPER LEAGUE 2019 第2節 INAC神戸レオンチーナに勝利!

○2-0(1-0/1-0)坂上、砂原

 夏季強化期間として挑んだ本フェスティバル。3泊4日でどれだけサッカーに向き合い打ち込めるかをポイントに、ここまで心身共に充実した状態で迎えました。相手のパワーを吸収し相手陣形でボール奪取が実現できた立ち上がり。この10分で得点が奪えなかったことで流れが相手に傾き、中盤の背後を取り返される展開。今日はDFラインが非常に落ち着いて対応し非カウンターを実現出来たのが勝機に繋がりました。苦しい時間帯を耐え、セットプレーのクリア・中盤の再回収から流れるような2得点でしたが、その裏には複数の選手がチームのためにスプリントするグループでの素晴らしい得点でした。ただし、今回の勝利で我々の現状位置も確認できたのは事実です。とにかくタフに戦う姿勢や覚悟を持って今日のようなゲームを最低限のベースとしてやっていかないといけないですし、特にプレッシャーを感じる必要がない時間帯で自分たちからチャンスを与えているシーンもまだまだ少なくありません。明日への教訓に、試合を通じて精神面・技術・判断力を身につけて参ります。
 本日も多くの保護者の皆様・サポーターの皆様のご声援誠にありがとうございました。明日も充実した1日にしたいと思います。引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

川嶋

2019年08月06日
[ユース]関東プリンセスリーグ KASHIMA-LSCに勝利!

○5-0(1-0/4-0)橋本、石原、坂上、石原、白﨑

 オフ明け初戦の公式戦にて、来週から参加するWSL集中開催に向けたチーム全体のブラッシュアップを目的に攻守においてある一定のノルマを課し送り出しました。今日までオフ明けの少ない時間の中ではありますが、トレーニングではフィニッシュまでのグループでの関わりに対する規則性を共有・反復し、攻撃に対する厚みを積み上げてきました。立ち上がりはお世辞にも良い状態とは言えずテンポもスピードも求める基準では無かったものの、今までよりも落ち着いて状況判断をしている選手は増えてきている印象です。得点シーンも人数と関わりの連続性から奪えた収穫も見えました。後半に向けて数的優位を作り出すポイントを再確認し、追加点を確実に奪えた試合運びは評価できます。確実にチームの底上げを感じる非常に貴重な勝利だと捉えています。次のステップに向けた課題もはっきりとしたので、チーム強化を図りたいと思います。細部の連携や修正無くして質の高い状態とは言えませんので、丁寧さとこだわりに対する意識の持続の必要性を個人個人感じてほしいと思います。
 本日も遠方にも関わらず応援に来ていただき皆様誠にありがとうございました。次週に控えたWSL集中開催・その先のJFA選手権東京都予選に向けた成長の日々を繰り返して参りますので引き続きご声援のほど宜しくお願い致します。

川嶋


2019年08月04日
[U13]東京都U15リーグ1部 第5節 青梅FCストロベリーに敗戦

●0-1(0-1/0-0)

 毎試合、勝負にこだわり次こそはという強い気持ちで試合に臨んだ今節。選手ともう一度厳しいリーグを戦い抜くための覚悟を持って今日を迎えました。暑い中、選手たちは最後まで諦めず走り戦い抜きました。失点は相手のクロスが直接入ってしまう不運な形とは言え、それを仕方ないという言葉では片付けられません。クロスを上げさせないような守備ができなかったか?また少ないチャンスで得点を決めきる事ができなかったか?と、あの一点、あのプレーが…と、たらればになりますが、ほんの少しの強さだったりスピードだったりが相手を上回る事ができず悔しい敗戦となりました。
 相手のDFラインは高く、簡単に前線の選手にボールを入れて来る攻撃に対して、競り負ける場面、クリアが小さくセカンドボールを拾われ二重三重攻撃を受ける型が多く、自分たちの良さであるボールを持ち相手を観て中盤で時間を作るプレーを全くさせてもらえない中、相手の高いDFラインの背後に抜けるプレーで何度かチャンスを作ることができたのは良かった点です。今後は全体的にテンポを上げてボールを動かせるようになる事と夏合宿ではチームとしても個人としても更なるレベルアップを目指し取り組んで参ります。
 本日も暑い中、沢山の手厚いサポートをして頂き、誠にありがとうございました。一勝する事の難しさを改めて痛感し、勝負の神は細部に宿るという言葉の通り小さい事から目を背けず、1つのプレーにこだわり追求して行きたい思います。今後とも選手たちへのサポート、応援の程宜しくお願い致します。

渋谷

2019年08月03日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会3位決定戦 JFAアカデミー福島に敗戦

●1-2(1-1/0-1) 小泉

 「すべてを出し切る」それだけに集中し、勝ちにいきました。準決勝レッズ戦の課題は試合の入り、守備の連続性、CK対応の3点。ここまでJFAアカデミーの勝ちパターンは開始早々の得点やサイドの突破がポイントにあると想定していたため、同じ失点をしないよう積極的に前に出ようと送り出しました。
 連続性のある積極的な守備が利いたことで早々に主導権を握り、先制ゴールを得ることができました。その後も狙い通りのボール奪取と素早い回収を行い、FWとSBの連携、中盤のゲームメイク、CBのカウンター処理のサイクルを繰り返しながら追加点を狙いました。これまではクーリングブレイクやアディショナルタイムなど試合の隙間を得点の狙いの一つにしていましたが、その勢いが途切れた隙を突かれ前半クーリングブレイク後に同点とされます。前半はそれでも優位に試合を進めることができ、選手達のアイディア性のあるセットプレーやビルドアップをカットしてのカウンターなど、メリハリのあるサッカーができていただけに、追加点を奪えなかったことが後半に響きました。
 後半は前線のプレスとショートカウンターを強めた相手に対し、やや間延びを強いられる展開に。お互いに最前線のプレスの掛け合いから二次攻撃の応酬となりますが、五分五分のまま推移します。再び均衡が破れたのはCKのトリックプレーのクリア不十分を勢いよく振り抜かれたもの。元はこちらの前線プレスをかいくぐられた末のCKにて、チャンスを得点につなげる冷静さと技術は相手ながら見事なものでした。終了間際までCKなどチャンスをつくり最後まで走り切りましたが、最後のホイッスルとなりました。
 準決勝と違い、選手達はやりきれた上での敗戦に心からの悔し涙を流しました。しかしこの大会で最も多くの拍手を頂きました。それだけの試合、プレーができた自分達に自信と誇りを持ち、足りなかったことに向き合うことを期待したいと思います。私事ではありますが、10年振りに今大会最終日を迎えることができ当時とは違い一戦一戦を楽しむことができました。そこに連れてきてくれた選手達に心から感謝すると共に、この壁を越えさせてあげられなかった私自身の課題を見つけることもできました。
 第4位で大会を去りますが、頂点が近かった手応えははっきりと得ることができました。そしてかつてのようなクラブ間の力の差はないこともよく確認できました。どのクラブにもそのチャンスがあり、その中でスフィーダが再びこの舞台に立つことは簡単ではありませんが、必ず歴史を越えると信じています。
 選手保護者、サポーター、クラブ関係者、すべてのスフィーダファミリーの皆様のご声援、サポートがなければ心身共に保つことはできませんでした。ここに改めて御礼申し上げます。選手達とはすでに新たな目標を立てました。今年度の関東チャンピオンを目指して再スタートします。これからも引き続き選手達の応援をよろしくお願いいたします。
皆様本当にありがとうございました。
山田 岳暁

2019年08月01日
100%スフィーダ!8月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」8月号は7月に発表があった新加入選手下山田志帆選手が豪徳寺商店街を散策!下山田選手の素顔を是非ご覧ください!!

J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日22:30~

2019年08月01日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会準決勝 浦和レッドダイヤモンズレディースジュニアユースに敗戦

●0-2(0-1/0-1)

 今大会早くも4チームを残すのみとなり、準決勝は共に東海、関東同士の対決となりました。レッズさんとは過去に幾度となく緒大会で対戦し、マインド的に挑戦者として常に胸を借りていました。今年に関しては事前戦績を1勝1敗とし相手と同等のマインドに立つことが鍵であると学んだ2試合でした。この舞台での3度目の対戦、立ち上がりの重要性を確認し攻守の積極性でペースを握ることを目指しました。
 恐らくお互いの狙いは共通していたと感じています。4ラインの距離感や最終ラインを高く保ち中盤の回収を速め前向きにチャンスを作ろうと考えていましたが、球際でDFの逆を取る個人戦術に深入りできず、FWまで差し込み中盤のサポートが手厚く行えていたレッズがペースを握ります。序盤の失点はCKによるもの。振り返ればレッズ戦の失点は今年すべてセットプレーでのもの(60分もセットプレー)で、非常にもったいない入りとなりました。流れの中では守備陣がよく粘り強く対応できているため、勝敗を分けるポイントであることを敗戦から学ぶこととなりました。
 前後半クーリングブレイク、ハーフタイムごとに攻撃の狙いを変え反撃を試み、あと一つの精度、あと一つの冷静さと関わりがあれば十分に追い付くことができたと思います。立ち上がりの重要性を理解した上で相手のプラン通りの試合運びをされてしまい苦しいゲームでしたが、最後までチームで戦いきれたことは3位決定戦にもつながります。まずはしっかりと静養と調整をし、積極的な試合を試みたいと思います。
 本日も早朝から目一杯のサポート、応援を頂き誠にありがとうございました。疲労のピークであった前半の失点が手痛く苦しい試合でしたが、後半はよく盛り返したと思います。それでもあと1回この地で戦えることに感謝し、勝利を目指します。大阪での最後の全国大会、すべてを出したいと思います。あと一押しをお願いいたします。ありがとうございました。

山田 岳暁

2019年07月31日
[Jrユース]EAFF U-15 Girls' Football Festival 2019(8/3-11@韓国/木浦)U-15日本女子選抜メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の大曽根由乃(中3)がEAFF U-15 Girls' Football Festival 2019(8/3-11@韓国/木浦)U-15日本女子選抜メンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:大曽根 由乃(おおそね よしの)
年齢:15歳
ポジション:MF
 
期間:2019年8月3日(土)~8月11日(日)
会場:韓国
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00022171/

2019年07月31日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会準々決勝 神村学園中等部に勝利!

○2-1(1-0/1-1) 大曽根、久保田

 長年スフィーダにとって鬼門となっていた準々決勝。過去この壁を越えたのは2009年度のU15選手権(現トップ所属の長崎選手世代出場※当時はグループ予選突破)、U18選手権では2016年度(現トップ所属の柏原、戸田、安田選手世代出場)の2回のみ。相手は大会連覇を経験している名門・神村学園中等部との大一番でした。
 長期遠征の疲れ、大一番への緊張の色が見えた朝でしたが、試合の入りは冷静かつハードに取り組めていました。ミラーゲームの試合となりましたが、相手陣内で積極的に仕掛けること、幅と厚みを持った関わりを持つことができていたことが先制点につながったと思います。その後も前半終了までペースを握り続けていたため、試合後の反省としては更に積極的に差し込むプレーや深いエリアに侵入しシュート数を増やせれば追加点を挙げられたと課題を残しました。
 後半スタート時は前半同様のペースでしたが、ラインの高くなった右サイドの突破からお家芸であるサイドtoサイドの連携から同点を許します。今大会初失点、ペースを握っていた中での相手の奮起でチームが崩れるかと心配しましが、ピッチ内では冷静に切り替えることができていました。その後試合は拮抗し、お互いにスリリングな展開が続く内にアディショナルタイムは4分。チームは焦りに負けず、ラストワンプレーで自陣から丁寧かつスピーディーに相手PAに侵入、最後は冷静に相手を観てプルバックから勝ち越し弾を放つことに成功。最もスフィーダらしい、個の良さが繋ぎ合わせた理想的なゴールでした。
 勝ち方も去ることながら、大一番にして今大会最も自分達らしいサッカーをすることができました。試合運びとして取るべき時間帯の追加点不足が唯一の課題となりましたが、今日の選手達は最後まで冷静にプレーしようと自分をコントロールできていました。大会を通じ、着実に成長しています。準決勝は関東大会、関東リーグで1勝1敗の浦和レッズレディース戦となります。高いレベルでの試合を心から楽しみに、挑みたいと思います。
 選手保護者大応援団に加え、今日はスタッフ、トップ選手保護者様まで駆け付けて頂き、誠にありがとうございました。何よりも選手達の成長を見て頂けたことが嬉しく思います。東京からも予想だにしない沢山の祝福を頂戴し、これぞスフィーダファミリーだと感激と感謝に尽きます。クラブの歴史を塗り替える扉に手を掛ける所まで辿り着きました。あとはこじ開けるのみですので、最後まで選手達の後押しをお願いいたします。本日も本当にありがとうございました。

山田 岳暁

2019年07月29日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会2回戦 横須賀シーガルズMEGに勝利!

○1-0(0-0/1-0) 川村

 3度目の正直。関東大会、関東リーグに続く3度目の対戦はお互いにゴールを奪うことに特化した戦術のぶつかり合いとなりました。そして今大会で「本命達」が敗退していることを教訓に、ミーティングでは絶対に過信しないことを選手達と約束。前半で勝負を決めることをテーマに挑みました。
 試合序盤は落ち着いて連携から相手を崩し、相手ゴールへ迫ることができていました。これに対し相手はコンパクト陣形から中盤のセカンド回収の意識が高く、前線の起点へ素早くフィードを送る形で応酬。スフィーダとしては相手のシステム上空いているスペースを使いながらペースを握り、相手のカウンターを最小限に抑えた展開を狙っていましたが、相手のロングフィードに当初のプランは遂行させてもらえず前半を折り返します。
 後半はゲームの仕切り直しをしつつ、変化をつけるタイミングを伺う我慢の時間帯でもありました。この時間帯にGKの大仕事に助けられるシーンもありましたが、その後のCKで打点の高いヘディングから先制点を奪うことに成功。前掛かりで守備陣が手薄になった相手に追加点を挙げるチャンスは何度かありましたが、打ちきる、オフサイド、パスを流し込む技術などに反省が残りました。一方で守備陣、中盤の選手は最後まで粘り強く対応してくれ、タフな試合で無失点という最高の結果を残してくれました。
 理想やプラン通りとはいかない厳しい試合でしたが、これを乗り越えた選手達、チームはまた一つ成長することができました。シーガルズの選手達は素晴らしいプレー、闘いを見せてくれ、その指揮官がまとめ上げたチームに尊敬の念を覚えます。同じ関東勢として、試合直後に「頑張ってください」と目を見て言えるシーガルズの選手達のためにも、準々決勝の勝利を目指します。
 スフィーダファミリーの皆様、本日も現地、遠方からの応援誠にありがとうございました。日増しにサポーターやOG保護者、チームスタッフからの激励を頂いております。選ばれたメンバーや現役選手だけでなく、多くの層の気持ちや忘れものを背負って闘っていることを忘れずに明後日に臨みます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

山田 岳暁

2019年07月28日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第3節 SOCIOS.FCに敗戦

●1-2(0-1/1-1)瀧下

 本日は非常に悔しい敗戦となりました。多くのSFIDAOGが所属し、毎年高順位に位置するSOCIOS.FCとの重要な1戦。立ち上がりから積極的な回収・突破と意図した形での入りをしてくれました。相手陣形に押し込む時間帯が多い中、サイド攻撃を中心に個人の仕掛け・2対1による優位性・サイドチェンジと相手DFラインの背中への侵入経路を増やしここまでトレーニングで積み上げてきました。先制点がなかなか取れない状況から決定機を逃し重苦しい展開の中、セットプレーからの失点により一気に相手に流れが変わった前半。ゴール前での精細さが勝負を分けてしまう試合の難しさを改めて感じた1日でした。
 ハーフタイムでは中盤の関わりとボールを運ぶためのテンポアップを求め送り出しました。縦パスに対する複数の関わりからサイドチェンジ~PKを奪った仕掛けは狙い通りの得点です。両者ヒートアップする時間帯において、効果的な冷静な判断とゲーム運びが今のチームの課題です。勝利に導く為の質が足りていないと今は受け止め次に向かって参ります。
 同年代では感じる事が出来ない球際や局面のダイナミックさは相手からも学べる事が多くあります。まだ多数のチームが未消化と始まったばかりのリーグですので、今日の敗戦からしっかりと強化致します。
 本日も応援に来てくださいましたご父兄・サポーターの皆様誠にありがとうございました。勝利がお届けできず申し訳ありません。引き続きサポートのほど宜しくお願い申し上げます。

川嶋珠生

2019年07月28日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会1回戦 FC今治レディースNEXTに勝利!

○2-0(1-0/1-0) 久保田、清水愛

 台風一過の日差しの下、多くのメンバーが初となる全国大会が始まりました。真夏の戦い方については有り難いことに関東リーグを通じて心得ていました。残すはメンタル面をどの程度高い位置に置けるか。この舞台まで来て萎縮せずに自分の良さを戦術的に発揮できるか、「いつも通り」を目指して臨みました。
 同じシステム、初対戦の未知な前半はお互いに堅さのある内容でした。サイドを深く攻め入ることで押し込み気味の展開にすることができましたが、得点機にゴール前に掛ける人数が少なく相手GKにボールが流れてしまう終わり方が続きます。またテンポの遅いビルドアップがピンチを招くシーンもあり、一発による失点が有り得る危険な優勢の状況でした。
 その中でも個として積極的なプレーを繰り返していた選手による、前半アディショナルタイムの得点は非常に大きなゴールでした。このゴールにより危険な優勢の状況を脱し、精神的な切り替えをすることができた後半は早々にCK(直接)で追加点を挙げます。交代選手を含め、後半はいつも通りのサッカーを表現しゲームの締め括りまで集中を保てていました。
 今のチームの強みは重要な時間に得点を挙げることです。この一ヶ月の試合の勝利がそれを物語り、選手達の集中がその時間に切れていないところが強みだと感じています。明日は手の内を知り尽くした横須賀シーガルズとの試合にて、難しい試合になります。一戦にすべてを注ぎ、挑みたいと思います。
 現役、OG保護者皆様も含めた大応援団は大変心強い限りです。上位常連チームの敗退が続いている本大会、気の緩みなく戦いたいと思います。非常に暑いですが、明日も選手達のサポートをよろしくお願いいたします。
山田 岳暁

2019年07月28日
[U13]東京都女子サッカーU15リーグ1部 第4節 東京BARUS FCに敗戦

●0-2(0-0/0-2)

 台風が過ぎ去り急激な暑さとの闘いに苦戦を強いられ、結果はもちろん内容も厳しくとても悔しい敗戦となりました。
 この2週間は「関わり(動き)続ける」というテーマで常にリターンパスをもらうつもりで準備しようとトレーンングして来ましたが、守備の時間が多く自分達がやりたいサッカーを一つもやらせてもらえない苦しい時間が続きました。前半を0-0で折り返せたのは大きかったのですが、後半の2失点はいずれもこれまでの3試合の中で同じようなシチュエーションでの失点だった上に、同じ失敗を繰り返してしまう点は非常に残念に思います。
 また、守備時に相手選手のポジショニングに引っ張られる形でサイドバックが裏を取られ、センターバックのカバーリングやMFの守備範囲が広くなってしまい、ラインが低くなり試合を通して守備で走らされてしまったのも敗因の一つです。交代や、選手のポジションチェンジで修正できた部分もありましたが、失点する前に修正できなかったのは私の力不足です。また、自分達から奪いに行く連動した守備を今後は取り入れて行き相手陣地でボールを奪えるような守備ができればと思います。攻撃時にはボールを横に動かしながら前を伺うようなボールの持ち方、ポジショニングで優位に立ちゴールに向かうアクションを増やせるようトレーニングし努力して参ります。
 本日も暑い中、応援に来てくださいました沢山のご父兄の皆様、誠にありがとうございました。今後ともサポートト、応援の程よろしくお願い致します。

渋谷

2019年07月20日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ大会 第3節 栃木サッカークラブレディースに勝利!

○2-0(0-0/2-0) 久保田、久保田

 未だ梅雨明けしない関東にも、ようやく夏の蒸し暑さが到来しました。そこで掲げたテーマは暑さとゲーム運び。いつも通りの戦術が暑さの中でどの程度実践できるか、どこかに体力的な負担が掛かった時にどう対応するか、飲水タイム前後の狙い等、夏の戦い方を意識して臨みました。
 前半は相手最終ラインに対して優位な状況を作り出すも、強引かつ確率の低いチャレンジでチャンスを潰してしまうことが繰り返されました。時間の経過と共に雑になった攻撃陣のプレーの終わり方からカウンターを受ける回数も増え、後半に委ねる形となります。
 後半は前半の反省を修正とし、改めてゲーム運びに神経を置きました。ゲームが動いたのは飲水タイムでゲームが切れた直後。途中交代の選手、シフトチェンジに対応した選手達の柔軟性で奪うことができた得点は夏場の試合において精神的に大きな差を生むことができる貴重なゴールでした。短時間で決めたその後の追加点はゲームを締め括る得点として、これも重要なゴールです。
 これまで派手に大量得点での勝利を挙げることは少ないチームですが、堅実な勝ち方を覚えている最中と感じています。しかし不要なピンチはまだ多く、今日の試合でも敗戦の種はありました。結果的に失点しなかった、先制点を奪えたということも捉えた上で修正と強化を進めていきたいと思います。
 本日は遠方の試合におけるサポート、応援を頂き誠にありがとうございました。見た目以上の体力的な厳しさの中、選手達は走る・闘うことを続けてくれています。各ご家庭での選手のケアサポートを引き続きお願いいたします。本日もありがとうございました。

山田

2019年07月15日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ大会 第2節 横須賀シーガルズMEGに勝利!

○2-1(0-0/2-1) 小泉、小泉

 関東大会から一ヶ月後の再戦。お互いの特徴を理解した上で臨んだ試合を決めたのは、前回対戦時途中出場だった選手でした。この再戦は一ヶ月の間にチーム、選手個々がどう変われているかが問われるものでした。その中で心身共に好調の選手が結果を出したことはチームのポジション争いと更なる成長を期待させてくれる喜ばしい結果です。
 またチーム全般的には各ポジションの役割理解、個の特徴を活かすアクションやチャレンジ、長い距離のランニングがはっきり出るようになっていると感じます。見えないところで気を利かせた関わりを持つことができる選手も増えてきました。
 課題はまだその関わりや連携が単発に終わること。シンプルな縦方向の攻撃や連携をつなぐドリブルを利用したプレーが少なく、運動量の低下やボールを奪う位置が低い時に攻撃の単調さと全体が間延びしきった無の時間が生まれます。今日はサイドバックの果敢なチャレンジがチームを助け、フィニッシュに行き着くシーンをつくってくれました。接戦においてサイドプレイヤーと最前線の選手の個の力は不可欠となるため、続けてチームと個の強化を図りたいと思います。
 本日は大変多くの応援にお越し頂き、誠にありがとうございました。一戦ごと、全国大会、年間を通じて選手それぞれに訪れる急成長を紡ぎ合わせていきたいと思いますので、引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

山田

2019年07月15日
[U13]東京都女子サッカーU15リーグ1部 第3節 府ロクレディースに敗戦

●1-2(0-1/1-1) 永田

 昨年度1位の府ロクレディースさんとの対戦は結果以上の内容の濃い一戦となりました。この試合に向け、球際の力強さや粘り、セットプレー、クロスボールの対応を中心にトレーニングを重ねて来ました。「当たり前の事を当たり前にやる」というとてもシンプルなテーマに対し、試合開始のホイッスルから試合終了のホイッスルが鳴るまでそのテーマ通り、ゴールを目指し、取られたら取り返す、球際は激しく、勝ちにこだわる素晴らしいプレーを見せてくれたと思っています。
 また、自分たちで切り替えを早くしようと声を掛け合い、失点してもゴールを奪いに行く雰囲気、プレーは益々磨きがかかって来たように感じます。ですが、失点してからスイッチが入るのではなく前半の自分たちの良い流れができている時間帯に先制点を取るのも課題です。前半は相手の動きを見ながらボールを保持する時間やカウンターで相手の背中を取るプレー、ゴールへ向かうプレーも見られました。トレーニングして来たクロスやセットプレーからの失点は無かったものの、意図的な誘導による守備やゴール前の攻防、自陣ペナルティエリア付近での適切な判断、ゴールへ向かうプレーや迫力はまだまだ足りていないので今後のトレーニングで改善して行きたいと思います。
 得点シーンのフリーキックはチームの想いを乗せた素晴らしいゴールでした。なかなか勝つ事ができず、選手や応援に来て頂いた保護者の皆さまには悔しい思いをさせてしまい申し訳なく思います。勝つためには改善するべき点は多いですが、次節こそは勝ち点3を奪い取りたいと思います。
 本日も天気が不安定で蒸し暑い中、沢山の温かい応援ありがとうございました。選手達の成長した姿、勝ち試合をお見せ出来るよう日々努力して参ります。今後とも選手達への応援、サポートの程宜しくお願い致します。

渋谷由美子

2019年07月14日
プレナスなでしこリーグカップ2部 第10節 ちふれASエルフェン埼玉に敗戦

●0-3(0-2/0-1)

 リーグカップ最終節は決勝戦への切符を懸ける相手との真剣勝負となりました。その真剣勝負のやり取りの中で、この一戦に懸け一戦必勝の覚悟を以ってピッチに立つことを強調し選手達をピッチへ送り出しました。それが出来れば、この試合から学べること、感じられること、得られるものがあると確信していましたし、何よりこの長いカップ戦での闘いの中でチームがどれだけ成長し、進化できたのかを知ることが出来ると考えていました。結果的に試合は0-3という厳しい敗戦を突きつけられましたが、私達の現在地を教えてくれた相手に感謝しています。お互いの良さを出し尽くしレベルの高い攻防が見られた時間もありましたが、少しの差が結果的には大きな差になるのは当然のことですし、今の自分達に相手を凌駕するだけの力がなかったということだけは事実ですから、この結果は真摯に受け止めたいと思っています。
 このカップ戦を通じ、大きく成長した選手、様々な選手の組み合わせによる新しい可能性など確実にチームとして前進できたという手応えはあります。レベルアップするということは、1つ1つの壁を越えた先の壁を越えるということですから、今新しく私達の目の前に立ちはだかった壁をどう乗り越えていくのか?というチームに対する好奇心が強くあります。これから迎えるリーグ再開へ向けて、私達はこれからも1つずつ着実に壁を乗り越え、また皆様とお会いできる8月末に今よりも充実した状態でお会いできるように準備して参ります。
 本日も天候の悪い中、多くのご声援を賜り誠にありがとうございました。リーグが開幕し7ヶ月間弱。どんな時も背中を押して頂いた皆様に改めて感謝申し上げます。これで一旦、一呼吸できる状況になりますが、自分達の目標を達成するに相応しいチームになって戻ってこれるよう自分達のベストの準備をし、再びピッチに戻ってきます。戻ってきたときに皆様と共に笑えるよう今できる全てを目の前の瞬間に懸けて、自分たち自身と向き合っていきたいと思っています。引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。

川邊

2019年07月14日
[U14]U15プレナスなでしこアカデミーカップ2019EAST第3節 ちふれASエルフェン埼玉マリに敗戦

●0-1(0-0/0-1)

 先週のゲームから効果的にゴールに向かうために準備・判断を高いレベルで行い、相手を動かして崩しにいこうと1週間かけてTRをしてきました。守備では高い位置から奪うために、自分達で基準を高く球際を闘うこと、それに伴い攻守の切り替えをはやくすることを求めてきました。
 試合内容としては選手達は苦しい時間もありましたが、最終局面で粘り強く闘ってくれていました。試合前からお互いを鼓舞し合い、その姿が勝利に向かう気持ちとなってプレーで表現されていました。その中で後半の立ち上がりにボールの失い方が悪く、クロスの対応も不十分だったことから失点してしまいました。その後は交代選手のエネルギーもチームを奮い立たせる原動力となり、ゴールに向かい続けていたと思います。ミスが重なり少ないピンチから失点してしまったこと、ボールを保持しながらもゴールを奪い切ることが出来なかったことは、今後このチームがより強くなるために取り組み続けていかなければならない課題だと認識しています。
 自分自身ももっと早く修正出来ていれば、選手達に伝えきれていたのかなど、力不足を感じる部分もあります。チーム全員がこの敗戦の悔しさを無駄にせず、全力で取り組んだからこそ感じる課題を今後突き詰めていければと思います。
 本日も雨の中応援していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。この3連戦でチーム全員が感じたものは大きいと思います。次のアカデミーカップは1ヶ月後となりますが、より一層成長した選手達の姿をお見せすることが出来るよう、共に進んで参ります。引き続きサポートの程、宜しくお願い致します。

木野田 俊英

2019年07月09日
2019プレナスなでしこリーグカップ2部 第10節 試合情報

■試合情報
・日時 2019年7月14日(日) 15:00キックオフ(有料試合)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
https://www.jpnsport.go.jp/nishigaoka/tabid/129/Default.aspx
・相手 ちふれASエルフェン埼玉
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩10分

■前座試合(無料)
〇U-15プレナスなでしこアカデミーカップ2019
 スフィーダ世田谷FCユース vs ちふれASエルフェン埼玉マリ
〇10:30キックオフ(30-10-30分マッチ・延長なし)
〇10:00開門(試合終了後、12:00に一時閉門)

■入場ゲートご案内
〇前座試合(無料試合)
 ・Aゲート(赤羽商業高校側)
 ・Cゲート(本蓮沼駅側)
上記両ゲートを無料開放いたします
〇なでしこリーグ2部(有料)
 ・Aゲートにてチケット販売、引換
 ・ご入場はAゲートからのみとなります(Cゲートは再入場のみ)
 ・チケット販売時間:13:30開始~16:20(後半20分頃)まで
  13:45 12メンバーズ会員様 先行入場開始
  14:00 一般ご来場者様 入場開始
 ・一般1,000円 / 中・高校生500円 / 小学生以下 無料
 ※スフィーダ世田谷FCのチケット販売は当日現地のみです
 ※本試合は一部区間を除き全席自由席となります

■ご来場方法について
・自転車来場の方 : 駐輪場はAゲートとなります。(Cゲート側はテニスコート利用者専用にてご遠慮ください)
・お車でのご来場はできません
・公共手段では都営三田線「本蓮沼駅」が便利です(途中コンビニ有、会場まで徒歩10分)

■両クラブサポーター様 / ご来場様ご案内
〇本節は「ホーム / アウェイチームベンチを入れ替え」ての運営となります
よって、以下の通り応援エリアも通常と逆になります。

[JISS側ゴール裏] → スフィーダ世田谷FC 応援エリア
[電光掲示板側ゴール裏] → ちふれASエルフェン埼玉 応援エリア

〇横断幕掲出時間
10:00 ~ 13:30まで
※掲出場所はゴール裏エリアのみ(メインスタンド、バックスタンド側は掲出できません)
※ゴールネット裏の掲出はご遠慮ください
※貼り付けの際、既存のスタジアムバナー「AJINOMOTO FIELD NISHIGAOKA」に被らないよう、避けて貼り付けください

〇喫煙所
サッカー場内、Bゲートをご利用ください

■会場内イベント情報
〇マッチデープログラム先着配布
〇オリジナルグッズ販売
 試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇会場内売店有(Aゲート)
〇ピッチ内アップ終了後(14:35)
 選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)
〇入場セレモニー
 エスコートキッズ(当日募集14:40〆切@グッズ売り場集合)
〇試合後
 ヒロインインタビュー(勝利時@メインスタンド前)

■スケジュール
○10:00
 前座試合 開門(A・Cゲート)
○10:00~10:15
 ピッチ内ウォーミングアップ
○10:30
 前座試合 キックオフ
  スフィーダ世田谷FCユース × ちふれASエルフェン埼玉マリ
○10:00~13:30
 横断幕掲出可能時間
 ※ゴール裏エリアのみ可(ゴールネット裏、施設広告に被る掲出はご遠慮ください)
○11:40
 前座試合 終了
○12:00
 一時閉門
○13:30
 チケット販売(チケット引換)  開始 @Aゲート
 ※事前販売なし / 当日券のみ販売(現金のみ)
○13:45
 スフィーダ12メンバーズ様 先行入場開始 @Aゲート
○14:00
 一般ご来場者様 入場開始 @Aゲート
○14:20~14:35
 ●両チーム ピッチ内ウォーミングアップ(GK・FP共に)
 ●アップ終了後、選手達からスタンド席にサイン入りざっくう人形投げ入れ @メインスタンド前
○14:40
 エスコートキッズ参加者集合 @Aゲートグッズ売り場 / 受付なし
 ※実施時はご父兄様はスタンド席観戦エリアにてお待ちください
○14:48頃
 両チーム試合メンバー紹介アナウンス
○14:54
 選手入場セレモニー(エスコートキッズあり)
○15:00
 前半キックオフ
  スフィーダ世田谷FC × ちふれASエルフェン埼玉
○15:45(予定)
 ハーフタイム
○16:00(予定)
 後半キックオフ
○16:45(予定)
 試合終了
  ●ヒロインインタビュー(勝利時)
  ●サイン会(予定)
○17:15
 閉門


2019年07月07日
プレナスなでしこリーグカップ2部 第9節 オルカ鴨川にFCに勝利!

○2-1(0-1/2-0) 渡辺、大竹

 リーグカップ決勝戦への1枚の切符が手に入ることのない状況下での試合。更には雨という観戦には不向きなコンディションの中、多くの皆様にご来場頂き、チームを、そして選手達を強く後押しして頂けましたことにまず感謝申し上げたいと思っています。誠にありがとうございました。
 この試合の位置づけをただの消化試合と捉えればそうなりますが、私達にとっての試合は試合であり、そこに重要度の大小はないと考えていました。また観戦には不向きなコンディションにも関わらず多くの皆様が私達のサッカーを観に来て下さっていること、それこそが闘う理由でしかないと感じていました。だからこそ、こうして自分達の意図した形で試合を進められ、望んだ結果を得られたことについては選手達を褒め称えたいと思っていますし、チームがチームとして闘えた結果ですから素直に評価しています。このゲームにおいてチームと選手の成長を感じられましたし、非常に内容のある一戦であったことは今後に繋がるものだと思っています。
 最終節はちふれASエルフェン埼玉との一戦となります。相手は我々に勝てば無条件で決勝戦への切符を手に入れることの出来る状況。逆に敗けると決勝戦への進出が叶わなくなる可能性もあり絶対に落とせない一戦となります。言わば私達としては最高の状況下で、本気の相手と向き合えるということ。チームの強化を考えたときにこれ以上の状況はなかなか見当たりません。この状況を更なる成長の機会と捉え、私達は次節も勝利と成長を目指し準備したいと考えています。
 最後になりますが本日も沢山のご声援誠にありがとうございました。最終節入念な準備をし、カップ戦を闘い抜きたいと考えています。引き続きご声援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊

2019年07月06日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ 東京女子体育大学に勝利!

〇2-1(0-1、2-0) 坂上、坂上

 皇后杯敗戦から中5日の再戦。同じ負けは許されない状況の中、立ち上がりからボールと相手を動かし好機を伺いました。確実な前進から相手のプレスを回避しアタッキングサードへ侵入する回数が増えたのは収穫です。
 リスク回避のため中央をあまり使わない前半に対し、後半は相手の守備の変化や我々の交代選手の個人技の仕掛けからチャンスを多く生む展開となりました。サイドからの崩しにおいてラストパスの精度が低い状況がいくつかあったので、相手の最終ラインが整った状態での決定機の作り方は継続して参ります。相手のラインブロックの背後を狙うポジショニングによってスペースがある状態は作れているので、どのエリアでも選手の身体が相手ゴールに向いている状態をピッチ上で増やし、安定した試合運びが出来る判断・予測力を身につけて参ります。
 本日も会場へ駆けつけてくださった保護者・サポーターの皆様誠にありがとうございました。まだまだ引き出しの多い選手達の能力と向き合い、チームの成長へ導いて参りますのでサポートのほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年07月06日
[U14]U15プレナスなでしこアカデミーカップ2019EAST第5節 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-15に敗戦

●1-2(0-2/1-0)

 前節から2ヶ月の期間で自分達が準備し、成長したことを表現すること、結果にこだわることを試合前に伝えました。内容としては前半と後半で大きく評価が変わる試合となりました。
 前半は試合の入りが悪く、立ち上がりにセットプレーから失点するなど自分達のサッカーが出来ず、相手に対して後手に回ってしまいました。守備の奪いどころもチームとして共有出来ないまま、ボールを保持する時間も短く、チャンスに繋げられませんでした。
後半は負けていることもあり、チームとしてやるべきことが明確になりました。高い位置から奪いに行くこと、球際の勝負強さ、攻守の切り替えの早さなど、様々な要因で相手を上回り続け試合を運ぶことが出来ました。途中出場の選手が自分の役割を理解し、闘ってくれたことも後半のゲーム展開に現れたと思います。ただ、今日の経験は負けなければ気付けなかったものではなかったと振り返っています。試合の入り方やチームの状況が良くない時の修正、またそこに気付けるかどうかがポイントになったと思います。どんな相手に対しても自分達の良さを最大限に発揮するために準備してきたつもりでしたが、勝利に繋げられなかった点では私自身の力不足を痛感しました。選手達にも「勝ち」から多くのことを学んでもらえるよう、このゲームを糧にし、明日と来週のゲームに臨みたいと思います。
 本日も遠方まで応援に来て頂きました保護者の皆様、ありがとうございました。アカデミーカップは明日も続きますが、もう一度チームとして勝利に向かっていきたいと思います。引き続きサポートの程、宜しくお願い致します。

木野田 俊英

2019年07月04日
2019シーズン新加入選手のお知らせ⑧

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、SV Meppen(独)より下山田 志帆選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:下山田 志帆(しもやまだ しほ)
■年齢:24歳(1994年12月25日)
■身長:166cm
■代表歴:2015 ユニバーシアード日本女子代表候補
■出身:茨城県
■ポジション:MF
■前所属チーム歴:つくばFC→十文字高等学校→慶應義塾大学→SV Meppen(独)
■コメント:
 この度、スフィーダ世田谷に加入することになりました下山田志帆と申します。5月までドイツでプレーしていたこともあり、なでしこリーグ途中の微妙なタイミングでの加入になりますが、このチームの一員として闘う資格を頂けたことに感謝の気持ちでいっぱいです。少しでも早くチームにコミットして結果に貢献できるよう全力を尽くします!宜しくお願い致します。

2019年07月03日
100%スフィーダ!7月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」7月号は山﨑選手のお仕事紹介、スフィーダが行く!でロッカールームの中を紹介、更にはカップ戦の模様をお届け!是非ご覧ください!!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日22:30~

2019年07月02日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規入会企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名: 株式会社リアルワン
代表者:小柴 真一
設立:2004年11月
事業内容:不動産 賃貸管理
所在地:東京都千代田区飯田橋4-4-7オービットビル1F
HP:http://www.realone.co.jp/

2019年06月30日
プレナスなでしこリーグカップ2部 第8節 大和シルフィードに勝利!

○1-0(0-0/1-0) 伊藤

 粘り強く我慢し、焦れずに闘いきったことが勝利を手繰り寄せ、チームとして一貫して勝負に徹することが出来たことは純粋に評価したいと思っています。
 チームとしてブレずに自分達のスタイルを貫き通したこと、試合の中で上手く相手に対応し微調整を施せたことなどポジティブな要素はいくつかありました。また個人に目を向ければ今シーズン初出場のルーキー#23伊藤綾花(18)が唯一の得点を挙げ、それが勝利に直結したことなど若い選手達の台頭も今後へ向けた好材料だと思っています。
 現段階でできたこと、ここから先にやらなければいけないことなど今日から得たものはあったと思っています。これを力に代え、残り2戦も意味のあるゲームにしていきたいと思っていますし、僅からがらも決勝戦進出の可能性がある限り、その可能性に懸けていきたいと思っています。
 本日も多くの皆様に神奈川県は大和市まで応援に駆けつけて頂けましたこと心より感謝申し上げます。皆様と共に次戦も勝利を収められるようできる限りの準備を行ってい参ります。引き続き応援のほどよろしくお願い申し上げます。

川邊

2019年06月30日
[ユース]皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選3回戦 東京女子体育大学に敗戦

●0-1(0-0、0-1)

 本日の敗戦を以て皇后杯は終了しました。前半で好機を作りながら決めきることが出来ず、HTでは最終ラインのリスク管理と攻撃の厚みを持たせるための関係性を修正し送り出しました。選手達は今日も懸命に闘ってくれましたが、勝利へ導くことが出来なかった私の力不足に他ありません。
 ボールを保持する時間帯が多い中、個人技での突破・ラインブレイクを除いた好機に対する回数を見てもプロセスの質が高かったとは言えません。
 チーム全体の問題として早急に修正をし、試合を決定付ける試合運びを求めて参ります。
 非常に苦しい敗戦が続いていますが、次週東京都1部リーグで再戦する機会をチャンスに捉え必ず勝利を掴みます。
 本日は会場変更等があったにも関わらず応援に来ていただいた保護者・サポーターの皆様誠にありがとうございました。
 次節の勝利に向けてまた準備して参りますので、サポート応援のほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年06月30日
[U15]関東U-15女子サッカーリーグ大会 第1節 浦和レッドダイヤモンズレディースジュニアユースに勝利!

○2-1(1-0/1-1) 大熊、 清水愛

 今季昇格組として初参戦の本リーグ、第1節の相手は先日の関東予選決勝で敗れた浦和レッズとの一戦でした。本リーグ6位以上の場合は来年度の選手権関東予選出場権とシード枠獲得へとつながるため慎重かつ的確な戦い方が求められ、その上で関東予選の課題克服を目指しました。
 前回対戦後の課題として、「相手をどう見るか、球際は闘えたか、効果的な判断や連動性は持てていたか、勝ちに行っていたか」を挙げました。今日の試合までの準備、試合のテーマは善戦することではなく「勝ちにいく」ことのみで、選手達はそれを呑み込んで臨んでくれました。
 開始から20分強は受け身体質が出てしまい攻撃の再開がゴールキック等、思わしくない入りとなりました。この時間帯に失点しなかったことがポイントだと振り返っていますが、相手の運動量が落ちた辺りから次第に攻勢に出ることができ、終了間際の先制につながります。後半もその勢いからFKを獲得、思い切った直接ゴールで差を広げました。
 関東予選とは逆のスコアとした残り30分間は相手の猛攻を受けながらも精神的に崩れることなく闘い切り、ゲーム運びを意識しながら試合を締めくくることができました。
 内容的にラッキーな所もありますが、本リーグにおいて貴重な勝ち点を得ることができました。次節は横須賀シーガルズ戦。関東での対戦、全国大会でも対戦の可能性がある中で難しい試合だと想定していますが、しっかりと強化を進めていきたいと思います。
 本日は雨天の中たくさんの応援に駆け付けて頂き、誠にありがとうございました。接戦を多く経験することで選手達は大きく成長できますので、連戦となりますが引き続きの応援の程よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

山田

2019年06月24日
[募集]現小学6年生向け 入会セレクション参加者募集開始!

 本年度も以下の日程でセレクションを行うこととなりました。たくさんのお申込みを心よりお待ちしております。

■日時:
2019年7月23日(火)又は24日(水)19:00受付開始、19:15〜20:45

■お問合せ:
担当:川嶋 珠生
TEL:03-6228-1932
メール:info@sfida.or.jp
 
■お申込み:
http://www.sfida.or.jp/join/u13selection.html

2019年06月23日
[U13]東京都U15リーグ1部 第2節修徳中学校にドロー

△1-1(0-1/1-0)

 前節の敗戦から二週間、球際の強さ、攻守の切り替えを求めたトレーニングを中心に準備をしてきました。また、勝つためにはゴールを奪う、ゴールを奪うためには攻撃をし続ける、そのためにはボールを持ち失ったらすぐに取り返すという意識付けも同時に行って来ました。ですが、なかなか結果として表現する事が出来ずまだまだ足りてないと痛感させられた試合になりました。
 内容としては、立ち上がりに相手のサイドの選手のスピードについて行けずサイドを突破されDFラインが少し低くなってしまった事でDFとMFの間にスペースができてしまいました。そこはハーフタイムに修正をし、DFラインを上げコンパクトになった事で中盤の選手の距離感も良くなり、ワンツーやワンタッチプレーでペナルティエリア内への進入も増えました。しかしシュートまでいけた回数が少ないのは前節からの課題です。収穫としてはリザーブ選手の中で、途中からピッチに立ち気持ちの入った素晴らしいプレーをみせてくれた選手がいたこと、失点しても自分たちで声を掛け合い崩れることなく追い付いたことは収穫であり、この二週間での選手たちの成長を感じた部分でした。引き分けという結果も内容も全く満足していませんが、この試合で得た課題、修正点と向き合い闘える集団になるよう日々のトレーニングに励みたいと思います。
 本日も悪天候の中、沢山の保護者の方々に応援して頂き、本当にありがとうございました。引き続き、選手たちへのサポート、応援のほど宜しくお願い致します。

渋谷由美子

2019年06月16日
プレナスなでしこリーグカップ2部 第6節 ニッパツ横浜FCシーガルズに敗戦

●0-2(0-2/0-0)

 たくさんの皆様にご来場頂いたにも関わらず、非常に後味の悪い敗戦になってしまったこと心からお詫びすると共に、ここに至るまでの一週間の私の準備に不足があったことを痛感しています。特に後半戦は前半のビハインドを取り戻すべく切り替えて臨みましたが、パフォーマンスを好転させられず何も起こすことが出来なかった自分への憤りを感じています。駒沢での勝利を目指していましたが、今日の結果と内容を消化し今後の活力にしていきたいと考えていますし、それが出来なければまた同じような敗戦を繰り返してしまうわけですから真摯に受け止めたいと思っています。
 運営スタッフ、ボランティア、アカデミー選手を含む関係者が皆でホームゲームを作り、ファン・サポーターの皆様にご声援を賜る。最高の舞台を整えて下さっているからこそ私は、選手達は、それを受け止め、ピッチで全てを出し切る義務がある。常々そう考えているからこそ、出し切れなかったことが悔しくもあり、虚しくもあります。相手あってのサッカーですから、相手が私達を一枚上回っていたことも認めなければいけませんが、今日の闘いにおいて自分達が改めなければいけない部分も確かにありました。それは一長一短に出来ることではなく、日々の積み上げからしか見出せないものですから、私達は次のトレーニングからもっと深くサッカーと向き合い、もっとサッカーを追求しなければいけないと改めて痛感させられました。今シーズンで最も自分達のパフォーマンスを発揮できなかった後半戦。大事な記憶として頭に刻み込んでおきたいと思います。
 本日もたくさんの応援誠にありがとうございました。カップ戦も残すところ3試合。3試合を丁寧に闘いながら、今日のような内容にならないよう自分達と向き合っていきたいと思っています。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

  川邊

2019年06月16日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会関東予選決勝にレッドダイヤモンズレディースジュニアユースに敗戦

●0-2(0-1/0-1)

 準決勝に続き同日2試合目となる決勝戦、この年代のトップレベルである浦和レッズレディースJr.ユースとの一戦。準決勝では日テレ・メニーナ・セリアスを3-0で退け、駒を進めてきました。この試合には優勝を掛けるだけでなく、チームの今後を見据える見極めや戦術的トライ、全国ベスト4を目指すシチュエーションとなる要素が詰まっており、その期待を寄せた60分間でした。
 結果は厳しく力不足を認識するものになりましたが、想定よりも収穫を得ることができた内容です。準決勝の負荷はもちろんありましたが、それが敗因ではありません。相手をどう見るか、球際は闘えたか、効果的な判断や連動性は持てていたか、勝ちに行っていたか、など準決勝のプレーと異なる部分がこのレベルとの試合における重要な反省と経験になりました。
 これで関東大会は幕を閉じ、1ヶ月半後に夏の大阪開催最後の全国大会が始まります。この二週間でチームは3勝1敗の成績と勝ち方、負け方を学びました。これを成果に挙げる場が全国大会です。より厳しく、よりたくましくなりチーム最高位を越えたいと思います。
 梅雨時と山の天候が顕著に現れた今大会、大会役員並びに保護者、スタッフ、サポート選手の支えがあり素晴らしい経験を積むことができました。心より感謝申し上げます。関東代表のひとつとして精一杯闘って参りますありがとうございました。

  山田

2019年06月16日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会関東予選準決勝十文字中学校に勝利!

○1-1(0-0/1-1 延長0-0/0-0)PK5-3

 関東大会準決勝は東京対決。相手の十文字中学校は関東リーグ所属にて東京都予選免除のため、今大会初の対戦となりました。
 前半は相手に固さが見られたため、多少リスクを負ってでもゴールに迫るプレーを増やしていたら違った内容にできたと感じています。後半は序盤から相手に変化があり、攻守に渡って積極的に前に出てくる圧力から失点を許しました。ここからの15分間は耐えしのぐ時間帯でしたが、チームとして崩れずに粘り強い対応ができたこと、中盤や途中交代選手の前を向くプレーがラスト10分に流れを引き寄せました。その結果、ラストワンプレーが見えてきたアディショナルタイムに放ったシュートのGKこぼれを詰めた同点ゴールが生まれます。延長後のPK戦はGKのビッグセーブと5人全員が決めきることで勝利を掴むことができ、相手の逃げ切りを許さない戦いをすることができました。
 この年代は精神的な崩れが勝敗に大きく左右するため、失点後に崩れなかったこと、最後まで自分達の戦い方や個の強みを貫けたことが勝因だと捉えています。この勝ち方を覚えたチームは最後まで戦えるため、全国大会に向けて大きな財産となりました。後から振り返っても、本当に素晴らしい瞬間でした。

  山田

2019年06月15日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会関東予選準々決勝横須賀シーガルズMEGに勝利!

○2-1(2-1/0-0)

 関東大会2週目、準々決勝の相手は激戦の山を勝ち上がった神奈川県第1代表の横須賀シーガルズMEG。システムの噛み合わせとして中盤の役割が重要になる試合でしたが、ぬかるんだピッチに雨天も重なり、ボールコントロールやキック精度、ボールの伸びに対する予測など苦労する要素が多い条件の中、選手達はよく走りゲームをコントロールしながら闘えていました。
 セットプレーから先制を許しましたが、慌てずに相手の勢いを沈静化、その流れの節目に同点、流れを取り戻した前半終了間際の逆転と、結果この前半が決め手となりました。
 前後半共に放ったシュートは7本ずつ、合計14本の中にはゴールライン上で防がれた場面もありました。後半に入った選手達は各自の役割を積極的かつ丁寧に遂行してくれ、攻めながら守る内容で試合を締め括ることができました。
 これにて関東ベスト4です。着実な成長と接戦から学べる課題を収穫できている現状は良い時間です。更にタフに、試合巧者のチームになれるよう最終日を楽しみたいと思います。
 気温一桁では応援も大変な中、本日もたくさんのサポートと応援を頂き誠にありがとうございました。先ずは準決勝にベストを尽くしたいと思います。引き続きの応援を何卒よろしくお願いいたします。

  山田

2019年06月13日
2019プレナスなでしこリーグカップ2部 第6節 試合情報

■試合情報
・日時:2019年6月16日(日) 13:30キックオフ(有料試合)
・会場:駒沢オリンピック公園陸上競技場
https://www.tef.or.jp/kopgp/stadium_top.jsp
・相手:ニッパツ横浜FCシーガルズ
・交通:東急田園都市線「駒沢大学」駅より、徒歩約15分

■チケット情報
・チケット購入は当日・現地販売のみです(事前販売は行っておりません)
・一般1,000円 / 中・高校生500円 / 小学生以下 無料
・本試合は一部区間を除き全席自由席となります
・本節は電子マネーご利用ができません

■ご来場ゲート案内
〇ご来場門:中央広場ゲート(体育館正面、記念塔のある石畳の広場)
〇チケット販売:中央広場ゲート チケットBOX(12:00開始)

■スタジアム情報
〇鳴り物使用について(両チームサポーター様お願い)
 以下の通り制限がございますが、鳴り物を使用した応援が可能です
●両クラブサポーター様の太鼓使用はそれぞれ1つのみ使用可
●近隣より騒音苦情が入った場合は、運営担当より鳴り物の使用を自粛いただくようお願いに上がります
〇横断幕掲出時間:10:45~11:45まで
〇横断幕掲出場所:ホーム/アウェイメインスタンド席およびゴール裏スタンド席
〇スタジアムフード、ドリンク各種出店!アナタの勝飯は!?
●Aoba Plaza (アオバプラーザ) 「Aobaの唐揚げ」がおススメ!
●BOAR'S CAFE (ボアーズ カフェ) 「手作りソーセージのホットドッグ」がオススメ!
〇喫煙について
 施設内全面禁煙
※平成30年10月1日より、世田谷区内全域の道路、公園は禁煙となっております

■会場内イベント情報
〇先着無料配布!
 ①(株)世田谷自然食品様の「お味噌汁」 先着300名様にプレゼント!
 ②「トップビジネス印刷(株)様×スフィーダコラボうちわ」 先着500名様にプレゼント!
 ③「J;COM様うちわ」 先着500名様にプレゼント!
 その他、マッチデープログラム配布
〇オリジナルグッズ販売
 試合会場限定販売!オリジナルグッズ多数ご用意!!
〇ピッチ内アップ終了後(13:05)
 選手サイン入りざっくう人形投げ入れ(メインスタンド)
〇入場セレモニー
 エスコートキッズ(当日募集13:10〆切@グッズ売り場集合)
〇試合後
●ヒロインインタビュー(勝利時@メインスタンド前)
●サイン会実施(予定)

■スケジュール
〇10:45~11:45
 横断幕掲出可能時間
@ホーム/アウェイメインスタンド席およびゴール裏スタンド席
〇12:00
 チケット販売開始 @中央広場ゲート
 ※事前販売なし / 当日券のみ販売(現金のみ)
〇12:15
 スフィーダ12メンバーズ様 先行入場開始 @中央広場ゲート
〇12:30
 一般ご来場者様 入場開始 @中央広場ゲート
〇12:45~13:05
●両チームピッチ内ウォーミングアップ(GKのみ12:45~、FPは12:50~ピッチイン)
●アップ終了後、選手達からスタンド席にサイン入り「ざっくう人形」投げ入れ
〇13:10 @グッズ販売ブース
 エスコートキッズ参加者集合 @グッズ売り場 / 受付なし
 ※実施時はご父兄様はスタンド席観戦エリアにてお待ちください。
〇13:18
 スターティングメンバー紹介アナウンス
〇13:24
 審判団、選手入場・整列(エスコートキッズ)
〇13:30
 前半キックオフ
  スフィーダ世田谷FC × ニッパツ横浜FCシーガルズ
〇14:15(予定)
 ハーフタイム
〇15:15(予定)
 試合終了
 ●ヒロインインタビュー(勝利時)
 ●サイン会(予定)
〇16:00
  閉門


2019年06月11日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規入会企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:日本製紙クレシア株式会社
代表者:山崎 和文
設立:1963年4月2日
事業内容:フェイシャルティシュー、トイレットロール、キッチン用品、ハイジーン(衛生用品)、軽失禁、大人用紙おむつ、産業用ワイパー、その他関連商品の製造及び販売
所在地:東京都千代田区神田駿河台4-6
HP:https://www.crecia.co.jp/

2019年06月09日
プレナスなでしこリーグカップ2部 第5節 オルカ鴨川FCとドロー

△2-2(2-1/0-1) 長崎、長崎

 カップ戦予選リーグの折り返しに当たる4試合目はオルカ鴨川FCとのゲーム。オルカ鴨川とはリーグ戦でも1-1のドローで終わりましたが、この試合においてもドローという結果に終わりました。双方ともに勝つことでしか決勝への道を切り開けない中、痛恨のドローとなってしまいましたが、双方ともに準備してきたことを発揮していた試合だったのかもしれません。
 まずこのゲームで評価できることは、トレーニングを重ねてきたことが具現化できたこと。そして、戦術的な規則性を保ちながら、尚且つ、リーグとは異なるチャレンジの中、チームとして強い相手に対して闘い抜いたこと。個人を見渡しても数選手のパフォーマンスが極めて高かったこと。など評価できる部分はありました。しかし、これは練習試合ではなく、結果が必要な公式戦ですから、それを考えれば不十分な結果だと理解しています。勝つことが出来る試合であったとも言えれば、負ける可能性もあった試合。そういう意味では妥当な結果だったのかもしれませんが、如何なる時も勝負に拘りを持っているつもりなので消化不良感は否めません。
 今後は攻撃のクオリティーを更に追求して行くこと、浮き彫りになっている課題への対応などカップ戦残りの4試合を通じ、チームを着実にアップデートさせていきたいと考えています。現在、カップ戦では結果を出し切れているとは言えない状況ですが、それでもリーグへ向けたチームの底上げには一定の評価をしています。可能性がある限りは、このAグループ突破を目指し続けますし、その上でチームをより強固な集団へ仕上げていきたいと考えています。
 本日もアウェイにも関わらず多くの皆様に駆けつけて頂きましたこと心より感謝申し上げます。この厳しい闘いの連続だからこそ身に着けられるモノがあると感じていますので、一戦一戦に全てを注ぎ込みながら乗り越えていきたいと思っています。次戦はホーム駒沢でのゲームとなりますので、是非とも多くの皆様にご来場頂き、チームを後押し頂けますと大変心強いです。引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
川邊

2019年06月09日
[ユース]皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選2回戦十文字学園女子大学に勝利!

〇1-0(0-0/1-0) 清元

 相手のスタイルをある程度想定した中で、昨日の課題をそのまま継ぎ挑みました。昨日からほとんどの選手を入れ替えながらも守備から攻撃の繋がりを高い集中と組織力で表現し、相手のアグレッシブで精度の高いロングフィードに粘り強く対応した前半でした。勝ちきれなかった昨日の悔しさを見ていた選手全員が今日の勝利に対する強い拘りと気迫をプレーで見せてくれた結果、コーナーキックから見事なロングシュートで先制点を挙げました。ただし、ボールを保持する為の立ち位置やスペースの使い方・それに関わる受け手のマークの剥がし方の個人・グループ戦術は週末の共通した課題と言えます。相手を走らせるスペースの作り方、使い方は改善できる点ですので選手と振り返りながら進んでいきたいと思います。日頃のトレーニングで継続的に落とし込み、次節へ向けて準備して参ります。
 高校生らしいタフでアグレッシブな逞しいチームに更に成長させてまいりますので、引き続き応援のほど宜しくお願い致します。
 本日も多くの応援をありがとうございました。次節の勝利に向けてまた準備して参ります。何卒、サポート応援のほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生

2019年06月09日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会関東予選2回戦ザスパクサツ群馬レディースU-15に勝利!

○3-0(1-0/2-0) 安掛、水本、大熊

 シード権獲得により、全国大会出場を掛けた2回戦を初戦に迎えました。試合前は緊張で固くなる一面がありましたが、ネガティブ要素を繋ぎ合わせないこと、全員で助け合うこと、攻守に渡りアクションを絶やさないことを約束事に挑みました。
 キックオフ後、キャプテン自ら積極的に仕掛けるプレーを行ったことでチームに流れをつけることができました。また失ったボールの回収意識を絶やさなかったことも、その流れを継続できた大きな要因です。固さが懸念される初戦としては理想的な入りができたゲームでした。唯一足りなかった所は個でゴールを狙うプレーやアクションが少なかったこと。大事にしようとし過ぎてシュートチャンスで作り直しを選ぶ判断が多かった印象です。ブロックを敷いた相手に、更に入り込んでいくプレー、サイドから崩すプレー、ミドルシュート、といったゴールをもぎ取りに行く姿勢に甘さがありました。待望の先制点は個の閃きによるミドルシュートで、HT修正前に奪えたゴールは非常に大きな1点でした。後半は入り込むこと、サイドからの崩しの選択肢を加え、45度からのミドルシュート、中央でDF背後を突いたアクションからと、追加点を挙げることができました。無失点に大きく貢献したDF陣、GKの堅実な闘い方も素晴らしかったです。
 今大会、理想的な入りと勝利を掴むことができたことは次の一週間の準備によい影響を与えてくれると捉えています。また本日の応援エリアを埋め尽くすほどの応援、ご声援は選手達の背中を最後まで押してくれました。皆さんとベンチメンバーからの声援に挟まれ、ピッチの選手達は心地よかったと思います。更に強くなれるよう、今後も応援の程よろしくお願いいたします。

山田 岳暁

2019年06月09日
[U-13]東京都U15リーグ1部第1節FC Belta U-15に敗戦

●0-4(0-0/0-4)

 U-13の選手たちにとっては待ちに待ったU-15東京都リーグの初戦を迎えました。試合前から小雨が降る中、滑るピッチへの対応、スピード感、パワーに臆することなく試合の入り方としては悪くはなかったと思います。0-0で前半を折り返しましたが、なかなか思うようにボールを動かせず守備でも体力を奪われ、特に相手のコーナーキックは危険を感じていたので、まずは相手より早くポジションを取りボールを持つ事にチャレンジしよう、CKは自分の役割を果たそうとハーフタイムで指示を出し選手たちを送り出しました。
後半、自分たちのフリーキックから、この試合最大のビックチャンスを迎えましたが、それを決めきることが出来ず、逆にその後の相手のコーナーキックから失点を許します。そこから相手の勢いに呑まれる形で立て続けに失点を許してしまいました。失点しても相手より多く得点を取りに行く姿勢を持つ重要性を学んだ一日でした。また、途中から入った選手も自分が流れを変えるんだ、得点を決めるんだという強い気持ちが少し足りなかったように感じます。
 守備の時間を減らすためにもボールを持つ勇気を持てるようなトレーニングを今後も続けて行きたいと思います。この敗戦を無駄にせず、このチームの良さである明るく元気なところを前面に引き出せるよう、笑顔で次の試合を迎えられるよう努力して参ります。
 本日は悪天候の中、会場まで足を運んで頂いたご父兄の皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました。今後ともサポート、応援の程よろしくお願い致します。

渋谷 由美子

2019年06月08日
[ユース]Women's Super League第1節ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエにドロー

△3-3(2-1/1-2) 瀧下×2、浦部

 夏の各種大会、冬の選手権都予選に向けアグレッシブに闘う姿勢を求め今日まで準備してきました。選手達は今日も良く走り闘ってくれました。得点シーンはどれも素晴らしく、チームとしての統制を感じられる前半でした。授業や学校行事で数名欠ける中、それを感じさせない攻防を見せゲームプランを遂行してくれた成長も嬉しかったです。後半に入ると攻守におけるほんの少しの連携不足や遅れから相手に時間とスペースを与え、ミスが重なり失点をする非常に勿体ない局面がありました。ただ、どれも修正は難しくなく全てがネガティブに捉える場面では無いと振り返っています。相手に対して簡単にプレーさせてはいけない個人戦術(駆け引き、粘り強さ)の質を求めて参ります。また、選手間でも基準の高い要求をどんどん求めながら、ボールを奪う・奪いきるためのコーチングや連携も併せて課題に挙げて行きたいと思います。明日は今日の反省を活かした内容で勝利を目指して参ります。
 本日も多くの応援をありがとうございました。明日の勝利を目指し、短い時間ではありますが最善の準備を致します。引き続きサポート・応援のほど宜しくお願い致します。

川嶋 珠生


2019年06月02日
プレナスなでしこリーグカップ2部 第4節 ちふれASエルフェン埼玉に敗戦

●1-4(1-0/0-4) 三本

 カップ戦の3試合目。相手は首位を走るチームということで落とせない一戦ではありましたが、1-4という敗戦で勝ち点差を大きく引き離される結果となりました。結果の1-4というスコアに捉われがちになってしまうこともあるかもしれませんが、内容を冷静にジャッジし、今後の試合へ繋げて行く作業に徹したいと思っています。今抱えている課題の克服は簡単に解決できるものではありませんが、すでに着手している部分ですので、より精度を高めていけるように努めて参りたいと考えています。
 本日もアウェイにも関わらず沢山の皆様方に駆けつけて頂けましたこと心より感謝申し上げます。結果を受け止め次の試合への糧としていきたいと思っています。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
川邊


ニュースアーカイブへ >