ニュース

スフィーダSNSではリアルタイム最新情報から
選手たちの意外な一面までお届けしてます。


ニュースアーカイブ:

2023年06月04日
[ユース]関東U-18女子サッカーリーグ第4節vs日本航空高等学校試合結果

〇3-2(0-0/3-2) 青木、羽柴、島崎

 関東U-18女子サッカーリーグ第4節は、先日、熾烈を極めるインターハイ関東予選を見事優勝し、関東チャンピオンとなった日本航空高等学校との一戦。これまで対戦経験のない高校チームとの試合となりましたが、日本航空高等学校は私達のプレーを観察し、観て判断しながら闘ってくる好チームでした。力任せのサッカーではなく、判断が伴った非常に優れた戦術眼を持ち合わせた素晴らしいチームでした。
 前後半を通じ合計36本のシュートが飛び交うゲーム。共に攻撃的に闘い、双方戦術的なやり取りのある好ゲームだったのではないかと思います。前半から相手のサッカーの中で後手に回るシーンが多く、後半早々に2失点し、一気に流れを持っていかれてしまいましたが、途中出場の選手達の活躍もあり、残り30分で逆転に成功。勝負とは常に紙一重で正直なところ0-3、0-4と差を広げられる可能性もあったゲームだったと思っていますが、勝負の分岐点で、後がなくなり自分達の強みを出し切ることに振り切れたこと、自分達を信じ抜けたこと、など複数の要素が噛み合い、大きな逆転勝利に繋げることが出来ました。
 非常に素晴らしいチームから会心の逆転劇を演じられたことは単純に自信になりました。皆でこれまで積み上げてきた成果が実った1つの試合であり、その積み上げが確かな形となっていることはポジティブに捉えています。しかし、私たちはまだまだ発展の途中であり、もっともっと貪欲に自分達に期待していくべきだと思っています。本日の試合のように自分達を信じ、仲間と共に最後まで諦めずに走り抜く…その繰り返しで自分達のポテンシャルを引き出し続けて行きたいと思っています。
 本日も朝早くから10:00キックオフ(8:45集合)の試合に合わせ、多くの保護者の皆様に甲府市まで選手達を送迎して頂きました。通常、これだけ早朝の試合であれば前泊は必至ですが、諸々の意図から当日移動にし、1つの遅刻もなく集合して頂きました。保護者の皆様も含めた1つのチームとして結びつけた結果でしかないと思っています。選手達がベストのパフォーマンスを発揮できるよう日々サポート頂けていること、この場を借りて改めて御礼申し上げます。次戦は日本クラブユース女子サッカー大会関東予選第3節となりますが、全力で相手と自分達と向き合っていきたいと思っています。これからも引き続きサポートを賜りますようお願い申し上げます。本日も誠にありがとうございました。

川邊 健一


2023年06月04日
[U14]東京都女子サッカーU-15リーグ 1部 第3節 SHIBUYA ARTISTA FC試合結果

△0-0(0-0/0-0)

 上位進出を目指す中で、前期残り2試合を連勝し、勝ち点を積み重ねなければいけない状況で本日を迎えました。ユースチーム、U15チームもこの土日で大一番の公式戦を迎え、どちらも勝利。U14カテゴリーも勝利しクラブへ貢献したいという気持ちで一致団結していました。
 試合を通して、両者粘り続けた展開が繰り広げられたと振り返ります。前半、人数をかけて守ってくる相手に対して、思うようにボールを展開、前進することができず。相手は守ってはシンプルに前線への配球を繰り返し、なかなか落ち着かない展開となりました。最終ライン、中盤と素早いリアクションでボールに反応し相手に決定機を与えることはなく、また、こちらも前線の個、グループで突破を試みるも分厚い相手の壁にゴールへ迫ることもなかなかできません。
 後半、修正点を伝え、サイドからの突破、素早い再度チェンジでゴールへ迫るように送り出しますが、粘る相手DF陣を最後まで崩すことができませんでした。
 リーグ戦ここまで選手たちは走り、耐えては攻めてのハードワークしたプレーを続けてくれていますが、最終的に勝利へと導くとことができず、私の力不足を痛感しております。私の伝えたことをピッチ上で存分に発揮し、時にはこちらの想像を上回るプレーに驚かされます。勝つ力は間違いなく持っているチームです。ここまでのリーグ戦で選手はこれだけ成長し、勝つために闘い続けているからこそ、次節は必ず勝利を掴むことができるよう、前に進み続けます。今回の試合でも新たな修正点と、発見があり、可能性はまだまだ計り知れません。そんな希望に満ち溢れたチームを指揮できることに責任を感じながら、勝利だけを目指して活動に取り組んで参ります。
 本日も多くの保護者様にご声援をいただき、心より感謝申し上げます。全員で喜びを分ち合うことができるよう進んでいきますので、変わらぬサポート、ご声援をいただけますと幸いです。

窪田竜希


2023年06月03日
[U15]JFA U-15女子サッカーリーグ関東2部 第4節vs横須賀シーガルズMEG試合結果

○1-0(0-0/1-0)市原

 リーグ戦第4節は首位で全勝中の横須賀シーガルズMEGとの試合となりました。負ければ1部昇格が遠のく大一番、是が非でも勝ち点3が欲しい試合でしたが、80分間ベンチも含めて心一つに戦い、勝利を掴み取ることができました。これぞスフィーダと言えるような強かなサッカーを選手達は懸命に表現してくれたと思います。
どんな結果であれ一人一人が「やりきった」と胸を張って言える、そんなゲームをしようと木曜日のトレーニングで共有しました。トレーニングは最高の質と雰囲気で終えることができ、そのイメージのまま試合を迎えられたことが本日のパフォーマンスに繋がったと考えています。また約1ヶ月間トレーニングを積んできた自陣からの前進の部分も、公式戦という舞台で大胆にトライできました。失敗を恐れず、ボールを失っても即時奪回し、修正しながら何度もトライする勇敢な姿勢が、本日の試合を優位に進める上で重要なピースになったと感じています。
攻守ともに改善すべき点は多々ありますが、まずは「目の前の試合に対して自分たちが今できる全てを出す」という基本に立ち返り、そこから見えてきた課題について一つ一つ修正していきたいと思います。
本日も遠方まで応援にお越しいただき誠にありがとうございました。U15選抜チームとして始動してから約3ヶ月間、なかなか心踊るような試合をお見せすることができず悔しい毎日でしたが、ようやく今日のような白熱したゲームを保護者の皆様と共に戦うことができ、本当に嬉しく思っています。来週のホームでの試合も最高のパフォーマンスを発揮できるよう一週間良い準備をして参ります。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

田村智之


2023年05月30日
[U14]東京都女子サッカーU-15リーグ 1部 第7節 東京BARSU試合結果

△2-2(1-2/1-0) 堤、富沢

 本日対戦した東京BARSUは5勝1分無失点。単独首位である相手との一戦になりました。今シーズン、なかなか思うように勝利を飾れておらず、なんとしても勝利を掴み取り、勢い付けたいところでした。試合前からハードワークしてくることは予想しており、その勢いに飲み込まれず、自分たちのスタイルを貫くことだけを意識して試合を迎えました。
 序盤から空中戦の強さ、球際の激しさ、闘うシーンで相手がルーズボールを競り勝ち、サイド、中央を突破され始めます。耐えては相手にコーナーキックを与えてしまいます。前節もセットプレーからの失点で黒星を喫しただけに、コーナーキックを与えたくありませんでしたが、7分。コーナーキックからヘディングで合わせられ痛恨の失点。課題であるセットプレーからの失点でした。その後、1点を奪い追いつくも、またもコーナーキックから失点。前半を1-2で折り返します。53分、狙った通りの前線からのプレスでボールを奪うと、そのまま持ち運び左隅に流し込みまたも同点に追いつきます。その後、両者ゴールに迫るもスコアは動かず、2-2でタイムアップとなりました。
 チームとして、練習から取り組んでいるプレスが上手く実践で活かされゴールを奪うことができました。また、これだけ闘ってくるチームに対して引くことなく闘い続けた選手は更に強く逞しく成長していると感じます。今回の引き分けは悔しい気持ちもある中で、2度追いつくことができ、逆転の雰囲気も感じさせるような攻撃力を出せたことは私たちの自信となり、勢いをもたらしてくれることと思います。1勝2分2敗という戦績ですが、前期残りの2試合を勝利で終え、後期へと繋げていきたいと思います。
 本日は平日夜間、さらに遠方での試合にご理解とご声援を頂き本当にありがとうございました。早速6/4に次節を控えておりますが、練習で課題を改善し次に繋げます。引き続き選手へのご声援、サポートの程よろしくお願いいたします。

窪田竜希


2023年05月28日
[U13]東京都女子サッカーU-15リーグ 3部 フットボールコミュニティ千代田Girls試合結果

○8-0(2-0/6-0) 山本渚、大西、鈴木、角鹿、箕輪、江俣、齊藤礼×2

 G.W.遠征、公式戦初戦を経て、本日公式戦二戦目に挑みました。
 ビルドアップ、ハイプレスからゴールを目指すことをテーマに臨みましたが、前半は相手の意図のあるプレスを交わしていくことが少なく、個の力で局面の打開、ゴールを奪えた内容です。ビルドアップについては、イレギュラーのあるピッチ状況、相手のシステムに対して効果的なポジションが取れていなかったこと、誰がどのように前進し、次につながる選手の関わりがあいまいであったことが原因と捉えています。その結果タイミングよく相手の背後を突いたり効果的なサイドチェンジから人数を掛けてゴールへ迫るなどの理想的なシーンは作ることができず、CKとミドルシュートでリードできた前半です。
 HTは1トップの相手に対しての前進方法や役割を確認し、チームで前進していくイメージを合わせて後半に臨みました。相手も修正を図り臨んでくる後半の入りですが、縦・横・斜めの選手同士でつながりを持つことで相手のハイプレスを交わしていく回数を増やし、相手陣内での突破やシュートシーンが目立つようになります。後半半ばまでに奪った2ゴールはCKでしたが、ラスト10分間で奪ったゴールは自陣突破→前線の崩し→逆サイドを使った理想的なイメージの得点でした。攻撃が高い位置で終えることにより守備も高い位置から開始できるため、攻撃から守備への切り替えもスムーズかつ意図的に奪えることで尻上がりに主導権を握ったゲームでした。
 前半と後半で異なる内容の試合内容でしたが、チームとして前半の課題を改善することができた好ゲームでした。選手達は11人制に変わり10ゲーム程度消化した段階ですが、彼女達のトライする姿勢と柔軟性、コミュニケーション力が日々チームを成長させていると実感しています。これからも難しいゲームや相手と直面することがありますが、今日のように1ゴールに気持ちを込める想いは継続してほしいと思います。
 本日もたくさんの応援にお越し頂き、誠にありがとうございました。TRMと違いゲーム展開によって出場時間や機会が左右されますが、交代やライバルの存在・活躍によって生まれる向上心や成長があるのが公式戦です。緊張に打ち勝つメンタル、当然必要な技術や戦術理解も含め、これからもトレーニング・TRM・公式戦を通じて一人ひとりが成長できるよう努めて参ります。今後も応援の程よろしくお願いいたします。

山田 岳暁


2023年05月28日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第11節vs伊賀FCくノ一三重試合結果

△0-0(0-0/0-0)

 前半戦最後の対戦相手は伊賀FCくノ一三重。この2年間凌ぎを削ってきた強豪です。今季も最多得点、最少失点の戦いぶり。苦戦は必至と覚悟を決めて、アウェイの地に乗り込みました。
 立ち上がりは伊賀ペース。早いタイミングでゴール前にボールを入れてきます。しかし、スフィーダも集中した対応で防ぎます。10分を過ぎたあたりから、落ち着きを見せた展開になり、大竹、新堀を起点とした攻撃を仕掛けますが、得点には至りません。30分を過ぎると、ふたたび伊賀ペース。セットプレーを中心にスフィーダゴールに迫りますが、石野を中心とした堅い守備で防ぎます。そのまま前半はスコアレスで終了。勝負の行方は後半に委ねられます。ハーフタイムでは、さらに攻撃の強度を上げることを求めました。
 後半に入ると、スフィーダが主導権を握り、たびたび相手陣内深くまで攻め込み、再三CKを獲得します。すると、渡辺の蹴り出したボールに競り勝つと、後半から出場した中山が巧みなコントロールからゴールに押し込み先制に成功したと思いきや、ハンドの判定でノーゴールとなります。その後も圧力を強めて伊賀守備陣を苦しめますが、ゴールが遠い状況が続きました。
 終盤は伊賀の猛攻にも遭いますが、全員が身体を張った対応で得点を許さず、0-0のスコアレスドロー決着となりました。前節に続く結果ですが、守備陣の安定感がましたことや、田口、金子のゲームコントロールなど、収穫のある試合となりました。次節は2週間後のオルカ鴨川とのアウェイゲームです。チーム一丸となって、日々精進してまいります。引き続き、皆様の熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年05月26日
スフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバー新規企業様⑤

 この度、以下の企業様に新規開設区分となるスフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:アサヒビール株式会社
代表者:松山 一雄
設立:1889年11月
事業内容:ビール類をはじめ総合酒類事業を展開
所在地:東京都墨田区吾妻橋1-23-1
HP:https://www.asahibeer.co.jp/

社名:キリンビバレッジ株式会社
代表者:磯崎 功典
設立:1963年4月15日
事業内容:清涼飲料の製造および販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.kirin.co.jp/

社名:国分フードクリエイト株式会社
代表者:山崎 佳介
設立:2015年2月20日
事業内容:酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか
所在地:東京都中央区日本橋1-2-6
HP:http://www.kokubu.co.jp/fc/

社名:サッポロビール株式会社
代表者:野瀬 裕之
設立:2003年7月1日
事業内容:ビール・発泡酒・新ジャンル・ワイン・焼酎などの製造販売、洋酒の販売、他
所在地:渋谷区恵比寿4-20-1
HP:http://www.sapporobeer.jp/

社名:東洋水産株式会社
代表者:今村 将也
設立:1953年3月25日
事業内容:即席めん類・生めん類・加工食品類・冷凍魚介類の製造・加工・販売 他
所在地:東京都港区港南2-13-40
HP:https://www.maruchan.co.jp/


2023年05月26日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様⑤

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:森永製菓株式会社
代表者:代表取締役社長 太田 栄二郎
設立:1899(明治32)年8月15日
事業内容:菓子、食品、冷菓、健康の製造、仕入れ及び販売
所在地:東京都港区芝5-33-1
HP:https://www.morinaga.co.jp/

2023年05月21日
[ユース]関東U-18女子サッカーリーグ第3節vs宇都宮文星女子高等学校試合結果

〇5-0(4-0/1-0) 尾崎、青木、石浦、青木、青木

 3週間振りとなる関東U-18女子サッカーリーグ第3節は栃木県の強豪高校である宇都宮文星女子高等学校との一戦となりました。十年以上前に対戦経験があるものの、近年の対戦はなく、システムや戦術など何もわからない中での試合となりました。しかし、今後もこうしたゲームは度々訪れますし、試合の中で相手を読み解き対応していく訓練になるのでポジティブに捉え対戦を迎えました。
 相手は非常にアグレッシブなプレッシングを駆使し、コレクティブに戦う意思も読み取れる非常に優れたチームでした。相手の圧力も高い中、開始早々に先制点を奪うことが出来、ゲームを優位に進めることが出来るようになったことが勝因であり、実力差以上の点差がついた要因だと理解しています。勿論、我々の優れたシーンも多々あり、相手の自由を奪い、主導的にボールを動かしながら崩し切れるシーンもありましたし、トレーンングの成果を感じられる要素が多々ありました。日々選手達に植え付けているコンセプトは確かな血肉となり、チームを強化してくれています。
 勝負は常に紙一重であり、上手く行く瞬間、上手く行かない瞬間はほんの些細な部分に委ねられることがあります。そうした際の部分をチームで感じながら乗り越え、チームとしての経験値を高めてく作業が必要になります。今は多くのチームと対戦する中で対戦相手に応じた対応を行う共に、その中で自分達の強みを発揮できる構造を磨き上げていく段階に入っています。今節も難しいゲームでしたが、確かな手応えと共に、一変した後半の課題を成果と捉え、次の闘いに備えていきたいと思っています。
 たくさんの応援誠にありがとうございました。毎週訪れる試合で良質な課題を抽出し、一歩ずつでも着実にチームとしての成熟度を高めていきたいと思っております。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一


2023年05月21日
[U14]東京都U-15女子サッカーリーグ1部 第6節vs府ロクレディース試合結果

●0-1(0-1/0-0)

 1勝1分1敗で迎えた第6節。本日は2試合を雨天で延期となり、リーグ戦4試合目を戦いました。相手は勝ち点を積み重ねている府ロクレディース。ボールを大事に繋ぎ前進してくる相手だからこそ、よりハードにプレッシャーをかけ、素早いショートカウンターで相手ゴールを目指すスタイルで挑みます。
 前半、なかなか奪った後が思うように縦へ進むことができず、チャンスを演出することができません。19分、相手にコーナーキックを与えてしまいます。シンプルに中へ入れてきたクロスボールにマークを掴みきれず、フリーの状態からヘディングを流し込まれてしまいます。
 後半、より攻撃的な意識を持ち高いポジショニングを取り、相手ゴールを目指します。果敢に前線からプレッシャーをかけ、相手のミスを誘発し奪い何度か相手ゴールに迫るもゴールは奪うことができず。0-1のまま試合終了となりました。
 前半と比べて、後半は奪ってからの相手ゴールに近づくシーンは増えたものの精度を欠き、ゴールネットを揺らすことができない試合となりました。個人、チームとして共にゴールを決めるという部分の精度を上げ、接戦の試合で勝利を掴むことができるように日々の活動に励んで参ります。
 本日も多くの保護者様に足を運んでいただき、誠にありがとうございました。次週は平日5/30(火)首位東京BARUS戦となります。引き続き、選手へのサポートとご声援をいただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

窪田竜希


2023年05月21日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第10節vsバニーズ群馬FCホワイトスター試合結果

△0-0(0-0/0-0)

 今節の相手は、昨季唯一勝つことができなかったバニーズ群馬FCホワイトスター。堅い守備が持ち味であり、難しい試合展開が予想されました。
立ち上がりから、相手の球際の強さやセカンドボールへの反応で後手を踏み、決定機を作られる場面もありました。ピンチを免れると、徐々にスフィーダがボール保持する時間が長くなります。大竹、新堀を中心に相手陣内に押し込むものの、なかなか良い形でシュートすることができません。セットプレーも獲得しますが、精度に欠けて、得点には至りません。そのままスコアレスで折り返します。
 ハーフタイムでは、闘う姿勢が物足りないことなどを伝えて、奮起を促しました。後半に入ると、大竹の振り向きざまのシュートやセットプレーからチャンスを演出しますが、堅い守備を崩すことができません。60分には樫本に代えて、今週の練習で好調をアピールした中山を投入。さらに攻勢を強めます。根本のクロスに新堀が合わせたヘディングシュートや、88分の中山の技ありシュートは、ゴールに吸い込まれたように見えましたが、相手DFに掻き出されてしまいます。結局、そのままスコアレスドローで試合終了。またもや連勝を逃す結果になりました。しかしながら、久しぶりの無失点。タフな試合展開の中、最後まで高い集中力を保ち、ハードワークできたことは収穫です。相手守備陣を崩してゴールを決めるというところが明確な課題となりました。次節に向けて、しっかりと向き合い、改善を進めていきます。
 本日も沢山のスフィーダファミリーの皆様に力強く後押しいただきました。心から感謝申し上げます。引き続き、皆様の熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年05月20日
[U15]JFA U-15女子サッカーリーグ関東2部 第3節vsTRAUM SVレディースU-15試合結果

○12-0(6-0/6-0)市原、加藤、伴藤、宮崎、宮崎、伴藤、井崎、北村、北村、北村、土屋、加藤

 美しい天然芝に涼しい気温、風なしと最高のコンディションでの試合となりました。早朝出発のアウェイゲームでしたが、全体として体も良く動いていて、結果としては大量得点で勝ち点3を積み上げることができました。
 前節の敗戦から約3週間、ミドルサードでの前進について徹底的にトレーニングを行ってきました。いつもとは異なるメンバー編成、ポジションということもあってか、試合の入りでパスミスが多発してしまいましたが、時間の経過とともにお互いの立ち位置が把握できるようになり、意図的にゴールに向かえるシーンも増えていきました。
 後半の頭でもやや機能不全に陥りましたが、CBからWGに飛ばすパスが増えてからボールの循環が良くなり、さらにそれを闇雲に続けるのではなく、中が空いたらすかさずライン間にボールを配球するなど、的を絞らせない攻撃ができていました。ラスト20分の5得点を自分たちから生み出すことができたのは大きな収穫です。また守備に切り替わった際の即時奪回についても、試合を通して良くできていたので、さらにチームとして習慣化していきます。
 本日も遠方まで応援にお越しいただき誠にありがとうございました。次節も大一番となりますが、選手たちが過去から学び、タフなゲームにおいてどのような振る舞いを見せてくれるのか、非常に楽しみです。保護者の皆様の期待に応えられるよう、また火曜日からトレーニングを積んで参ります。
 
田村智之


2023年05月15日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第10節 試合情報

 今節はオフィシャルサプライヤーであるsfida様による冠試合『sfida「挑戦」MATCH』として開催されます。たくさんのイベントや記念Tシャツの販売も行われます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

sfidaマッチ
・日時 2023年5月21日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・相手 バニーズ群馬FCホワイトスター
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩7分

試合詳細はこちら
sfida様の発表はこちら

2023年05月14日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会 関東予選第2節vs湘南ベルマーレU-18ガールズ試合結果

●0-2(0-0/0-2)

 勝負に徹し、この試合で結果を出すことだけに執着し準備してきました。勝負の中で相手を見極め、相手に対応しつつ、自分達の表現したいサッカーと向き合う努力をしました。良い準備が出来ていた手応えがあったことからも試合結果は痛恨の極みであり、目標へ向けて状況を難しくするものとしてしまいました。油断も慢心も過信も何もなく、相手とは勿論、自分達とも向き合えていただけに結果を導ききれなかった私自身の力不足と理解しています。
 試合は生き物であり、流れがあります。その流れを読み、時にいなし、時に活かす。そして、勝負の境目となる瞬間を1つ1つ丁寧に越えていかなければ勝利には辿り着けません。私たちにも決定機もありましたが相手にも決定機があり、それを活かせたのが相手であったと理解しています。相手の戦術に後手を踏む場面もあり、受け身の試合展開になっていた時間帯もありました。もっと主導的に、闘えるようこのチームの武器であるテクニックに磨きをかけていく必要があると感じました。
 チームも選手もこうしたギリギリの試合を経て成長し、進化していきます。だからこそ、今日のような試合を勝利で終え、成長の伸び代を広げてあげたかったというのが本音です。しかし、今の私達には確実にゲームを制せるだけの実力がなかったことは事実ですし、その事実を真摯に受け止め、自分達で結果を出し続けて行ける集団に進化していくしか道はありません。まだ自力で目標に辿り着く可能性がないわけではありませんし、選手達に投げる・捨てる・諦める、を認めたことはありません。いかなる茨の道でも自分達で進んだ道なのであれば最後まで貫き通すのみです。まだまだここからです。
 本日も朝から応援誠にありがとうございました。このチームは途上の真っ只中にいると思っています。勝ちながら進化し、その真価を磨き続けたいと思っていましたが、上手く行くことの方が少ない勝負の世界だということは十分理解しているので、この上手く行かなかった経験を血肉とし、未来へ進む活力に代えたいと思っています。自分達の未来は自分達で切り拓いていきます。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一


2023年05月14日
[U13]東京都U-15女子サッカーリーグ3部 第1節vs北区さくらガールズ試合結果

◯5-0(1-0/4-0) 箕輪、角鹿、中島、中島、甲斐

 U13初の公式戦は監督不在というイレギュラーな状況でしたが、無事勝利することができました。
前半は短いパスと外回りの攻撃に傾倒してしまい、ゴールに迫る回数が少なくなってしまいましたが、後半は全体としてゴールに向かうプレーが増え、うまく得点に繋げることができていたと思います。
入団時から取り組んでいるサポートの質の部分についても、お互いに声をかけながらプレーできていて非常に良かったと思います。
本日は沢山の応援誠にありがとうございました。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

田村智之


2023年05月14日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第9節vs朝日インテック・ラブリッジ名古屋試合結果

〇2-1(0-1/2-0) 新堀、新堀

 今節は好調・名古屋との対戦。しっかり準備を重ねてきました。立ち上がりの攻防が鍵になると話して送り出しました。
 しかしながら、名古屋の小気味良いパスワークになかなかボールを奪えずに苦しみます。10分を過ぎたあたりから、少しずつスフィーダらしい攻撃を仕掛けられるようになりますが、得点には至りません。33分、右からのコーナーキックに頭で合わされ先制を許します。注意していたセットプレーからの失点。今後の課題となりました。
 ハーフタイムで、望月から怪我明けの田口にスイッチ。勝つためには、ギアを上げて、より攻守において激しさを求めました。
 後半に入ると、一気にスフィーダペースになります。70分、前線からプレッシャーをかけると、相手GKの蹴り出したボールに根本が反応。ヘディングで弾き返すと、新堀が相手DFラインを置き去りにして、見事なループシュート。値千金の同点ゴールを決めます。この得点でさらに勢いづくと、88分カウンター発動。三本の素晴らしいロングフィードで大竹が抜け出すと、新堀へスルーパス。GKとの1vs1を制して、ゴール隅に流し込んで逆転に成功します。残り時間も高い集中力で防ぎ切り、素晴らしい形での逆転勝利を飾ることができました。この試合でなでしこリーグ100試合出場を達成した渡辺にとっても嬉しい結果になりました。
 今日も多くのスフィーダファミリーのおかげで勝点3をゲットすることができました!心から感謝申し上げます。次節もホームゲームとなります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年05月09日
スフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバー新規企業様④

 この度、以下の企業様に新規開設区分となるスフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:カゴメ株式会社
代表者:山口 聡
設立:1949年
事業内容:調味食品、保存食品、飲料、その他の食品の製造・販売
種苗、青果物の仕入れ・生産・販売
所在地:愛知県名古屋市中区錦3-14-15
HP:http://www.kagome.co.jp/

社名:株式会社紀文食品
代表者:堤 裕
設立:1947年9月26日
事業内容:水産練り製品、惣菜類、水産珍味類等の食品製造販売及び食品の仕入販売
所在地:東京都港区海岸2-1-7
HP:https://www.kibun.co.jp/

社名:コンフェックス株式会社
代表者:昆 靖
設立:1950年1月(創業1906年12月)
事業内容:菓子食品総合商社
所在地:東京都渋谷区代々木3-38-7
HP:http://www.confex.co.jp/

社名:ジャペル株式会社
代表者:水野 昭人
設立:1970年8月
事業内容:ペットフード・ペット用品の卸売業
所在地:愛知県春日井市桃山町3-105
HP:http://www.japell.com/

社名:株式会社 日本アクセス
代表者:代表取締役社長 社長執行役員CEO 服部 真也
設立年月日:1993年10月1日
事業内容:食品および関連消費財等の卸売業、食品安全コンサルタント業務、情報処理サービス業務
貨物自動車運送事業
所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガ-デンタワー
HP:https://www.nippon-access.co.jp/

社名:ハウス食品株式会社
代表者:川崎 浩太郎 
設立:2013年4月22日(創業 1913年11月11日)
事業内容:食品製造加工ならびに販売、その他
所在地:東京都千代田区紀尾井町6-3
HP:http://housefoods.jp/

社名:プリマハム株式会社
HP:https://www.primaham.co.jp/


2023年05月09日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様④

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:岩下食品株式会社
代表者:岩下和了
設立:1955年
事業内容:食品の製造・販売・開発
所在地:栃木県栃木市沼和田町23-5
HP:https://iwashita.co.jp/

社名:宝酒造株式会社
代表者:村田 謙二
設立:2002年4月1日
事業内容:酒類、酒精、調味料、その他の食料品及び食品添加物の製造並びに販売など
所在地:京都市伏見区竹中町609番地
HP:https://www.takarashuzo.co.jp/

社名:大王製紙株式会社
代表者:若林 賴房
設立:1943年5月5日
事業内容:日用品雑貨の製造加工並びに販売
所在地: 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グランブルーム
HP:http://www.daio-paper.co.jp/

社名:メルシャン株式会社
代表者:長林 道生
設立:1934年12月4日
事業内容:ワインを中心とした酒類の製造・販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.mercian.co.jp/

社名:雪印メグミルク株式会社
代表者:佐藤 雅俊
設立:2009年10月1日
事業内容:牛乳、乳製品及び食品の製造・販売等
所在地:東京都新宿区四谷本塩町5-1
HP:http://www.meg-snow.com/


2023年05月09日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規企業様④

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:株式会社オカムラ
代表者:代表取締役 社長執行役員 中村 雅之 設立:昭和20年(1945年)10月 事業内容: スチール家具全般、商品陳列機器その他の製造・販売 所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-4-1 天理ビル19F HP:https://www.okamura.co.jp/


2023年05月08日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第9節 試合情報

・日時 2023年5月14日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 スピアーズえどりくフィールド(江戸川区陸上競技場)
・相手 朝日インテック・ラブリッジ名古屋
・交通 東京メトロ東西線「西葛西」駅下車徒歩約15分、または都バス臨海二丁目団地行「清新第三小学校前」下車徒歩約2分

詳細はこちら

2023年05月07日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会関東予選 第1節vsINAC東京レオネッサ試合結果

〇7-1(4-1/3-0) 井藤、島崎、青木、羽柴、青木、石浦、青木

 夏の全国大会への道、日本クラブユース女子サッカー大会関東予選がいよいよ開幕しました。関東圏内の全20チームが5チームずつ4グループに別れ全国大会への出場権(6枠)を競います。各グループ1位は全国大会への出場権獲得、2位は別グループの2位と対戦し勝者がそれぞれ出場権を獲得する形式です。関東は激戦区であり、簡単に勝ち抜けるグループはなく、我々が振り分けられたDグループは
・スフィーダ世田谷FCユース
・JEFユナイテッド市原・千葉レディースU-18
・茨城フットボールアカデミー
・INAC東京レオネッサ
・湘南ベルマーレU-18ガールズ
と、拮抗したレベルの極めて困難なグループとなりました。
 初戦の相手は同じ東京のINAC東京レオネッサ。先に湘南ベルマーレU-18ガールズと試合を消化しており、0-0の引き分けで終えていることから、この試合での勝利は目標達成へ向け非常に有効な結果になると思っていました。
 試合は非常に高い個の力を有する選手を複数抱えている相手に対し、選手達が柔軟に相手の対応の上を行く選択をし続けてくれたこと、戦術的な統制を維持しながら大一番でも臆することなく攻守において非常に高いパフォーマンスを示し続けてくれたこと、などから結果・内容共に納得のいくものを残すことが出来ました。今年のチームはトレーニングマッチなどの実戦を繰り返しながらチームを作ってきたわけではなく、ひたすらにトレーニングで自分達のコンセプトや戦術を反復し習得してきたチームです。例年とは違う作り方でそれが良いのか悪いのか、手探りな部分はあり、トレーニングマッチ数が少ないが故に比較材料なく選手達は自分達の現在地がわかりづらく感じていたかもしれません。それ故、今まさに実戦の度に修正し、確認しながら進み続けることが出来ているので試合毎に成長を感じることが出来ていると思います。この感覚は大事にしたいところです。
 本日も雨の中、応援誠にありがとうございました。まだ試合は3試合残っています。他の強豪クラブを退け、全国へ進めるのか、それともそうではないのか、今はまだ自分達で自分達の未来を決められる状況にあるので、一戦一戦で相手と向き合い、成長を続けることを考えていきたいと思っています。これからも選手達にと共に歩み、選手達が成長して行く時間を見守っていきたいと思っております。来週に迫った第2節でも応援何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一


2023年05月06日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第8節vs愛媛FCレディース試合結果

△1-1(0-1/1-0) 大竹

 今季最高の内容と結果を受けて、連勝を目指していましたが、チャンスを活かし切れずにドロー決着となりました。
 村上を怪我で欠き、柏原をセンターバックで起用し、中盤に今季初スタメンの望月を入れた布陣。立ち上がりから相手陣内に押し込みます。17分に三本のパスに反応した樫本がPKを獲得しますが、自ら蹴ったシュートを止められてしまいます。すると、愛媛が反撃を開始。スフィーダ陣内でFKを獲得すると、こぼれ球に素早く反応して先制点をあけます。またもや、PKを外して相手を勢いづかせ、難しい試合にしてしまいました。
 ハーフタイムに望月から中山にスイッチ。樫本を中央に入れて、活性化を図ります。この修正が効果を発揮するも追いつけません。60分過ぎには、新堀から福永に交代。さらにパワーフルに仕掛けますが、相手守備陣を突き破るには至りません。しかし85分、大竹が渾身の突破を図ると、相手の反則を誘い、この試合2回目のPK獲得。今度は大竹が自らゴールに沈めて追いつきます。残り時間も必死に攻め立てましたが、逆転はかなわず、1-1の引き分けとなりました。怪我人が多く、なかなかチーム状態が上向いていかないのが現状ですが、この試合から学び、次節に繋げていくしかありません。
 本日も沢山のスフィーダファミリーのご声援があってこその勝点1。心から感謝申し上げるとともに、引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。


神川 明彦


2023年05月06日
[U14]東京都U-15女子サッカーリーグ1部 第3節vs修徳中学校試合結果

△0-0(0-0/0-0)

 前節は悪天候により順延となって迎えた第4節。今季勝利することができていない修徳中学校との試合となりました。勝利がないからこそチームとして団結し勢い持ってくることを予測して、こちらも受け身にならず勢いに勢いで勝れるように伝え送り出しました。
第2節と同じく、今節も強風に見舞われた中での試合となり、両者思うようにボールを持つことができず、前線へのシンプルなロングボールでゴールを奪うチャンスを演出しようとします。試合を通して、両チームの守備の粘り強さと闘う気持ちが溢れる展開で決定機が何度か訪れますが決めきれず、GKの好セーブなどもあり得点を奪うことができないままタイムアップとなりました。
1勝1分1敗と思うような結果は出ておりませんが、選手は毎試合闘い逞しく成長していることは間違いありません。このチームで勝利をひとつでも多く掴むことができるように選手との時間大切に過ごしていきます。本日も強風な中での観戦となりましたが、多くの皆様にご声援をいただくことができ心強い限りです。引き続き選手と共に精進して参りますので、変わらぬご声援をお願い申し上げます。

窪田 竜希


2023年05月01日
村上真生選手の負傷

 5/2(火)のトレーニングにて村上真生選手(23歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。村上真生選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:右膝前十字靱帯断裂、外側半月板損傷
全治:8ヶ月間の見込み

2023年04月30日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第7節vsASハリマアルビオン試合結果

○3-0(1-0/2-0) 大竹、柏原、樫本

 今節は好調ハリマとの一戦。怪我人が多い中、チーム一丸となって、日々の練習に取り組んできました。
 立ち上がりから気持ちの入ったプレーを見せるスフィーダ。今季初スタメンの大竹と古巣対決となる新堀の2トップを中心に攻め立てますが、なかなか得点には至りません。このままスコアレスで折り返すと嫌だなと感じていると、40分に樫本がペナルティエリアでファールを誘い、PKを獲得します。これを大竹が落ち着いて決め切り先制します。
 後半に入ると、相手も反撃を試みますが、出足と球際で勝るとともに、高い集中力で防ぎます。疲れの見える相手に対して、右サイドを突破すると、柏原が強烈なシュートを叩き込み、リードを広げます。その後は、完全なスフィーダペースになり、83分に樫本が技ありロングシュートを決めて、勝利を決定づけました。ベンチスタートのフィールドプレーヤーを全員出場させることにも成功。最高の形でホーム初勝利をあげました。
 次節は愛媛FCレディースとのアウェイゲーム。しっかりとコンディションを整えるとともに、今節同様、魂を込めて闘い抜く準備を進めていきます。
 本日も皆様の熱いご声援があったからこその勝利です。引き続き、我々のと共に闘っていただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年04月30日
[ユース]関東U-18女子サッッカーリーグ 第2節vs横須賀シーガルズJOY試合結果

○4-2(0-0/4-2) 島崎、小泉、尾崎、青木

 関東U-18女子サッッカーリーグ第2節はこれまで幾度となく激戦を繰り返してきた横須賀シーガルズJOYとの一戦となりました。ここでの内容で、これまで積み上げてきたものがどのレベルに到達しているのか確認できる試合であろうと想定しており、ここでの勝敗がこのリーグ戦における自分立ち位置も示す道標になると考えていました。
 前半は雨によるスリッピーなピッチコンディションや相手のプレーに対する対応で自分達の強みを発揮しきれずにいました。それでも幾度かの決定機を迎えたものの、決めきるだけの技量と冷静さを欠いた上に、相手GKのファインセーブなどで前半を終えました。
 後半はチームが修正すべきポイントを修正することが出来、自分達がやりたいことを発揮できるシーンが増えました。これも選手達が要求に応え、見事にそれを表現してくれた結果です。選手達の対応力と表現力が素晴らしかったと思います。相手に少ないチャンスから得点を許したことは課題として受け止めますが、試合中の修正も含め、失敗は成功の良薬でしかないと思っています。失敗がなければ、その失敗を越え成長することなどないわけですし、その過程で選手は成長して行くものだと理解しています。だからこそ、トライした失敗は認めてあげたいですし、逆にトライしない失敗こそ失敗でしかないと思っています。そういう意味でも、今日の試合でも成長はあったと思いますし、このチームはこれからもこうして成長を続けていくものだと信じてます。
 本日も応援ありがとうございました。サッカーの聖地西が丘でプレーできる悦びを噛みしめながらプレーできる時間は選手達にとって至福の時間になったことと思います。このチームはもっと高みを目指せるはずです。試合をする度に成長の実感を感じながら歩んでいきたい。そんなチームを目指していきたいと思います。引き続き応援のほど宜しくお願いいたします。

川邊 健一


2023年04月29日
JFA U-15女子サッカーリーグ関東vsちふれASエルフェン埼玉マリU-15 2部試合結果

●0-3(0-2/0-1) 

 関東1部昇格に向けて重要な試合でしたが、全体を通してトレーニングの成果を発揮することなく残念な敗戦となりました。
 意図のないロングボール、ボールホルダーをサポートせず傍観する姿勢など、ボールを保持する上で致命的な数々のプレー習慣について改善に取り組んできましたが、公式戦という舞台で勇気を持ってトライする段階には至りませんでした。
 選手たちが躍動する姿をお見せすることができず大変申し訳ございません。今日のようなサッカーを繰り返さないようまた火曜日からトレーニングを積んで参ります。
 本日も遠方までたくさんのご声援ありがとうございました。

田村智之


2023年04月27日
5月21日(土)スフィーダ世田谷 vs バニーズ群馬 FC ホワイトスター戦 sfida 冠試合『sfidaマッチ』開催のお知らせ

 5月21日(土)に味の素フィールド西が丘(東京都北区)で行われるなでしこリーグ 1 部 第10節 スフィーダ世田谷 対 バニーズ群馬 FC ホワイトスター戦において、オフィシャルサプライーヤであるsfida(株式会社イミオ)による冠試合『sfidaマッチ』を開催いたします。
 当日は来場者の皆様が様々なチャレンジを通じて試合をお楽しみいただけるよう、様々な企 画をご用意します。当日のチケット情報や試合に関する詳細は 5 月 15 日(月)にクラブHPにて発表いたします。
 株式会社イミオ様のリリースはこちら


2023年04月27日
ウォーキングフットボール体験会の中でブラインドサッカーの体験会カーの体験会 活動報告

 4 月 24 日(月)世田谷区希望丘地域体育館3階(世田谷区船橋 6-25-1)で開催された、スフィーダ世田谷ウォーキングフットボール体験会の中でスフィーダ世田谷 BFC はブラインドサッカーのミニ体験会を行いました。

詳細はこちら

2023年04月25日
戸田歩選手の負傷

 4/23(日)プレナスなでしこリーグ1部 第6節vsニッパツ横浜FCシーガルズにて戸田歩選手(25歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。戸田歩選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:左膝前十字靱帯断裂
全治:8ヶ月間の見込み

2023年04月23日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第7節 試合情報

・日時 2023年4月30日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 味の素フィールド西が丘(北区・赤羽)
・相手 ASハリマアルビオン
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼駅」より徒歩7分

詳細はこちら

2023年04月23日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第6節vsニッパツ横浜FCシーガルズ試合結果

●0-3(0-2/0-1)

 好調ニッパツとのアウェイゲーム。前節の反省も踏まえて、入念な準備を進めてきました
 立ち上がりから双方激しい球際の争いが続きます。13分にコーナーキックのセカンドアタックから新堀が倒されてPKを得ます。それを新堀が蹴りますが、ポストに弾かれてしまいます。すると、17分に相手スローインから意外性のあるクロスを入れられると、ファーサイドで合わされ先制を許します。その後は一進一退の展開ながらもスフィーダが相手陣内に押し込む時間が増えます。37分、右サイドからラフなクロスを入れられると、ファーサイドの競り合いから相手に抜け出されて追加点。苦しい状況になります。
 ハーフタイムで、樫本から大竹、中山から村上を交代させて反撃ムードを醸成しますが、後半開始早々に相手にPKを与えてしまいます。しかし、これを石野がビッグセーブで防ぎ、事なきを得ます。その後はニッパツペースに晒されますが、徐々にスフィーダが相手ゴールに迫る場面を増やしていきます。68分に柏原から望月、72分には膝を痛めた戸田に代えて川邉をピッチへ送り出します。76分、左サイドからクロスを入れられると、高さのある相手にヘディングシュートされ、石野が懸命にセーブすると、こぼれ球を押し込まれて、決定的な3点目を献上しました。残り時間も必死に攻めますが、相手の堅い守備のに遭い、そのまま0-3で試合終了。現在の順位通りの結果と内容の試合となりました。しかしながら、前節よりもスフィーダらしさを前面に出した闘いぶりでした。相手の方が強かったのです。その点をしっかり認めて、また一から出直すつもりで練習に取り組んでいくのみです。
 本日も多くのスフィーダファミリーのおかげで、最後まで闘うことができました。心から感謝申し上げます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年04月23日
[U14]東京都U-15女子サッカーリーグ1部 第1節vsFRIENDLY レディース試合結果

○1-0(0-0/1-0) 中山

 リーグ第1節で勝ち点を得ることができず、迎えた第2節。まずは勝ち点3だけを目指してこの1週間取り組んできました。チーム全員が同じ方向を向き、本日の試合へ臨むことができたと振り返ります。
 立ち上がりから向かい風のピッチコンディションで相手に攻め込まれ、DFラインのクリアボールをなかなか前線でキープすることができず、耐えては跳ね返しての苦しい展開が続きます。前半は中盤で我々がボールを握れず苦しい時間帯が多かった中で、後半は選手を入れ替え中盤で相手にボールを握らせないよう伝えて送り出しました。
 後半立ち上がり、味方GKのボールをFWが味方へ繋げると、途中交代の選手から背後へのスルーパス。それを抜け出したFWが右隅へと流し込み待望の先制点を奪います。その後は、相手に中盤でボールを簡単に扱わせない対応はできてきたものの、シンプルな縦への攻撃に後半も耐える時間帯が続きますが、スタートから出場している選手、途中から出場した選手、共に集中した守備で失点を許さず、1-0のまま試合終了となりました。
 第1節、第2節となかなか自分たちの思うような形でゲームを進めない中、本当に選手たちは耐えて集中して闘うことができています。内容はまだまだ改善が必要な部分が多いです。ただ、内容も求めながらも、今のチームには「勝つ」ことがとても必要であり重要な状態でした。そして、この勝利は間違いなくチームとしての自信となり、勢いをもたらしてくれることと信じています。試合を重ねるごとにこのチームの長所と短所がより明確になる中で、自分たちがこの状況を素直に受け止めチーム全体として修正をして次節へと臨んでいきます。
 本日も多くの保護者様にご声援をいただき、選手たちと勝利を掴み取ることができました。次節も本日以上の攻撃力と守備力を発揮して誰よりも闘う姿勢を魅せることができるよう練習を重ねていきますので、引き続き変わらぬご声援の程よろしくお願いいたします。

窪田 竜希


2023年04月20日
なでしこリーグ1部開幕戦の試合会場で ブラインドサッカーの体験会 活動報告

 4 月 16 日(日)AGFフィールド(東京都調布市)で開催された、2023 プレナスなでしこリーグ1部第5節の試合会場にて、スフィーダ世田谷 BFC はキックターゲットとブラインドサッカー体験会を行いました。

詳細はこちら

2023年04月16日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第5節vs日体大SMG横浜試合結果

△1-1(0-1/1-0) 大竹

 第5節の相手日体大SMG横浜は技術の高い選手が揃う好チーム。前節はオルカ鴨川にドローと、力のあるところを見せています。スフィーダはホームでの勝利と連勝を目指し、準備を重ねてきました。
 立ち上がりから相手陣内で攻撃を仕掛けますが、4分、渡辺のパスが合わずに失うとその流れから綺麗に決められて、自ら難しい試合にしてしまいます。リズムを失うとなかなか取り戻すことができないのが、いまのスフィーダ。相手の守備陣の弱みを突くことができずに、カウンターを受けて苦しみます。前半は、今季最悪の内容。ハーフタイムでは、厳しく指摘し、発破をかけました。
 後半に入ると、交代出場の田口、ポジション変更した中山らが躍動し、相手ゴールに迫りますが、相手GKの好守に遭います。すると、52分、田口が相手選手との接触で交代を余儀なくされます。村上を入れて、反撃を続けますが、なかなか良い形を作れません。72分、中山に代えて大竹を入れ、活性化を図ります。そして、迎えた90分。右サイドで得たF K。倉富が入れたところに大竹がドンピシャのタイミングで飛び込み、ヘディングシュートを叩き込んで追いつきます。残り時間も懸命に攻撃しましたが、試合終了。最低限の勝点1を獲得するに留まりました。
 この日の前半の戦いぶりを深く反省し、次節に繋げていくしかありません。最後まで熱いご声援をいただき、誠にありがとうございました!サポーターの皆様の後押しがあってのドロー決着。この試合の学びを活かすべく、チーム一丸となって進んでいきます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年04月15日
[ユース]関東U-18女子サッッカーリーグ 第1節vs湘南学院高等学校試合結果

○3-2(2-1/1-1) 羽柴咲、尾崎、羽柴咲

  第1回関東U-18女子サッカーリーグ第1節のゲームを経て2023シーズンスフィーダ世田谷FCユースの公式戦が始まりました。当面はこの関東U-18女子サッカーリーグと日本クラブユース女子サッカー大会関東予選の2つの大会を闘うことになりますが、クラブとしましては毎年の闘う場所を決めるリーグ戦は最も重要な位置づけとしています。しかも、このリーグ戦はレベル向上の一環で過酷なレギュレーションとなっています。
全8チームで争われる同リーグは

1・2位 1部への自動昇格
3・4位 2部残留
5・6・7・8位 都県リーグへの自動降格

これだけ熾烈を極めるリーグ戦もなかなかないと思いますが、それ故に勝ち抜きことにも価値と成長を見出せると考えています。
 今節はこれまで対戦経験のなかった湘南学院高等学校との一戦。今シーズン初めての公式戦、初めての90分ゲーム、初めての対戦相手など、初めて尽くしの試合となりました。特に先発させた2名の中学生選手、開始10分から出場することになった(負傷交代)中学生選手達にとっては未知の領域の試合時間であり、どこまでできるのか戦況を見極めながら調整する必要がありました。また本日は朝から降りしきる雨でどうしてもピッチ内は水溜りとなり、このチームの武器であるパスやドリブルといった武器を奪われての試合となりました。翼をもがれた状態での試合となり、フィジカル対決の苦しいゲーム展開になることは予想していましたが、予想に反し、多少、下が使えた前半戦でテクニックを駆使して2得点。ゲームの主導権を握りながら闘うことが出来ました。しかし、そこから前後半で2失点。雨脚の強まる戦況の中、後半はサッカーにならないほどのピッチコンディションになってしまいましたが、85分に少ないチャンスから勝ち越し勝負をモノにすることが出来ました。初のことが数多く、更には自分達の強みを出し辛い戦況の中、最後まで諦めず粘り強く闘ってくれたことは素晴らしかったと思います。またこうした難しいゲームを勝ち切れた経験は今後のユースチームへの大きな力となると感じています。価値のある一勝でした。
 本日は荒天の中、選手達をサポート頂きましたご家族に皆様方、誠にありがとうござました。選手達がいつも全力でプレーできるのも支えて下さるご家族の皆様のお力添えのお陰です。私はその恵まれた選手達の成長を日々感じ、そして、その瞬間に触れ、刺激ある日々を送らせて頂いております。これからも選手達の成長の一助となれるよう全力でフォローさせて頂きますので、皆様方におかれましても引き続き熱い応援を賜りますようお願い申し上げます。

川邊 健一


2023年04月15日
JFA U-15女子サッカーリーグ関東vsフォルトゥナVogelU-152部試合結果

○10-0(3-0/7-0) 高里3、宮崎2、北村、丸井、伴藤、オウンゴール

 U15選抜として初めての公式戦でしたが、無事勝利で終えることができました。水溜まりが広がるピッチコンディションで、アウェイでのリーグ初戦、対戦相手の情報も少ないという状況でしたので、あらゆる不測の事態にも動揺せずに80分戦い抜くことを全体で共有しました。
 前半は相手の戦い方を探りながらの試合となりましたが、後半は交代選手が機能し、最終的に点差が開く形となりました。本日の試合に限ったことではありませんが、インサイドキックやインステップキックといった基礎的なボールを蹴る技術のクオリティが及ばず、多くの決定機をゴールに繋げることができませんでした。長期のリーグ戦において勝ち続けるためには安定した技術は不可欠であり、少なくとも関東リーグは勢いだけで攻略できるほど甘いリーグではないと考えています。正確な技術は一朝一夕に身につくものではないからこそ、このU15年代で徹底的に追求し、ユース年代でより質の高いサッカーを表現できるよう、また来週からトレーニングを積んで参ります。
 本日も遠方まで応援、それからご送迎をいただきありがとうございました。最近のトレーニングマッチでは敗戦が続き、チーム状態についてご心配をおかけしたかもしれませんが、選手達は格上の相手に必死にくらいつき、試合ごとに多くのことを学んでいます。失敗から反省をし、改善に繋げる素直さがU15の選手には備わっておりますので、これからも偽りの成功を積み重ねるのではなく、本物になるための失敗ができる環境を提供していきたいと思います。私自身も日々選手達から学び、選手達の成長に足並みを揃えられるよう努めて参りますので、今後も温かく見守っていただけますと幸いです。
 引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

田村智之


2023年04月15日
東京都U-15女子サッカーリーグ1部 第1節vsジェファFC Sonho試合結果

●0-1(0-0/0-1)

 新チームを始動してから約1ヶ月半が経ち、本日初の公式戦を迎えました。選手たちと創り上げてきたスタイルを存分に発揮し、勝利だけを目指して試合へ送り出しました。
 このチームのストロングポイントは、前線からのハイプレスによりチーム全体へ勢いもたらし相手ゴールへ襲いかかること。雨天の中、水溜りがあるイレギュラーなピッチコンディションでしたが、全員が同じ方向を向き、立ち上がりからハードなプレッシングをかけ続けます。両者、一進一退の攻防を繰り広げる中で最後の局面では体を張り、両者なかなかゴールを奪えない状態が続きます。終盤、1点を先取したチームに勝利が近づく雰囲気の中、カウンターアタックから痛恨の失点。苦しい時間帯で失点を許してしまいました。そのままタイムアップとなり、新チーム初戦の公式戦を黒星で終える結果となりました。
 耐えて失点を許していない時間帯に先制点を奪うことができていれば、展開は違った形へと繋げることができた内容でした。チームの課題として、得点を奪う部分を更に磨き上げていかなければ、こういった苦しい展開で勝利を手繰り寄せるのは難しくなってしまいます。素直に現時点のレベルを受け止め、日々の活動に取り組んで参ります。
 本日は遅い時間帯のキックオフにも関わらず、多数の保護者様に足を運んで頂き、誠にありがとうございました。ご覧頂いたように選手たちは逞しく戦う姿勢を貫いておりました。だからこそ、あれだけの試合後の悔しさがあると思います。この悔しさを噛み締め、次節はチーム一丸で勝利を掴み取りにいきます。引き続きご家庭でのサポート、ご声援のほど賜りますようお願い申し上げます。

窪田 竜希


2023年04月09日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第5節 試合情報

・日時 2023年4月16日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 AGFフィールド(飛田給)
・相手 日体大SMG横浜
・交通 京王線「飛田給駅」より徒歩10分

詳細はこちら

2023年04月09日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第4節vsスペランツァ大阪試合結果

○3-1(2-1/1-0) 新堀、新堀、中山

 前節の悔しい逆転負けをバネにして、チーム一丸となって準備してきました。相手のカウンターアタックへの備えがポイントでした。
 立ち上がりからスフィーダが押し込む展開。10分には樫本のミドルシュートがクロスバーに弾かれるも、こぼれ球への素早い反応からPKを獲得します。これを新堀がポストに当ててゴールとはなりません。すると、15分にスローインから抜け出されてクロスを許すと、見事なダイビングベッドで決められリードされます。難しい展開になるかと思った直後の17分に中山のクロスに飛び込んだ三本が倒されて、再びPK獲得。新堀がゴールに叩き込み同点とします。それからは一進一退の攻防が続きました。27分、中盤の激しい守備でボールを奪うと、三本から新堀にスルーパス。これを巧みなシュートでゴールに流し込んで逆転します。
 ハーフタイムで田口と村上を入れて、さらに強度を上げます。77分、石野のキックを起点にして、村上、田口、中山と繋いで新堀が抜け出しクロス。村上がスルーした先には中山。体勢を崩しながらも技ありのループシュートを沈めて、試合を決定づけます。その後は、望月、川邉、福永を交代出場させて、試合を締め括ることに成功。苦しみながらも、しっかりと勝ち点3をゲットすることができました。多くの怪我人を抱えながらも、チーム一丸となって戦い抜いた選手たちを誇りに感じます。
 次節に向け、隙なく準備を進めていきます。引き続き、皆様の熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します!

神川 明彦


2023年04月09日
長﨑茜選手の負傷

 4/6(木)のトレーニングにて長﨑茜選手(28歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。長崎茜選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:右第5中足骨骨折
全治:12週間の見込み


2023年04月06日
荒川区社会福祉協議会親子ボランティア講座 「目の見えない人、耳の聞こえない子と一緒に遊ぼう」活動報告

 3 月 29 日(水)アクロスあらかわ(東京都荒川区)で開催された、荒川区在住の親子向け講座「目の見えない人、耳の聞こえない子と一緒に遊ぼう」にスフィーダ世田谷 BFC の小岩井、内田、新田、南雲、稲田の5選手は体験者として、鈴木康夫、鈴木由香はスタッフとして参加しました。

詳細はこちら

2023年04月02日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第3節vsオルカ鴨川FC試合結果

●2-3(2-0/0-3) 樫本、新堀

 今節は好調のオルカ鴨川とのホームゲーム。入念な準備を進めてきました。
 立ち上がりはオルカに押し込まれる展開ですが、倉富や長崎が粘り強い対応で防ぎます。5分もすると、徐々にスフィーダペースへ。新堀と樫本を中心に相手陣内深くまでボールを運びます。22分、スローインから倉富が相手をかわしてクロスを入れると、ニアに懸命に飛び込んだ樫本が技ありのヘディングシュートを流し込み、先制します。28分には、右サイドを崩し、根本からのクロスを新堀が巧みなコントロールから、見事なシュートを突き刺してリードを広げます。前半はほぼパーフェクトな内容で、そのまま2-0で終了しました。
 後半に入ると、相手の反撃に遭います。53分CKからヘディングで合わされて1点返されます。そこから勢いに乗る相手に対して、なかなかペースを取り戻すことができず、73分、80分と連続失点。最後まで力を振り絞って戦い抜きましたが、そのまま2-3で試合終了。上位進出を窺う中で、手痛い敗戦となりました。
 次節に向けては、前半の戦いを、後半含めて90分間やり抜くことが大切だと考えています。リーグ戦の鉄則は連敗しないこと。心身ともに切り替えて、来週のスペランツァ大阪戦に向けて、最適な準備を進めていきます。みなさまの変わらぬご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年03月31日
スフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバー新規企業様③

 この度、以下の企業様に新規開設区分となるスフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:味の素株式会社
代表者:藤江 太郎
設立:1925年12月17日
事業内容:食品、アミノ酸、医薬品等の製造及び販売
所在地:東京都中央区京橋1-15-1
HP:https://www.ajinomoto.com

社名:味の素AGF株式会社
代表者:竹内 秀樹
設立:1973年8月1日
事業内容:飲食料品の製造、販売
所在地:東京都渋谷区初台1-46-3 シモモトビル
HP:http://www.agf.co.jp/

社名:伊藤ハム株式会社
代表者:伊藤 功一
設立:1928年4月
事業内容:食肉加工品の製造及び販売食肉の加工及び販売調理加工食品、惣菜類の製造及び販売
所在地:東京都目黒区三田1-6-21アルト伊藤ビル
HP:http://www.itoham.co.jp/

社名:エバラ食品工業株式会社
代表者:森村 剛士
設立:1958年5月
事業内容:調味料食品の製造販売
所在地: 横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス14階
HP:https://www.ebarafoods.com/

社名:株式会社クレオ
代表者:横井 司
設立:1968年12月
事業内容:マーケティングおよび広告・プロモーションのトータルエージェンシー
所在地:東京都千代田区丸の内2-5-1丸の内2丁目ビル5F
HP:https://kreo.jp/

社名:森永乳業株式会社
代表者:大貫 陽一
設立:1949年4月13日
主な事業内容:牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造、販売
所在地:東京都港区芝五丁目33-1
HP:http://www.morinagamilk.co.jp/


2023年03月31日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規企業様③

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:株式会社オリコミサービス
代表者:代表取締役社長 長屋 和男
 ※4月より桜井 浩一 
設立:1973年3月1日
事業内容:広告業、運送事業、ドローン事業
所在地: 東京都中央区銀座3-9-11
HP:https://www.orikomi.co.jp/

社名:株式会社ロッテ
代表者:午膓栄一
設立:1948年
事業内容:菓子、アイスクリーム、健康食品、雑貨の製造および販売
所在地:東京都新宿区西新宿3-20-1
HP:https://www.lotte.co.jp/


2023年03月31日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様③

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:エステー株式会社
代表者:鈴木 貴子
設立:1948年8月31日
事業内容:生活日用品の製造、販売
所在地:東京都新宿区下落合1-4-10
HP:http://www.st-c.co.jp/

社名:キリンビール株式会社
代表者:磯崎 功典
設立:2007年7月1日
事業内容:酒類の製造、営業、販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.kirin.co.jp/

社名:STAND UP 株式会社
代表者:阿形 昌樹
設立:2020年11月17日
事業内容:広告プロモーションにおける映像・WEBサイト・VR・CG制作・アプリ開発等
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス 17F
HP:https://standup-jpn.com/

社名:サンスター株式会社 リテール統括部 首都圏支店
代表者:森 智樹
設立:1950年11月
事業内容:歯磨、歯ブラシ、デンタルリンス、ヘアケア・スキンケア製品、食品、石けん・洗剤、化学品等の製造販売
所在地:東京都港区芝3-8-2芝公園ファーストビル21階
HP:http://jp.sunstar.com/

社名:ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
代表者:時松 浩
設立:2012年3月30日
事業内容:飲料水及び食品事業、外食事業、その他
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-1
HP:https://www.pokkasapporo-fb.jp/

社名:株式会社ヤマタネ
代表者:山﨑 元裕
設立:1924年7月
事業内容:倉庫業、主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律に基づく主要食糧卸売販売業
所在地:東京都江東区越中島1-2-21
HP:https://www.yamatane.co.jp/


2023年03月27日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第3節 試合情報

・日時 2023年4月2日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 AGFフィールド(飛田給)
・相手 オルカ鴨川FC
・交通 京王線「飛田給駅」より徒歩10分

詳細はこちら

2023年03月25日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第2節vs大和シルフィード試合結果

○3-0(1-0/2-0) 樫本、長﨑、村上

 前節は終了間際の失点で悔しいドロー。今節はなんとしても勝ち点3をもぎとろうと、準備をしてきました。
 立ち上がりから、球際の争いで勝り、相手ゴールに迫ります。幾度もコーナーキックやフリーキックを獲得し、チャンスを迎えるものの、なかなか決定機には到りません。38分、左サイドのスローインから、金子が鋭いミドルシュートを放つと、ポストの跳ね返りを樫本がしっかりと押し込み、待望の先制点をゲットします。
 後半に入ると、大和の反撃に遭いますが、ディフンダー陣とG K石野の身体を張った守備で防ぎます。55分、樫本に代えて、得点力と高さのある村上を入れて追加点を奪いにいきます。64分、CKを得ると、渡辺のキックに柏原が頭で折り返したところに長崎がうまいヘディングシュートをゴールにねじ込んで、リードを広げます。83分、疲れの見える新堀に代えて、中山を投入。直後の86分、中山の巧みな守備から村上へつなぐと、技ありのループシュートで3点目。勝利を決定づけます。残り時間も攻撃的姿勢を貫いて、そのまま試合終了。今季初勝利となりました。この試合のポイントはふたつ。前半に先制できたことと、後半の相手の反撃を粘り強い守備で得点を許さなかったことです。
 次節に向けて、良い準備を進めていきます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年03月24日
なでしこリーグ1部開幕戦の試合会場でブラインドサッカーの体験会 活動報告

 3 月 19 日(日)駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で開催された、2023 プレナスなでしこリーグ1部開幕戦の試合会場にて、スフィーダ世田谷 BFC はブラインドサッカー体験会を行いました。

詳細はこちら

2023年03月20日
スフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバー新規企業様②

 この度、以下の企業様に新規開設区分となるスフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:中野冷機株式会社
代表者:山木 功
設立:1946年2月(創業1917年4月)
事業内容:冷凍・冷蔵ショーケース、冷凍機、業務用冷蔵庫および同応用製品の設計・製造・販売・据え付け工事とアフターサービス、ならびに建築・設備工事 所在地: 東京都港区芝浦2-15-4
HP:http://www.nakano-reiki.com//


2023年03月20日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:株式会社 日経ピーアール
代表者:山崎 敬一
設立:1961年4月10日
事業内容:広告代理業
所在地:東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル
HP:https://www.nikkeipr.co.jp/

社名:福田リニューアル株式会社
代表者:成田 浩
設立:平成8年7月1日
事業内容:1.建物の調査・診断 2.建物改修・耐震工事 3.新築工事 4.給排水衛生設備・空調設備工事 5.電気工事6.上記工事の設計・監理 7.不動産の売買、交換、賃貸、及びその仲介ならびに管理
所在地:東京都千代田区九段北3-2-4 メヂカルフレンドビル3F
HP:https://f-rn.co.jp/


2023年03月20日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:味の素冷凍食品株式会社 
代表者:寺本 博之
設立:2000年10月1日
事業内容:冷凍食品の研究開発、製造、販売
所在地:東京都中央区銀座7丁目14番13号 日土地銀座ビル
HP:https://www.ajinomoto.com/

社名:大塚食品株式会社
代表者:池内 呉郎
設立:1955年5月19日
事業内容:食品・飲料の製造、販売、及び輸入販売
所在地:大阪市中央区大手通3-2-27
HP:http://www.otsukafoods.co.jp/

社名:株式会社世田谷自然食品
代表者:河西 英治
設立:2001年7月
事業内容:健康補助食品・自然派化粧品・自然派食品の通信販売
所在地:東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエア 21階
HP:https://www.shizensyokuhin.jp/

社名:東京新宿ベジフル株式会社
代表者:遠藤 貢司
設立:2005年6月1日
事業内容:青果物卸売業
所在地:東京都新宿区北新宿4-2-1 東京都中央卸売市場淀橋市場
HP:http://www.vf-shinjuku.jp/


2023年03月20日
スフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバー新規企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:ファーストモニター株式会社
代表者:吉田 広明
設立:平成17年8月2日
事業内容:IT関連全般
所在地: 東京都豊島区目白4-36-8 グリーン目白201
HP:https://firstmonitor.co.jp


2023年03月20日
スフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバー更新企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:住商ファーマインターナショナル株式会社
代表者:代表取締役社長 奥山 勝也
設立:1949年11月21日
事業内容:
1.医薬品、医薬部外品、医療機器、食品添加物、それらの原料およびバルク・最終製品の輸出入・販売
2.創薬支援ツールとしての動物・植物・微生物の細胞・組織、解析機器の輸入販売、および関連するバイオロジーサービスの仲介・斡旋
3.医薬開発・新薬ライセンスに関するコンサルタント業ならびに仲介
所在地:東京都千代田区一ツ橋1-2-2
HP:http://www.summitpharma.co.jp


2023年03月19日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第1節vs静岡SSUボニータ試合結果

△1-1(0-0/1-1) 新堀

 2023プレナスなでしこリーグ開幕戦。聖地・駒沢に2407名ものお客様にご来場いただいた中での試合は、1-1のドローとなりました。多くの皆様のお力添えに心から感謝申し上げます。ありがとうございました!
 開幕戦特有の雰囲気の中でキックオフ。立ち上がりから、スフィーダらしいハイプレスを敢行。ボールを奪って素早く相手ゴールに迫りますが、ラストバスに精度を欠きます。相手のバックパスを三本がカットして、GKと1対1のチャンスを迎えますが、シュートは枠の外へ。なかなか得点には至りません。反対に相手2TOPにかき回されるシーンもあり、一進一退のまま後半を迎えます。
 後半に入ると、緊張から解き放たれたスフィーダイレブン。幾度となく相手ゴールに迫り、決定機を作り続けます。58分に樫本から村上にスイッチ。ヘディングの強さにも期待が集まります。79分、左CKに新堀がうまく合わせて、待望の先制点。駒沢が沸きました。そのまま試合を締めにかかりましたが、90分+4分に、中盤でボールを奪われ、カウンターからまさかの失点。そのまま1-1で試合終了。悔しいドロー決着となりました。
 しかしながら、難しいホーム開幕戦で勝ち点1を獲得。最後まで攻撃的な姿勢を貫いた選手たち。この試合からしっかりと学び取り、次節に向けて、最善の準備を進めていくことがとても大切です。引き続き、皆様の熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦


2023年03月18日
世田谷区立三宿小学校でブラインドサッカー体験会 活動報告

 3 月 11 日 (土)世田谷区立三宿小学校にて、4 年生の 40 名に、見えない世界の体験、ブラインドサッカーのボールを使ったゲームや遊びの体験会を行いました。

詳細はこちら

2023年03月15日
2023モデル2ndユニフォーム受注生産受付開始のご案内︎

 2023モデルユニフォームの受注生産申込み受付を本日より開始(FP/GK 2nd)致します。オリジナルネーム&オリジナルナンバーで制作できるのはスフィーダ世田谷オンラインショップのみ!是非、お買い求め下さい。

・お申込み
 せたがやいち スフィーダ世田谷オンラインショップ
https://www.setagaya-1.com/sfida/_pc/


・受付期間
 2023年3月15日(水)~3月19日(日)17:00

・販売価格(税込)
 一般価格 S~3XL(FP/GK) ¥16,500-
 会員価格 S~3XL(FP/GK) ¥15,000-

・納期
 5月上旬納品予定

2023年03月13日
2023プレナスなでしこリーグ1部 第1節 試合情報

・日時 2023年3月19日(日)13:00キックオフ(有料)
・会場 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
・相手 静岡SSUボニータ
・交通 東急田園都市線「駒沢大学駅」より徒歩15分

詳細はこちら

2023年03月12日
[U14]東京都ガールズU-14大会決勝 十文字中学 試合結果

●1-1(0-1/1-0) 延長0-0 PK3-4

 一歩及ばず悔しい敗戦となりました。決勝戦ということでウォーミングアップ時はやや緊張感が見られましたが、試合の入りもよくプラン通りにゲームが進められたと思います。1点ビハインドとなってからは高い位置からボールを奪いに行く時間帯が続き、素晴らしい崩しから同点としましたが、勝ち越しまでは至りませんでした。
 優勝という結果を掴み取ることができなかったことは残念ですが、選手たちが感情を爆発させて戦う姿も見られ、この時期にこういった質の高いゲームができたことは本当に大きな収穫です。3月後半も多くのトレーニングマッチが組まれていますので、また一試合ずつ積み重ねて参ります。
 本日も遠方まで応援にお越しいただきありがとうございました。U15の始動からまだ2週間足らずですが、日に日にできることが増える選手たちは頼もしい限りです。本日のようなタフなゲームでも勝利をもぎ取るチームに進化していきたいと思います。引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

田村 智之

2023年03月10日
[U14]エリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプメンバーに選出

 以下の通り、U14所属の尾崎 美有(中1)がエリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプメンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:尾崎 美有(おざき みう)
年齢:13歳
ポジション:FW
 
期間:2023年3月13日(月)~16日(木)
会場:高円宮記念JFA夢フィールド
公式発表:https://www.jfa.jp/news/00031729/


2023年03月09日
[ユース]U-16日本女子代表メンバー JENESYS U-17 Women’s Football Memorial Cupメンバーに選出

 以下の通り、ユース所属の佐久間 莉代(中3)がJENESYS U-17 Women’s Football Memorial CupのU-16日本女子代表メンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:佐久間 莉代(さくま りよ)
年齢:15歳
ポジション:MF
 
期間:2023年3月14日(火)~22日(水)
会場:沖縄県
公式発表:https://www.jfa.jp/news/00031715/


2023年03月07日
スフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバー新規企業様

 この度、以下の企業様に新規開設区分となるスフィーダ12メンバーズ法人プラスワンメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。

社名:加藤産業株式会社
代表者:加藤 和弥
設立:1947年8月22日
事業内容:総合食品卸売業、カンピー製品製造発売元
所在地:東京都大田区大森中1-2-28 大森町ビル7F
HP:http://www.katosangyo.co.jp/

社名:国分首都圏株式会社
代表者:南 博貴
設立:1928年1月12日
事業内容:酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか
所在地:東京都中央区日本橋1-1-1
HP:https://www.kokubu.co.jp/shutoken/

社名:スターゼン株式会社
代表者:横田 和彦
設立:1948年6月17日
事業内容:食肉の加工・販売、食肉製品・食品の製造・販売等
所在地:東京都港区港南2-5-7
HP:https://www.starzen.co.jp/

社名:株式会社髙山
代表者:髙山 時光
設立:昭和31年5月1日
事業内容:菓子、食品の販売
     菓子、食品等の企画販売事業
     包装資材の販売事業
     前各項に付帯関連する事業
所在地:東京都台東区西浅草3-24-6
HP:https://www.takayama-inf.com/

社名:株式会社マーケティングフォースジャパン
代表者:横山 秀樹
設立:1969年9月10日
事業内容:
・新製品開発並びに販売に関する市場調査
・量販店、百貨店における店頭管理に関わるコンサルティング事業
・店頭販売、店頭販促、各種プロモーション企画の立案並びに運営
・広告代理業
・一般労働者派遣事業
・有料職業紹介事業
・油脂類、油粕類、各種食品、飼料、肥料および油脂化学製品の販売事業
所在地: 東京都中央区日本橋茅場町2-13-13 JRE茅場町二丁目ビル8F
HP:http://www.mfj-inc.co.jp/

社名:株式会社ミツハシ
代表者:三橋 美幸
設立:1951年10月1日
事業内容:米穀、炊飯・加工商品・輸入米の販売
所在地:神奈川県横浜市金沢区幸浦2-25
HP:http://www.3284rice.com/



ニュースアーカイブへ >