ニュース

スフィーダSNSではリアルタイム最新情報から
選手たちの意外な一面までお届けしてます。


ニュースアーカイブ:

2022年09月28日
ギフティング(投げ銭)でアウェイゲーム第20節 伊賀FCくノ一戦を応援しよう!

■イベント内容
 今節のアウェイマッチもチーム・選手にギフトを贈ることで、直接応援を届けることができるギフティングを行います!プレナスなでしこリーグ第20節vs伊賀FCくノ一戦もチームを、選手をギフティングでサポート頂けますと励みになります。熱い応援のほど宜しくお願い致します!

■イベントURL
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3861

■イベント期間
 9月28日(水)19時00分00秒~10月3日(月)23時59分59秒
※エントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
【選手サイン入りタオルマフラー】
対象:イベントにエントリー&1選手毎に合計5000ポイント相当以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:第20節のプレーフォトデータ&スタメン集合写真(※どちらもデジタルサイン入り)
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に5000pt相当以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像をプレゼント

【プレーフォトデータ&スタメン集合写真】
対象:イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント相当以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:今シーズンのプレーフォトデータ&スタメン集合写真(※どちらもデジタルサイン入り)
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に1000pt相当以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像をプレゼント

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年09月25日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第19節vs愛媛FCレディース試合結果試合結果

○2-1(1-0/1-1) 柏原、樫本

 前日の首位・伊賀の結果を受け、さらに難しい試合になることを想定していました。
 立ち上がりから堅さが見られますが、粘り強い守備で失点を許しません。すると19分、柏原のFKを相手GKがキャッチするも、副審がゴールインのサイン。幸運な形で先制します。そこから、本来の動きを取り戻し、相手ゴールに迫りますが、そのまま前半を折り返します。
 後半立ち上がり、不用意な守備からCKを与えると、手痛い失点を喫し、試合は振り出しとなります。69分、こう着状態を打破すべく、中盤の三本、柏原、長崎を安田、田口、中山に一気に交代。これが功を奏して、流れを引き戻すことに成功。ヒヤッとする場面もありますが、GK石野の好セーブもあり、試合終盤に突入します。そして、90分+4、金子がワンタッチで出したパスのこぼれ球に樫本が反応。相手DFと競り合いながら、右足アウトサイドで巧みなシュート。これがゴールポストを叩いてゴールイン。劇的な勝ち越し点になります。愛媛のキックオフと同時に試合終了。苦しみながらも勝ち切ることに成功。伊賀と同勝ち点ながら、得失点差で上回り、首位奪取となりました。
 本日も多くのスフィーダファミリーに駆けつけていただき、心から感謝申し上げます。次節は前回対戦で敗れた伊賀との試合です。チーム一丸となって、隙なく準備を進めてまいります。引き続き、皆様の熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年09月25日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第3節日本女子体育大学試合結果

○9-0(4-0/5-0) 島崎、水本、羽柴、水本、荒川、羽柴、奈良嵜、石浦、水本

 東京都女子サッカーリーグ第3節は古豪日本女子体育大学との一戦。これまで積み上げてきたことを発揮することを前提とし、結果・内容共に求め成長の一端にしたいゲームでした。
 試合は前半から主導権を握り続けることが出来ていましたが、距離間の修正や、相手システムに対する順応に多少の時間を要しました。それでも時間を重ねるごとに選手たちがピッチ上で判断し、正しいプレーを選択できるシーンが増えていったことは成果であり、得点を重ねた姿はこの試合で観たいモノの一つでした。この試合を越え、一つ大人のチームに近づくきっかけを得た試合になったように思いますし、これからも勝利を意識した中での成長を感じ続けて行きたいと思っています。
 本日もたくさんの応援誠にありがとうございました。次戦は10月2日(日)に控える同リーグ第4節となります。次戦もここまでトライし続けている自分達の課題と向き合い、少しでも成長を感じられる内容を作り上げていきたいと思っています。引き続きご声援を賜りますようお願い申し上げます。

川邊 健一


2022年09月25日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会 東京都予選決勝戦 ジェファFC Sonho試合結果

◯4-2(1-1,3-1) 松澤、松澤、佐藤、尾崎

 関東大会出場を決めた準決勝から三週間。台風の影響による日程変更もありましたが、チームは修正と強化に充てる時間が十分にあり有意義かつ緊張感を保てた期間でした。特に攻撃の組み立てと崩しに関しては時間を割きトレーニングを重ねてきたため、一定の成果と期待を持って臨んだ一戦でした。
 相手はリーグ戦で黒星を喫したジェファFC。難しい試合になることは選手とも共有し、我慢の時間、失点することも想定に含めました。ただしゲームプランとしては多くの得点を取り優勝すること、その得点力があるチームだと自信を持ち臨むことを目指し送り出しました。
 ファーストシュートを放つなど、攻撃の入りは悪くないものでした。しかし守備、特にボールへのプレッシャーや連続性の弱さ、セカンドボールへの反応・回収が鈍く消極的な姿勢が相手を自由にしてしまいました。そのため先制は枚数がいる状況でのDF背後を突かれたもので、何か相手に流れがあった時間帯でもありません。その後も守備のスイッチが入りきらないまま五分五分の時間が経過し、お互いに相手を探りながらどこか怖がりながら安全な試合運びをするような展開に感じました。前半終了前の同点弾は、ようやく積極的にゴールへ仕掛けたことがきっかけで生まれたシーンにて、HTに仕切り直すこととなります。
 前半は攻守の切り替えがほとんどなく、野球の表裏を繰り返しているような展開であったこと、本来守備からリズムをつかむのが自分達のスタイルであるため、そこからやり直すことを確認し再出発します。
 後半開始後3分の逆転ゴール、8分の追加点は、共に高い位置でのプレスから生まれました。運動量は前半より圧倒的に求められる守備ですが、ボール奪取の数に比例してシュート数も格段に上がった結果が後半18分の4得点目までつながりました。勝因は相手が適応するまでのこの時間帯にゴールを奪い続けられたことだと振り返っています。前半でそれをイメージしていただけに課題は残りましたが、この強度を続けられることを今後も目指すべきだと考えています。交代選手もそれぞれ難しい入りが求められましたが、これまでの経験やトレーニング積み重ねの成果を出し役割を担ってくれました。
 思うような試合運びや展開でもなく、課題のある内容でしたが、強いチームはそれでも自力で勝つ力があるものです。今回の東京都予選のメンバー達はその力を証明してくれたことで優勝タイトルを掴みました。この結果は次のステージで活かされるものですので、今は選手達に称賛を送るとともに更に高みを目指す取り組みをしていきたいと思います。
 決勝戦も応援制限のある状況でしたが、それでもたくさんの応援に駆け付けてくださり誠にありがとうございました。直接声は届かなくとも、応援と期待を受けていることを理解して試合に臨んでいます。続く関東大会もどうぞ選手達の応援をお願い申し上げます。ありがとうございました。

山田岳暁


2022年09月24日
トップチーム選手1名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。尚、当該選手達は適切な対策のもとで自宅療養しております。

陽性判定日:
9月24日(土) 1名


2022年09月21日
「体験! ウォーキングサッカー」 参加活動報告@宮坂区民センター

 9月17日(土)宮坂区民センターで開催されました、ウォーキングサッカー体験会に、瀧下まひる選手、川邉汐夏選手が参加しました。

詳細はこちら

2022年09月19日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第19節 試合情報

・日時 2022年9月25日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 味の素フィールド西が丘
・相手 愛媛FCレディース
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼駅」より徒歩7分

詳細はこちら

2022年09月18日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第18節vsセレッソ大阪堺レディース試合結果

○2-1(2-1/0-0) 三本、大竹

 今節は、来季WEリーグへの参入が決まったセレッソ大阪堺レディースとの一戦。前日の首位・伊賀の試合結果を受け、なんとしても勝利を収める必要がありました。
 立ち上がりから、両チームのプライドが火花を散らす展開。球際での激しい争いが続きます。22分、右サイドでボールを奪って堀江から金子へ。金子は体勢を崩しながらもワンタッチでスルーパス。そこに三本がスルスルと抜け出してGKと1vs1のチャンスを迎えると、きっちり左隅に流し込んで先制します。その後も冷静に試合を進めますが、30分に相手FWに背後を突かれて手痛い失点を喫します。しかしながら、いまのスフィーダは慌てません。しっかりと立て直すと42分。またもや金子のワンタッチパスから大竹が相手CBを巧みに交わすと、右足一閃。見事なシュートがネットを揺らして前半のうちに勝ち越し成功。主導権を渡しません。
 後半に入っても、最終ラインの渡辺、戸田を中心に声を掛け合いながら、攻守に粘り強い戦いを続けます。堀江の迎えた決定機は相手DFに阻まれますが、攻撃的な姿勢を貫きます。その後、村上、中山、田口、安田を入れて運動量を確保。最後まで走力を保持しながら、勝利を掴み取ることができました。これで、首位・伊賀との勝ち点差は2となり、自力での優勝の可能性を残すことができました。
 本日も天候不安定の中、遠路はるばる応援に駆けつけてくださったスフィーダファミリーの皆様、配信映像で応援いただいた皆様、心から感謝申し上げます。次節に向けて、隙なく準備を進めて参ります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年09月18日
[ユース]東京U-18女子サッカーリーグ第5節広尾学園小石川高校試合結果

○2-1(1-0/1-1) 石浦、島崎

 全9チームにより行われている東京U-18女子サッカーリーグも第5節を迎え、今節も勝利することで開幕から5連勝と暫定で首位に位置することが出来た。
 本日は台風14号の影響もあり、雷や大雨の影響を受け過酷なコンディションでの試合となりました。序盤こそボールが走りましたが時間を追うごとにピッチ全体が大きな水溜りになるほどの豪雨に見舞われ、本日まで積み上げてきたものを発揮出来る環境下になかったのかもしれません。一定の手応えを感じ、今日までチームで進んできたので、確認作業が出来なかった点は残念ではありましたが、ボールが全く走らないほどの難しいコンディション下はそうそう経験できないことですので、新たな経験値の獲得という意味では選手たちの成長の一助になったのではないかとポジティブに捉えています。
 試合(80分)は前半25分に雷の影響で一時中断。土砂降りの雨でぬれたユニフォームを着たまま控室で待機し、約45分後に再開。そして後半20分(60分)で試合中止というイレギュラーな状況下ではありましたが、選手たちは目の前の状況に順応しながら上手に闘ってくれたと思います。
 本日は荒天にも関わらず、普段通り変わらぬご声援を賜りまして誠にありがとうございます。このリーグ戦も残すところ3節となりましたが残りの試合も一戦一戦丁寧に闘っていきたいと思います。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2022年09月14日
ギフティング(投げ銭)でアウェイゲーム第18節 セレッソ大阪堺レディース戦を応援しよう!

■イベント内容
 今節のアウェイマッチもチーム・選手にギフトを贈ることで、直接応援を届けることができるギフティングを行います!プレナスなでしこリーグ第16節vs日体大SMG横浜戦もチームを、選手をギフティングでサポート頂けますと励みになります。熱い応援のほど宜しくお願い致します!

■イベントURL
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3754

■イベント期間
9月14日(水)19時00分00秒~9月19日(月)23時59分59秒
※エントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
対象:イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント相当以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:第16節のプレーフォトデータ&スタメン集合写真(※どちらもデジタルサイン入り)
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に1000pt相当以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像をプレゼント

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年09月14日
WEリーグ加盟申請見送り

 平素はスフィーダ世田谷FCへの熱いご支援をいただき誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。
 さてWEリーグ2023-24シーズンの加盟申請について申請を見送りましたことをご報告申し上げます。理由といたしましては昨年申請し加盟が認められなかった事由の、基準を満たしたホームスタジアムでの80%以上のホームゲーム開催枠の確保について明確な進捗が見られていないということにあります。しかし、私たちは女子サッカーのトップリーグであるWEリーグへの挑戦を諦めたわけではありません。
 私たちはこれからも市民クラブという出自を意識し、WEリーグを目指して歩んでいくつもりですので、引き続きのご支援・応援をよろしくお願いいたします。

スフィーダ世田谷FC
稲田能彦

2022年09月12日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会 活動報告

 日頃よりクラブの活動に御理解と御協力を賜りまして誠にありがとうございます。8/1~8/9(スフィーダは8/5まで参加)で開催されておりました日本クラブユース女子サッカー大会について以下の通りご報告申し上げます。7/2(土)に開催された2022プレナスなでしこリーグ第15節での募金及びお振り込みなどでご寄付を頂きましたことこの場を借りて改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

寄付金総額 547,000円
遠征費総額 1,056,312円
最終順位  ベスト8

 クラブ・選手たちにとって皆様のご支援が多大な後押しとなり、非常に充実した全国大会とすることが出来ました。皆様の温かいお気持ちと共に戦えたことに感謝しております。

■日本クラブユース女子サッカー大会特設サイト
https://womens-clubyouth-u18.com/

2022年09月11日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第17節vsニッパツ横浜FCシーガルズ試合結果

〇4-0(1-0/3-0) 倉富、長崎、大竹、村上

 第17節は聖地・西が丘に、ニッパツ横浜FCシーガルズを迎えてのホームゲーム。1週間隙なく準備を進めてきました。
 立ち上がりから、双方のゴールを脅かす展開。スフィーダは、渡辺、戸田の両CBを中心に、体を張って対応します。31分、堀江が相手CBからボールを奪って中央に送ると、攻め上がっていた倉富が思い切りの良いシュート。それが相手選手にディフレクトすると、GKの頭上を打ち抜きゴールに吸い込まれます。苦しい試合展開の中、値千金の先制点となります。そのままリードを保って後半へ。
 後半に入ると、スフィーダ・フットボール全開。圧倒的な走力と小気味良いパスワークで相手ゴールに迫ります。すると、63分、長崎が得意のドリブルから右足一閃。見事な追加点となります。その後も主導権を渡さずに試合を進めると、83分にCKから得たPKを大竹が沈めて3-0。88分には交代出場の村上が相手CBを振り切り4点目を叩き込みます。相手の捨て身の反撃も、全員守備でシャットアウト。4-0の快勝でした。
 多くのサポーターのみなさまと勝利を分かち合えたことがとても嬉しいですし、選手・スタッフを誇りに思います。次節も難しい試合になりますが、チーム一丸となって、勝利を目指して準備していきます。引き続き、みなさまの熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年09月11日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第2節フィオーレ武蔵野FC試合結果

○10-0(3-0/7-0) 水本、光田、半田、荒川、奈良嵜、井藤、小泉、井藤、青木、青木

 現在、自分達のオプションを増やすべく、新たな形にトライ。自分達が成長を続けていくために自分達と向き合うこと日々を続けています。ボールを保持しながらゲームを進めるよりも、違った形で相手を飲み込み試合支配の絵を描くチーム作りをしていますが、それに加え、新たなバリエーションを持つことで様々な相手に対し結果を求めていけるチーム作りを目標に歩んでいます。
 前半はチーム間の距離感とパスルートを確保しきれず、不用意なミスが散見されましたが、しっかりと修正した後半の闘い方にはこれまで見られなかった形も多くあり、新たな可能性を感じられる部分がありました。公式戦での新たなトライや試合中に起こりえる変化に対し微調整を施しながら闘えたことは非常に前向きな経験値の上積みとなりました。判断のミス、技術的なミスはありましたが、致命的なミスを減らし、もっと質の高いトライを続けていけるチーム作りを継続していきたいと思っています。
 今、チームは次なる大きな目標を胸に、しっかりとチームで進もうとしてくれています。このチームが目指す先に辿り着けるよう引き続き私も出来る限りもフォローを尽くしていきたいと考えています。今後とも変わらず応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2022年09月09日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第20節 試合日程決定のお知らせ

 日頃よりご声援を賜り誠にありがとうございます。2022プレナスなでしこリーグ1部第20節の日程が下記の通り決定しましたのでお知らせ致します。

なでしこリーグHP:こちら


2022年09月09日
[お知らせ]2023年度入会希望者向け入会セレクション2次選考結果

 9月6日(火)に実施しました2023年度入会希望者向けスフィーダ世田谷FCジュニアユース(U-13)入会セレクション2次選考の合格者を以下の通りお知らせいたします。ご参加誠にありがとうございました。
 
23111 23112 23113 23118 23120
23121 23128 23129 23130 23132
23136 23137 23142 23147 23152
23153 23154 23156 23159 23160
23164 23165 23166 23171 23173
23174 23180 23181 23182 23188

◇3次選考会について
 3次選考会は10月3日(月)17:20(17:00受付開始)より開催いたします。詳細につきましては追って各選手にご連絡いたします。


2022年09月05日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第17節 試合情報

・日時 2022年9月11日(日)16:00キックオフ(有料)
・会場 味の素フィールド西が丘
・相手 ニッパツ横浜FCシーガルズ
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩7分

詳細はこちら

2022年09月04日
[U13]東京都女子サッカーU-15リーグ 4部 吉祥女子中学校試合結果

〇4-0(3-0/1-0) 中田、島津、中山、中山

 9/4(日)に2ヵ月ぶりのリーグ戦が行われ、勝利を収めることができました。U13チームでは、この夏に多くのチームと練習試合を行い課題を見つけては修正を繰り返し、チームとして成長してきました。この夏の成果を公式戦という舞台で発揮できるのかが問われた試合になったと思います。
 立ち上がりからハードワークしてくる相手チームに対して、こちらも受け身になるだけでなく、ボールを失わないために周りの選手がサポートを素早く行い、広いスペースへと展開するシンプルな攻撃を狙いながら、ただ単純に外へ展開するだけでなく、DF間のギャップへの縦パスも狙う多様な攻撃を繰り返しました。8分センターバックから素早い縦パスが中盤に入ると、それを自ら運びゴール隅へ流し込み、先制点をあげます。その後も、相手背後へ抜け出しキーパーと1vs1を冷静に流し込むなど、こちらの狙っていた形でのゴールが生まれ、夏の成果が見える結果となりました。
 この夏に積み上げた部分をより伸ばし、次節も勝利を目指します。引き続き、ご声援の程よろしくお願いいたします。

窪田竜希

2022年09月04日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会 東京都予選大会準決勝 府ロクレディース試合結果

○5-1(1-1/4-0) 松澤、佐藤、佐藤、佐藤、宮崎

 関東大会出場権を懸けた大一番、府ロクレディースとの一戦でした。準々決勝の試合から、攻撃陣にスピーディーな選手が多くバランス力も備えたチームだと認識しており、その配球元とターゲットに対する守備意識を持って臨みました。
 開始序盤は互いにチームの狙いや強みを出し合った展開で、早い時間にスコアが動く積極的な入りでした。ゴール前混戦からコースに流し込む形で失点を許しましたが、その直後はサイドの崩しから同点に。その後守備対応を落ち着かせながらフィニッシュワークをやりきる内容でしたが、クロスのフリー、GKとの1v1シーンで決めきることができず後半へつなぐこととなります。
 改めて守備対応とチームのバランス、攻撃時の狙いや組み立てをきっちりやろうと確認し臨みます。後半出だしは相手に中盤のセカンドボールを拾われゴール前まで二次攻撃を受ける形が多くありました。中にはオフェンスファールに救われた幻の失点シーンがあり、こちらもPA内でオフサイド取り消しとなったゴールシーンが起こるなど、時間の経過と共に1点の重みが増すゲームに移行していきます。ゲームが大きく動いたのは63分、45度の角度から見事なゴールが生まれ逆転に成功します。この一点で両者に対照的な精神的変化が生まれ、こちらは一気に攻勢に出ていくことができました。この展開に乗じて交代選手も非常に良い入りができ、各々の武器を存分に発揮します。アディショナルタイムまで追加点を挙げたことは非常に素晴らしく、難しい試合を自分達のサッカーで締めくくることができました。
 この試合は最後の20分間で追加点をきっかけに大きく動きました。交代選手のパフォーマンスも大きな効果があり、80分ゲームの醍醐味があったように思います。東京都リーグは60分ゲームで行われているため、後半ラスト20分間の勝負所、それまでの我慢所をどのように戦うかが今後のポイントになると学んだ試合でした。
 決勝はリーグ戦黒星を喫したジェファ戦に決まりました。関東大会への重みは一旦外す事ができるため、単純な勝負事として準備と当日に備えたいと思います。本日もたくさんの応援を頂き誠にありがとうございました。チームは少しずつ顔つきやまとまりに成長が見えてきました。誰が出場しても自分達のサッカーができるよう、努力を続けていきます。今後もこのチームの応援をお願いいたします。

山田 岳暁


2022年09月03日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第16節vs日体大SMG横浜試合結果

〇1-0(1-0/0-0) 柏原

 2か月の中断期間中は、WEリーグクラブとの練習試合等を通じて、攻守両面で磨きをかけてきました。その成長した姿を見せるべく、ニッパツ三ツ沢球技場に乗り込みました。
 立ち上がりから積極的な姿勢を見せて、相手陣内で闘う時間を増やしますが、得点には至りません。すると、徐々に相手ペースへ。クロス対応に苦慮すると、決定機を与えますが、なんとか凌ぎます。42分、左CKを得ると、柏原がファーサイドに直接蹴り込み、先制に成功します。そのまま一点リードで前半を折り返します。
 後半立ち上がりは、スフィーダペース。堀江を起点とした攻撃で相手ゴールに迫ります。そのまま追加点が奪えずに試合は推移します。堀江から村上、三本と長崎を下げて、中山と田口を入れて、攻守にリズムを取り戻しにかかりますが、なかなか相手ゴールをこじ開けるには至りません。試合終盤は押し込まれる時間もありましたが、全員が身体を張った守備でシャットアウト。1-0で粘り勝つことができました。
 次節も厳しい試合になることは必至ですが、しっかりと準備を進めてまいります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦


2022年09月01日
宍戸七海選手の負傷

 8/28(日)のトレーニングマッチにて宍戸七海選手(21歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。宍戸七海選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:右膝前十字靭帯損傷
全治:8ヶ月間の見込み


2022年08月31日
ギフティング(投げ銭)でアウェイゲーム第16節 日体大SMG横浜戦を応援しよう!

■イベント内容
 今節のアウェイマッチもチーム・選手にギフトを贈ることで、直接応援を届けることができるギフティングを行います!プレナスなでしこリーグ第16節vs日体大SMG横浜戦もチームを、選手をギフティングでサポート頂けますと励みになります。熱い応援のほど宜しくお願い致します!

■イベントURL
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3683

■イベント期間
8月31日(水)19時00分00秒~9月5日(月)23時59分59秒
※エントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
対象:イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント相当以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:第16節のプレーフォトデータ&スタメン集合写真(※どちらもデジタルサイン入り)
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に1000pt相当以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像をプレゼント

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年08月28日
[U15]全日本U-15女子サッカー選手権大会 東京都予選大会準々決勝 FRIENDLYレディース試合結果

○7-2(4-0/3-2) 尾崎、佐藤、土屋、加藤、中村、尾崎、オウンゴール
 一ヶ月越しの本大会、各チーム夏をどのように過ごせたかが注目される準々決勝でした。第一試合で行われていたINAC×府ロク戦を見てみても、夏前のリーグ戦と比較して攻守の整備、セットプレーの狙いなど強化が進んでいる印象です。
 FRIENDLYレディースさんとはリーグ戦以来二度目の対戦。幸先よくゴールを挙げたのは中1選手にて、私達にとって夏の成果のひとつは新しい選手のチームへのフィットです。同時にポジション争いは厳しくなっており、この先もチームの成長に期待を持つことができます。
 試合展開は前回と同様、相手のハイラインをどのように崩すかがポイントでした。その方法、タイミング、関わり方についてはチームで共有できるプレーが増え、チームの成長がスコアに反映したものと評価しています。ただその安定性については前後半それぞれ改善点がありました。前半については相手FWの枚数に対しどのようにボールを動かすか、消極的な姿勢がチーム全体の押し上げ・組み立てを雑にしていたところがありました。後半はその修正ができたものの、前線の失い方がそのまま失点につながっていたこと、速攻のリスクを考慮しきれず時間とスペースの使い方・人数の掛け方に工夫が足りなかった点が挙げられます。後半は様々なトライを含めた闘い方を行ったため、失点に関しては明確な修正ができます。しかし試合を通して守備回収については目指した基準には達していなかったため、攻撃(組み立て)の質と守備切り替えのセットで修正を図りたいと思います。
 東京都の関東大会出場枠は「2」。決勝進出に向けた準決勝は府ロクレディースとの大一番となります。我慢や困難があると想定していますが、スフィーダらしく走り闘うプレーで勝利を目指したいと思います。本日はたくさんの応援に駆け付けてくださり誠にありがとうございました。選手はこの一週間の睡眠、食事、水分の取り方が当日のコンディションにつながるため、ご家庭でのサポートをお願い申し上げます。次週も応援よろしくお願いいたします。

山田 岳暁


2022年08月27日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会東京都予選決勝日テレ・東京ヴェルディメニーナ試合結果

●1-2(0-0/1-2) 水本

 長きに渡り東京都予選にて決勝戦を闘ってきた日テレ・東京ヴェルディメニーナとの一戦。勝者は関東予選でのシード権を獲得できるため、この一戦の重要性は極めて高いものとなります。しかし、今年も日テレ・東京ヴェルディメニーナの技術の前に屈する形となり、東京都第2代表として関東大会へ臨むこととなりました。
 この試合を迎えるにあたり、チームに求める心身の状態を求めている位置にまで辿り着かすことが出来ず、敗戦という結果は受け入れているものの、出し切れたという感覚は残らないゲームとなりました。自分達の全てをピッチ上で表現し、チームとして闘い抜いた敗戦であれば納得しますが、そこまで辿り着かせることが出来ず敗れたことにやりきれなさが残っています。
 試合は大方、予想通りの展開の中、進行することが出来ていました。しかし技術・戦術は勿論のこと、集団競技である以上、自分の為に闘うことと同じくチームとして闘うことも極めて大事なことになります。それぞれが自分の役割を理解し、仲間を認め、仲間をフォローし、仲間と共に手を取り合い歩む。それが出来てこそ“チーム”だと理解しています。今日は試合前から勝利への強い意思を感じ取ることが出来ず、どこか他人任せで散漫な意識の中、修正するまでに至らず試合へ入らせてしまいました。良い時に上手くいくことなど当たり前で、上手く行かなくなったときや、理想から外れた時に、その選手やチームの本質が映し出されます。だからこそ、相手云々の前に自分達と本気で向き合うことから出直さなければならないと強く感じる貴重な時間でした。
 今のままでは自分達が目指すべき場所、目指すべき姿に到底辿り着けないと思っています。続く関東大会まで約6週間。限りある時間の中で今、自分達に何が必要なのかを本気で考え、自分達自身と向き合う作業に徹したいと考えています。出来るか出来ないかも、やるかやらないかも、すべて自分達次第です。自分達の未来を自分達で創っていける今だからこそできることもあるわけですから、妥協することなく自分達自身と向き合っていきたいと思っています。続く関東大会でも変わらぬ応援を何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一


2022年08月25日
[お知らせ]2023年度入会希望者向け入会セレクション1次選考結果

 8月23日、24日に実施しました2023年度入会希望者向けスフィーダ世田谷FCジュニアユース(U-13)入会セレクション1次選考の合格者を以下の通りお知らせいたします。たくさんのご参加誠にありがとうございました。
 
23111 23112 23113 23117 23118
23120 23121 23122 23123 23124
23126 23128 23129 23130 23132
23136 23137 23138 23141 23142
23143 23144 23145 23147 23149
23151 23153 23154 23156 23157
23158 23159 23160 23163 23164
23165 23166 23168 23169 23171
23172 23173 23174 23176 23180
23181 23182 23183 23185 23188
23189

◇2次選考会について
 2次選考会は9月6日(火)17:15(17:00受付開始)より開催いたします。詳細につきましては追って各選手にご連絡いたします。


2022年08月21日
ギフティング(投げ銭)で公式チアリーディングチーム「ZAFFIRO」を応援しよう!

■イベント内容
毎ホームゲームで会場を盛り上げて選手を応援し続けているチアリーダーズ!スフィーダ世田谷FCオフィシャルチアリーダーズ SFIDA ZAFFIROへぜひ、Engateを通して熱いご声援をお願いいたします!

■イベントURL
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3621

■イベント期間
8月21日(日)19時00分00秒~8月31日(水)23時59分59秒
※エントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
対象:イベントにエントリー&「公式チアリーディングチームZAFFIRO」に合計500ポイント相当以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:メンバー全員のデジタルサイン入り集合写真フォトデータ
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※ギフティング対象は「公式チアリーディングチームZAFFIRO」のみとなります。それ以外の選手やチームにギフティングをした場合は反映されませんのでご注意ください。

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年08月20日
「世田谷区・川場村縁組協定 40 周年記念イベント」 活動報告

 令和4年8月20日(土)、2022 年のスローガンである「+1(プラスワン):地域への行動、アクションに更に1つの付加価値を追求」する活動の一つとして、世田谷区・川場村縁組協定40周年記念イベントに参加させて頂きました。

詳細はこちら

2022年08月20日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会東京都予選準決勝SHIBUYA ARTISTA FC ユース試合結果

○4-1(1-0/3-1) 青木、水本、紀川、水本

 夏の全国大会(XF CUP 2022 日本クラブユース女子サッカー大会)を終え、束の間の休息の後、すぐに始まった冬(全日本U-18女子サッカー選手権大会)への挑戦。強豪チームひしめく関東予選を突破するのは容易なことではなく、多くのチームが野心を持って全国を目指します。その東京都予選が始まり、目標への第一歩目を踏み出しました。
 我々はシード権を有していることから準決勝から参戦。相手は春先に一度対戦した相手であり、簡単なゲームになるとは考えていませんでした。またこれから更に成長していくために自分たちに課した課題と向き合い、成長しながら進んでいくことが必要だと思っています。今回の試合は自分たちの課題克服こそがこの試合の攻略法であり、現時点での力量を図る上では非常に参考になるものとなりました。相手が素晴らしかったこともあり、決して上手くいった内容とは言えませんが、それでもこの過程は必ず必要なものであり、この過程を通らずしてゴールに辿り着けることもないと考えています。そういう意味でも意味と価値のある時間だったと振り返っています。
 自分たちが目指すべき場所、そして目指すべき姿に辿り着くには1つ1つ越えるべく壁を越えていかなければいけません。だから、これからもチームや選手に課題を与え、それを越えて行く過程の中で、強さを身に着けていきたいと考えています。
 本日も雨の中、応援誠にありがとうございました。次戦は女王日テレ・東京ヴェルディメニーナとの決勝戦となります。良い準備をし、現時点で自分たちの持ち得るすべてを発揮できるようにしたいと思います。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一


2022年08月19日
トップチーム選手1名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。尚、当該選手達は適切な対策のもとで自宅療養しております。

陽性判定日:
8月18日(木) 1名


2022年08月09日
夏季休業のお知らせ

 いつもご声援を賜りまして誠にありがとうございます。以下の通り夏季休業とさせて頂きます。8月16日(火)10:00より通常営業となりますので宜しくお願い致します。

◾️2022年8月11日(木)〜8月15日(月)

2022年08月06日
「ランドリーミニッツ コラボイベント」 参加活動報告

 令和4年8月6日(土)、2022 年のスローガンである「+1(プラスワン):地域への行動、アクションに更に1つの付加価値を追求」する活動の一つとして、祖師ヶ谷大蔵駅にある祖師谷商店街に加盟されている「コインランドリー ランドリーミニッツ」にて、選手によるフードドライブ及び PR イベントを実施させて頂きました。

詳細はこちら

2022年08月05日
[ユース]XF CUP 2022日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)準々決勝 三菱重工浦和レッズレディースユース試合結果

●0-1(0-0/0-1)

 迎えた準々決勝の相手は浦和レッズレディースユース。言わずと知れた全国屈指の強豪クラブであり、これまで数々のタイトルを獲得している名門クラブです。非常に難しいゲームになることは戦前から理解していましたが、それでもこれまで準備してきたものを信じることや、勝敗に関わる際の瞬間を1つ1つ丁寧に越えて行くことで未来を創造出来る可能性もあると考えていました。
 チームは与えたタスクをクリアーしつつ、しっかりと求めたものを表現しようと努めてくれました。ただ、その精度やボールを奪ってからの質に、まだまだ改善の余地があり、イメージ通りのプレーが出来ていたわけではありませんでした。そこまで質を追求しきれなかったこれまでの準備に問題があったわけですから、選手達の問題よりもこれまでの準備の問題だと理解しています。選手達に求めきれなかったこと、表現させるまでのレベルに到達させきれなかったことなど課題はありますが、こうした課題の蓄積が伸び代に直結するわけですから、続く闘いに備え、更なる成長を促していく必要があると思っています。反省は尽きませんが、それらをクリアーし自分達が求める自分達の姿に近付いていきたいと思っています。
 ベスト8で幕を閉じた今大会。選手達が目標に定めた結果には届きませんでした。今はその悔しさもありますが、今大会を通じ、多くの皆様の想いを背に闘えたこと、本当に多くのご支援やサポートの中で全力を尽くせたこと、私も選手達もそれが何よりの原動力になりました。関係者の皆様には感謝してもしきれません。この場を借りて改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。オフを挟んですぐに次の大会が始まりますが、今大会で感じたこと、得たものを胸に、きっと更なる成長を果たし、自分達が自分達に納得できる姿へと成長を果たしていきたいと思っています。引き続き応援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2022年08月04日
[ユース]XF CUP 2022日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)グループリーグ第3節 ちふれASエルフェン埼玉マリ試合結果

○2-0(0-0/2-0)川村、荒川

 グループリーグ第3節は同じ関東代表のちふれASエルフェン埼玉マリ。この最終節を迎えるにあたり、スフィーダ、エルフェン、今治の3チームに決勝トーナメント進出の可能性が残され、エルフェンは我々に勝つことで活路を見出せる可能性を十分に秘めていました。相手が勝つしかない状況の中で、我々は積み上げてきたリーグ戦での勝ち点を考慮し一瞬の隙を突くことを狙っていました。
 試合は相手との戦術的な駆け引きで優位性を保つ為にもゲームの中で闘い方を微調整しゲーム自体をコントロール出来る様にしていました。雨でスリッピーなピッチコンディションもあり、プレー成功率の高いゲームにはなりませんでしたが、それでも淡々と冷静に闘えていたと思います。相手の圧力や勢いに屈することもなく、実際に一瞬の隙から2得点を挙げ、狙っていたイメージに近い形で得点でき勝利を収められたことは良かったです。結果を出せなければ帰京を余儀なくされていたので、この場に留まることが出来たチームの努力を賞賛したいと思います。
 これでベスト8まで絞られました。次戦は関東代表の浦和レッズレディースユースとの対戦になります。極めて難しいゲームになることは百も承知の上ですが、強い相手と対戦することほど胸が高鳴る瞬間はありません。これまで準備してきたことに自信を持ち、仲間達と共に真っ直ぐに相手との向き合いたいと思っています。
 本日も応援誠にありがとうございました。さすがに選手達も疲労の蓄積が抑えられない状況になってきていますが、明日も最初から最後まで自分達らしく闘いたいと思っています。明日も応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2022年08月02日
[ユース]XF CUP 2022日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)グループリーグ第2節 清水FC女子試合結果

○7-2(5-1/2-1)紀川、川村、羽柴、紀川、水本、青木、大塚

 グループリーグ第2節は東海地区第二代表の古豪清水FC女子。4チームによるグループリーグを勝ち抜くためには当然今節も勝利が必須となりますが、猛暑の過酷なコンディションを闘い抜く為には疲労や負担などが偏りすぎないよう調整して闘うことが出来れば、それ以上のアドバンテージはありません。帯同選手全員の力をピッチ上に置いてくる事で選手達一人一人が力を発揮しやすくなることは事実ですから、その環境を作る為にスターティングメンバーの選手を複数名入れ替えました。
 昨日のチームは昨日のチームとして闘い抜き今日のチームへバトンを繋いだわけですから、今日のチームはまた次節(最終節)のチームへと良い形でバトンを繋がなければなりません。昨日のチームもチームとして型を成し、しっかりと連携を図りながら闘うことができていた。特に前半は悪くなかったと思いますし、前半だけで5得点し勝負を決することができたことは良かったと思います。しかし、後半はチームとしての連携面に綻びが生まれ内容的には修正の必要なものになりました。選手個人の良し悪しの問題ではなく、各選手間でのコンビネーションや連携面に不具合が生じチームとして機能しなくなってしまったことが原因です。この課題とは向き合い続けていますが、未だに改善には至らないので根気強く調整していきたいと思います。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。グループリーグ2連勝で良い滑り出しができましたが、まだグループリーグ突破も決まったわけではないので、気を緩めることなく、しっかりと次戦を見据えて準備していきたいと思っています。

川邊 健一

2022年08月01日
[ユース]XF CUP 2022日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)グループリーグ第1節 FC今治レディースNEXT試合結果

○3-0(3-0/0-0)川村、水本、小泉柚

 遂に始まった夏の全国大会。昨年の同大会において試合への入り方、大会への入り方などを学んだことを今も鮮明に記憶として残せています。インパクトの強い経験でしたが、その経験を経て、去年の自分達を越える為にこの地へ舞い戻って来ました。予選を突破することすら困難な関東予選を潜り抜け、ここへ戻れたからには今年こそ自分達が自分達に納得できる結果と内容を勝ち得たいと考えていますし、それが出来てこそ去年の経験を越え、自分達の力として積み上げられた証明に出来ると考えています。
 試合は開始直後に得点し、ゲームの主導権を握りながら闘うことが出来たゲームとなりました。先制点を挙げることで精神的優位性を保ちながら落ち着いて振る舞えたこと、戦術的統制を保ちつつ自分達の強みを発揮できたことは良かったと思います。欲を言えば、リーグ戦である以上、追加点を狙いたいところではありましたが、この試合を通じお互いにお互いを感じながらプレーできていたシーンも見れたので、この試合も含め、大会を通じ少しずつ成長していきながら走り抜けることが出来れば理想的だと感じています。
 選手達の伸び代に触れ、刺激し、少しでも成長出来たと思える大会にしたいと思っています。昨年の課題も含め、こうして1年越しに、その記憶と向き合うことや、それを乗り越えていくこと、更には越えて初めて向き合える新たな課題との出会えること、それら全てを貪欲に吸収して行くこと、が出来ればこの短い大会中でも十分に成長の機会と触れ合えるはずです。始まったばかりではありますし、いつどこで終わるかもわからない大会ですが、その緊張感の中で成長の足跡を残していきたいと考えています。
 本日も暑い中、沢山の皆様に見守って頂きありがとうございました。またご家族の皆様方におかれましては大会中も多大なるサポートを賜り感謝しております。ご家族も含めてチームだと思っていますが、皆様のサポートには本当に助けられてばかりで頭が下がります。この場を借りて改めて御礼申し上げます。明日からも過酷な試合が続きますが、暑さにも相手にも、そして、何より自分達にも負けず楽しみながら進んでいきたいと思っています。引き続きサポートのほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2022年07月31日
「夏祭り 喜多見盆踊り」 参加活動報告

 令和4年7 31日(日)、2022 年のスローガンである「+1(プラスワン):地域への行動、アクションに更に 1 つの付加価値を追求」する活動の一つとして、世田谷区喜多見駅前広場にて実施された「喜多見盆踊り」に参加させて頂きました。

詳細はこちら

2022年07月29日
[募集]現小学6年生向け 入会セレクション参加者募集開始!

 本年度も以下の日程でセレクションを行うこととなりましたのでご案内致します。今年も多くの選手達の御参加をお待ちしております。
 尚、1次セレクションへの参加が難しい選手には別途対応することが出来ますので、その際はお申し出下さい。また何かご不明な点等ございましたら遠路なくお問い合わせください。

■日時:
[1次セレクション]
2022年8月23日(火)11:00受付開始、11:25〜12:45
2022年8月24日(水)11:00受付開始、11:25〜12:45
※どちらか一方の日程に御参加頂きます。

■会場:
下高井戸運動場

■お問合せ:
担当:川嶋 珠生
TEL:03-6228-1932
メール:info@sfida.or.jp
 
■お申込み:
http://www.sfida.or.jp/join/u13selection.html

2022年07月28日
「スフィーダ世田谷FC応援バナナ」販売開始のお知らせ

 この度、7/25(月)より販売開始されましたことをお知らせします。「スフィーダ世田谷FC応援バナナ」の売上の一部は、スフィーダ世田谷FCの地域活動などの運営費として使用させていただきます。

【概要】
商品名:スフィーダ世田谷 FC 応援バナナ
産地:フィリピン産
価格:198円(税込217.8円)
販売開始:2022年7月25日(月)
販売店舗:サミットストア 全店舗


2022年07月24日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ 第1節 立教大学試合結果

〇4-1(2-0/2-1) 島崎、川村、清水、佐久間

 日本クラブユース女子サッカー大会が来週に控える中、東京都女子サッカーリーグ1部リーグが開幕。相手は関東大学女子サッカーリーグ2部にも所属している大学チームで来週の全国へ向けた調整の意味合いも込めたゲームになりました。
 先週、先々週とトレーニングマッチを重ね、今のチームが向き合う課題を明確に提示し、その修正と強化に時間を費やしてきました。簡単にいく課題などありませんが、簡単ではないが故に課題と正しく向き合い成長していくことができると考えています。また自分たちのストロングポイントを発揮するために修正しなければいけない課題だからこそ、やり甲斐もあれば、その先の成長も鮮明にイメージできます。修正課題に対し現段階で何を積み上げ、何を修正しなければいけないかが、はっきりしたゲームだったので、課題修正への滑り出しとしては評価のし易いゲームでした。成功するシーンもあれば、失敗するシーンもあり、それら全てが今のチームの血肉となり、成長を促進してくれると考えています。
 大会まで残り1週間となりましたが、今日のゲームを経た上で、1週間あれば十分に成果を積み上げられる要素が垣間見えたのでその点は好材料と考えています。足りないことがあるのは当然のことで、それを受け入れ、自分たちの強みを前面に押し出したとき、このチームの真価が表現できると思っています。今は入念に準備を重ね、本番まで出来うるすべての準備をし、可能な限りの状態で、その日を迎えたいと思っています。やり切れたと思える大会に出来るよう自分達自身と向き合っていきたいと思っています。引き続き応援のほどよろしくお願い申し上げます。

川邊 健一

2022年07月20日
トップチーム選手2名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、トップチーム選手2名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。尚、当該選手達は適切な対策のもとで自宅療養しております。

陽性判定日:
7月18日(月) 1名
7月20日(水) 1名

 陽性判定を受け、関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことお詫び申し上げます。引き続き感染症対策を徹底し、感染拡大防止に努めて参りたいと思います。今後とも何卒ご声援を賜りますようお願い申し上げます。

2022年07月19日
ギフティング(投げ銭)でファン・サポーターが選ぶMVPを決めよう!

■イベント内容
 2022シーズン中断期間前の第1節~第15節でのMVPを皆様のギフティングで決定します!
 是非、選手へギフティングをお願いします!(選手へのギフティングを1票とせさせて頂きます。また、ギフティング額ではなく、票数でMVPを選ばせて頂きます。ユーザー様の投票に関して、1選手につき最大1票までとさせて頂きます。(全選手に1票ずつ投票も可)

■イベントURL
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3511

■イベント期間
7月19日(火)19時00分00秒~7月31日(火)23時59分59秒
※イベントエントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
対象:イベントにエントリー&1選手毎に100pt以上ギフティングされた方

内容:
100pt相当以上のデジタルギフトをギフティングで試合画像
500pt相当以上のデジタルギフトをギフティングでデジタルサイン入り試合画像
1000pt相当以上のデジタルギフトをギフティングでお礼ビデオメッセージ

受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に100pt相当以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像もしくはビデオメッセージ

【ポイント付与キャンペーン実施中!】
7月31日まで、エンゲートに新規登録していただき、初めにスフィーダ世田谷FCをフォローしてくださった方に200ptをプレゼントいたします。
ご新規の方はこの機会にぜひエンゲートをご利用ください!!

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年07月12日
日本情報発信ウェブサイト「Web Japan」内ジャパンビデオトピックス出演のお知らせ

 外務省が運営する海外に向けて日本の文化を紹介するサイト「Web Japan」で日本の冷却テクノロジーを活用したポカリスエットアイススラリーの紹介動画内にて#4戸田歩選手、#9堀江美月選手、#10大竹麻友選手、#19安田祐美乃選手が出演致しました。
※2021年7月撮影

動画はこちら

2022年07月07日
祖師ヶ谷大蔵駅前広場の青空無料体操に参加

 令和4年7月3日(日)、祖師ヶ谷大蔵駅前広場の青空無料体操に柏原 美羽選手と野村 智美選手がラジオ体操の講師として参加し、参加して頂いた皆様と一緒にラジオ体操を行いました。
 今後は、同じ祖師ヶ谷大蔵駅前広場にて、青空無料体操を毎月第一日曜日に開催し、ラジオ体操講師として協力させて頂きます。(次回は令和4年9月4日(日))

詳細はこちら

2022年07月06日
[ご報告]日本クラブユース女子サッカー大会 遠征費の募金総額

 日頃よりクラブの活動に御理解と御協力を賜りまして誠にありがとうございます。2022プレナスなでしこリーグ1部第15節のホームゲーム(7/2)にて実施させて頂きました標記ユースチーム出場大会の募金活動についてのご報告を申し上げます。
寄付金総額、

537,000円

 多くのご支援誠にありがとうございました。ファン・サポーター・関係各企業の皆様方、関係者の皆様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。募金につきましては標記大会の遠征費に充てさせて頂きます。引き続きスフィーダ世田谷FCアカデミーにも御声援を賜りますようお願い申しげます。

■日本クラブユース女子サッカー大会HP
https://www.jcy.jp/archives/16381


2022年07月03日
[ユース]皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選決勝ラウンド1回戦 十文字高校試合結果

●0-7(0-1/0-6)

 決勝ラウンド1回戦の相手は全国でも強豪高校の1つである十文字高校との一戦。相手チームが素晴らしかったことが前提ですが、途中で自分たち自身が壊れてしまった結果でもあり、スコアに捉われ過ぎるのも反って真実が見えなくなる部分はあると思っています。とは言え、これだけの大差となったことは事実ですから、そこは真摯に受け止め、次への糧として行く必要があります。今、このタイミングでこの敗戦が出来たことをプラスに捉えていますし、しっかりと血肉に代えて行くことだけに意識は向いています。
 試合自体は概ね想定通りの展開で推移し、自分達が狙っている形を表現できるシーンもいくつかありました。失点も1失点は許容範囲でしたが、失点はクーリングブレイク直前であり、クーリングブレイクまで修正すべきことを我慢し、そこでゲームが好転するよう修正を図ることを狙っていたのでゲームプランを遂行して行く上では難しい試練を課されました。それでも選手達はゴールに向かい突き進んでくれましたし、結果的にいくつかのチャンスを演出することは出来たのですが、ここから勝利に結びつけるにはどうやってもゴールをこじ開ける力が必要であり、ここでチームとして得点を奪いきる力がなかったことが敗因の1つと言えるのかもしれません。私が託した武器が相手ゴールをこじ開けるまでには至らなかったので、更なる研磨が必要だと認識しています。
 また炎天下での過酷なコンディションでの試合ということもあり、ハーフタイムで2名の選手が熱中症(気味)で私の裁量で交代の判断をしました。交代を余儀なくされた選手、途中から出場した選手達が良い悪いというわけではなく、私の判断により重なった2つの変化が相手と微妙なバランスで保たれていた拮抗を崩し、連続失点することでゲームはより難しい表情へと変わって行った部分はあると理解しています。しかし、その中でも選手達は闘ってくれました。結果的に緊張の糸が切れ大敗となりましたが、選手達は建て直そうとやるべきことをやろうとしてくれていたと思っていますし、終盤結果(敗戦)が見えてきても最後まで試合と向き合ってくれていたと思います。こうした前向きに姿勢なくして成長は望めないですし、この姿勢がある限り選手は逞しく成長し、チームは必ず前進して行くものと考えています。
 2022年度に入り、初めて公式戦で敗れました。いつかは来る敗戦をこのような形で迎えられたことを好材料にしていきたいと思っています。敗けるにしても敗け方にはこだわりたい。敗けたとしても自分達に納得できる敗戦だったのかそうではなかったのかにもこだわりたい。その点においては消化不良な部分もあったのかもしれませんが今日の敗戦にはきっとこれからの未来における意味があり、このチームがさらに進んで行くための力になると信じています。
 本日も大変暑い中、応援頂きまして誠にありがとうございました。大事なのはここからどう踏み出していくかということだけだと思っていますので、またチームと足並みを揃えながら一歩ずつ進んで行きたいと思っています。日本クラブユース女子サッカー大会まで約1ヶ月間。この1ヶ月間を楽しんでいきたいと思っています。

川邊 健一

2022年07月02日
[U15]東京都女子サッカーU-15リーグ1部 第6節 ジェファFC Sonho試合結果

●2-3(0-2/2-1) 土屋、松澤

 なでしこリーグ後座試合で迎え入れた第7節。これまでとは違う試合展開と結果になり、チームにとってリーグ戦においては黄色信号、選手権に向けては貴重な反省材料を得る形となりました。
 敗因、特になぜ失点に至ったかに関しては、こちらが狙いとしていた強みにしている部分が機能しなかったこと、前線の攻守における連携や連動感が薄かったことが相手に好機を与えたものと振り返っています。精神的な崩れと共に組み立ての部分でリズムが合わず、失ってからのプレスも掛けられず前半が過ぎました。
 後半は当然ながら早い段階で同点を狙うべく、仕切り直しを図ります。2点であれば逆転可能、3点目を奪われれば試合時間から現実的にドローが濃厚と算段しましたが、その出鼻をまたしてもくじかれてしまいました。
 この試合、60分中45分まではチームがチームとして連動できていませんでした。距離感、連動性が生み出せないために個々のプレースピードや判断に影響を及ぼし、残り15分間でようやく自分達のプレーに行き着きましたが遅い復調でした。
 リーグ戦折り返しの時点で、本節のジェファとは戦績で並ぶことになりました。残り5試合は昨年上位組との組み合わせにて勝ち点を逃すことは許されない状況と理解しています。関東リーグを目指す以上はこのリーグを制することが条件、そのことをどこか忘れてしまったような闘い振りに、私を含めチームは改めての危機感を共有しました。一旦チームは選手権に向きを変えますが、次は負ければ終わりです。そうならないために、個々がやるべきことをする、チーム全員が同じ基準を持つ、この両輪を揃えて臨みたいと思います。今後も何卒応援の程お願いいたします。たくさんのご観戦、誠にありがとうございました。

山田 岳暁

2022年07月02日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第15節vsASハリマアルビオン試合結果

●1-2(1-1/0-1) 村上

 中断前最後の試合。好調のチームに対して、最大限の警戒するとともに、この試合を最後に引退する白﨑選手のために全力を尽くして戦おうと準備してきました。
 立ち上がりからアグレッシブな姿勢で相手ゴールに迫ります。15分、左サイドからのクロスに堀江が相手GKと競り合ってこぼれたところに村上が猛然と詰めて、見事な先制ゴールを決めます。これで勢いに乗るかと思われた18分に、中盤でボールを奪われてカウンターから手痛い失点。1-1となります。その後もハリマの正確なパスワークから再三シュートを打たれますか、石野のビッグセーブもあり、そのまま前半を終えます。
 後半頭から、柏原に代えて田口を投入し、主導権を奪い返しにいきます。すると、スフィーダペースになり、相手ゴールに迫る回数が増えます。堀江に代えて竹島、三本に代えて安田を入れてパワーアップを図りますが追加点には至りません。引き分けも見えてきたアディショナルタイム3分、左サイドから抜け出されて失点。そのまま1-2での敗戦となりました。
 最後に悔しい失点を喫し、とても残念な結果になりましたが、この試合の学びを活かすべく、中断期間の練習に励んでまいります。酷暑にも関わらず、多くの方々にお越しいただき、感謝申し上げます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年07月01日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー7月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー7月号は6月12(日)スぺランツァ大阪戦の試合直後に直撃した金子選手、根本選手へのインタビューです!試合時に必ず持参する持ち物は、香水がマストアイテム・・・?ある選手との関係が影響しているとか・・・?!普段聞けない内容が盛りだくさん!ぜひご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2022年06月30日
[ユース]XF CUP 2022 第4回 日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)組合せ

 8/1(月)~8日(月)に行われるXF CUP 2022 第4回 日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)の組合せが決定しましたのでお知らせ致します。高校生年代のクラブチーム日本一を決する大会です。ユースチームにも熱い応援を賜りますようお願い申し上げます。

■大会組合せ
https://www.jcy.jp/archives/16381

■大会特設サイト
https://womens-clubyouth-u18.com/

2022年06月29日
ギフティング(投げ銭)でチームを、選手を、応援しよう!

■イベント内容
 7月2日(土)なでしこリーグ第15節 vsASハリマアルビオンがあります。ホームゲームもEngateで応援しましょう!チームや選手への応援コメントお待ちしています!
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3455

■イベント期間
6月29日(水)19時00分00秒~7月4日(月)23時59分59秒
※エントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
対象:イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント相当以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:第15節のプレーフォトデータ&スタメン集合写真(※どちらもデジタルサイン入り)
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に1000pt相当以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像をプレゼント

【ポイント付与キャンペーン実施中!】
7月31日まで、エンゲートに新規登録していただき、初めにスフィーダ世田谷FCをフォローしてくださった方に200ptをプレゼントいたします。
ご新規の方はこの機会にぜひエンゲートをご利用ください!!

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年06月29日
[募集]2023年度ジュニアユース(U-13)入会希望者向け体験練習会 参加受付開始

 本年度は以下の日程で体験練習会を実施することになりました。体験練習会は今回限りとなりますので参加を希望される方は是非お申込み下さい。
■日時:
2022年7月27日(水)11:00受付開始、11:20~12:40練習会

■会場:
下高井戸運動場

■お問合せ:
担当:川嶋 珠生
TEL:03-6228-1932
メール:info@sfida.or.jp
 
■お申込み:
http://www.sfida.or.jp/join/u13taiken.html

2022年06月29日
現役引退選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、白﨑 暉(20歳)が2022プレナスなでしこリーグ1部 第15節 エールマッチをもって引退することになりましたので御報告致します。不屈の精神で度重なる怪我から復帰を続けて参りましたが、両膝で5度の前十字靭帯損傷を受傷したことにより引退を決断致しました。
 尚、同試合の試合後に引退セレモニーを実施致します。白﨑暉選手に最後の温かいエールを宜しくお願い申し上げます。
 
■氏名:白﨑 暉
■背番号:24
■ポジション:MF
■年齢:20歳
■在籍シーズン:2021-2022
■リーグ通算出場試合数(時間):0試合
■カップ通算出場試合数(時間):0試合
■リーグ通算得点:0得点
■コメント:
 シーズンの途中ですが引退することに決めました。スフィーダにはユースから入団しました。怪我をしても見捨てずにトップチームに上げてくれたこと、入団後すぐに膝前十字靭帯を切った時も自分の気持ちを尊重してくれて、トレーナー、コーチ、チームメイト、クラブ全体から復帰をサポートしてもらいました。本当に感謝しかありません。
 今回の怪我で一区切りつけようと思いました。目標としていた公式戦に出ることはできませんでしたが、去年の怪我から復帰して1ヶ月間、2年ぶりにちゃんとサッカーをすることができました。サッカーの事で悩んで考えて行動して、憧れだったトップのみんなとプレーすることができて、楽しくて、苦しくて、人生で1番濃い時間を過ごすことができました。スフィーダじゃなかったらここまでサッカーを続けることはできませんでした。チームに沢山迷惑をかけ、チームの為に何も力になることができないまま、サッカーを辞める決断をして申し訳ない気持ちでいっぱいです。これからは1人のサポーターとしてスフィーダを応援していきます。
 サッカーを通して沢山の人に出会い、色々な事を経験して人として成長させてもらいました。この場をお借りして、関わってくれた全ての方々に感謝申し上げます。
 サッカーに出会えて、スフィーダでサッカーすることができて幸せでした!本当にありがとうございました!

2022年06月27日
「スフィーダ世田谷 FC」×「PLEADYLAB」 フードドライブ 活動報告

 令和4年6月25日(土)、2022年のスローガンである「+1(プラスワン):地域への行動、アクションに更に1つの付加価値を追求」する活動の一つとして、祖師谷商店街加盟店である「PLEADY LAB」(ジュニア向けのスポーツと健康を探求するスポーツラボ)さんの駐車スペースをお借りして、フードドライブ※を実施しました。
※フードドライブとは各家庭で使い切れない未使用食品を持ち寄り、それらをまとめてフードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄贈する活動を言います

詳細はこちら


2022年06月27日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第15節 試合情報

・日時 2022年7月2日(土)16:00キックオフ(有料)
・会場 江戸川区陸上競技場
・相手 ASハリマアルビオン
・交通 東京メトロ東西線「西葛西」駅下車、徒歩約15分または都バス臨海町二丁目団地前行「清新ふたば小学校前」バス停下車徒歩約2分

詳細はこちら

2022年06月26日
[ユース]皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選2回戦 INAC東京レオンチーナ試合結果

〇2-0(0-0/2-0) 荒川、水本

 昨日の東京U-18女子サッカーリーグに続いての連戦。2連戦でのコンディションの問題、14:00キックオフの炎天下での試合、今シーズン2度目の対戦(前回の対戦は○4-0)など、簡単にはいかないであろう理由が幾つか重なったものの、厳しい条件下でもそれを跳ね除け、勝利を手繰り寄せ続けることが目指すべき姿への道であると理解しています。
 そのような中、2連戦の後半戦を迎えたわけですが、チームが昨日、手にした課題を如何に修正し、結果を得るかにフォーカスを当てました。今日の試合で評価すべき点は、この炎天下の中、チームとして最後まで走りきれたことです。相手ゴールに迫る回数とは裏腹に、なかなか得点が奪えず、試合は膠着したゲーム展開に陥りそうになりましたが、相手に圧力をかけ続けた結果として先制すると、その後はより攻勢を強め、相手ゴールに向かい続けることが出来ていました。最後まで手を緩めることなく、自分達と相手と向き合うことも出来ていました。但し、昨日も書き記した通り貪欲に勝利と同時に付加価値を受け取りたいですし、その付加価値こそが成長の一助となります。まだまだ質の低いミスも多いですし、改善すべき点はいくつもあります。しかし、求めたサッカーに辿り着くために必要な材料はこのチームに落とし込んでいますから、あと少しの修正で目に見える改善が成される部分もあると考えています。自分達が自由に、そして、自分達に納得できる試合の数を増やせるようこれからも細部の質を追求し続けて行きたいと考えています。来週から始まる決勝ラウンドへ向け、良い準備を続けていきます。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2022年06月25日
[ユース]東京U-18女子サッカーリーグ第4節 文京学院大学女子高等学校試合結果

〇7-1(2-1/5-0) 大塚、川村、紀川、石浦、島崎、水本、荒川

 東京U-18女子サッカーリーグ第4節は高校との一戦。先週は選手達の疲労を抜き取る意図で試合を入れず、2週間かけて今日の試合と、そして、明日に行われる皇后杯東京都予選の一戦へ向け準備してきました。今日の試合と明日の試合の2試合を1セットと考え、両方の試合で最善の結果を残せるよう闘う必要がありました。
 今日の試合は一言で言えば準備してきたことをやり続けられずに終わってしまったゲームとも言えると思います。結果は出すことが出来たので、その点については素晴らしいと考えていますが、私は選手達の進化に触れるものの一人として勝利だけではない付加価値にも価値を見出しています。だからどこまでも満足することなく求め続けて行きたいと考えています。攻撃のテーマは【関わり続ける】という連続性を意識するもの、守備のテーマは【コミュニケーション】。どちらもコンビネーションを要するテーマであり、そこにフォーカスを当て、ずっと準備してきましたが、選手達個々が目の前の現象に向き合うだけの内容になってしまい、連動性・連続性はなく、単発の攻撃と戦術的統制の欠如した守備が散見されました。これは明らかに準備の段階で落とし込めていない証拠であり、私の準備に問題があったものと理解しています。選手達は必死に闘ってくれていましたし、自分とも向き合ってくれていました。ただ、自分と向き合いすぎるあまり、仲間との関係性よりも自分へ矢印が向き過ぎてしまい、遠くの選手とのコンビネーションは言うまでもなく、周辺の選手とのコンビネーションも発揮できない状況となりました。サッカーである以上、仲間とのコンビネーションがなければ質の高いゲームは求めることが出来ません。仲間との関係性を考え、合わせ、修正し続けて行く。そんな当たり前の繰り返しでしかコンビネーションは構築できませんし、気の遠くなるような作業であったとしてもやり続ける以外に成長して行く道はないと考えています。簡単ではありませんが私は選手達に、チームに求め続けて行きますし、妥協することなく伝え続けて行きたいと思っています。
 今日の試合は言わば、この2連戦の前半戦。明日の皇后杯東京都予選は後半戦となります。冒頭でも書き記した通りこの2連戦で結果を出すことを考えています。今日の試合は18:00キックオフと少し涼しくなった時間での試合でしたが、その反面、明日の試合までの休息の時間が短いことからコンディション的な不安は拭えません。それでもこのチームは前へ進み、幾度となくゴールへ突き進んでくれるはずです。そういうチームを作ってきているつもりです。明日は今日の課題を修正し、自分達に納得のできる闘いが出来るようにベストを尽くしていきたいと思っています。本日もたくさんの応援誠にありがとうございました。

川邊 健一

2022年06月20日
大竹麻友選手の負傷

 6/18(土)に行われましたプレナスなでしこリーグ1部 第14節 vs朝日インテック・ラブリッジ名古屋において90分+1分に大竹麻友選手(26歳)が相手選手との頭部バッティングにより負傷致しました。精密検査を行った結果、脳震盪との診断となりましたのでお知らせ致します。サッカーにおける脳振盪に対する指針に沿い、段階的プログラムを組んで通常の競技参加を目指します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。大竹麻友選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:脳震盪


2022年06月18日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第14節vs朝日インテック・ラブリッジ名古屋試合結果

△0-0(0-0/0-0)

 好調の名古屋との対戦。短いながらも、入念に準備してきました。立ち上がりから鋭い出足でボールを奪い、相手ゴールに迫ります。左右から押し込み、ゴール前での間接FKを獲得しするなど、チャンスを作りますが、相手の粘り強い守備に遭い、得点には至りません。
 スコアレスで迎えた後半。立ち上がりにスローインから決定機を作られますが、金子が渾身のシュートブロックで防ぎます。見事なプレーでした。その後もなかなか相手ゴールをこじ開けることができません。柏原から田口、村上から樫本にスイッチして推進力を上げますが、相手守備陣に防がれます。後半残り数分というところで、大竹が相手選手との接触でピッチアウト。交代回数を全て使っており、残り時間を10人で戦うことを余儀なくされます。しかしながら、攻撃的姿勢を失わずに戦い抜き、スコアレスドローとなりました。スタッツをみると、勝ちきりたかった試合でしたが、相手の粘り強い守備も評価されるべきものだったと考えます。とても良い学びと捉えて、2週間後のハリマ戦に向けて、精進してまいります。
 本日も多くのサポーターのみなさまの後押しに心から感謝申し上げます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年06月17日
サミットストアでの「スフィーダ世田谷FCペットボトルキャップアート」開始のお知らせ

 この度、2022年のスローガンである「+1(プラスワン):地域への行動、アクションに更に1つの付加価値を追求」する活動の一つとして、サミットストア13店舗店内にて「ペットボトルキャップアート」を開始いたしましたことをご報告致します。
 飲み終わったペットボトルキャップを洗ってお持ちいただき、指定された色の通りにキャップをボードにはめ込んでいくとアートが完成します。お近くにお立ち寄りの際は是非対象サミットストアへお気軽にご来店頂き、ペットボトルキャップでエコな「スフィーダエンブレム」を作り上げましょう!

・実施店舗
 13店舗
(上北沢店/喜多見駅前店/桜店/砧店/松陰神社前店/深沢坂上店/祖師谷店/芦花公園駅前/野沢龍雲寺/世田谷船橋店/千歳台店/成城店/砧環八通り店)

・実施期間
 開始 6月15日(水)~6月19日(日)
 終了 7月24日(日)


2022年06月15日
ギフティング(投げ銭)でチームを、選手を、応援しよう!

■イベント内容
 6月18日(土)なでしこリーグ第14節 vs朝日インテック・ラブリッジ名古屋戦があります。アウェイマッチをEngateで応援しましょう!チームや選手への応援コメントお待ちしています!
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3366

■イベント期間
 6月15日(水)19時00分00秒~6月20日(月)23時59分59秒
※エントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
対象:イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:過去のプレーフォトデータ&スタメン集合写真(※どちらもデジタルサイン入り)
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に1000pt以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像をプレゼント

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年06月14日
ギフティング(投げ銭)でお祝いしよう!金子ゆい選手50試合出場達成記念イベント!!

■イベント内容
第10節 vs愛媛FCレディースにて、金子ゆい選手がなでしこリーグ通算50試合出場を達成しました!
50試合出場達成を記念して、金子ゆい選手へのギフティング及び御祝いのメッセージをお願いします!
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3360

■イベント期間
 6月14日(火)19時00分00秒~6月30日(木)23時59分59秒
※ エントリーをお忘れなく!

■プレゼント内容
<リワード>
対象:イベントにエントリー&金子選手合計1000ポイント以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:金子選手からのお礼メッセージ&サイン入りフォトデータ
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。

【イベントに関するご注意】
・イベントにはエントリーが必要です。お忘れなくお済ませください。
・ギフティング対象は金子選手となります。

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年06月13日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会出場決定!

 各グループ(A~Dグループ)の1位が本大会(全国大会)出場、各グループの2位チームはプレーオフを戦い6位まで与えられる本大会への出場権を懸けて戦ってきました関東予選ですが、4勝1分の結果で1位抜けを決め、本大会への出場が決定しましたことをご報告致します。沢山の御声援誠にありがとうございました。
 続く本大会でも躍進できるよう準備を重ねて参ります。引き続きユースチームの戦いにも御声援を賜りますようお願い申し上げます。

大会結果はこちら

2022年06月12日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第13節vsスペランツァ大阪試合結果

〇6-0(3-0/3-0) 長﨑、渡辺、金子、村上、三本、堀江

 今節の相手はスペランツァ大阪。暫定最下位とはいえ、経験豊富なベテラン選手やスピードのあるアタッカーを揃えており、全く油断ならないチームです。前節同様、球際の激しさを追求してきました。
 立ち上がりから相手の背後のスペースを突いて押し込みます。10分、CKを獲得すると、こぼれ球に金子が反応、ゴール前に折り返すと、長崎が頭で合わせて先制します。そこから、相手の反撃に遭い、苦しい時間帯が続きますが、全員が体を張った守備で対抗し、得点を許しません。すると、41分に大竹が倒されて得たFK。渡辺がゴールに向かう軌道のボールを蹴り込むとそのままゴールに吸い込まれ、貴重な追加点となります。44分にも渡辺のCKをファーポストで金子が合わせて3-0とリードを広げます。
 後半の立ち上がりにも、大竹と村上のコンビネーションから4点目。完全に試合を掌握します。73分に三本、89分には交代出場の堀江が押し込み、6-0と試合を決定づけました。これで10勝目を飾るとともに8試合目のクリーンシート達成。練習の成果が出始めているかと考えます。次節はアウェイでの名古屋戦。とても難しい試合になることは間違いありません。しっかりと準備を進めていきます。
 本日も多くのサポーターのみなさまの後押しがあっての勝利です。心から感謝申し上げます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年06月12日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会関東予選グループリーグ第5節オルカ鴨川FC U-18試合結果

〇8-0(3-0/5-0) 島崎、市川、川村、川村、青木、川村、光田、水本

 関東予選の最終節。相手はなでしこリーグ1部所属オルカ鴨川FCの下部組織との対戦。最終節を迎えるにあたり、全国大会への出場権を得るには勝利をすることが前提として他クラブと得失点差勝負になる可能性も否定できず、出来る限り多くの得点を奪うことが必要だと考えていました。相手の守備組織や戦術を越えてプレーするために想定される状況を予測し選手達を送り出しました。試合は想定に近い形で推移したものの、プレーの判断や質に精度を欠き、フラストレーションの溜まる内容となってしまいました。特に目から得る情報収集が足りておらず、またボール付近でのコミュニケーションも不足しており軽率なミスを繰り返してしまいました。不要にボールを失う展開に陥ってしまったことが反省でした。当然、相手も我々の攻撃を防ぐべく対策は講じて来ていましたが、それを越えたのはコンビネーションプレーなどの連携ではなく、あくまでも個の質的優位に留まりました。局面での質的優位はサッカーにおいて極めて重要な要素ではあるものの、それだけに頼るサッカーは戦術的に優れた相手の前に無力となります。従って、今日の内容には改善の余地があったと振り返っていますし、その伸び代にアプローチし、より質の高いサッカーを追求して行けるように成長を促して行きたいと考えています。
本日もたくさんの応援を賜り誠にありがとうございました。選手のご両親様方のみならず、トップチームのサポーターの皆様にもご声援を賜り心より感謝申し上げます。今日の結果が目指した全国大会へ繋がることを祈りつつ、東京U-18女子サッカーリーグ、皇后杯東京都予選への戦いへ備えたいと考えています。闘いはまだまだ続きます。引き続きユースチームへもご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2022年06月11日
[U15]東京都女子サッカーU-15リーグ4部第3節 Grant FC Joias試合結果

●1-3(1-1/0-2) 岡田

 今節は4部リーグ優勝をするために、必ず勝ち点を奪い取らなければならないGrant FC Joiasとの対戦でした。テーマとしてビルドアップ時のサポート、そして局面ごとに数的優位を作り前進していく。味方同士の関わりを多くして戦っていこうと送り出しました。
 立ち上がりからDF背後へのロングボールを狙ってくる相手に対して、キーパーの広範囲のカバーリングにより、ピンチを防ぎます。ロングボールによって押し込まれたDFラインからのビルドアップ時、中盤への配給をミスから失うと、そのままミドルシュートを打たれ先制点を許します。その後もロングボール、ミドルシュートとシンプルに攻め込まれ、押し込まれる展開が続きます。なんとか前線からのプレスで相手のミスを誘い、1点を奪い返しますが、後半も同じようにDF背後を狙ってくる相手にうまく対応することができず、後半立ち上がりに立て続けに2失点をします。ビルドアップ関わりの部分を修正し、相手陣地でプレーする時間が多くなり、ゴールに何度か迫りますが得点を奪えず。1-3で試合終了となりました。
 練習で積み上げてきたビルドアップの形が何度か通用する成果もありましたが、なかなか主導権を握ることができませんでした。試合の勝敗へのこだわり、戦う姿勢、各選手がもっと貪欲に勝利を目指す、そして勝ち切れるチームになるよう、日々の練習を積み重ねていきます。
 本日は遠方での公式戦サポート、応援の程ありがとうございました。本日の反省をしっかりと修正し、次節に向けて準備して参ります。引き続きご声援、サポートのほどよろしくお願いいたします。

窪田 竜希

2022年06月09日
清瀬市との推進及び連携に関する協定

 令和3年3月31日、清瀬市と特定非営利活動法人スフィーダはスポーツの推進及び連携に関する協定を締結しましたことをご報告致します。

詳細はこちら

2022年06月08日
ピースワンコ・ジャパン世田谷譲渡センターとの保護犬譲渡会 活動報告

 令和4年3月20日(日)、2022 シーズンプレナスなでしこリーグ第1節ではクラブも世田谷の社会問題に向き合い少しでもお役に立てる様、ピースワンコ・ジャパン世田谷譲渡センター様のご協力の元、保護犬の殺処分ゼロを目的とした“譲渡会”を実施致しました。結果、本譲渡会をきっかけに 5頭中2頭もの譲渡が成立致しました。里親になって下さいました2名の方にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

詳細はこちら

2022年06月06日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第13節 試合情報

・日時 2022年6月12日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 味の素フィールド西が丘
・相手 スペランツァ大阪
・交通 都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩7分

詳細はこちら

2022年06月05日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第12節vsアンジュヴィオレ広島試合結果

〇2-0(1-0/1-0) 金子、村上

 前節の結果を真摯に受け入れて、ハードな練習を積み重ねてきました。立ち上がりから相手DFラインの背後を突く攻撃を繰り出します。10分にFKを得ると、渡辺の蹴り出したファーサイドのボールに金子が巧みなヘディングシュートをゴールに収めて先制します。ここ数試合、追加点を奪えずに苦しんだことから、攻勢に出ますが、広島の反撃にも遭い、そのままハーフタイムを迎えます。少々厳しめな指摘をして送り出します。
 後半に入ると、さらに出足が鋭さを増し、相手ゴールに迫ります。58分、左サイドでパス交換した後、倉富がファーサイドにクロスを供給すると、村上が打点の高いヘディングシュートをねじ込んで待望の追加点。さらに勢いを出すために田口から柏原にスイッチ。大竹、村上を中心に、再三シュートを放ちますが得点には至りません。その後、倉富から熊谷、村上から堀江、三本から川邉、長崎から竹島と交代カードを全て切って試合を締めにかかります。結局、そのまま2-0で試合終了。前節の悔しさをピッチで表現し続けた選手たち。貴重な勝点3を手にすることができました。これで暫定1位を奪回。次節に向けて、更なる努力を重ねていきます。
 本日も遠方かつ悪天候の中、多くのサポーターの皆様にお越しいただき、心から感謝申し上げます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年06月05日
[ユース]皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選1回戦 FC町田ボニータFlor試合結果

〇11-0(5-0/6-0) 光田、島崎、羽柴、川村、小泉、青木、佐久間、佐久間、青木、小泉、佐久間

 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会東京都予選が始まりました。現在、同時進行で闘っている日本クラブユース女子サッカー大会、東京U-18女子サッカーリーグなど主要な大会の合間を縫って開催されている日本国内最大の大会。そのはじめの一歩となる試合に当たるのが本日の試合でした。
 今週取り組んできたこと、試合で起こりえる可能性を考えての対応なども含め、この試合を勝ち抜くための準備をし選手達を送り出しました。試合はボールを保持できる時間が長い展開となりましたが序盤は自分達のやるべきことが定まらず、落ち着かない試合展開となってしまいました。時間の経過と共に相手を観察しながらのプレーを選択できるようになり、局面での駆け引きでも優位性を見出だすことが出来るようになっていきましたが、もっと1つの局面に複数の選手が関わり、連続してプレーできる連続性と連動性が保てれば相手の守備網を更に多く掻い潜れたはずです。それでも試合の中で修正を施し、試合を組み立てていくことが出来たのはプラス材料の1つであり、こうした経験を積み重ねていくことで少しずつでも前進して行くことが成長への唯一のルートとなりますから、ポジティブな要素を大事にしたいと思っています。
 1回戦をチームとして乗り越えることが出来ました。本大会も含め3つのリーグや大会が入り混じりながら進められているため、気持ちの整理が難しい場面があるのは事実ですが、何にしても変わらないことは目の前の相手と向き合い、そして、何より自分たち自身と向き合い一戦必勝の覚悟で闘い抜く事です。その芯さえブレずに持ち続けていれば自ずと結果は着いてくるものと考えています。来週は日本クラブユース女子サッカー大会関東予選最終節となります。気持ちを切り替え、次の試合に備えていきたいと思います。引き続き応援を賜りますようお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2022年06月05日
[U14]東京都女子サッカーU-15リーグ2部 第5節 17多摩SC試合結果

○12-0(7-0/5-0) 宮崎、宮崎、宮崎、宮崎、北村、宮崎、宮崎、髙橋、大口、羽柴、羽柴、内野

 今節の17多摩SCとの一戦はキックオフ直後から得点を重ね、CFWの宮崎が前半でダブルハットトリックを達成するなど終始相手ゴールに迫り続けるゲームとなりました。前半から相手のDFラインが高く何度もオフサイドに掛かるシーン、無人のゴールに入れるだけシーンでも決めきれないなど少しストレスを感じる部分はありましたが、タッチ数を減らしテンポを上げる事と一つ一つが雑になっている点など修正すべき点をハーフタイムで伝え選手を送り出しました。後半から選手を4名入れ替えた事とシステム変更をした事、相手が前線からプレスをかけて来た事もあり後半の立ち上がりは落ち着かず、試合終了間際には危ういシーンがありましたが最後まで集中を切らさず全員で守り抜きました。
 今週取り組んでいた中盤でのボールポゼッションやセットプレーはTRの成果も観られましたが、TRを続けて行く必要性も感じましたし、一人一人のプレースピードや球際の粘り強さと守備強度は求め続けなければと感じています。改善すべき点はありますが、前節に続き無失点で掴んだ勝利は選手たちの自信へと繋がりました。
 本日も遠方での試合にも関わらず沢山の応援、誠にありがとうございました。引き続き、選手たちへの応援・サポートのほど宜しくお願い致します。

渋谷 由美子

2022年06月04日
[U15]東京都女子サッカーU-15リーグ1部 第5節 FRIENDLYレディース試合結果

△0-0(0-0/0-0)

 第5節はリーグ上位チームとドローゲーム2試合で勝ち点を積んでいるFRIENDLYレディースとの一戦。見ている側、プレーしている側共にストレスの多いゲーム内容となりチームとして大いに反省すべき試合となりました。
 目指していたことはチームでビルドアップ(前進と崩し)を成立させること、またそのトライをすることでした。前半は固いピッチと強風風上に順応しきれずパスは流れ、互いのタイミングも攻撃の方向性もバラバラに。後半は相手最終ラインにマッチアップを噛ませて攻撃姿勢を強めましたが、これといった決定的場面は作れずカウンターを防ぎながらある程度攻めるだけの時間を過ごす30分に終わりました。
 今日の「サッカー」については当然、修正のトレーニングや組み立ての工夫が必要です。それは一週間で改善できる見込みがあります。しかし今日の「チーム」については目標に適した基準や危機感の共有が明らかに欠如していました。この負の積み重ねは目に見えないだけに気づいた時には手遅れになることがあります。今日が選手権であれば即PK、負ければ都予選敗退でした。
 次戦に向けては、トレーニングで技術戦術を磨くだけでなく同時にチームが強く成長することも目指していきます。目標やチームにどれだけ向き合っているか、それが結果に結び付かずとも、やれることを尽くせるチームがスフィーダらしさだと考えています。それがなかったゲームが悔しく、克服すべき反省と受け止めています。
 本日は遠方での公式戦にサポート頂きながら、申し訳ない内容でした。この反省を糧にできればこのチームは爆発的なプレー、成長を見せてくれます。そこに辿り着けるよう明確な努力をして参りますので、引き続き応援の程よろしくお願いいたします。本日もありがとうございました。

山田 岳暁

2022年06月04日
中山さつき選手の負傷

 5/31(火)のトレーニングにて中山さつき選手(26歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。中山さつき選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:右膝内側側副靭帯損傷
全治:6週間の見込み

2022年06月04日
せたがやクリーンアップ作戦清掃活動実施報告

 2022年5月28日(土)の午後、スフィーダ世田谷FCでは地域活動貢献の一環として、世田谷区環境政策部 環境計画課が取り組んでいる「※せたがやクリーンアップ作戦」に賛同し、二子玉川地域での清掃活動をトップチーム全選手およびスタッフ、総勢30名で実施致しました。

詳細はこちら

2022年06月04日
『第9回 宇奈根の渡し』の運営サポート

 令和4年5月8日(日) 『第9回 宇奈根の渡し』の運営サポートでトップチーム選手、スタッフ及びママさんチームの皆さんと共にお手伝いさせて頂きました。

詳細はこちら

2022年06月02日
神川明彦監督 日本テレビ「アイツが俺に火をつけた」出演情報

 大活躍中の一流アスリート・芸能人・アーティストの人生で火が付いた瞬間をフォーカス!誰のどんな言葉・姿を見て心に火がつき、成功までの道を歩んだのか?「火がついた瞬間」を切り口に人生を深堀りするドキュメントバラエティです。神川監督が長友選手(FC東京所属)に「火をつけた」方として、出演します。是非、ご覧ください。

・番組名
日本テレビ「アイツが俺に火をつけた」

・放送日時
2022年6月5日(日)14:00〜15:00  ※関東ローカル

・番宣
https://twitter.com/NTV_OIYAMAD/status/1531478173686599680?cxt=HHwWgMDUvZ3S88AqAAAA

2022年06月01日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー6月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー6月号は5月1(日)日体大SMG横浜戦の試合直後に直撃した柏原選手、竹島選手へのインタビューです!試合時に必ず持参する持ち物やルーティーンとは・・・?普段聞けない内容が盛りだくさん!ぜひご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2022年06月01日
ギフティング(投げ銭)でチームを、選手を、応援しよう!

 今節のアウェイマッチもチーム・選手にギフトを贈ることで、直接応援を届けることができるギフティングを行います!プレナスなでしこリーグ第12節vsアンジュヴィオレ広島もチームを、選手をギフティングでサポート頂けますと励みになります。熱い応援のほど宜しくお願い致します!

■イベント期間
6月1日(水)19時00分00秒~6月7日(火)23時59分59秒

■プレゼント内容
<リワード>
「対象」:イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント以上のデジタルギフトをギフティングされた方
「内容」:今節はアンジュヴィオレ広島とのコラボマッチということで、両チームから1名ずつ、計2名のデジタルサイン入りフォトデータ両チーム選手の画像を合成したものと、各選手別々の画像、計3枚をお送りいたします。ギフティングの際にアンジュヴィオレ広島の希望選手をコメントでご記載ください。
「受取方法」:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。

■今節限定コラボリワード!
下記条件クリアで今節限定のコラボデジタルフォトデータをプレゼント&500ptポイントバック!
・両チームをフォロー
・両チームのイベントにエントリー
スフィーダ世田谷FC開催イベントURL:https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3298
アンジュヴィオレ広島様開催イベントURL:https://engate.jp/communities/angeviolet/rewards/3297
・両チームへ500pt相当以上のギフティング


2022年05月29日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)関東予選グループリーグ第4節 横須賀シーガルズJOY試合結果

△2-2(1-1/1-1) 青木、光田
 
 今節もトップチーム同士が同じなでしこリーグ1部に所属する下部組織対決。共に全勝でここまで勝ち続けてきているチーム同士の闘いであり、この試合の勝者が全国大会への切符を手にする可能性が高いゲーム。試合は勝ち点を分け合う形でドローとなりましたが、難しいゲームだったが故に、この結果をポジティブに捉えています。
 恐らく、このゲームは双方ともにやりたいことが出来なかったゲームであると感じています。相手のやりたいこと(ビルドアップ)をやらせないようにしたことで、逆にロングフィードを受けた結果、相手の強烈な個(CF)を活かしてしまうこととなり、相手の強みを生み出してしまったゲームだったと振り返っています。思いもよらず、ロングフィードの応酬となり、双方ともに簡単なゲームではなかったと認識していますが、最後まで走りきる時間の中で未来を繋げることだけは出来ました。
 リーグ戦はチームの総合力を問われる闘いとなります。怪我人、チーム状況などそれら全てを含めて、その試合の時にピッチに立つ選手達がベストメンバーであり、そのメンバー達で闘い抜いた結果だけが全てだと言えます。だからこそ、今日の内容の善し悪しに関係なく、本日やりきった結果を受け入れなければならないと考えています。
 正直なところ、今日は自分達のやりたいことがほぼ出来ないゲームでした。先制してから1分後に追いつかれ、逆転されるという勝てないチームの振る舞いをしてしまったことから自分達の首を絞める結果となり、敗れていてもおかしくない内容でした。それでもチームは力で道をこじ開け、首の皮一枚で未来を繋ぎとめることが出来ました。結果が全ての公式戦である以上、それ以上のことを求めることは出来ないのかもしれませんが、毎週重ねる試合の中で日々成長し、少しでも進んで行き、きっと自分達が求める姿に辿り着きたいと思います。
 本日も応援誠にありがとうございました。この予選も残すところ1試合。次節も走りきり、全国大会への切符も、自分達の目指すべき姿をも手に入れていきたいと思っています。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2022年05月29日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第11節vs伊賀FCくノ一三重試合結果

●1-3(1-2/0-1) 大竹
 前半戦最終節の相手は、昨季王者の伊賀FCくノ一三重。似たスタイル同士の対戦であり、激しい展開が予想される中、前節と同じメンバーで挑みました。
 立ち上がりから出足で勝り、相手ゴールに迫ります。8分、FKを獲得。渡辺が蹴り出したボールが混戦となり、最後は大竹が押し込み幸先よく先制します。その後も攻勢に出ますが、CKを与えると、セカンドアタックに上手く対応できず追い付かれます。それからは一進一退の展開となりますが、38分に右サイドを突破されて逆転を許します。いずれも淡白な印象の失点でした。
 ハーフタイムで村上から堀江にスイッチ。攻撃の起点および高さに期待します。すると、後半始まってすぐに長崎のクロスが堀江にピタリと合います。同点かと思われましたが、わずかにゴールの上をかすめていきました。55分、相手のFKからDFの背後に抜け出されて、角度のないところからのシュートがゴールに吸い込まれて手痛い失点。1-3となります。その後は柏原から田口、長崎か、竹島に交代するなど、攻撃的に戦いますが、シュートを打つ場面すら作れません。結局、1-3で試合終了。結果も内容も完敗でした。順位も入れ替わり暫定2位となりました。
 今節の試合結果と内容を受け入れて、ハードな練習を積み重ねる必要を感じます。選手、スタッフと力を合わせて、日々の練習に取り組み、次節の勝利を目指します。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年05月22日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第11節 試合情報

・日時 2022年5月29日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 AGFフィールド
・相手 伊賀FCくノ一三重
・交通 京王線「飛田給」駅より徒歩10分

詳細はこちら

2022年05月22日
[U15]東京都女子サッカーU-15リーグ1部 第4節 青梅FCストロベリー試合結果

○7-0(5-0/2-0) 末岡、佐藤、小林、土屋、末岡、土屋、佐藤

 リーグ戦も4試合目を迎え、公式戦のトライとエラーによる成長が軌道に乗ってきた頃合いです。これまで守備からリズムをつかむことで3試合を無失点で抑えて来ました。油断や気温の上昇で集中を欠けば積み上げてきた努力の結果が途絶えるため、締まったゲームをしようと臨みました。
 相手の積極的なプレスに対し、ボールを動かすテンポや素早い守備への切り替えで対抗、相手の背後や効果的なサイド変更で攻勢を維持し得点を重ねることができました。特にサイド攻撃は関わるタイミングやクロスの連携に少しずつ成長が見られ、それが4得点を生み出しました。一方で自陣におけるアンカーへのサポート、SBのポジショニングとビルドアップの選択肢が安定すると更にチームの攻撃時間を増やすことができます。ここはチームの共有と個人戦術の上積みを進め次節改善を図りたいと思います。
 後半は流れの中で選手交代とシステム変更を同時に行うトライを試みました。役割が変わることに即時対応できた選手と時間が掛かる所のギャップでビルドアップの精度が落ち、自陣カウンターを受ける場面もいくつか発生しました。ここはDF陣の対処で難を逃れましたが、今後の戦い方の幅を広げるためにもこうしたトライは行っていきたいと思います。
 本日でリーグ4連勝、選手達のプレーにゴールへの積極性が増している様子が伺えます。自信と連携面の上積みによる好循環がある時こそ、現在取り組んでいる突破の選択肢を増やし自主的に判断できる力を備えたいと考えています。組み合わせが決まったU15選手権予選に向けた準備も含め、一戦一戦を大切にしたいと思います。
 本日もたくさんの応援をありがとうございました。日常を取り戻しつつある中で学校行事など疲労による怪我のリスクが高まっていますので、引き続きご家庭でのサポートをお願い申し上げます。次節も何卒よろしくお願いいたします。

山田 岳暁

2022年05月22日
[U14]東京都女子サッカーU-15リーグ2部 第4節 FC La Luce試合結果

○6-0(2-0/4-0)羽柴、堀、宮崎、高里、清水、羽柴

 前節から1週間、縦パスへの関わりや相手の背後を取る部分を意識したトレーニングを重ね、しっかりと勝ち点3を積むことができました。1点目が入るまでに時間がかかってしまいましたが、終始相手コートでプレーしゴール前に入って行く人数も増えて来たところでクロスからのこぼれをキャプテンの羽柴が押し込み先制。直後の飲水タイムでは、相手の守備を剥がす為の立ち位置を早く取ることやクロスだけでなくペナルティエリア内に進入する選択肢やシュートの意識を伝えました。その後も1.2点決められる決定的なチャンスがありましたが決めきれず、2点目の堀のミドルシュートが入った事でチーム全体に少し余裕が生まれたように感じます。
 予想以上に気温が高く久しぶりの暑さとの闘いもありつつ、足が止まりかけたところでも途中出場のフレッシュな選手たちが果敢なプレーでチームの勢いを止める事なく全員が最後まで貪欲にゴールを目指し掴み取った勝利です。
 本日も朝早くからの送迎、暑い中での沢山の応援、誠にありがとうございました。引き続き、応援・サポートの程よろしくお願いいたします。

渋谷 由美子

2022年05月21日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)関東予選グループリーグ第3節 日体大SMG横浜U-18試合結果

〇3-1(2-0/1-1) 市川、水本、川村
 
 相手は同じなでしこリーグ1部に所属する日体大SMG横浜の下部組織。相手の本拠地(日本体育大学横浜・健志台キャンパス)に乗り込んでの一戦でした。相手の力もスタイルも何もかもがわからず、試合を進めていく中で相手を観察し、判断していくことを求められました。
 雨でスリッピーなピッチコンディションでしたが、チームは開始4分に得点すると、心理的に優位性を保ちながらゲームを進行することが出来ました。14分にも得点を奪うとゲームの主導権を握れる時間が長くなりましたが、相手には優れたキープレーヤーが複数おり、その個性を活かした縦に速い攻撃には苦しめられることになりました。しかし、時間の経過と共に修正し、対応を微調整することでゲームの中で相手をコントロールできたことは成長の一助となったと言えるのかもしれません。攻守ともに自分達の強みを活かすために微調整を施し、それをピッチ上で表現し続ける。その結果として勝ち点を得ていくわけですが、上手くいくこと、上手くいかないことを乗り越えてチームとして闘えた時間には価値があると思っています。
 決して簡単なゲームではありませんでしたが、それでも第3節を勝利で終えることが出来ました。絶対に負けられない公式戦において勝負のやり取りをしながら、ギリギリの攻防を制することでチームは成長の足跡を辿ります。様々な経験だけがチームを成熟させ、強く、逞しく、進化させます。来週も絶対に負けられない試合となりますが、一週間コンディションを整え、ベストな形で相手と向き合えるように準備し、また一歩成長できる時間にしていきたいと考えています。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2022年05月21日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第10節vs愛媛FCレディース試合結果

〇1-0(1-0/0-0) 金子
 前節の悔しい結果を受けて、並々ならね想いを込めて、この試合に向けて準備してきました。立ち上がりからスフィーダの強みを発揮して、相手ゴールに迫ります。素早いカウンターから大竹が抜け出してループシュート。これは惜しくもバーに阻まれ、得点には至りません。勢いに乗り、幾度となくコーナーキックを獲得すると、23分、渡辺の蹴り出したボールに金子がドンピシャのヘディングシュートを突き刺して先制します。その後も追加点を奪うべく相手陣内に攻め込みますが、ハーフタイムを迎えます。
 後半、村上に代えて堀江を入れて追加点を奪いにいきます。前半同様、スフィーダが主導権を握る展開が続きますが、ゴールを奪えずに時間が過ぎていきます。その後も、長崎から中山を投入し、アグレッシブに攻め立てましたが、そのまま0-1で試合終了。スコアこそ物足りなさが残るものの、しっかり勝ち点3をもぎ取ることができました。
 次節は昨年の王者・伊賀との対戦です。二日間のオフを挟んでリフレッシュし、最善の準備を進めてまいります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年05月19日
ギフティング(投げ銭)でチームを、選手を、応援しよう!

 今節のアウェイマッチもチーム・選手にギフトを贈ることで、直接応援を届けることができるギフティングを行います!プレナスなでしこリーグ第10節vs愛媛FCレディースもチームを、選手をギフティングでサポート頂けますと励みになります。熱い応援のほど宜しくお願い致します!

■イベント内容
5月21日(土)なでしこリーグ第10節 vs.愛媛FCレディース戦があります。
アウェイマッチをEngateで応援しましょう!
チームや選手への応援コメントお待ちしています!
ギフティングで選手を応援すると、お礼のプレゼントが届きます!
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3210

■イベント期間
 5月19日(木)19時00分00秒~5月23日(月)23時59分59秒
※1 エントリーをお忘れなく!
※2 イベント終了時刻直前はギフティングが混み合うことがあり、通信環境等によってイベント時間内の処理ができない場合がありますのでご注意下さい。ギフティングは、時間の余裕をもってお願い致します。

■プレゼント内容
<リワード>①
対象:イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:第10節でのデジタルサイン入りフォトデータ(ギフティングした選手が未出場の場合、過去のプレー画像となります)
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。
※チームへのギフティングの場合はこちらで選手を決めさせていただきます。
※2選手以上に1000pt以上ずつギフティングをした場合→各選手の画像をプレゼント

<リワード>②
対象:イベントエントリー&イベントギフティング額合計1500ポイント以上のデジタルギフトをギフティングされた方
内容:「第10節試合前集合写真!」スタメン11名のデジタルサイン入りフォトデータ
受取方法:イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。

【イベントに関するご注意】
・イベントにはエントリーが必要です。お忘れなくお済ませください。
・ギフティング対象はチームと選手全員対象となります。

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年05月19日
岸星美選手の負傷

 5/11(水)のトレーニングにて岸星美選手(36歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。岸星美選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:右膝前十字靭帯損傷
全治:8ヶ月間の見込み

2022年05月15日
[ユース]東京U-18女子サッカーリーグ第3節 東久留米総合高校試合結果

〇5-0(1-0/4-0) 水本、光田、小泉、水本、佐久間
 
 スコアほど簡単なゲームではありませんでした。昨日に続く連戦ということもありますが、相手の徹底した戦術がチームを苦しめたのは事実です。しかし、簡単なゲームではない今日の試合でも冷静に闘い方を整え、同じ方向を向いてやり切れたからこそ結果も得ることが出来たと考えています。自分達のやりたいことが発揮できたかと言われればそうではなく、前半は相手の土俵の上で闘わせられることになりましたが、それでもこうしたタフなゲームを繰り返し、取り続けて行くことでチームも選手も逞しく成長して行くのだと思っています。
 昨日と今日の2連戦は頭も身体も疲労が蓄積しましたが、チームとして乗り越えた2日間に価値を見出しています。失敗は成功への第一歩。失敗した数の分だけ成長するチャンスがあります。だからこそ同じことを繰り返さないことが成長には必要であり、等しく与えられた時間の中で如何に新しい失敗が出来るかが何よりも大事なことだと考えています。停滞は後退…いかなる時もチームの闘い方と同じく前へ突き進んでいきたいと思っています。
 本日も応援誠にありがとうございました。9チームで行われる1部リーグも3試合が終りましたが、今後も毎節大事に、そして、丁寧に積み重ね、年間を通じたチーム力を問われるリーグ戦で結果を残していきたいと思っています。引き続き応援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2022年05月15日
[U14]東京都女子サッカーU-15リーグ2部 第3節 東京BARURS Ochibi試合結果

○2-0(0-0/2-0) 宮崎、大口
 
 本日は2部リーグ2試合目。連日の雨によりピッチコンディションが心配されましたが、水溜まり一つないピッチでした。
 ですがクレーコートならではのボールが跳ねるピッチは事故のような得点・失点が生まれやすく予測出来ない事が起きます。それも踏まえて、GK・DF陣はシンプルなプレーで縦方向を伺う事、中盤は前向きでのサポートを続けボールを散らす事、攻守においてセカンドボールの回収を繰り返し前半で試合を決めようと送り出しました。前線の選手は背後を狙い続けていましたが幅を失ってしまい相手ブロックに引っ掛かる場面が増え、相手DFにも対応されるなどビッグチャンスもありましたが得点が奪えずスコアレスのまま折り返します。
 後半は焦らず前半の闘い方を続ける中で細かい部分を確認し、闘い方は大きく変えず選手交代でそれぞれの個性や良さを出す事で徐々に流れを引き寄せて行きました。得点は交代で入った選手の絶妙なパスと中央からの抜け出しが噛み合って生まれた素晴らしい得点でした。そしてその勢いのまま連続してCKを奪い終了間際に追加点。GK・CBを中心に守備でも最後まで集中を切らさず、スタメン選手だけでなく交代選手たちも躍動しチーム全員で掴んだ勝利でした。
 来週のリーグ戦もチームの勢いを止めずに勝ち点3を積めるようにチーム全員で闘います。本日は応援・サポート誠にありがとうございました。引き続き宜しくお願い致します。
 
渋谷 由美子

2022年05月14日
[ユース]東京U-18女子サッカーリーグ第2節 修徳高校試合結果

〇2-1(1-1/1-0) 佐久間、島崎
 
 雨でスリッピーなピッチコンディションの中、優勝を目指す中で極めて重要な一戦の1つになるであろう試合が第2節に訪れました。相手は都内強豪高校の修徳高校。言わずと知れた名門校で、これまで数々の歴史を刻んできた全国でも指折りのチーム。クラブチームと高校チームがNo.1を懸けて闘うリーグだからこそ実現している今節。結果が重要なリーグ戦において、結果を求めつつ、更にこの1週間で積み上げてきたものがどの程度、表現できるのか確認したいと考えていました。
 結果、試合は逆転勝利することが出来たものの、相手に1本のカウンターで得点を許すと難しいゲームへ様相を変えてしました。しかしポジティブな要素を挙げるとすれば、際の試合を制す経験が出来たこと、逆転勝利という経験が出来たこと、戦略的に闘い勝ち切れたこと、などプラスな要素もありました。ここから年末へ向け多くの試合を闘っていく中で様々な経験を積み、チームは成熟して行きますが、早い段階でこうしたゲームを経験できたことは、今後のチームにとって成長の好材料となります。しかし、反面、自分達の意識次第で対応できる課題(アップでの心と身体の作り込みなど)もいくつかあり、早期の修正を求めていきたいと考えています。
 連戦となりますが、明日、同リーグの第3節が行われます。今日の疲労は抜ききることは出来ませんが、逆に疲労も重くのしかかり、今日出た課題が顔を出しやすい状況であることも事実です。ある意味、試されている部分もあると考えていますし、幸いなことに課題と向き合うチャンスを得た時間とも捉えられるわけですから、しっかりと自分達と課題と向き合って行きたいと考えています。
 本日もご声援誠にありがとうございました。選手も、チームも試合を越えていく度に成長し、逞しくなってくれている部分もあると思います。自分達が目指すべき場所へ辿り着くために、目の前の一瞬一瞬と向き合って行きたいと思っています。明日も応援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2022年05月14日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第9節vsセレッソ大阪堺レディース試合結果

●1-2(1-0/0-2) 大竹
 第9節はホームにセレッソ大阪堺レディースを迎えての試合並々ならぬ想いを込めて準備を進めてきました。
 立ち上がりから出足の良い守備でペースを掴みます。18分、右サイドを崩してクロスを入れると、中央で柏原がシュート。これはGKに阻まれますが、こぼれ球を大竹が抜け目なく押し込んで先制します。その後も攻勢に出ますが、追加点には至らず。結果的には、前半のうちに追加点を取れなかったことが試合を難しいものにしてしまいました。
 ハーフタイムで樫本から川邉にスイッチ。よりスピードを活かした攻撃を目指しました。しかしながら、49分に石野の蹴り出したボールを跳ね返されると、相手選手に抜け出されて手痛い失点。一瞬の隙を突かれる形ではありましたが、反省すべき失点でした。追いつかれたものの、落ち着いた試合運びを進めていましたが、なかなか相手ゴールを脅かすことができません。田口がバッティングにより、交代を余儀なくされるなど、難しい局面が続きます。中山、堀江、村上を投入して攻撃的な姿勢を見せますが、87分、左サイドのスローインから押し込まれてしまい、逆転を許してしまいます。最後まで相手ゴールを目指しましたが、同点弾とはならず、1-2での敗戦となりました。
 開幕での敗戦後、多くの難局を乗り越えながら連勝してきましたが、今節は勝つことができませんでした。この結果をしっかりと受け入れて、次節に向けて最善の準備を進めていくことが大切です。いまこそ、チーム一丸となって戦うことが求められます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年05月12日
[ユース]U-17日本女子代表候補国内トレーニングキャンプメンバーに選出

 以下の通り、ユース所属の古橋 綾乃(高3)がU-17日本女子代表候補メンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:古橋 綾乃(ふるはし あやの)
年齢:17歳
ポジション:GK
 
期間:2022年5月15日(日)~19日(木)
会場:静岡県
公式発表:https://www.jfa.jp/news/00029560/


2022年05月12日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規企業様③

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
  
社名:社名:オタフクソース株式会社
代表者:佐々木 孝富
設立:2009年10月(創業1922年11月)
事業内容:ソース、酢、たれ、その他調味料の開発・ 製造・販売
所在地:広島県広島市西区商工センター7丁目4-27
HP:https://www.otafuku.co.jp/
 

2022年05月09日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第9節 試合情報

・日時 2022年5月14日(土)14:00キックオフ(有料)
・会場 AGFフィールド
・相手 セレッソ大阪堺レディース
・交通 京王線「飛田給」駅より徒歩10分

詳細はこちら

2022年05月08日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)関東予選グループリーグ第2節 つくばFCレディースユース試合結果

○16-0(4-0/12-0)水本、川村、川村、水本、石浦、荒川、川村、市川、青木、佐久間、川村、小泉、島崎、水本、佐久間、島崎

 日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)関東予選グループリーグ第2節はつくばFCレディースユースとの一戦。9:45キックオフではあったものの、当日移動でアウェイゲーム(茨城県つくば市)を行ってきました。
 前半で奪った4得点、後半の12得点。攻撃の手を緩めず、最後までサッカーと向き合えたことは良かったと思っています。その背景として、ここ数週間で取り組んできたものが先週の試合よりも高い水準で表現でき、1つ進歩したこともその要因だと理解しています。勿論、相手が違うので一概にその進歩をどこまで評価するかは判断が難しいところではありますが、それでもこれまで出来なかったような崩しの形や攻撃のバリエーションが見て取れるようになり、一定の評価はしています。しかし、本当の最後の最後の一手でタイミングがずれてしまうことや単純な技術的なミスも散見され、更に追求を続けていく必要はあると確認出来た貴重な時間だったのではないかと思います。
 何はともあれ勝ち点3を東京に持ち帰るという最大のミッションをやりきれましたので次につなげることは出来ました。朝早くから選手達の送迎に多大なご尽力を賜りましたご両親様方のお力添えに感謝申し上げます。この場を借りて改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。残り3試合。1つ1つの試合を丁寧に、そして、常にベストを尽くし一戦必勝の覚悟で闘い抜きます。引き続きお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
 
川邊健一

2022年05月07日
[U15]東京都女子サッカーU-15リーグ1部 第3節 FC町田ボニータ試合結果

○6-0(4-0/2-0) 松澤、 土屋、末岡、佐藤、松澤、土屋

 今季1部リーグ昇格のFC町田ボニータとの一戦。開幕からの二戦は前半の内容に課題があったため、その修正とプレー強度をこれまでより高く臨むことを目指しました。
 キックオフからの先制点を皮切りに、13分までのチームの入りは非常によいものでした。開始15分で少なくとも4得点=4本のシュートを放っていることは自分達が試合の入りで流れを掴んでいる証になります。相手が試合に慣れる前にゲームをリードできることは勝利を近付ける大事な要素になるため、これが習慣になるよう意識を継続していきたいです。しかしこの後は新しい課題に挑む内容でした。最終ラインを高く設定し、こちらのビルドアップやセカンドボールへのアプローチを迷いなく狙う相手のスタイルに対し、攻撃のタイミングが掴めずオフサイドやショートカウンターを受けるなどハーフタイムでの立て直しを余儀なくされます。サイド選手の立ち位置、中盤選手のアクション、アンカーのビルドアップへの関わりなど、攻撃のオンの選手をつくることと背後の狙いを合わせようと後半を迎えます。
 相手の勢いに対抗しながら自分達の修正を図ることは簡単ではありませんでしたが、選手達は時間の経過とトライを繰り返しながら連携や抜け出し、クロスのタイミングなど狙いが感じられるプレーを見せてくれました。ただ最後まで技術的なこだわり、プレー前に観ておくことが不足していた場面が至るところで目についた内容だけに、修正点の多い勝利です。
 公式戦後に行ったTRMではポジションチャレンジ、システムチャレンジを試みましたが、新しい発見があり個々の成長は確認できました。選手個々には公式戦における自分のプレーの質について振り返ってもらい、再びチームで基準を合わせていきたいと思います。
 本日もたくさんの応援にお越し頂き、誠にありがとうございました。GW3連戦は無失点連勝で乗り切ることができました。共通した課題と発見を次節までの材料として、トレーニングに励みたいと思います。これからも苦戦や困難が訪れると思いますが、チームで乗り越えるため引き続き選手のサポートをお願いいたします。本日もありがとうございました。

山田岳暁

2022年05月07日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第8節vsニッパツ横浜FCシーガルズ試合結果

〇2-0(1-0/1-0) 大竹、倉富
 
 第8節は、アウェイでのニッパツ横浜FCシーガルズとの対戦。7連勝を目指して入念な準備を進めてきました。立ち上がりから積極的に攻め込むと、3分に村上からのクロスを難しい体勢ながら、大竹が巧みなヘディングシュートを決めて早くもリードします。その後はシステム変更してきた相手の戦い方に適応しながら、粘り強い守備で跳ね返します。
 後半に入るとスフィーダペース。53分、渡辺のCKに長崎が合わせますが、クロスバー直撃。そのこぼれ球を倉富がうまく処理してボレーシュートを放つと、ゴールネットを揺らす見事なゴール。リードを広げることに成功します。スフィーダの勢いが増し、幾度も相手ゴールに迫りますが追加点は決まりません。村上から堀江、田口から樫本にスイッチし、守備の強度を維持します。最後まで粘り強く戦い、そのまま2-0で勝利を飾ることができました。試合前から苦しい展開を予想していましたが、被シュート3本に抑えることができたのは大きな自信につながります。
 今節も多くの方々の後押しがあっての勝利。謙虚にひたむきにサッカーに取り組み、皆様と共に前進していく所存です。次節に向けて、隙なく準備を進めていきますので、引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年05月05日
ギフティング(投げ銭)でチームを、選手を、応援しよう!

 今節のアウェイマッチもチーム・選手にギフトを贈ることで、直接応援を届けることができるギフティングを行います!プレナスなでしこリーグ第8節vsニッパツ横浜FCシーガルズもチームを、選手をギフティングでサポート頂けますと励みになります。熱い応援のほど宜しくお願い致します!

■イベント内容
5月8日(日)アウェイでなでしこリーグ第8節 vs.ニッパツ横浜FCシーガルズ戦があります。アウェイマッチをEngateで応援しましょう!チームや選手への応援コメントお待ちしています!ギフティングで選手を応援すると、お礼のプレゼントが届きます!
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/3073

■イベント期間
5月5日(木)19時00分00秒~5月9日(月)23時59分59秒
※1 エントリーをお忘れなく!
※2 イベント終了時刻直前はギフティングが混み合うことがあり、通信環境等によってイベント時間内の処理ができない場合がありますのでご注意下さい。ギフティングは、時間の余裕をもってお願い致します。

■プレゼント内容
<リワード>
対象: イベントにエントリー&1選手毎に合計1000ポイント以上ギフティングされた方
内容: 選手からのお礼動画メッセージ
受取方法: イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。

【イベントに関するご注意】
・イベントにはエントリーが必要です。お忘れなくお済ませください。
・ギフティング対象 チームと選手全員対象となります。

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・ イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年05月04日
白﨑暉選手の負傷

 4/10(日)のトレーニングマッチにて白﨑暉選手(20歳)が負傷致しました。精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い回復に向けてスフィーダ世田谷FCメディカルチームがサポートして参ります。白﨑暉選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。
 
診断結果:右膝前十字靭帯損傷
全治:8ヶ月間の見込み

2022年05月03日
[U15]東京都女子サッカーU-15リーグ1部第12節 東京BARUS FC試合結果

○1-0(0-0/1-0) 松澤

 昨年度2位の東京BARUS FCとの一戦、終わってみれば難しいコンディションの中勝利で終えることができてよかったと思い返す試合です。
 前半はチームとして目指した守備ができず、ボールを奪う位置や狙い所が定まらなかったため攻撃のリズムを掴むことができませんでした。ここは前節の課題でもあったため、同様の入りになってしまったことは反省しなければなりません。その分他の局面から自分達の流れを生み出したかったですが、攻守の切り替え場面での反応の遅さ、ボールの落下地点見誤り、セカンドボール回収率、コミュニケーション不足などポイントとなるものまでが非常に鈍く、個人技で押し返すことに頼った30分間となり思うようなシュートシーンが作れませんでした。
 後半はプレスの連続性、攻撃時の関わり、球際やルーズボールへの反応を確認し折り返します。まずはプレスの部分が改善されたことにより、カウンターでゴールに迫るシーンやDF陣が前向きにプレーする回数が増えました。前半は攻守のタイミングを掴めずにいたアンカーやサイド選手でしたが、攻撃に厚みを掛けるための起点になる関わりやCKなど、様々な角度から攻め入ることができたため前後半で流れをひっくり返すことができました。得点はペナルティエリアでの折り返しに反応した選手の一打。チーム・個人の良さが結びついた待望のゴールでした。その後相手の追撃や不用意なビルドアップ判断による危ない場面、確実な2得点目のチャンスなどありましたが、1-0での勝利となりました。この試合、敗戦や引き分けになり得たことを振り返ると、内容はともかく勝利にすべての意味があることを学んだ一戦でもあります。
 大型連休による平日試合、普段と違うスケジュールで求められるコンディション調整の難しさが、この試合では顕著に表れた内容でした。私のチーム管理としても、選手個々の自己管理としても、試合に入るまでにそれぞれできたことがあったように感じています。しかし準備期間がない中でも自分達のやれること、それを意図的に表現する方法は試合の中でも見出せるはずです。今日は失点せずに、負けずにその反省材料を得た貴重な一勝だと捉えています。
 本日は早朝より選手の応援に駆け付けて頂き、誠にありがとうございました。カテゴリーを越えた応援も気持ちが引き締まりますし、ここを目指してほしいと願っています。先週までの半年間の準備は種まきに過ぎません。先週の雨天試合、本日の早朝やコンディションが整わない状況での試合、1点差の試合など、あらゆる状況に対応できるたくましさを育てる時期ですので、長く強く育つよう引き続きのサポートをお願い申し上げます。本日もありがとうございました。

山田岳暁

2022年05月01日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第7節vs日体大SMG横浜試合結果

〇3-1(2-0/1-1) 倉富、村上、村上
 
 ホームに日体大SMG横浜を招いての第7節。6連勝を目指して、懸命に準備を進めてきました。立ち上がりから積極的な姿勢でゴールを目指すスフィーダ。相手の粘り強い守備に遭いますが、21分左サイドの攻撃からこぼれ球に反応した、倉富が右足ダイレクトシュートを突き刺して先制します。まさにゴラッソ。素晴らしいゴールでした。勢いに乗ると、28分には、またも左サイドから大竹がファーサイドで待ち構えた三本にピタリと合うクロス。ヘッドで折り返すと巧みなコントロールから村上が右足ボレーシュートを叩き込み、リードを広げます。その後も攻守に圧倒しますが、追加点には至らずに後半に入ります。
 後半に入ると、日体大の反撃に遭いますが、しぶとく耐え忍ぶと、徐々に押し返すことに成功。64分カウンター発動。大竹のポストプレーから長崎が抜け出し、グランダーのクロスを入れると、相手に当たってこぼれたところに、またも村上。右足で抑えの効いたシュートをゴール左隅に沈めてセーフティリードとなります。村上から伊藤にスイッチ。さらに攻勢に出ますが、71分に一瞬の隙を突かれて失点。3-1となります。その後も相手の圧力に押し込まれますが、GK石野を中心に落ち着いて対応し、そのまま試合を終えることができました。
 これで6連勝達成。収穫と課題が同居する試合展開と内容でしたが、選手たちにとっては、自信になる勝利でした。冷たい雨の降る中、最後までご声援いただき、心から感謝申し上げます。ありがとうございました!次節に向けて、謙虚にひたむきに準備を進めてまいります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2021年05月01日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー5月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー5月号は4月17(日)名古屋戦の試合直後に樫本選手、伊藤選手へのインタビューです!好きな食べ物や休日の過ごし方など・・・?普段聞けない内容が盛りだくさん!ぜひご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2022年05月01日
[ユース]東京U-18女子サッカーリーグ 第1節 INAC東京レオンチーナ試合結果

〇4-0(2-0/2-0) 川村、水本、川村、島崎
 
 本日、東京U-18女子サッカーリーグが開幕。クラブ・高校チームが優勝を懸けて争うリーグ戦であり、U-18関東リーグ昇格へ向けた険しく厳しい道のりが始まりました。その初戦はクラブチームのINAC東京レオンチーナ。言わずと知れたINAC神戸レオネッサの東京支部。簡単な試合になることはないと思っていたからこそ、自分達の積み上げてきたものを意識し発揮することだけに集中し、成長の片鱗を感じる時間にする必要がありました。
 チームはこの2週間で積み上げてきたものを意識し闘い、その部分については一定の評価が出来るパフォーマンスを魅せてくれました。確かにボールは動き、奇麗にチャンスメイクは出来ていたものの、その反動で本来持つ強引さに欠け、怖さを失っている部分も垣間見えました。華麗さと強引さ、この相反する表現力を得たとき、このチームは力を発揮できると思いますし、それが実現できるチームだと思っています。そういう意味では成果と課題を明確に感じられる伸び代にアプローチ出来た一日だったと振り返っています。
 本日も沢山の応援誠にありがとうございました。今シーズンの公式戦はこれで2戦目。まだまだ序盤ですが、これから多くの公式戦を経ていく中で成長を続け、自分達の目指す場所へ着実に歩みを進めていきたいと思っています。今よりも高く、もっと遠くへ…来週の試合ではまた1つ成長した姿をお見せできるよう1週間準備致します。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一


2022年04月30日
[U14]東京都女子サッカーU-15リーグ2部 第2節 八王子FCアトリース戦試合結果

△2-2(1-1/1-1) 羽柴、宮崎

 先週の日曜日に予定されていた第1節が順延となり、本日の第2節が初戦となりました。
 やや表情が堅い選手も居ましたが、開始直後から相手GKと1対1の場面を作り相手FPがなんとかボールを掻き出しクリアするシーンなどゴールへ向かうプレーで相手コートでのプレーを続け、サイドの崩しから生まれた先制ゴール。素晴らしい立ち上がりでした。その後もボールを動かし、相手がゴール前に人数をかけて守っている中でのクロスの質やゴール前の崩しが中途半端になり、センターサークル付近でのビルドアップの一つのミスから失点を許し同点。このプレーから相手のFWの足の速さや相手の狙いを確認出来ました。その後も押し込み続けますが、攻撃陣の得点欲よりも相手の気持ちと頑張りが上回っている印象でした。
後半は選手交代と共に、前半以上に相手の背後を狙う事やゴール前の入り方などを確認、相手の狙いも明確である事から頭の中を整理でき気持ちの面でも落ち着いて後半へ入りました。後半はゴール前の攻防がより激しさを増し、CKから追加点。その後も何度も決定的シーンを迎えながら決めきれず、相手が大きく蹴り出した浮き球の処理を誤りCBが入れ替わる形で抜け出され失点。勝ち越しゴールを狙い最後まで走りきりましたがこのまま試合終了となりました。
決して悪い内容では無かった今日の一戦。決めなければいけないところで決めきれなかった攻撃のクオリティや積極性、一つのミスが失点に繋がるポジション、浮き球の処理、リスク管理。今までのTRMでも何度も見て来たシーンである事。この課題を受け止め、各々が感じた悔しさが今後の成長へと繋がる事を信じています。
本日は沢山の応援・サポート、誠にありがとうございました。引き続き選手のサポートをよろしくお願いいたします。

渋谷 由美子

2022年04月29日
[U15]東京都女子サッカーU-15リーグ1部 第1節 INAC東京フェミーナ試合結果

◯6-0(2-0/4-0) 末岡、末岡、末岡、松澤、佐藤、末岡

 年始のガールズ大会が中止になったことから、およそ半年間の下準備を経て本日のリーグ第1節を迎えることとなりました。
 前日TRではこの半年間を総括、チームの成長は順調であると評価し自信をもって臨もうと集まりましたが、久し振りの公式戦で各々固さが見受けられました。それでもスタートの11名にはリザーブ選手のためにやるべきことを行い、バトンを繋ぐことが求められます。緊張に負けずチームのためにハードワークすることを確認し、送り出しました。
 前半は固さの影響かボールへのプレッシャーや味方同士のコミュニケーションが曖昧な場面があり、受け身で控えめな判断が多かったように思います。また雨で足元がゆるいこともあり、ボールコントロールやビルドアップのストレス、攻守切り替え時の出足、お互いの距離感も少し遠ざかっていた印象です。それでもアタッキングサードでは個々の積極性、特にシュートへの意識は高かったと思います。開始早々の得点は選手が迷いなくプレーした結果で、チームに安心感をもたらす価値のあるゴールでした。
 後半は選手交代と共に、前半の距離感や連動性を意識してリスクを負ってでも全体のスピード感を上げることを目指しました。前向きな姿勢から生まれたPKで後半も幸先良く追加点を挙げることに成功、多少のカウンターは受けたものの定期的にゴールを奪い、前半の倍スコアで締め括ることができました。
 安全にプレーした前半、自分達のリズムを押し出した後半、どちらも必要な判断でこの一つ一つが次の試合への経験となります。そして無失点でゴールを守りきったことも価値ある結果でした。誰がどのように出場してもゴールは割らせない、そういったことができるチームになれるよう、期待を寄せたいと思います。
 次節は東京BARUSとの一戦。例年1部リーグ上位との対戦にてポイントとなる試合になると予想できます。各チームリーグ開幕してコンディションが上がってくるため、しっかりと準備を進めたいと思います。本日は試合中止も頭をよぎる天候となりましたが、保護者皆様の期待、選手達の意気込みで乗り越えられた一日です。リーグ戦12分の1ですが、目標に辿り着くために一段ずつ確実に上がっていきたいと思います。引き続き選手のサポートをよろしくお願いいたします。

山田岳暁

2022年04月26日
世田谷区社会福祉協議会との地域福祉推進に関する協定締結式

 令和4年4月26日(火)世田谷区社会福祉協議会にて、地域福祉の推進に関する協定締結式が行われました。

詳細はこちら

2022年04月25日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第7節 試合情報

・こどもマッチ
・日時 2022年5月1日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 武蔵野陸上競技場
・相手 日体大SMG横浜
・交通 「JR三鷹駅」北口より関東バス[北裏行、武蔵関駅行、田無橋場行]乗車、「武蔵野市役所前」下車徒歩2分

詳細はこちら

2022年04月24日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第6節vsASハリマアルビオン試合結果

〇2-1(0-1/2-1) 大竹、村上

 アウェイでのASハリマアルビオンとの一戦。間違いなく苦しい試合になると考えて、1週間準備を進めてきました。立ち上がりから、シンプルに背後を突いてくる攻撃に押し込まれる展開。14分、カウンターから手痛い失点。ビハインドでの戦いを強いられます。しかしながら、この状況から落ち着きを取り戻し、反撃を開始。大竹を中心に再三ゴールに迫りますが得点にはならず、0-1で折り返します。
 後半から、樫本に代えて村上を投入して巻き返しを図ります。59分、左サイドでの球際の争いから大竹にボールがこぼれ、見事なターンでDFを振り切り、圧巻の同点ゴールを叩き込みます。勢いに乗ったスフィーダ。60分には、戸田の出足鋭いインターセプトからカウンター発動。最後は村上がDFをかわして右足一閃。ゴール左隅に突き刺さり、あっという間に逆転に成功します。その後も、スフィーダペースで進行しますが、追加点は奪えません。パワーをかけてくる相手に苦しむ局面もありますが、石野の好セーブなど、全員で体を張ってゴールを死守。2-1で勝利を飾り、アウェイ3連勝を含む5連勝を達成することができました。
遠方まで駆けつけてくださった皆様、動画配信でご声援えただいた方々など、全てのスフィーダファミリーに心から感謝申し上げます。ありがとうございました!次節に向けて、更なる成長を求めて精進してまいります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年04月20日
ギフティング(投げ銭)でチームを、選手を、応援しよう!

 この度、チーム・選手にギフトを贈ることで、直接応援を届けることができるギフティングをはじめることになりました。プレナスなでしこリーグ第6節vsASハリマアルビオンより導入となります。チームを、選手をギフティングでサポート頂けますと励みになります。熱い応援のほど宜しくお願い致します!

■イベント内容
4月24日(日)アウェイでなでしこリーグ第6節 vs.ASハリマアルビオン戦があります。アウェイマッチをギフティングで応援しましょう!チームや選手への応援コメントお待ちしています!ギフティングで選手を応援すると、お礼のプレゼントが届きます!
https://engate.jp/communities/sfidasetagayafc/rewards/2991

■イベント期間
4月18日(月)19時00分00秒~4月25日(月)23時59分59秒
 ※1 エントリーをお忘れなく!
 ※2 イベント終了時刻直前はギフティングが混み合うことがあり、通信環境等によってイベント時間内の処理ができない場合がありますのでご注意下さい。ギフティングは、時間の余裕をもってお願い致します。

■プレゼント内容
<リワード>
対象: イベントにエントリー&選手に合計1000ポイント相当以上ギフティングされた方
内容: 選手からのお礼動画メッセージ
受取方法: イベント終了後、ご登録メールアドレス宛にご連絡いたします。

【イベントに関するご注意】
・イベントにはエントリーが必要です。お忘れなくお済ませください。
・ギフティング対象 チームと選手全員対象となります。

【リワードに関するご注意】
・リワード対象者様には、エンゲートにご登録いただいているメールアドレスにご連絡致します。イベント終了後、1週間を目処にメールにてご連絡となります。
・ イベント終了後のメール送信元ドメインはイベント概要の「イベントの内容やリワードに関する問い合わせ」に記載の通りとなります。受信設定などをお願いいたします。
・リワードの獲得はご登録いただいているご本人さまのみ有効となります。


2022年04月17日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第5節vs朝日インテック・ラブリッジ名古屋試合結果

〇3-0(3-0/0-0) 大竹、樫本、大竹

 ホームでの名古屋との一戦。規律のある守備に加えて、強烈なシュート力を持つFWを擁するチームであり、苦戦は免れないものとして、準備を進めてきました。
 立ち上がりは名古屋の背後を突く攻撃にあいますが、徐々にスフィーダペースへ。8分、田口のワンタッチクロスがピタリと大竹に合いますが、相手CBの背後からのチャージで倒されます。このプレーは反則の判定となり、PKを獲得します。これを大竹が落ち着いて沈め、早い時間帯に先制します。ここから勢いに乗り、23分、戸田のインターセプトからチャンスを創り、最後は樫本が見事なヘディングシュートで2-0とします。34分には根本からの素晴らしいワンタッチパスに大竹が反応。GKの頭上を抜く見事なループシュートで3-0。試合の主導権を離しません。
 後半に入っても相手のスピード感ある攻撃に粘り強く対応。奪ったボールを着実に前進させながら幾度となくシュートチャンスを創出しますが、追加点とはなりません。そのまま3-0で試合終了。今節もクリーンシートでの複数得点勝利を飾ることができました。金子を怪我で欠く中、初先発の田口をはじめ、全ての選手の力を結集した素晴らしい戦いぶりでの4連勝です。次節に向けて、謙虚にひたむきに準備を進めてまいります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年04月17日
[ユース]日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)関東予選 グループリーグ第1節 SHIBUYA ARTISTA FC試合結果

〇11-0(3-0/8-0) 市川、羽柴、川村、水本、羽柴、川村、佐久間、佐久間、佐久間、青木、荒川

 2022シーズン初の公式戦は日本クラブユース女子サッカー大会関東予選。横須賀シーガルズJOY、SHIBUYA ARTISTA FCユース、つくばFCレディースユース、日体大 SMG 横浜 U-18、オルカ鴨川FC U-18と共に6チームで競われる闘い。1位にのみ与えられる全国大会への切符(2位はグループA2位とのプレーオフ)。昨年も経験したこの深く険しい道のりをもう一度潜り抜けるために全てを懸けて闘う必要があると考えています。
 今日はここに至るまでの4ヶ月間で準備してきたものを発揮する舞台。まだまだチームとして未完成の部分は多いとはいえ、公式戦においては結果を重要視することは避けて通れないと考えています。完成度は度返ししてでも自分達が納得できる結果を手繰り寄せることが重要であり、それだけが全てと言っても過言ではないのかもしれません。
 試合は序盤から主導権を握り事が出来、自分達の時間の中でプレーを続けることが出来ました。自分達が主導でプレー出来るだけに、自分達の質が問われる一戦となりましたが、最終局面までの崩しは各選手の役割設定を明確にすることで複数のパターンを演出することが出来ました。それでも得点を奪いきるフィニッシュの質に課題を残したことが、今後へ向けての伸び代だと前向きに捉え更に進んで行きたいと思っています。
 結果的に11-0という快勝とも言えるスコアで勝利することが出来、これ以上ないスタートを切れたのかもしれません。しかし、ここから続く残り4試合でも目の前の相手と向き合い、1つ1つの試合を如何に丁寧に、そして大胆に闘っていけるかが重要なのかを理解しています。このチームのポテンシャルを引き出し、もっと高く、もっと遠くへ飛べるよう出来る限りのサポートをしていきたいと思っています。
 本日もたくさんの応援誠にありがとうございました。チームの挑戦は始まったばかりですが、選手達が目指す場所に辿り着けるよ全力でフォローして参ります。2022ユースチームが力の限りをピッチ上で表現出来るチームに進化出来るように強化していきます。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
川邊 健一

2022年04月14日
[ユース]U-17日本女子代表候補国内トレーニングキャンプメンバーに選出

 以下の通り、ユース所属の古橋 綾乃(高3)がU-17日本女子代表候補メンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:古橋 綾乃(ふるはし あやの)
年齢:17歳
ポジション:GK
 
期間:2022年4月10日(日)~14日(木)
会場:Jヴィレッジ
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00029382/


2022年04月12日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様⑥

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:キリンビバレッジ株式会社
代表者:吉村 透留
設立:1963年4月15日
事業内容:清涼飲料の製造および販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.kirin.co.jp/
 
社名:コンフェックス株式会社
代表者:昆 靖
設立:1950年1月(創業1906年12月)
事業内容:菓子食品総合商社
所在地:東京都渋谷区代々木3-38-7
HP:http://www.confex.co.jp/
 
社名:大王製紙株式会社
代表者:若林 賴房
設立:1943年5月5日
事業内容:日用品雑貨の製造加工並びに販売
所在地: 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グランブルーム
HP:http://www.daio-paper.co.jp/
 
社名:日本製紙クレシア株式会社
代表者:福島 一守
設立:1963年4月2日
事業内容:フェイシャルティシュー、トイレットロール、キッチン用品、ハイジーン(衛生用品)、軽失禁、大人用紙おむつ、産業用ワイパー、その他関連商品の製造及び販売
所在地:東京都千代田区神田駿河台4-6
HP:https://www.crecia.co.jp/
 
社名:株式会社バスクリン
代表者:三枚堂 正悟
設立:2008年7月1日
事業内容:医薬部外品(入浴剤・育毛剤他)、化粧品、雑貨品等の製造販売
所在地:東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル8階
HP:https://www.bathclin.co.jp/


2022年04月12日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
  
社名:ケイ低温フーズ株式会社
代表者:岡﨑忠勝
設立:2006年4月
事業内容:総合食品卸売業
所在地:兵庫県伊丹市北伊丹5-43-1
HP:http://www.k-teionfoods.co.jp/
 

2022年04月11日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第5節 試合情報

・トモズ絆マッチ
・日時 2022年4月17日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 AGFフィールド(飛田給)
・相手 朝日インテック・ラブリッジ名古屋
・交通 京王線「飛田給」駅より徒歩10分

詳細はこちら

2022年04月10日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第4節vsスペランツァ大阪試合結果

〇3-0(3-0/0-0) 大竹、中山、樫本

 連勝で迎えた、スペランツァ大阪とのアウェイゲーム。鋭いカウンター攻撃と精度の高いセットプレーを警戒し、準備してきました。
 立ち上がりから双方球際の激しい展開。スフィーダは相手DFの背後を突く攻撃で徐々に押し込んでいきます。13分、倉富のクロスから得たPK。大竹が落ち着いて沈め、先制します。17分には、オフサイドで得たFKを石野の見事なロングフィードから樫本が抜け出し、ワンタッチシュート。ポストに弾かれますが、抜け目なく中山が押し込み、貴重な追加点。完全に試合を掌握します。36分には柏原の蹴り出したCKのこぼれ球を樫本が右足一閃。ゴールネットに叩き込んで0-3とリードを広げます。
 後半に入ってもスフィーダペースで試合が進みますが、フィニッシュに精度を欠いて、追加点とはなりません。一時、相手ペースになる時間もありますが、全員で体を張り、得点を許しません。樫本から堀江、中山から田口にスイッチし、運動量を確保すると、こちらにペースを引き戻すことに成功。最後は、熊谷と川邉を入れて、ゲームを締めにかかります。そのまま0-3で試合終了。急な気温上昇の中、選手たちは最後まで走り勝ち、勝利を掴み取りました。
 まだ序盤ではありますが、首位に浮上。次節に向けて、謙虚な姿勢で振り返るとともに、更なる緊張感を持って準備を進めてまいります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年04月07日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様⑤

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:エバラ食品工業株式会社
代表者:森村 剛士
設立:1958年5月
事業内容:調味料食品の製造販売
所在地: 横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス14階
HP:https://www.ebarafoods.com/
 
社名:キリンビール株式会社
代表者:堀口 英樹
設立:2007年7月1日
事業内容:酒類の製造、営業、販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.kirin.co.jp/
 
社名:株式会社 日本アクセス
代表者:代表取締役社長 社長執行役員 佐々木 淳一
設立年月日:1993年10月1日
事業内容:食品および関連消費財等の卸売業、食品安全コンサルタント業務、情報処理サービス業務
貨物自動車運送事業
所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガ-デンタワー
HP:https://www.nippon-access.co.jp/


2022年04月07日
スフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバー新規企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:住商ファーマインターナショナル株式会社
代表者:代表取締役社長 奥山 勝也
設立:1949年11月21日
事業内容:
1.医薬品、食品および食品添加物、医薬部外品、医療機器、それらの原料およびバルク・最終製品の輸出入・販売
2.創薬支援ツールとしての動物・植物・微生物の細胞・組織、解析機器の輸入販売、および関連するバイオロジーサービスの仲介・斡旋
3. 医薬開発・新薬ライセンスに関するコンサルタント業ならびに仲介
所在地:東京都千代田区一ツ橋1-2-2
HP:http://www.summitpharma.co.jp


2022年03月27日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第3節vsアンジュヴィオレ広島試合結果

〇3-0(1-0/2-0) 大竹、堀江、三本

 桜が咲き誇る美しい武蔵野陸上競技場にアンジュヴィオレ広島を招いてのホームゲーム。前節の勝利をさらに輝かせるために、準備を進めてきました。立ち上がりから相手DFラインの背後を突く攻撃を仕掛けます。大竹のスルーパスに柏原が抜け出すも、わずかにシュートが外れます。やや押し気味に試合を進めますが、得点には至りません。
 飲水タイム後、この試合初めてのCKを得ます。渡辺が蹴り出したボールに金子がヘッドで折り返すと、大竹が体ごと押し込んで待望の先制点。試合を優位に進めていきます。
 ハーフタイムで樫本から堀江にスイッチ。2点目を取りにいきます。すると50分、右サイドを駆け抜けた根本がクロス。そのこぼれ球にいち早く反応した堀江が落ち着いてゴールに流し込みリードを広げます。ここから一気にスフィーダペースになります。74分、入団後初出場となる田口から三本へスルーパスが通ります。三本はGKとの1vs1を制して3-0。その後も激しい守備でボールを奪い続け、主導権を渡しません。川邊、中山、宍戸を投入して、ゲームをコントロール。そのまま3-0で勝利を飾りました。
 前節の勝利が与えた自信、日々の競争で磨いた力が存分に発揮された好ゲームでした。素晴らしいスタジアムで、サポーターのみなさんと勝利を分かち合えたことが何よりも嬉しいです。次節に向けて、隙なく準備を進めていきます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年04月01日
トップチーム選手1名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。尚、当該選手達は自宅療養しております。

陽性判定日:4月1日(金)1名

 陽性判定を受け、関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことお詫び申し上げます。引き続き感染症対策を徹底し、感染拡大防止に努めて参りたいと思います。今後とも何卒ご声援を賜りますようお願い申し上げます。

2021年04月01日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー4月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー4月号は今季新加入選手の意気込みコメント及び神川監督へのインタビューをお届けします!#13倉富選手の注目してほしいプレーは?#16田口選手の意気込みは・・・?それぞれのコメントは必見です!是非ご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2022年03月31日
[BFC]2022シーズンのBFCユニフォームスポンサー様のお知らせ

 2022シーズンのBFCユニフォームスポンサー様が決定致しましたのでご報告申し上げます。
 東邦ホールディングス株式会社様、株式会社ドトールコーヒー様、株式会社ユーテック様、住商ファーマインターナショナル株式会社様、株式会社ワクセル様と2022シーズンのBFCユニフォームスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い各社様からの後押しを受け2022シーズンを活動して参ります。応援のほど宜しくお願い申し上げます。

東邦ホールディングス株式会社
代表取締役社長:有働 敦
設立:1948年(昭和23年)9月
事業内容:医薬品卸事業
本社:東京都世田谷区代沢5-2-1
HP:http://www.tohohd.co.jp
掲出個所:BFCオフィシャルユニフォーム(前面胸)

株式会社ドトールコーヒー
代表取締役社長:星野 正則
設立:1962年(昭和37年)4月
事業内容:コーヒーの焙煎加工並びに販売、食品の仕入れ、販売及び輸出入、飲食店の経営、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集及び加盟店の指導
本社: 東京都渋谷区神南1-10-1
HP:https://www.doutor.co.jp
掲出個所:BFCオフィシャルユニフォーム(左袖)

株式会社ユーテック
代表取締役社長:河口 御幸
設立:1971年(昭和46年)3月
事業内容:
・特高・高圧受変電設備、各種負荷設備の竣工試験調整及び定期点検整備、精密試験測定
・電気設備故障時の緊急サービス、及び調査
・電気に関する各種設備の設計、管理、諸手続き代行、各種調査、計測、試験、及び結果の解析
・電気使用、利用の合理化に関する各種サービス
本社:東京都世田谷区上北沢5-5-12
HP:http://utec-um.co.jp
掲出個所:BFCオフィシャルユニフォーム(右袖)

住商ファーマインターナショナル株式会社
代表取締役社長:奥山 勝也
設立:1949年(昭和24年)11月
事業内容:
・医薬品、医薬品、医薬部外品、医療機器、食品添加物、それらの原料およびバルク・最終製品の輸出入・販売
・創薬支援ツールとしての動物・植物・微生物の細胞・組織、解析機器の輸入販売、および関連するバイオロジーサービスの仲介・斡旋
・医薬開発・新薬ライセンスに関するコンサルタント業ならびに仲介
本社:東京都千代田区一ツ橋一丁目2番2号 住友商事竹橋ビル12階
HP:https://www.summitpharma.co.jp
掲出個所:BFCオフィシャルユニフォーム(左袖)

ワクセル株式会社
代表取締役社長: 嶋村 吉洋
設立:2021年(令和 3年) 6月
事業内容:
1.ウェブサイト及びウェブコンテンツの企画、制作及び運営
2.デジタルコンテンツの企画、制作、配信及び販売
3.イベントの企画、制作及び運営
4.広告宣伝に関する業務
5.情報処理及び情報提供に関する業務
6.出版業
7.投資業
8. 不動産の売買、賃貸、管理及びそれらの仲介
9. 経営コンサルティング業務
10.上記各号に附帯関連する一切の事業
本社:東京都渋谷区恵比寿南3丁目9番35号ワクセル恵比寿 ワクセル恵比寿
HP:https://waccel.com/
掲出個所:BFCオフィシャルユニフォーム(パンツ前面左)

2022年03月31日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー新規企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:東洋ドライルーブ株式会社
代表者:飯野 光彦
設立:1962年7月31日
事業内容:ドライルーブ(固体被膜潤滑剤・特殊機能性被膜)の製造・新製品の開発・コーティン
加工・ドライルーブの販売及び輸出入・加工技術の指導
所在地:東京都世田谷区代沢1-26-4
HP:https://www.drilube.co.jp


2022年03月31日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様④

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:メロディアン株式会社
代表者:中西 優紀雄
設立:1961年9月
事業内容:コーヒーフレッシュ、シロップ、美と健康飲料、およびデザート等の食品製造販売、化粧品製造販売
所在地:大阪府八尾市旭が丘1-33
HP:https://www.melodian.co.jp/


2022年03月29日
[ユース]2022シーズンアカデミーユニフォームスポンサー様のお知らせ

 STAND UP株式会社様と2022シーズンのアカデミーユニフォームスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い後押しを受け、2022シーズンを戦って参ります。応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
社名:STAND UP 株式会社
代表者:阿形 昌樹
設立:2020年11月17日
事業内容:広告プロモーションにおける映像・WEBサイト・VR・CG制作・アプリ開発等
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス 17F
HP:https://standup-jpn.com/
掲出個所:ユースユニフォーム(パンツ背面)


2022年03月28日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第3節 試合情報

・日時 2022年4月2日(土) 14:00キックオフ(有料)
・会場 武蔵野陸上競技場
・相手 アンジュヴィオレ広島
・交通 「JR三鷹駅」北口より関東バス[北裏行、武蔵関駅行、田無橋場行]乗車、「武蔵野市役所前」下車徒歩2分

<本節トピックス>
・前売り券販売あり
・ビジター席あり
・ご来場者様全員に体調チェックシートご提出を必須とさせて頂きます(事前登録又は当日ご記入提出)

体調チェックURL(事前登録)
https://forms.gle/FQ4EviwghfBXv8sw6
体調チェックシート(印刷ご持参)
http://www.sfida.or.jp/link/check.pdf

・キックオフ30分前以降のチケット売り場は大変混み合いキックオフに間に合わないこともございます。チケット売り場の密を避けるためにも13:30以前のご来場ご協力をお願いいたします。

■チケット販売
◇チケット販売(ブロック指定)
ご来場は外階段より2Fにお越しください
・前売り券:大人1,000円
・当日券 :大人1,500円
※高校生以下 無料(学生証掲示が必要です)

◇販売・入場時間
・12メンバーズ会員様 12:00開始
・一般来場者様 12:30開始
※再入場 可
※施設内全面禁煙

◇座席制限について
・新型コロナウイルス感染防止対策のため、本試合はメインスタンド1100名分をご用意しております。(Aブロックホーム側席、Bブロックアウェイ側席)
・ご指定頂いたブロック内で、前後左右の社会的距離確保(1席空け)をお願いいたします
・新型コロナウイルス感染症対策のため、座席移動、ブロック変更は原則認められません

<座席エリア一覧>
http://www.sfida.or.jp/link/musashino.pdf

■会場内イベント情報
<入場先着配布>
・マッチデープログラム
・三島食品株式会社様より「ゆかり」サンプル配布
・オタフクソース株式会社様より「デーツ」、「オタフクソース」のセットサンプル配布
<ブース情報>
・スフィーダ世田谷FCオリジナルグッズ販売
・DUELOブース
・「広島備後府中協定記念ブース」
①広島備後府中市地域貢献課ブース
②特産品販売ブース
・ガラポン抽選会ブース
・フェアトレードむさしのブース
<フード情報>
・出店調整中
<イベント情報>
・キックオフ前:#11長﨑茜選手 150試合出場達成 記念セレモニー
・キックオフ前:タカキベーカリー贈呈セレモニー
・ハーフタイムショー:SFIDA ZAFFIRO 出演
・ハーフタイム:スフィーダ備後府中紹介(予定)
・試合終了後:①監督インタビュー②ヒロインインタビュー(勝利時)③MVP(勝利時)/DUELO賞/+1賞 発表

■新型コロナウイルス感染症対策
◇検温・個人情報ご記入のお願い
・スタジアムへのご入場の際(再入場含む)、非接触型検温のご協力をお願いいたします
・検温を済まされた方(37.5℃未満)のみ、チケット購入が可能となります
①検温 ②チケットご購入(ブロック指定購入)③体調チェックシートご提出 の順番でご入場いただけます

◇ご来場可否について
試合当日までの二週間以内に下記項目いずれかの該当がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます
< ご自身の体調について >
・37.5℃以上の発熱がある方
・倦怠感がある方
・咳または喉の痛みがある方
・嗅覚または味覚に異常がある方
・その他 風邪症状や息苦しさ等、体調に異変がある方
< 濃厚接触にあたる方 >
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方

◇ガイドライン運用について
本試合は「日本女子サッカーリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(3/11更新版)」を遵守し運用いたします
http://www.nadeshikoleague.jp/news/upload_file/b9fee1d610e0280d55b38e8ce292314660dae2b4.pdf
◇接触確認アプリ(COCOA)のご案内
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

■ご観戦方法
◇マスク着用のお願い(不織布製マスク推奨)
会場内ではマスク着用の上でご観戦頂きますようご協力お願い申し上げます
※熱中症予防、飲食のため一時的に外される場合は会話はお控えください

◇ホームチーム横断幕掲出について
・11:00~12:00 2F入場ゲートより、「メインスタンド前面手摺」に掲出ください
・掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください

◇アウェイチーム横断幕掲出について
・11:20~12:00 2F入場ゲートより、「ビジター席外側芝生エリア」に掲出ください(芝生に置くのみ可)。
・掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください

◇禁止される応援方法
新型コロナウイルス感染経路(飛沫・接触による感染)対策のため、下記行為は禁止となります
●声を出しての応援、声援、審判へのクレーム等
●指笛、歌を歌うなどの行為
●スタジアム備品を叩く行為
●メガホンの使用(トラメガ含)
●ハイタッチ、肩を組む等の行為
●指定エリア外でのビッグフラッグ掲出(運営が認める無人エリアは可)
●マスクを外してのご観戦(飲食を除く)、応援は禁止とさせて頂き、運用をお守りいただけない方はご退席いただくこともございます

◇容認される応援方法
・拍手・手拍子
・タオルマフラー・ゲートフラッグ等を掲げる
・タオルマフラーを振る、もしくは回す
・本節はハリセンのみ使用可となります


2022年03月28日
ユニフォーム発送予定日及びご到着時期のお知らせ

 日頃よりクラブへ熱いご声援を賜り誠にありがとうございます。
 1月24日(月)から1月31日(月)まで受注販売を実施しておりました販売用ユニフォームですが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け納期遅延が発生しておりました。この度、おおよその発送時期が分かりましたので、お知らせさせていただきます。改めて、商品の到着を心待ちにして下さっていた皆様に深くお詫び申し上げます。

【発送予定日】
2022年3月31日(木)

【ご到着時期】
2022年4月1日(金)〜2日(土)
※上記は現時点での予定であり、数日遅れる場合もございます。

ご注文頂いているユニフォームについての進捗連絡です。現時点でのスケジュールでは3月31日(木)に発送処理を完了させる予定でおります。大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんが、一日も早く皆様のお手元に商品をお届けできるよう善処いたします。
尚、今回メーカーのデュエロ様よりお詫びの御品を同封の上、発送させて頂きます。

※ご購入者の皆様に3/25(金)にメールにてご案内している内容となります。

2022年03月27日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第2節vsオルカ鴨川FC試合結果

 第2節はアウェイでのオルカ鴨川戦。開幕戦で手痛い敗戦を喫し、連敗だけは避けたい状況でした。前節から得た学びを活かすべく、準備を進めてきました。
 立ち上がり20秒、セカンドボールを拾われ、決定機を作られますが、石野がビッグセーブ。結局、このプレーが勝敗の分かれ目になりました。その後は、スフィーダらしい走力を活かした展開に持ち込み、幾度もオルカゴールに迫ります。15分にはセットプレーでのポジション争いの中でPKを獲得し、先制するチャンスを迎えます。しかしながら、大竹のキックを相手GKがセーブし、得点には至りません。長崎のヘディングシュートが2度もクロスバーに嫌われます。40分、倉富の突破からFKを得ます。柏原のキックはクリアされますが、拾った根本がニアサイドにクロス。走り込んだ長崎が、巧妙なヘディングシュートで見事なゴール。ようやく先制に成功します。
 後半に入ってもスフィーダペース。52分に樫本から堀江に交代。さらに攻勢に出ますが、追加点とはなりません。そうすると、徐々にオルカペースへ。中盤のセカンドボールを回収されることが原因でした。もう一度、選手の距離間を整えることによって、スフィーダが攻め込む回数が増えました。最後までアグレッシブな戦いを貫き、0-1で勝ち切ることに成功。嬉しい今季初勝利となりました。ホームでの開幕戦を落とし、難しい状況でしたが、選手たちは準備してきたことを全て出し切り、勝利を手繰り寄せました。ベンチメンバーも常に声を出してサポートしていたことも印象的です。
 次節は土曜日開催のホームゲーム。対戦相手はアンジュヴィオレ広島。規律のある戦いぶりが特徴的な好チームです。短い準備期間ですが、チーム一丸となって前進してまいります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年03月24日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様③

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:味の素株式会社
代表者:西井 孝明
設立:1925年12月17日
事業内容:食品、アミノ酸、医薬品等の製造及び販売
所在地:東京都中央区京橋1-15-1
HP:https://www.ajinomoto.com

社名:株式会社アミファ
代表者:藤井 愉三
設立:1973年10月
事業内容:ギフトラッピング、デザイン文具、ハンドメイド雑貨、キッチン・テーブルウェア、フラワー関連、製品などを中心とした雑貨の企画・製造仕入・卸販売等
所在地:東京都港区北青山2-13-5 青山サンクレストビル3F
HP:https://www.amifa.co.jp/
 
社名:株式会社クレオ
代表者:横井 司
設立:1968年12月
事業内容:マーケティングおよび広告・プロモーションのトータルエージェンシー
所在地:東京都千代田区丸の内2-5-1丸の内2丁目ビル5F
HP:https://kreo.jp/
 
社名:サンスター株式会社
代表者:柴田 公正
設立:1950年11月
事業内容:歯磨、歯ブラシ、デンタルリンス、ヘアケア・スキンケア製品、食品、石けん・洗剤、化学品等の製造販売
所在地: 大阪府高槻市朝日町3-1
HP:http://jp.sunstar.com/
 
社名:宝酒造株式会社
代表者:村田 謙二
設立:2002年4月1日
事業内容:酒類、酒精、調味料、その他の食料品及び食品添加物の製造並びに販売など
所在地:京都市伏見区竹中町609
HP:https://www.takarashuzo.co.jp/
 
社名:田代内科クリニック
代表者:田代 博一 事業内容:国立成育医療研究センター正門前に開業している内科・消化器科・循環器科のクリニックです。健康の窓口として、健康やお身体 病気のことなど何でもご相談ください。また予防接種 健康診断などでお待ちしています。
所在地:世田谷区砧3-4-1-5F
HP:http://www.tashiro-naika.com/
 
社名:日清オイリオグループ株式会社
代表者:久野 貴久
設立:1907年
主な事業内容:油脂・油糧および加工食品事業、加工油脂事業、ファインケミカル事業 等
所在地:東京都中央区新川1-23-1
HP:http://www.nisshin-oillio.com/
 
社名:フジパン株式会社
代表者:安田 智彦
設立:1951年2月6日
事業内容:パン・菓子の製造・販売
所在地: 愛知県名古屋市瑞穂区松園町1-50
HP:https://www.fujipan.co.jp/


2022年03月20日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第1節vsバニーズ群馬FCホワイトスター試合結果

 ホームでの開幕戦、チーム一丸となって準備してきました。対戦相手の情報が少ないこともあり、自分たちの積み上げてきたフットボールを発揮することに注力しました。立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛け、中山がチャンスを迎えますが、シュートはGKの正面。得点には至りません。徐々に相手のペースとなり、苦しい場面が増えます。29分CKの流れからこぼれ球を押し込まれて先制を許します。その後は攻勢に出るもののゴールは生まれずに後半に入ります。
 中山から運動量とシュート力のある柏原に交代。積極的に攻撃を仕掛けていきます。たびたび相手ゴールに迫るものの、得点には結びつきません。65分には堀江から樫本、74分には熊谷から倉富、三本から川邊と、よりスピードのある選手にスイッチしました。しかしながら、最後までゴールを揺らすことができずに0-1で終了しました。結果以上に無得点に終わったことがとても悔しいです。この敗戦から学び、次節に向けて力強く準備を進めていきます。
 本日も多くのサポーターの方々が会場にお越しくださいました。心から感謝申し上げます。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2022年03月17日
[ユース]U-17日本女子代表候補国内トレーニングキャンプメンバーに選出

 以下の通り、ユース所属の古橋 綾乃(高2)がU-17日本女子代表候補メンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:古橋 綾乃(ふるはし あやの)
年齢:17歳
ポジション:GK
 
期間:2022年3月20日(日)~24日(木)
会場:高円宮記念JFA夢フィールド
公式発表:https://www.jfa.jp/news/00029219/


2022年03月15日
ユニフォーム納期遅延に関する御詫び

 日頃よりクラブへ熱いご声援を賜り誠にありがとうございます。
 1月24日(月)から1月31日(月)まで受注販売を実施しておりました販売用ユニフォームですが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け納期遅延が発生してしまいました。商品の到着を心待ちにして下さっていた皆様に深くお詫び申し上げます。納期など詳細が確定しておりませんが、詳細が決まり次第、追ってご報告させて頂きます。引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。
 
■対象商品
・FPホームユニフォームシャツ
・FPアウェイユニフォームシャツ
・GKホームユニフォームシャツ
・GKアウェイユニフォームシャツ
 
■お届け時期
未定(ロックダウン解除後、速やかにご連絡いたします) ※3/20にロックダウン解除予定
 
■遅延理由
生産拠点の広東省地区での新型コロナウィルス感染拡大の影響によりユニフォーム関係の生地、資材手配をしている地域にロックダウンが発令され、生産スケジュール及び流通に関して遅れが生じたため


2022年03月14日
2022プレナスなでしこリーグ1部 第1節 試合情報

・日時 2022年3月20日(日)14:00キックオフ(有料)
・会場 AGFフィールド(飛田給)
・相手 バニーズ群馬FCホワイトスター
・交通 京王線「飛田給」駅より徒歩10分
※お車でのご来場はできません
※当日は南門(甲州街道沿い)のみご入場できます
<本節トピックス>
・前売り券販売あり
・ビジター席あり
・ご来場者様全員に体調チェックシートご提出を必須とさせて頂きます(事前登録又は当日ご記入提出)

体調チェックURL(事前登録)
https://forms.gle/yKRNWg7Ltb4m33xM9
体調チェックシート(印刷ご持参)
http://www.sfida.or.jp/link/check.pdf

・キックオフ30分前以降のチケット売り場は大変混み合いキックオフに間に合わないこともございます。チケット売り場の密を避けるためにも13:30以前のご来場ご協力をお願いいたします。

■チケット販売
◇チケット販売(ブロック指定)
南門:メインスタンド AまたはBブロック
・前売り券:大人1,000円
・当日券 :大人1,500円

フィールドゲート1(南門内):芝生席または芝生エリア
・前売り券:大500円
・当日券 :大人800円
※高校生以下 無料(学生証掲示が必要です)

◇販売・入場時間
・12メンバーズ会員様 12:00開始
・一般来場者様 12:30開始
※再入場 可
※施設内全面禁煙

◇座席制限について
・新型コロナウイルス感染防止対策のため、本試合はメインスタンド330席、芝生席・芝生エリア520名分をご用意しております
・1ブロックあたり芝生席12名まで、芝生エリア10名までと、各ブロック人数制限を設けております
・ご指定頂いたブロック内で、前後左右の社会的距離確保(1席空け)をお願いいたします
・新型コロナウイルス感染症対策のため、座席移動、ブロック変更は原則認められません

<座席エリア一覧>
http://www.sfida.or.jp/link/agf.pdf

■会場内イベント情報
<入場先着配布>
・マッチデープログラム
・サミットセット
<ブース情報>
・スフィーダ世田谷FCオリジナルグッズ販売
・DUELOブース
・「せたがやブース」
①ピースワンコ・ジャパン世田谷譲渡センターによる保護犬の譲渡会(触れ合いはできません)
②フェアトレードタウン世田谷推進委員会によるフェアトレード商品の販売
③社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会 ぷらっとフォーム世田谷によるフードドライブ(各家庭で使い切れない未使用食品や日用品・生理用品の持ち寄り)
④昭和女子大学×明治大学Social Store あやめマルシェによる野菜販売
<フード情報>
・Aoba Plaza
・BOAR'S CAFÉ
・libre mooving kitchen
<イベント情報>
・ピッチ内アップ前:野村Cap、神川監督 開幕挨拶
・ハーフタイムショー:SFIDA ZAFFIRO 出演
・ハーフタイム抽選会 発表
・試合終了後:①監督インタビュー②ヒロインインタビュー(勝利時)③MVP(勝利時)/DUELO賞/+1賞 発表

■新型コロナウイルス感染症対策
◇検温・個人情報ご記入のお願い
・スタジアムへのご入場の際(再入場含む)、非接触型検温のご協力をお願いいたします
・検温を済まされた方(37.5℃未満)のみ、チケット購入が可能となります
①検温 ②チケットご購入(ブロック指定購入)③体調チェックシートご提出 の順番でご入場いただけます

◇ご来場可否について
試合当日までの二週間以内に下記項目いずれかの該当がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます
< ご自身の体調について >
・37.5℃以上の発熱がある方
・倦怠感がある方
・咳または喉の痛みがある方
・嗅覚または味覚に異常がある方
・その他 風邪症状や息苦しさ等、体調に異変がある方
< 濃厚接触にあたる方 >
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある方

◇ガイドライン運用について
本試合は「日本女子サッカーリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(3/11更新版)」を遵守し運用いたします
http://www.nadeshikoleague.jp/news/upload_file/b9fee1d610e0280d55b38e8ce292314660dae2b4.pdf
◇接触確認アプリ(COCOA)のご案内
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

■ご観戦方法
◇マスク着用のお願い(不織布製マスク推奨)
会場内ではマスク着用の上でご観戦頂きますようご協力お願い申し上げます
※熱中症予防、飲食のため一時的に外される場合は会話はお控えください

◇ホームチーム横断幕掲出について
・11:00~12:00 フィールドゲート1(芝生席入場ゲート)より、「ホームベンチ側ゴール裏エリア」の垣根部分に掲出ください(ゴール背後を除く)
・掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください

◇アウェイチーム横断幕掲出について
・11:20~12:00 フィールドゲート1(芝生席入場ゲート)より、「アウェイベンチ側ゴール裏垣根」または「ビジター席の垣根」部分に掲出ください(ゴール背後を除く)
・掲出・撤去作業中はマスク着用、お互いの距離にご留意ください

◇禁止される応援方法
新型コロナウイルス感染経路(飛沫・接触による感染)対策のため、下記行為は禁止となります
●声を出しての応援、声援、審判へのクレーム等
●指笛、歌を歌うなどの行為
●スタジアム備品を叩く行為
●メガホンの使用(トラメガ含)
●ハイタッチ、肩を組む等の行為
●指定エリア外でのビッグフラッグ掲出(運営が認める無人エリアは可)
●マスクを外してのご観戦(飲食を除く)、応援は禁止とさせて頂き、運用をお守りいただけない方はご退席いただくこともございます

◇容認される応援方法
・拍手・手拍子
・タオルマフラー・ゲートフラッグ等を掲げる
・タオルマフラーを振る、もしくは回す
・本節はハリセンのみ使用可となります


2022年03月08日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様②

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:水道機工株式会社
代表者:角川 政信
設立:1936年1月15日
事業内容:上下水道施設および環境保全、衛生施設の設計、施工、監理
所在地:東京都世田谷区桜丘5-48-16
HP:https://www.suiki.co.jp/
 
社名:STAND UP 株式会社
代表者:阿形 昌樹
設立:2020年11月17日
事業内容:広告プロモーションにおける映像・WEBサイト・VR・CG制作・アプリ開発等
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス 17F
HP:https://standup-jpn.com/
 
社名:東京新宿ベジフル株式会社
代表者:遠藤 貴司
設立:2005年6月1日
事業内容:青果物卸売業
所在地:東京都新宿区北新宿4-2-1 東京都中央卸売市場淀橋市場
HP:http://www.vf-shinjuku.jp/

2022年03月01日
スフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバー更新企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人プラチナメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:アサヒビール株式会社
代表者:塩沢 賢一
設立:1889年11月
事業内容:ビール類をはじめ総合酒類事業を展開
所在地:東京都墨田区吾妻橋1-23-1
HP:https://www.asahibeer.co.jp/
  
社名:株式会社アッシュ
代表者:高山 時光
設立: 1987年4月15日
事業内容: 菓子、食品の企画・開発販売事業 前項に付帯関連する事業
所在地: 東京都台東区東上野4-24-11 NBF上野ビル13階
HP:https://www.ash-inf.com/
 
社名:アルモニア株式会社
代表者:小原 和浩
設立:2010年3月15日
事業内容:一般貸切旅客バス事業(関自旅一第1013号) 法人貸切バス事業  ゴルフ事業
所在地:東京都杉並区永福4-13-1
HP:http://www.armonia.co.jp/
 
社名:伊丹産業株式会社
代表者: 北嶋 一郎
設立: 1948年1月15日
事業内容:①LPガス製造、販売
     ②都市ガス製造、販売
     ③高圧ガス製造、販売
     ④発電及び電気の供給、販売
     ⑤太陽光発電等の設計、施工、販売
     ⑥石油製品販売
     ⑦米穀販売、搗精、加工および主食集荷
     ⑧通信機器の販売
     ⑨飲食店の経営
     ⑩生鮮食料品、食料品の集荷、販売
     ⑪酒、食塩の販売
     ⑫収入印紙、郵便切手の売捌
     ⑬薪炭販売
     ⑭自動車販売、修理
     ⑮損害保険代理業
     ⑯自動車及び自動車関連機器のレンタル及びリース業
     ⑰不動産の賃貸、管理
     ⑱農薬販売
     ⑲上記各号に附帯する一切の事業
所在地:兵庫県伊丹市中央5-5-10
HP:http://www.itami-grp.co.jp/
 
社名:伊藤ハム株式会社
代表者:柴山 育朗
設立:1928年4月
事業内容:食肉加工品の製造及び販売食肉の加工及び販売調理加工食品、惣菜類の製造及び販売
所在地:東京都目黒区三田1-6-21アルト伊藤ビル
HP:http://www.itoham.co.jp/
 
社名:江崎グリコ株式会社
代表者:江崎 勝久
設立:1922年2月11日
主な事業内容:菓子、冷菓、食品、牛乳・乳製品の製造および販売
所在地:大阪府大阪市西淀川区歌島4-6-5
HP:https://www.glico.com/jp/
 
社名:エステー株式会社
代表者:鈴木 貴子
設立:1948年8月31日
事業内容:生活日用品の製造、販売
所在地:東京都新宿区下落合1-4-10
HP:http://www.st-c.co.jp/
 
社名:エスビー食品株式会社
代表者:小形 博行
設立:1940年4月5日(創業 1923年4月5日)
事業内容:カレー、コショー、ガーリック等香辛料とチューブ入り香辛料等の香辛調味料、即席カレー、即席シチュー、レトルト食品、チルド食品、生ハーブ及びハーブ関連商品他各種食品の製造販売
所在地:東京都中央区日本橋兜町 18-6
HP:http://www.sbfoods.co.jp/
 
社名:株式会社 江戸一飯田
代表者:飯田 一雅
設立:1971年5月
事業内容:佃煮煮豆製造卸売
所在地:東京都中央区築地4-13-4
HP:http://edo1-iida.p-kit.com/
 
社名:大塚食品株式会社
代表者:牧瀬 篤正
設立:1955年5月19日
事業内容:食品・飲料の製造、販売、及び輸入販売
所在地:大阪市中央区大手通3-2-27
HP:http://www.otsukafoods.co.jp/
 
社名:株式会社大森屋
代表者:稲野 達郎
設立:1955年3月(創業1927年4月)
事業内容:味付海苔、焼海苔等の製造・販売
     ふりかけ、お茶漬け、スープ等の製造・販売
所在地:大阪市福島区野田4-3-34
HP:http://www.ohmoriya.com/
 
社名:加藤産業株式会社
代表者:加藤 和弥
設立:1947年8月22日
事業内容:総合食品卸売業、カンピー製品製造発売元
所在地:東京都大田区大森中1-2-28 大森町ビル7F
HP:http://www.katosangyo.co.jp/
 
社名:カゴメ株式会社
代表者:寺田 直行
設立:1949年
事業内容:調味食品、保存食品、飲料、その他の食品の製造・販売
種苗、青果物の仕入れ・生産・販売
所在地:愛知県名古屋市中区錦3-14-15
HP:http://www.kagome.co.jp/
 
社名:キッコーマン食品㈱首都圏支社
代表者:井上 信政
設立:2009年
事業内容:しょうゆ、しょうゆ関連調味料、食品、酒類などの販売
所在地:東京都港区西新橋2-1-1
HP:http://www.kikkoman.co.jp/
 
社名:株式会社 紀文食品
代表者:堤 裕
設立:1947年9月26日
事業内容:水産練り製品を主体とした総合加工食品の製造・販売
所在地:東京都港区海岸2-1-7
HP:https://www.kibun.co.jp/
 
社名:キーコーヒー株式会社
代表者:柴田 裕
設立:1920年8月24日
主な事業内容:海外におけるコーヒー農園事業から、コーヒーの製造、販売ならびに コーヒー関連事業経営に至るまでのコーヒーに関する総合企業
所在地:東京都港区西新橋2-34-4
HP:http://www.keycoffee.co.jp/
 
社名:株式会社 木村屋總本店
代表者:福永 暢彦
設立:1869年
事業内容:各種パン・和菓子・洋菓子の製造および販売
所在地: 埼玉県入間郡三芳町竹間沢381-2
HP:https://www.kimuraya-sohonten.co.jp/
 
社名:株式会社 神戸屋
代表者:桐山 健一
設立:1918年11月8日
事業内容:パン・洋菓子・冷凍生地・デリカ食品の製造・販売、ならびにベーカリーレストランなど各種業態直営店舗の企画開発・運営
所在地:大阪市東淀川区豊新2-16-14
HP:http://www.kobeya.co.jp/
 
社名:国分首都圏株式会社
代表者:物井 敦
設立:1928年1月12日
事業内容:酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか
所在地:東京都中央区日本橋1-1-1
HP:https://www.kokubu.co.jp/shutoken/
 
社名:国分フードクリエイト株式会社
代表者:山崎 佳介
設立:2015年2月20日
事業内容:酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか
所在地:東京都中央区日本橋1-2-6
HP:http://www.kokubu.co.jp/fc/
 
社名:サッポロビール株式会社
代表者:野瀬 裕之
設立:2003年7月1日
事業内容:ビール・発泡酒・新ジャンル・ワイン・焼酎などの製造販売、洋酒の販売、他
所在地:渋谷区恵比寿4-20-1
HP:http://www.sapporobeer.jp/
 
社名:JA全農たまご株式会社
代表者:小島 勝
設立:2005年6月1日
事業内容:
・鳥卵およびその加工品の販売
・鳥卵加工食品の製造
・養鶏用および鳥卵包装・加工用の機械器具資材、養鶏飼料の開発および販売
・医薬品・医薬部外品・化粧品および日用雑貨類の販売
・貨物利用運送事業
・前各号に附帯する一切の業務
所在地: 東京都千代田区内神田1-1-12 コープビル9階
HP:http://www.jz-tamago.co.jp/
 
社名:敷島製パン株式会社
代表者:盛田 淳夫
設立:1920年6月
事業内容:パン、和洋菓子の製造、販売
所在地: 名古屋市東区白壁5-3
HP:https://www.pasconet.co.jp/
 
社名:下田商事株式会社
代表者:下田 英一
設立:1992年6月28日
事業内容:乾物・雑穀・乾めん・加工食品卸売業、それらに関する製造業・販売業
所在地:東京都新宿区上落合2-26-5
HP:http://www.simoda.co.jp/
  
社名:ジャパンプリント株式会社
代表者:久門 新二
設立:1976年4月
事業内容:商業美術印刷(チラシ・リーフレット・ポスター・POP等)、プランニング、セールスプロモーション、ツール制作、広告企画制作、ショッピングモールの催事企画&運営、Web制作&運用、データベース、システム構築、シールラベル印刷、包装紙印刷
所在地:東京都青梅市新町6-15-20
HP:http://www.japanprint.co.jp/
 
社名:ジャペル株式会社
代表者:水野 昭人
設立:1970年8月
事業内容:ペットフード・ペット用品の卸売業
所在地:愛知県春日井市桃山町3-105
HP:http://www.japell.com/
 
社名:スターゼン株式会社
代表者:中津濵 健
設立:1948年6月17日
事業内容:食肉の加工・販売、食肉製品・食品の製造・販売等
所在地:東京都港区港南2-5-7
HP:https://www.starzen.co.jp/
 
社名:株式会社世田谷自然食品
代表者:河西 英治
設立:2001年7月
事業内容:健康補助食品・自然派化粧品・自然派食品の通信販売
所在地:東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエア 19階
HP:https://www.shizensyokuhin.jp/
 
社名:世田谷信用金庫
代表者:大場 信秀
設立:1921年4月
事業内容:金融業
本店所在地: 東京都世田谷区世田谷1-23-3
HP:http://www.shinkin.co.jp/setagaya/
 
社名:株式会社セントラルファミリー
代表者:赤嶺 洋平
設立:1974年11月18日
事業内容:生命保険代理店
所在地:世田谷区太子堂2-19-3 ムサシヤビル1F
HP:https://www.central-family.com/

社名:全農パールライス株式会社
代表者:前田 守弘
設立:1972年10月9日
主な事業内容:米穀のとう精・販売、酒造用米穀のとう精、炊飯事業、食品等の販売
所在地:東京都千代田区内神田1-1-12 コープビル2F
HP:https://www.zpr.co.jp/

社名:株式会社髙山
代表者:髙山 時光
設立:昭和31年5月1日
事業内容:菓子、食品の販売
     菓子、食品等の企画販売事業
     包装資材の販売事業
     前各項に付帯関連する事業
所在地:東京都台東区西浅草3-24-6
HP:http://www.takayama-inf.com/
  
社名:東海漬物株式会社
HP:http://www.kyuchan.co.jp/
 
社名:東洋水産株式会社
代表者:今村 将也
設立:1953年3月25日
事業内容:即席めん類・生めん類・加工食品類・冷凍魚介類の製造・加工・販売 他
所在地:東京都港区港南2-13-40
HP:https://www.maruchan.co.jp/
 
社名:株式会社土佐屋商店
代表者:中津 直三
設立:1955年1月12日
事業内容:海産物の卸売
所在地:東京都世田谷区北沢3-20-2
 
社名:中野冷機株式会社
代表者:森田 英治
設立:1946年2月(創業1917年4月)
事業内容:冷凍・冷蔵ショーケース、冷凍機、業務用冷蔵庫および同応用製品の設計・製造・販売・据え付け工事とアフターサービス、ならびに建築・設備工事
所在地: 東京都港区芝浦2-15-4
HP:http://www.nakano-reiki.com/
 
社名:ニコニコのり株式会社
代表者:白羽 清正
設立:1950年6月
事業内容:海苔並びに一般食品の製造・販売・輸出入
所在地:大阪府大阪市浪速区敷津東3-3-23
HP:http://www.niconico-nori.co.jp/
 
社名:日本ハム株式会社首都圏量販部
代表者:畑 佳秀
設立:1963年8月
事業内容:肉製品製造業
所在地: 東京都品川区大崎2-1-1
HP:http://www.nipponham.co.jp
  
社名:ハウス食品株式会社
代表者:工東 正彦
設立:2013年4月22日(創業 1913年11月11日)
事業内容:食品製造加工ならびに販売、その他
所在地:東京都千代田区紀尾井町6-3
HP:http://housefoods.jp/
 
社名:富士瓦斯株式会社
代表者:津田 維一
設立:1954年5月24日
事業内容:LPガスの販売
本社:東京都世田谷区上祖師谷4-36-16
HP:http://www.fujigas.com/
 
社名:プリマハム株式会社
HP:https://www.primaham.co.jp/

社名:ブルドックソース株式会社
代表者:石垣 幸俊
設立:1926年9月21日
事業内容:ソース、その他調味料の製造・販売
所在地:東京都中央区日本橋兜町11-5
HP:https://www.bulldog.co.jp/
 
社名:FLAKE café&bar 代表者:松本 光司
設立:2019年8月
事業内容:カフェアンドバー
所在地: 東京都世田谷区梅丘1-22-12 小泉ビルB1
HP:https://www.flake-umegaoka.com/
 
社名:ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社
代表者:岩田 義浩
設立:2012年3月30日
事業内容:飲料水及び食品事業、外食事業、その他
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-1
HP:https://www.pokkasapporo-fb.jp/
 
社名:株式会社マーケティングフォースジャパン
代表者:横山 秀樹
設立:1969年9月10日
事業内容:
・新製品開発並びに販売に関する市場調査
・量販店、百貨店における店頭管理に関わるコンサルティング事業
・店頭販売、店頭販促、各種プロモーション企画の立案並びに運営
・広告代理業
・一般労働者派遣事業
・有料職業紹介事業
・油脂類、油粕類、各種食品、飼料、肥料および油脂化学製品の販売事業
所在地: 東京都中央区日本橋茅場町2-13-13 共同ビル8F
HP:http://www.mfj-inc.co.jp/
 
社名:松田食品工業株式会社
代表者:松田 浅三
設立:1977年8月1日
事業内容:1.大豆加工食品の製造・販売、2.寿司材料の製造・販売
〔味付け高野豆腐・味付干瓢・巻芯等〕、3.その他和惣菜、和スイーツの製造・販売
所在地:大阪市生野区中川5-4-21
HP:http://mazdafoods.co.jp/
  
社名:株式会社ミツハシ
代表者:三橋 美幸
設立:1951年10月1日
事業内容:米穀、炊飯・加工商品・輸入米の販売
所在地:神奈川県横浜市金沢区幸浦2-25
HP:http://www.3284rice.com/
 
社名:株式会社 武蔵製菓
代表者:茶畑 哲夫
設立:1981年8月25日
事業内容:和菓子製造、及び販売
所在地:東京都立川市錦町3-5-23
HP:http://www.musashiseika.com/
 
社名:明治安田生命保険相互会社 品川支社
代表者:田島 裕巳
設立:1881年7月9日
事業内容:生命保険業
所在地: 東京都品川区西五反田2-27-4 明治安田生命五反田ビル6F
HP:https://www.meijiyasuda.co.jp/
 
社名:メルシャン株式会社
代表者:長林 道生
設立:1934年12月4日
事業内容:ワインを中心とした酒類の製造・販売
所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
HP:http://www.mercian.co.jp/
  
社名:森永乳業株式会社
代表者:宮原 道夫
設立:1949年4月13日
主な事業内容:牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造、販売
所在地:東京都港区芝五丁目33-1
HP:http://www.morinagamilk.co.jp/
 
社名:山崎製パン株式会社
代表者:飯島 延浩
設立:1948年6月21日
事業内容:パン、和・洋菓子、調理パン・米飯類の製造・販売、製菓・米菓の販売、ベーカリーの経営、コンビニエンスストア事業
所在地:東京都千代田区岩本町3-10-1
HP:https://www.yamazakipan.co.jp/
  
社名:株式会社ヤマタネ
代表者:山﨑 元裕
設立:1924年7月
事業内容:倉庫業
     主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律に基づく主要食糧卸売販売業
所在地:東京都江東区越中島1-2-21
HP:https://www.yamatane.co.jp/
 
社名:雪印メグミルク株式会社
代表者:西尾 啓治
設立:2009年10月1日
事業内容:牛乳、乳製品及び食品の製造・販売等
所在地:東京都新宿区四谷本塩町5-1
HP:http://www.meg-snow.com/
 
社名:株式会社ヨコオ 厚木工場
代表者:横尾 和浩
設立:昭和38年8月
事業内容:ブランド赤鶏「みつせ鶏」「ふもと赤鶏」の生産・製造・販売
所在地:本社所在地:佐賀県鳥栖市山浦町1239
    厚木工場所在地:神奈川県厚木市酒井3044
HP:http://www.yokoo.co.jp/

2022年03月01日
スフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバー更新企業様

 この度、以下の企業様にスフィーダ12メンバーズ法人ゴールドメンバーとして引き続き御支援頂けることになりましたことを御報告致します。
 
社名:株式会社 エス・エム・シー
代表者: 船田 学司
設立: 2012年11月1日
事業内容: 不動産業 (主に賃貸管理)
所在地:東京都世田谷区喜多見5-16-25-103
 
社名:宍戸コンクリート工業株式会社
代表者:宍戸 邦啓
事業内容:生コンクリートの製造販売
本社:東京都世田谷区給田3-2-15
HP:http://www.shishido-concrete.co.jp/
 
社名:株式会社セイザンプランニング
代表者:武田 二郎
設立:1989年4月1日
事業内容:販売促進の企画立案、及び活動(試食・試飲)、人材派遣・業務委託・請負事業
所在地:東京都調布市飛田給1-10-16
HP:http://www.seizan-p.co.jp/
 
社名:トップビジネス印刷株式会社
代表者:佐藤 泰三
設立:1970年4月1日
事業内容:パンフレット・ポスター・チラシ・封筒・各種帳票等のデザイン、印刷、小ロットのクリアーホルダー・POPアップ名刺、カード・缶バッチ・マグネット・コースター等のノベリティ類
所在地:東京都江東区石島24-6
HP:https://top-printing.net/
 
社名:日本衛生興業株式会社
代表者:河原 満良
事業内容:貯水槽清掃、汚水槽・雑排水槽その他の排水槽清掃、産業廃棄物収集運搬業など
本社:東京都世田谷区砧5-1-1ベルビュー成城206
HP:http://nihon-eisei-kougyo.jp/
 
社名:株式会社ハウジングプラザ
代表者:長 茂雄
設立:1989年(平成元年)11月
事業内容:不動産業
本社: 東京都世田谷区梅丘1-21-7
HP:http://www.housingplaza.jp/
 
社名:ビッグホリデー株式会社
代表者:岩崎 安利
事業内容:旅行業
本社:東京都文京区本郷3-18-14 本郷ダイヤビル8F
HP:http://bigs.jp/
 
社名:株式会社フルショウ
代表者:古庄 功明
設立:2007年8月20日
事業内容:警備業全般(施設・交通・雑踏・身辺警護)
所在地:東京都世田谷区太子堂4-26-13 島田ビル3F
HP:http://www.furusho-keibi.co.jp/
 
社名:丸富製紙株式会社
代表者:佐野 武男
設立:1955年9月9日
事業内容:トイレットペーパー、ティシュペーパー、タオルペーパーの製造および販売
所在地:静岡県富士市比奈678
HP:http://www.marutomi-seishi.co.jp/

2021年03月01日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー3月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー3月号は2022シーズン開幕直前企画!神川明彦監督、野村智美主将が新シーズンへの意気込みを語ります!今年のチームの目標は?今シーズン注目選手は?開幕が待ち遠しくなる内容となっております。是非ご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2022年02月28日
住友生命保険相互会社様とトレーニングウェアスポンサー契約締結

 2022シーズンより住友生命保険相互会社 東京支社様とトレーニングウェアスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い後押しを受けプレナスなでしこリーグ1部を戦い抜きます。応援のほど宜しくお願い申し上げます。

社名:住友生命保険相互会社
代表執行役社長:高田 幸徳
設立:1907年(明治40年)5月
事業内容:生命保険業免許に基づく保険の引受け、資産の運用
所在地:東京都中央区築地7-18-24
HP:https://www.sumitomolife.co.jp/

2022年02月25日
[Jrユース]ナショナルトレセン女子U-14メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の辛嶋 心結(中2)、佐久間 莉代(中2)がナショナルトレセン女子U-14メンバーに選出されました。尚、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、開催が中止となりましたがメンバーのみ発表されましたことを併せてご報告申し上げます。

氏名:辛嶋 心結(からしま みゆう)
年齢:14歳
ポジション:GK

氏名:佐久間 莉代(さくま りよ)
年齢:14歳
ポジション:MF

詳しくはこちら

2022年02月18日
広島県府中市・一般社団法人備後府中スポーツクラブ との連携協力に関する 協定締結

 特定非営利活動法人スフィーダはこの度広島県府中市(市長 小野申人)及び一般社団法人備後府中スポーツクラブ(理事長 伊藤和生)との3者による、スポーツによるまちづくりを目的として連携協定を締結いたしました。

詳しくはこちら

2022年02月15日
スフィーダ世田谷FC オフィシャルチアリーダーズSFIDA ZAFFIRO 2022シーズン新規メンバー募集のお知らせ

 この度、スフィーダ世田谷 FC オフィシャルチアリーダーズ“SFIDA ZAFFIRO”は、2022 シーズンを共に盛り上げる新規メンバーを募集致します。メンバー募集にあたり、オーディションを開催いたしますので、ご興味のある方は、下記事項をご確認の上、奮ってご応募ください!

◆2022新規メンバー募集詳細及びお申込み
http://www.sfida.or.jp/link/20220215sfidazaffiro.pdf

◆エントリー資格
・2022 年 4 月~2023 年 3 月まで責任を持って活動を行える方
(練習は毎週日曜日 4 時間程度、練習会場は中川駅(神奈川県)を予定しています)
・ダンス経験・チア経験は問いません。


2022年02月12日
つかもと整形外科醫院様とメディカルパートナー契約締結

 2022シーズンよりつかもと整形外科醫院様にメディカルパートナーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。主にトレーナーの派遣にてサポートを賜ります。

つかもと整形外科醫院
院長:塚本 理一郎
設立:2012年11月
事業内容:医療
本社:東京都世田谷区千歳台2-14-7千歳クリニックモール2F
HP:https://www.tsukamoto-seikei.com/


2022年02月04日
2022シーズンなでしこリーグ日程発表

 以下の通り、2022シーズンの日程が発表されましたことをご報告いたします。3月20日(日)AGFフィールドにてリーグ戦が開幕致します。熱いご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

HP:http://www.nadeshikoleague.jp/news/2022/0204_0855.html


2022年01月28日
フォルクスワーゲンジャパン販売株式会社様とアライアンスパートナー契約締結

 2022シーズンよりフォルクスワーゲンジャパン販売株式会社様にアライアンスパートナーとして御支援頂けることになりましたことを御報告致します。フォルクスワーゲン「T-Roc」の車両提供でサポート頂きます。

フォルクスワーゲンジャパン販売株式会社
代表取締役社長:西田 秋彦
設立:1998年4月1日
事業内容:フォルクスワーゲン車・新車販売及び中古車販売、部品・用品の販売、および整備、損害保険代理業 等
本社:東京都世田谷区尾山台3-5-2
HP:https://vw-japan-sales.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ背面


2022年01月25日
トップチーム選手1名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。尚、当該選手達は保健所指示のもと自宅療養しております。

陽性判定日:1月25日(火)1名

 陽性判定を受け、関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことお詫び申し上げます。引き続き感染症対策を徹底し、感染拡大防止に努めて参りたいと思います。今後とも何卒ご声援を賜りますようお願い申し上げます。


2022年01月24日
トップチーム選手1名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。尚、当該選手達は保健所指示のもと自宅療養しております。

陽性判定日:1月23日(日)1名

 陽性判定を受け、関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことお詫び申し上げます。引き続き感染症対策を徹底し、感染拡大防止に努めて参りたいと思います。今後とも何卒ご声援を賜りますようお願い申し上げます。


2022年01月24日
2022モデルユニフォーム受注生産受付開始のご案内︎

 2022モデルユニフォームの受注生産申込み受付を開始致します。是非、お買い求め下さい。

・お申込み
 せたがやいち スフィーダ世田谷オンラインショップ
 HP:https://www.setagaya-1.com/sfida/_pc/
・受付期間
 2022年1月24日(月)~1月31日(月)13:00 ・販売価格(税込)
 一般価格¥15,000-
 会員価格¥12,000-
・納期
 3月中旬納品予定
 ※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、生産工場の休止等がある場合、お届けが遅くなる場合がございます。ご了承の上、ご注文頂きますよう願います


2022年01月24日
2022シーズン新体制のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の通り2022シーズンの新体制を御報告申し上げます。2022シーズンも引き続き変わらぬご声援を賜りますようお願い申し上げます。

監督 神川 明彦
コーチ 川嶋 珠生
GKコーチ 岸 星美(選手兼コーチ)
トレーナー 落海 なえ

1 石野 妃芽佳
2 根本 彩夏
3 柏原 美羽
4 戸田 歩
5 渡辺 瑞稀 副将
6 金子 ゆい
7 中山 さつき
8 熊谷 汐華 
9 堀江 美月
10 大竹 麻友 副将
11 長崎 茜
12 サポーター
13 倉富 祐歌 (新)
14 瀧下 まひる
15 三本 紗矢香 副将
16 田口 茉亜紗 (新)
17 竹島 加奈子
18 宍戸七海 (新)
19 安田 祐美乃
20 樫本 芹菜
21 岸 星美
22 村上 真生
23 伊藤 綾花
24 白﨑 暉
25 野村 智美 主将
26 川邉 汐夏 (新)
27 石川 愛紘 (新)

(新)新加入選手


2022年01月23日
クラブスタッフ1名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、クラブスタッフ1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。現在、トップチームは自主トレ期間であり、対象のスタッフとチームの接触はありませんでした。尚、当該スタッフは保健所指示のもと自宅療養しております。

陽性判定日:1月23日(日)1名

 陽性判定を受け、関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことお詫び申し上げます。引き続き感染症対策を徹底し、感染拡大防止に努めて参りたいと思います。今後とも何卒ご声援を賜りますようお願い申し上げます。


2022年01月23日
落海なえトップチームトレーナー就任のお知らせ

 2022シーズンより落海 なえ(おちうみ なえ)氏がトップチームのトレーナーに就任することが決定致しましたので御報告させて頂きます。

■氏名
落海 なえ(おちうみ なえ)

■年齢
1994年2月11日(27歳)

■ライセンス
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

■経歴
2020年~国士舘大学ラグビー部 アスレティックトレーナー

■コメント
 この度、トレーナーを務めることになりました、落海なえと申します。明るさが印象的なこのチームで活動が出来ることをとても嬉しく思います。選手が思い切りサッカーに取り組めるよう、共に戦っていきます。よろしくお願い致します。


2022年01月22日
トップチーム選手3名新型コロナウィルス感染症陽性判定のお知らせ

 この度、トップチーム選手3名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。現在、トップチームは自主トレ期間であり、対象者3名の接触はなかったのですが、それぞれ異なる経路での感染が認められました。尚、当該選手達は保健所指示のもと自宅療養しております。

陽性判定日:1月21日(金)3名

 陽性判定を受け、関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことお詫び申し上げます。引き続き感染症対策を徹底し、感染拡大防止に努めて参りたいと思います。今後とも何卒ご声援を賜りますようお願い申し上げます。


2022年01月22日
岸星美トップチームGKコーチ就任のお知らせ

 2022シーズンも岸星美(きし ほしみ)氏がトップチームのGKコーチと選手を兼任することが決定致しましたので御報告させて頂きます。

■氏名
岸 星美(きし ほしみ)

■年齢
1986年4月22日(35歳)

■ライセンス
JFA公認B級ライセンス
JFA公認GKレベル2ライセンス

■指導歴
2019年 スフィーダ世田谷FCユース・ジュニアユース GKコーチ
2021年 スフィーダ世田谷FC GKコーチ

■コメント
 この度、GKコーチ契約を更新させて頂くことになりました。選手との兼任ではありますが、選手としてもコーチとしてもチームの勝利に貢献できるよう精進して参ります。宜しくお願い致します。


2022年01月22日
川嶋珠生トップチームコーチ就任のお知らせ

 2022シーズンより川嶋 珠生(かわしま たまい)氏がトップチームのコーチに就任することが決定致しましたので御報告させて頂きます。

■氏名
川嶋 珠生(かわしま たまい)

■年齢
1988年6月6日(33歳)

■ライセンス
JFA公認A級ライセンス取得見込み

■指導歴
2015年 スフィーダ世田谷FC U-14 監督
2016年 スフィーダ世田谷FC トップチームコーチ
2017年 スフィーダ世田谷FC U-13 監督
2018年 スフィーダ世田谷FC U-15 監督
2019~20年 スフィーダ世田谷FCユース 監督
2021年 スフィーダ世田谷FCユース コーチ

■コメント
 今シーズンより、トップチームコーチに就任させて頂くことになりました川嶋珠生です。このような機会を与えてくれたクラブに感謝しています。選手、神川監督、スタッフ、クラブに関わる全ての皆様、地域の為に全力を尽くします。宜しくお願い致します。


2022年01月20日
2022シーズンのトレーニングウェアスポンサー様決定のお知らせ

 2022シーズンのトレーニングウェアスポンサー様が決定致しましたのでご報告申し上げます。
 サミット株式会社様、株式会社サンルイ・インターナッショナル様、株式会社ドトールコーヒー様、株式会社クロスマイフィンガーズ様、三栄造園株式会社様、株式会社ユーテック様、株式会社玉川ホールディングス様、株式会社Entame様と2022シーズンのトレーニングウェアスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い各社様からの後押しを受け、2022シーズンはプレナスなでしこリーグ1部を戦い抜きます。応援のほど宜しくお願い申し上げます。

サミット株式会社
代表取締役社長:服部 哲也
設立:1963年(昭和38年)7月
事業内容:食品スーパーマーケット及びその他生活関連商品の小売チェーン
本社:東京都杉並区永福3-57-14
HP:http://www.summitstore.co.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面
 
株式会社サンルイ・インターナッショナル
  St.Louis international,inc.
代表取締役社長:森田 敦子
設立:1998年(平成10年)1月16日
事業内容:フィトテラピーに関する業務
本社:東京都目黒区中目黒3-12-5
HP:https://intime-cosme.com
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ右袖
 
株式会社ドトールコーヒー
代表取締役社長:星野 正則
設立:1962年(昭和37年)4月
事業内容:コーヒーの焙煎加工並びに販売、食品の仕入れ、販売及び輸出入、飲食店の経営、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集及び加盟店の指導
本社: 東京都渋谷区神南1-10-1
HP:https://www.doutor.co.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ左袖

企業名:株式会社クロスマイフィンガーズ
ショップ名:CHAINON(シェノン)
代表取締役社長: 若田部薫
設立: 2019年(令和元年)12月25日
事業内容: 美容室経営、マーケティングサポート及びコンサルティング
店舗:東京都世田谷区梅丘1-25-10 小山ビル1F
HP:https://www.cmf8.net
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ左袖
 
社名:三栄造園株式会社
ショップ名:世田谷エクステリアルーム
代表取締役会長:藤倉 幸彦
設立:1968年(昭和43年)
事業内容:エクステリア・造園工事の設計・施工・管理・リフォーム
本社:東京都杉並区下高井戸1-37-12
HP:http://www.sanei-landscape.com
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ背面
 
社名:株式会社ユーテック
代表取締役社長:河口 御幸
設立:1971年(昭和46年)3月
事業内容:
・特高・高圧受変電設備、各種負荷設備の竣工試験調整及び定期点検整備、精密試験測定
・電気設備故障時の緊急サービス、及び調査
・電気に関する各種設備の設計、管理、諸手続き代行、各種調査、計測、試験、及び結果の解析
・電気使用、利用の合理化に関する各種サービス
本社:東京都世田谷区上北沢5-5-12
HP:http://utec-um.co.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ背面

社名:株式会社玉川ホールディングス
代表取締役社長:關口 雅章
設立:1947年(昭和22年)5月12日
事業内容:
・リネンサプライの企画及びサービスの提供
・業務用・個人用衣類及び寝装品のクリーニング
・寝具のリース及び乾燥サービスの提供
・寝装品関係・ユニフォーム類・テーブルリネン類の販売
・環境関連事業(エコロジー)
本社:東京都世田谷区松原3-40-7パインフィールドビル6階
HP:http://www.tamasen.co.jp
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ背面
 
社名:株式会社Entame(エンタメ)
代表取締役社長:松崎 十士皇
設立:2021年4月9日
事業内容:
(1)ECビジネス開発支援
・ECサイトに特化したコンサルテインング
・ECサイトに特化したWEB制作及び運営制作代行
・ECサイトに特化したWEB広告運用代行
(2)アニメ企画プロモーション
・アニメなどのIPを活用した企画プロモーション
・キャラクターイラスト作成
・グッズ/ノベルティなどのOEM製作
(3)ブランディング設計・制作
・CIガイドライン、BIガイドラインの構築
・クリエイティブ制作
本社:東京都世田谷区北沢2-27-9 いいオフィス下北沢1階
HP:https://en-tame.jp/
掲出個所:選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ背面



2022年01月20日
2022シーズンのユニフォームスポンサー様決定のお知らせ

 2022シーズンのユニフォームスポンサー様が決定致しましたのでご報告申し上げます。
 サミット株式会社様、東邦ホールディングス株式会社様、株式会社金冠堂様、株式会社トモズ様、株式会社ドトールコーヒー様、株式会社ブレイブ様と2022シーズンのユニフォームスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い各社様からの後押しを受け、2022シーズンはプレナスなでしこリーグ1部を戦い抜きます。応援のほど宜しくお願い申し上げます。

サミット株式会社
代表取締役社長:服部 哲也
設立:1963年(昭和38年)7月
事業内容:食品スーパーマーケット及びその他生活関連商品の小売チェーン
本社:東京都杉並区永福3-57-14
HP:http://www.summitstore.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(前面胸)
 
東邦ホールディングス株式会社
代表取締役社長:有働 敦
設立:1948年(昭和23年)9月
事業内容:医薬品卸事業
本社:東京都世田谷区代沢5-2-1
HP:http://www.tohohd.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(背面上部)
 
株式会社金冠堂
代表取締役社長:山﨑 充
設立:1943年(昭和18年)6月
事業内容:一般用医薬品の製造・販売及び医薬部外品、化粧品、食品等の販売
本社:東京都世田谷区若林1丁目18番10号みかみビル5階東側
HP:http://www.kinkan.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(背面下部)
 
株式会社トモズ
代表取締役社長:徳廣 英之
設立:1993年(平成5年)9月
事業内容:ドラッグストア「トモズ」(調剤・物販併設)・「アメリカンファーマシー」(欧米型ドラッグストア)・「メディコ」・「カツマタ」及び「インクローバー」(ブランド化粧品専門店)の経営
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル 3F
HP:http://www.tomods.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(前面鎖骨部分左)
 
株式会社ドトールコーヒー
代表取締役社長:星野 正則
設立:1962年(昭和37年)4月
事業内容:コーヒーの焙煎加工並びに販売、食品の仕入れ、販売及び輸出入、飲食店の経営、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集及び加盟店の指導
本社: 東京都渋谷区神南1-10-1
HP:https://www.doutor.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(肩)
 
株式会社ブレイブ
代表取締役社長:中島 将太
設立:2016年(平成28年)4月6日
事業内容: webマーケティング事業、ソーシャルブランディング事業、ITソリューション事業、ICT教育事業、採用支援事業
本社:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー22階
HP:https://bra-ve.co.jp
掲出個所:オフィシャルユニフォーム(パンツ背面)


2022年01月16日
新加入選手のお知らせ⑤

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、スフィーダ世田谷FCユースより川邉汐夏(かわべゆうか)選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:川邉 汐夏(かわべ ゆうか)
■年齢:18歳(2003年8月6日)
■身長:156cm
■出身:東京都
■ポジション:FW
■前所属チーム歴:キタミ80フットボールクラブ→スフィーダ世田谷FCジュニアユース→スフィーダ世田谷FCユース
■コメント:
 この度、トップチームに昇格させて頂くことになりました川邉汐夏です。中学生からお世話になったこのクラブのトップチームでプレーできることをとても嬉しく思います。日々感謝の気持ちを忘れず、自分の強みであるスピードを最大限活かしチームの勝利に貢献できるよう精一杯頑張りますので、応援よろしくお願い致します。


2022年01月15日
新加入選手のお知らせ④

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、武蔵丘短期大学より宍戸七海(ししどななみ)選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:宍戸 七海(ししど ななみ)選手
■年齢:2001年7月20日
■身長:168cm
■出身:宮城県
■ポジション:MF
■前所属チーム歴:コパムンディアルFC→リトルスターズ→現 仙台大学附属明成高等学校→武蔵丘短期大学
■コメント:
 この度、スフィーダ世田谷FCに入団させて頂くことになりました、宍戸七海です。幼い頃からの夢である、なでしこリーグ1部でプレーができることを大変嬉しく思います。
 たくさんの方の支えがあり、新たなチャレンジができることに感謝し、私の特徴である運動量と展開力を試合でお見せできるよう精一杯頑張りますので、応援よろしくお願い致します。


2022年01月13日
新加入選手のお知らせ③

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、帝京平成大学より倉富祐歌(くらとみゆうか)選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:倉富 祐歌(くらとみ ゆうか)
■年齢:1999年9月4日
■身長:157cm
■出身:福岡県
■ポジション:DF
■前所属チーム歴:ジェフユナイテッド市原・千葉レディースジュニアユース→千葉県立幕張総合高校女子サッカー部→帝京平成大学女子サッカー部
■コメント:
 この度、スフィーダ世田谷FCに加入させて頂くことになりました、倉富祐歌です。スフィーダ世田谷FCという素晴らしいチームでプレーできることを心から嬉しく思います。
 今まで支えてくれた家族や関わって下さった方々への感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願い致します。


2022年01月12日
新加入選手のお知らせ②

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、スフィーダ世田谷FCユースより石川愛紘(いしかわまひろ)選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:石川 愛紘(いしかわ まひろ)
■年齢:18歳(2003年4月15日)
■身長:170cm
■出身:東京都
■ポジション:GK
■前所属チーム歴:Tachikawa elf FC→スフィーダ世田谷FCジュニアユース→スフィーダ世田谷FCユース
■コメント:
 この度、トップチームに昇格させて頂くことになりました石川愛紘です。中学1年生の頃から憧れであったトップチームでプレーできる事をとても嬉しく思います。いつも支えて下さる全ての方々への感謝を忘れず日々努力します。気持ちの入ったプレーと大きな声で誰よりもサッカーを楽しむ姿を1日でも早く皆様にお見せできるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。


2022年01月11日
新加入選手のお知らせ①

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、スフィーダ世田谷FCユースより田口茉亜紗(たぐちまあさ)選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。
 
■氏名:田口 茉亜紗(たぐち まあさ)
■年齢:18歳(2003年6月26日)
■身長:162cm
■出身:東京都
■ポジション:MF
■前所属チーム歴:府中なでしこ→スフィーダ世田谷FCジュニアユース→スフィーダ世田谷FCユース
■コメント:
 この度、トップチームに昇格する事になりました田口茉亜紗です。スフィーダ世田谷FCにはジュニアユースから所属しており、ずっと憧れであったトップチームでプレーが出来る事に心から嬉しく思います。これまで支えてくれた家族やお世話になった指導者の方、関わってくださった全ての方にプレーで恩返しできるように頑張ります。そして、私の特徴でもある身体を張ったプレーで少しでも勝利に貢献できるよう頑張りますのでよろしくお願いします。


2022年01月11日
退団選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、下山田志帆(27)が退団することになりましたので御報告致します。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
■氏名:下山田 志帆(しもやまだ しほ)
■背番号:6
■ポジション:DF
■年齢:27歳
■在籍シーズン:2019-2021
■移籍先:未定
■コメント:
 今シーズンをもって、スフィーダを退団することになりました。2年半、本当にありがとうございました。
 入団前、駒沢で行われたホーム戦を観戦した際、スフィーダファミリーの熱量と温かさに心を動かされ、ここでプレーしたいと思いました。2年半を振り返ると、その熱量と温かさに沢山支えてもらった時間でした。なかなか試合に絡めない時期も、スフィーダファミリーの皆様から声をかけていただき、そのおかげで腐らずいられたなと。心から感謝しています。
 結果という形でチームに貢献できなかった事、申し訳ない気持ちであると同時に、まだスフィーダへの恩返しが足りていないような気持ちでもあります。が、もっと強く成長しなければいけないという焦りと自分への悔しさと共に次に進みます。今後は、優しくて面白くて最高な選手のみんなと、スフィーダに関わる全ての方々を全力応援する側に回りたいと思います。
 2年半、本当に本当にありがとうございました。そして、これからも宜しくお願い致します!


2022年01月11日
寶崎加那絵トレーナー契約満了のお知らせ

 この度、寶崎加那絵氏がトップチームトレーナーを契約満了に伴い退任する運びとなりましたことを御報告させて頂きます。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
■氏名: 寶崎 加那絵(ほうさき かなえ)
■所属期間: 2021年
■コメント:
 2021シーズンをもってスフィーダ世田谷FCを退団することとなりました。
 着任して1年という短い期間でしたが明るくポジティブな選手と熱い気持ちで取り組むスタッフに温かく迎えて頂き、チームの一員になれたこと本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。いつも応援して下さるサポーター、スポンサー、ボランティアの皆様、素敵な笑顔でチームをサポートしてくれたザフィーロの皆さん、スフィーダ世田谷FCに関わる関係者の方々に支えられチームが飛躍したシーズンに関われ貴重な時間を過ごすことができたこと本当に嬉しく思います。チームは離れますが、今後もスフィーダ世田谷FCのさらなる活躍、成長を心より応援しています。


2022年01月08日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会 準決勝vsセレッソ大阪堺ガールズ試合結果

 ●0-2(0-0/0-2)

 準決勝は同じなでしこリーグ所属クラブの下部組織対決。結果的にチームは0-2で敗れ今大会を去ることになりました。しかし、チームが魅せた最後の闘いに悔いはありません。そう思わせてくれるような闘いをしてくれた選手達に感謝しています。選手達の気迫が、想いが、執念が、チームを震え立たせ、一歩も引くことがない闘いが出来たと思っています。その成長が嬉しく思えました。
 試合は前線からアグレッシブに来る相手に対し、主導権の握り合いになることが予想できましたが、対策が功を奏し、スタートの5分で相手のスピードに慣れる作業をした後はポジション取りの微調整を施し、試合をコントロールすることが出来ました。相手から時間を奪い、時間をコントロールする。幾度か相手ゴールを脅かすことができていましたし、決定機も作れていました。狙い通りに闘えていた前半だったと思います。
 それでも前半は0-0で折り返し勝負は後半へ持ち越されましたが、開始早々に相手の技術の前に屈する形となり、痛恨の失点を喫すると、続けて2失点目も献上。その後は選手交代も含め攻撃的に勝負に出ますが、スコアは動かず0-2で決着となりました。
 この大会で最後の瞬間、胸を張って応援して下さった全ての方に挨拶がしたいと思っていました。負けはしましたが、選手達は胸を張り、堂々と最後の瞬間を迎えてくれたのではないかと思えています。一番近くでいつもサポートして下さったご家族の皆様、クラブ関係者、スフィーダサポーターの皆様、そして、直前でスポンサーになって下さった各企業の皆様、沢山の方々にご支援頂き、たくさんの方々の想いと一緒に闘えた時間は本当に幸せな時間でした。この時間が選手達の糧となり、経験となり、力となる…誰もが出来る経験ではないだけに、これはずっと選手達の心に深く刻まれるものだと思います。
 これで2021スフィーダ世田谷FCユースの挑戦は幕を閉じましたが、これからも続くスフィーダ世田谷FCユースの挑戦に引き続きお力添えを賜りたく存じます。1年間誠にありがとうございました。

川邊 健一


2022年01月07日
移籍選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、奈良美沙季(29)が移籍することになりましたので御報告致します。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

■氏名:奈良美沙季(なら みさき)
■背番号:16
■ポジション:DF
■年齢:29歳
■在籍シーズン:2020-2021
■移籍先:ニッパツ横浜FCシーガルズ
■コメント:
 今シーズンをもってスフィーダ世田谷FCを退団することになりました。
コロナ禍の中で始まったリーグ戦でしたが、たくさんのサポーターの皆さんの声援が力となり、ここまで走ってこれたと思います。2部優勝、1部準優勝という結果を最高な仲間たちと掴み取れたことは私自身とても自信になり、とてもいい経験でした。
 いつでも一番の味方でいてくれた家族、サッカーのことを理解し、見守り、応援してくれた勤務先の日進工具株式会社の方々、背中を押し続けてくれたサポーターのみなさん、関係者の皆様、スフィーダファミリー全員のサポートが、私を強く前にと進ませてくれました。
 川邊監督、神川監督、石田コーチ、廣瀬コーチ、後藤トレーナー、寳崎トレーナー。この2年間で、私自身と真剣に向き合ってくれて本当にありがとうございました。
 ファン、サポーターのみなさん、私たちと同じ気持ちで一緒に戦ってくれてありがとうございました。
最後にチームメイトのみんな。最初から最後まで、全部受け入れてくれてありがとう。たくさん成長させてもらったチームに感謝の気持ちでいっぱいです。
2年間という短い時間でしたが、本当にありがとうございました。

2022年01月07日
石田美穂子コーチ契約満了のお知らせ

 この度、石田美穂子氏がトップチームコーチを契約満了に伴い退任する運びとなりましたことを御報告させて頂きます。尚、次の所属先はニッパツ横浜FCシーガルズとなります。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
■氏名:石田美穂子
■所属期間:2019〜2021年
■コメント:
 今シーズンを持ちましてチームを離れることとなりました。
くじけない選手達と共に、常に成長を目指した日々の中、私自身至らない点もたくさんありましたが、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ボランティアの皆様、元気いっぱいのアカデミーの選手達、熱いスタッフの皆さん、本当にたくさんの方々に支えていただき、この3シーズンを過ごさせていただきました。
 スフィーダ世田谷FCに関われたこと、感謝の気持ちしかありません。これからもスフィーダ世田谷FCの発展を心から願っております。本当にありがとうございました。


2022年01月06日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会 2回戦vsアルビレックス新潟レディースU-18試合結果

○3-2(0-1/3-1) 小熊、清水、川村

 2回戦は名門アルビレックス新潟レディースU-18。このチームが立ち上がった時の目標が同大会でのベスト4。1年間の積み上げが確かなものであり、このチームや選手が力を着けてきた証として絶対に勝たせてあげたい一戦でした。結果としてチームは3-2で勝利し、このチームの目標を果たすと共に、3位以上が確定。まずは選手達が定めた場所へ辿り着くことができました。
 試合は前半からチームが取り組んできたプレーを存分に発揮し、相手から時間を奪い、時間をコントロールしながら試合を進めることができました。この時間のコントロール(支配)こそが、このチームに落とし込んできた武器であり、私達が私達らしくプレー出来る唯一の方法です。相手ゴールに幾度となく迫り、相手から自由を奪えていましたが、警戒を強めていた一発のカウンターで見事に崩されると焦りから難しい局面が覗き始めてしまいました。チームの立ち上げから選手達に伝え続けてきましたが、試合は上手い方や強い方が勝つとは限らず、勝ち方を知り得たチームが勝つものだと考えています。だからこそ焦らず、淡々とやるべきことを統一し、チームや選手が違う思考の中でプレーしないよう正しながら進めました。結果的に後半キックオフでデザインしたプレーからコーナーキックを獲得し、開始1分で同点に追い付けたことで再度流れを引き寄せました。その後、逆転し相手を突き放したものの90分+2分に1点返され3-2と迫られましたが、最後は逃げ切ることができました。
 チームは目標を達成しましたが、ここからは本当の意味での"挑戦"となります。この掴み取ったチャンスでどこまで自分達が通用するのか確かめたい。そして、知りたい。ここからの自分達への挑戦にも大きな成長へのきっかけが待っているはずですから、その時間を大事にしたいと思っています。
 本日もたくさんの応援誠にありがとうございました。選手達は自分達の手で歴史を動かし、自分達の力でこじ開けた道です。目標へ向かう道の中で選手達が成長してくれることに私は価値を見出していますが、この勝利で得た自信は更に選手達を強くしてくれると思っています。これも日頃から多くのサポートを賜っているご家族の皆様のお力の賜物と考えています。またもう少しだけこのチームで戦うことが許されました。最後の瞬間まで応援のほど宜しくお願い致します。

川邊健一


2022年01月04日
[ユース]全日本U-18女子サッカー選手権大会 1回戦vsクラブフィールズ・リンダ試合結果

○6-0(4-0/2-0) 菊池、水本、小熊、遠山、島崎、遠山

 この大会のために1年間チームを作り、この大会で勝ち抜くことを目標に積み上げ続けて来ました。全16チームによる全国大会1回戦は北海道代表のクラブフィールズ・リンダ。夏に行われた日本クラブユース女子サッカー大会でも対戦経験があり、相手の特徴などは把握していたものの、半年前の記憶や結果は今とリンクすることはなく、まずは相手を知らない前提で分析から試合に入りました。
 試合は開始から主導権を握れる時間帯が長く、コンスタントに得点を重ねていく中でゲームを進められました。それも夏に経験した失敗(試合や大会への入り方に改善の余地があった)を繰り返さずに試合を迎えられたことが全てであり、チームとして1つ成長出来た要素と言っても過言ではないのかもしれません。故にチームとして積み上げて来たものも発揮することが出来ました。相手への圧力を強め、幾度となく相手ゴールに襲い掛かり、相手を休ませないほどの連続性のある自分達らしい攻撃的な姿勢が表現出来ていましたことは単純に良かったと考えています。
 この大会より有観客試合となり、多くのご両親様やご家族の皆様にご来場頂き応援して頂けました。1年間の集大成を一番応援して下さっていたご両親やご家族の皆様にお見せすることが出来、心から喜ぶと共に1試合でも多く、選手とチームの成長を感じて頂きたいと考えています。このチームの終わりへのカウントダウンは始まっているのかもしれませんが、最後の最後まで走り抜きたいと思います。本日も誠にありがとうございました。明後日も何卒宜しくお願い申し上げます。
 
川邊健一


2021年01月01日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー1月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー1月号は昨年11月末に実施された12メンバーズ限定リモートファン感謝祭の様子をお届けします!公式チアリーディングチーム「SFIDA ZAFFIRO」のサプライズパフォーマンスもぜひご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2022年01月01日
謹賀新年︎

 新年明けましておめでとうございます。2021年も多くのご声援を賜り誠にありがとうございました。
 2022年は悲願のなでしこリーグ1部優勝、日本一を目指し邁進して参りたいと思っています。2022年も引き続き熱い応援のほど宜しくお願い申し上げます。


2021年12月29日
神川明彦監督契約更新のお知らせ

 この度、神川 明彦監督と契約を更新することで合意し、2022シーズンも引き続き指揮を執って頂く事が決まりましたのでお知らせいたします。

■氏名
神川 明彦(かみかわ あきひこ)

■年齢
1966年7月9日(54歳)

■ライセンス
JFA公認 S級コーチライセンス

■指導歴
1994年~2003年 : 明治大学 コーチ
2002年~2003年 : ユニバーシアードサッカー日本代表 コーチ
2004年 : 明治大学 ヘッドコーチ
2005年~2013年 : 明治大学 監督
2014年~2015年 : ユニバーシアードサッカー日本代表 監督
2016年 : グルージャ盛岡 監督
2017年~2020年 : 明治大学付属明治高等学校・中学校 監督
2021年 : スフィーダ世田谷FC 監督

■コメント
 先日の皇后杯4回戦で、2021シーズンが終了しました。年間を通じて心温まるご声援をいただき、誠にありがとうございました!選手・スタッフ一同、心から感謝申し上げます。
 2022シーズンも引き続き、スフィーダ世田谷FCトップチーム監督を務めることになりました。大きな喜びとともに、身の引き締まる思いでいっぱいです。選手と「共に学び、共に歩む」の精神をベースにし、「観る者の心を打つフットボール」を体現するべく、日々精進してまいります。
 2022シーズンを戦うスフィーダ世田谷FCに、みなさまの熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。



2021年12月26日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第9節日本女子体育大学試合結果

○2-0(2-0/0-0) 川村、小泉

 東京都女子サッカーリーグ1部リーグ最終節。最終節を迎えるにあたり、このリーグ戦における優勝や降格など来年に影響する事柄はなく、先に続く全日本U-18女子サッカー選手権大会へ向けた最終調整として迎えた一戦。結果として2-0で勝利を収めることが出来たものの、現在取り組んでいることが発揮しきれないゲームとなりました。勝利することを最大の目標に定めた上で、状況、戦況に合わせ、柔軟に対応することが求められる中、チームは闘い方を統一し、同じ方向を見ながら闘おうと振舞ってくれました。しかし、単純にテクニカルな部分を発揮し辛いゲームになったと振り返っています。経験値としては意味あるゲームだったと思いますが、もっと出来ることはあったと思いますし、出来るチームだと思っています。
 次の試合は来年1/4から始まる全日本U-18女子サッカー選手権大会となります。夏に行われた日本クラブユース女子サッカー大会では不甲斐ない結果・内容でしたが、成長したと感じられる試合が出来るよう初戦までに、今の最高の状態に整えていきたいと思っています。負ければ解散する2021スフィーダ世田谷FCユース。1試合でも多く、このチームと戦えるよう走り抜きたいと考えています。どうぞ引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2021年12月25日
皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会4回戦試合結果

●1-2(1-0/0-2) オウンゴール

 皇后杯4回戦の相手は.WEリーグの大宮アルディージャVENTUS。日本代表を多く抱える強豪ですが、勝利を目指して準備を進めてきました。
 立ち上がりから積極的な戦いぶりで攻勢に出ます。10分、右CKを得ると、奈良の蹴り出したボールが相手のオウンゴールとなり、先制に成功します。その後も出足鋭く対応しますが、PKを与えてしまいます。この危機的状況で、GK石野が見事なシュートストップを見せてリードを保ちます。後半に入っても中盤でボールを奪取して、効果的なカウンターを浴びせますが、追加点とはなりません。ここでチャンスを活かせなかったことが響く形になりました。
 相手が次々と選手を替えてくる中で、こちらも村上と堀江を投入して、反撃に出ますが決定的な状況には至りません。逆に84分、右サイドを突破されてクロスを許すとエリア内でワンタッチシュートを決められて追いつかれます。足が痙攣した大竹に替えて、俊足の瀧下を入れてカウンターに活路を見いだしますが、シュートまで持ち込むことができません。延長戦突入かと思われた90分、またもや右サイドからのクロスがゴール前の混戦となり、押し込まれてしまい、逆転を許してしまいました。アディショナルタイムも果敢に攻撃に出ましたが、そのまま試合終了。.WEリーグクラブに勝つという目標を達成することはできませんでした。しかしながら、皇后杯での一大会2勝はクラブ初。苦しみながらも新たな歴史を築いてくれた選手・スタッフには心から敬意を表します。
 プレナスなでしこリーグ1部準優勝、皇后杯ベスト16という成績で今季の戦いは全て終了しました。共に戦った選手・スタッフ、サポーター、スポンサー、スフィーダファミリー全ての方々に心から感謝申し上げます。ありがとうございました!今季の学びを風化させることなく、来季に活かすべく、日々精進してまいります。引き続き、熱いご声援のほど、よろしくお願い致します。

神川 明彦

2021年12月25日
[ユース]東京都U-18女子サッカーリーグ第5節飛鳥高校試合結果

○6-0(5-0/1-0) 川邉、遠山、水本、加藤、加藤、水本

 東京都U-18女子サッカーリーグ第5節は都立飛鳥高校との一戦。飛鳥高校はすでに3年生が引退しており、新チームでの編成。対する我々は年始の全日本U-18女子サッカー選手権大会へ向け最終調整段階。当然、主力の高校3年生も健在でチーム状態もまずまずのところまで仕上げて来ることが出来ていました。その完成度の差がスコアに反映されたに過ぎない結果ではあると思っていますが、それでもチームは強さと勢いを前面に押し出し、攻守に渡り自分達の強みを発揮できていたように思います。チームは確実に成長の足跡を辿り、表現できるレベルは明らかに高くなってきました。高い強度、運動量、そして相手ゴールに幾度となく迫り続ける姿はようやく私が求めている姿に近付いてきたと評価しています。
 今回の試合と明日の東京都女子サッカーリーグ1部リーグ最終節が全日本U-18女子サッカー選手権大会(全国大会)へ向けた選手選考の最終選考となります。従って、この試合では7名の交代枠をフルで使い、尚且つ、途中出場の選手を長くピッチに立たせたいとプランニングしていたので、ゲームプラン通りに試合を進めた中で、多くの選手達の状態を確認。どの選手も意欲的に野心を持ってプレーしてくれていたと思います。選手にとってメンバーに入れるかは入れないかは極めて重要な事であることは重々承知していますが、私の最大の目的は選手個々の可能性や潜在能力を引き出すことにあると考えています。続く全国大会は確かに選手達の成長に直結する大事な時間となることは事実だと思いますが、仮に他の方法で選手達が同じように、あるいはそれ以上に成長できるのであればメンバーに入った入らないということよりも大事なものはあると考えている部分もあります。全国大会を目指す過程の中で成長し、新たな経験値を積むことで成長することもあれば、挫折しその反骨心からより大きな成長を果たすこともあるはずです。全国大会はあくまでも成長のきっかけに過ぎない…だからどの道を辿ることが各人にとってベストなのかはわかりませんが、等しく競争しているこの時間だけは間違いなく選手達の成長に繋がっていると感じています。仲間同士で高め、磨き、極め合い、正しく競争する中で研ぎ澄まされていく。そんな“今”の時間を大事に、そして噛み締めながら相手と向き合って行きたいと思います。
 
川邊 健一

2021年12月17日
年末年始休業のお知らせ

 いつもご声援を賜りまして誠にありがとうございます。以下の通り年末年始の期間を休業させて頂きます。2021年1月6日(木)10:00より通常営業となりますので何卒宜しくお願い致します。

■休業期間
2021年12月29(水)~2022年1月5日(水)


2021年12月14日
[ユース]2021/21シーズンアカデミーユニフォームスポンサー様のお知らせ

 株式会社サンルイ・インターナッショナル様と2021~22シーズンのアカデミーユニフォームスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い後押しを受け、年始から始まる全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会を戦って参ります。応援のほど宜しくお願い申し上げます。

株式会社サンルイ・インターナッショナル
代表取締役社長:森田 敦子
設立:1998年(平成10年)1月16日
  St.Louis international,inc.
事業内容:フィトテラピーに関する業務
本社:東京都目黒区中目黒3-12-5
HP:https://intime-cosme.com/
掲出個所:ユースユニフォーム(左袖部)


2021年12月12日
皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会3回戦試合結果

○2-1(2-1/0-0) 大竹、堀江

 皇后杯3回戦の相手はアンジュヴィオレ広島。なでしこリーグでは後半戦に確かな成長、発展を示したチーム。接戦を覚悟していました。
 立ち上がりは広島のシンプルな縦パスに苦しめられますが、徐々に落ち着きを取り戻します。10分、左サイドを崩して、中山がクロス。ファーサイドで待ち構えた大竹が見事な跳躍からヘディングシュートを叩き込み先制します。準備してきたサイドアタックが実を結びました。その後も攻勢に出ますが、25分にポストプレーのミスから失点します。直後の飲水タイムで石田コーチが素早く修正。そこからは本来の動きが見られるようになり、相手ゴールに迫ります。45+1分、またも左サイドから奈良がクロス。大竹が飛び込み、こぼれ球に反応した堀江がねじ込んで勝ち越しに成功します。これが試合のポイントになりました。
 ハーフタイムで堀江から樫本にスイッチ。より高い位置から圧力をかけていきます。後半もチャンスを作り続けましたが、イージーミスもあり、完全に主導権を握るまでには至らず、苦しい展開でした。最後まで粘り強く守備対応できたことが勝利に結びつきました。試合を通じて選手たちはよく戦いました。
 4回戦はWEリーグクラブ・大宮との対戦です。持てる力を全て発揮できるよう、しっかりと準備を進めてまいります。引き続き、皆様の熱いご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

神川 明彦

2021年12月12日
[U14]東京都U-15リーグ2部1位・2位順位決定戦試合結果

○2-1(1-1/1-0) 松澤、佐藤

 2部リーグ優勝を4月に目標を掲げてついに今日優勝する事が出来ました。
 試合前の選手は緊張している選手、リラックスしている選手、普段よりテンションが高い選手、物静かな選手、普段と変わらない選手などさまざまな選手が混在しました。
 春先からずっと行っている縦に速いサッカーと、10月から行っているタッチ数を減らした方向性のあるポゼッションで試合で行う予定でしたが今日の状況を鑑みシンプルに背後に蹴る縦に速い戦術で試合をしました。
 立ち上がり5分で3度の決定機を作りますがオフサイドや枠外シュートなどチャンスをいかせずにいて、CBのクリアーミスからサイドを崩され、GKミスも重なり失点をしてしまいました。相手がサイド攻撃をしてくるイメージがあったので、クロス対応の練習はしていたので相手選手に、先に触られるシーンはありませんでしたが、クリアーミスが目立ち、そのこぼれ球をシュートを打たれるシーンが何度かありました。特にゴロ球のクロス対応は難しく、直前でボールが弾んだりして、DFの選手はタイミングを合わせるのが見ていても難しそうでした。ただ選手達のゲーム運びは確実に成長していている事、チャンスが多く作れていたので、飲水タイム時に前半1点いれて追いつければいいからと話して送り出すと、25分に堀からの背後ボールに田中が競り勝ち最後は松澤がループシュートを決め前半1-1で折り返す事ができました。
 ハーフタイムでは、ゴールキックの対応、CBのチャレンジandカバー、攻撃時のビルドアップ、サイドチェンジなどを少し話して送り出しました。
 後半はお互い何度か決定機を作りましたが1得点を奪い2-1で勝つ事が出来ました。今回はオフサイドにかかる回数が多く、1つはオフサイドの自覚がない、2つはオフサイドトラップにかかっている、3つはパスを出す人と受ける側のタイミングが合っていない事です。特に今日の試合はボールタッチがいつもより多く、出してがいつものタイミングでボールを出せず、受ける側の選手からしたら、いつものタイミングでボールが来ず、ラインギリギリで駆け引きをしている為オフサイドにかかってしまうケースが多く見られました。出しての技術、受けての動き直し、判断の変更など課題はたくさんありますがトレーニングから直していきます。試合後に笑顔の選手の顔が見れて僕自身ホットしました。その一方で府ロクの選手には涙を流している選手が多くいて、この決勝戦にかける気持ちが伝わってきました。
 今回2部リーグが無事出来たのも、大会関係者の方々、スフィーダと試合をしてグランド提供してくださった方々、審判をして下さった方々、スフィーダを応援してくださるスポンサーの方々、U-14の試合の為に駆けつけてくれたスフィーダスタッフ、選手、保護者の方々のおかげで2部リーグを無事終える事が出来ました。今日は2部リーグ優勝をしっかり喜んで切り替えていきたいと思います。今日も応援ありがとうございました

神谷 高広

2021年12月06日
J:COM 東京わくわくキャラバン<狛江えきまえ広場>に参加

 2021年11月27日、ステージトラックが東京都内の街をめぐり、歌や踊りで“わくわく”をお届けする、“J:COM 東京わくわくキャラバン<狛江えきまえ広場>”が開催され、スフィーダ世田谷 BFC がブラインドサッカーの体験会を行いました。

詳しくはこちら

2021年12月05日
皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会2回戦試合結果

○1-0(1-0/0-0) 堀江

 皇后杯2回戦の相手は早稲田大学。言わずと知れた名門チームであり、エリート集団です。リーグ戦後の6週間、しっかり準備を進めてきました。
 立ち上がりから、両チームの意地と意地とがぶつかり合う激しいゲーム展開になります。この展開は想定済みであり、選手たちの闘争本能に火がつきます。飲水タイム後の28分。大竹が倒されて得たFK。奈良が蹴り出したボールに堀江が頭で合わせて、見事な先制点を叩き込みました。さらに勢いに乗りますが、最後の詰めを欠き、後半に入ります。
 後半に入ってもスフィーダペース。高い位置からの守備に呼応するように、中盤の三本、金子、長崎が躍動。相手のボールを奪取し続けます。飲水タイム時に、堀江から伊藤にスイッチ。さらにギアを上げていきます。残り時間が少なくなるとともに、早稲田の圧力が増しますが、渡辺と戸田を中心とした守備陣がシャットアウト。そのまま1-0で勝利を収め、次戦に駒を進めることに成功しました。
 皇后杯では守備がポイントになると踏まえて準備してきましたが、選手たちの集中力の高さが際立ちました。次戦の相手はアンジュヴィオレ広島。リーグ戦でも苦戦を強いられたチームです。1週間隙なく準備を進めていきますので、引き続き、熱いご声援のほど、よろしくお願い致します

神川 明彦

2021年12月03日
[ユース]JFA第25回全日本U-18女子サッカー選手権大会組合せ

 2022年1月4日(火)~10日(月)に行われるJFA第25回全日本U-18 女子サッカー選手権大会の組合せが決定しましたのでお知らせ致します。高校生年代のクラブチーム日本一を決する大会です。ユースチームにも熱い応援を賜りますようお願い申し上げます。

■大会組合せ
http://www.jfa.jp/match/joshi_youth_u18_2021/schedule_result/


2021年11月27日
[ユース]2021/22シーズンアカデミーユニフォームスポンサー様のお知らせ

 2021シーズンの途中ではありますが、株式会社ワンフラット様、株式会社ブレイブ様、株式会社檜葉三百様と2021~22シーズンのアカデミーユニフォームスポンサー契約を締結させて頂きましたことを御報告申し上げます。心強い各社様からの後押しを受け、年始から始まる全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会を戦って参ります。応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
株式会社ワンフラット
代表取締役社長:横山 一平
設立:2018年1月1日
事業内容:医療関連輸送事業、EC宅配事業、オートリース・レンタル事業
本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル19階
HP:http://one-flat.co.jp/
掲出個所:ユースユニフォーム(前面胸部)
 
株式会社ブレイブ
代表取締役社長:中島 将太
設立:2016年(平成28年)4月6日
事業内容: webマーケティング事業、ソーシャルブランディング事業、ITソリューション事業、ICT教育事業
本社:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー22階
HP:https://bra-ve.co.jp
掲出個所:ユースユニフォーム(背面上部)
 
株式会社 檜葉三百
代表取締役社長:臼井亮人
設立:2019年5月
事業内容: 檜葉精油、檜葉精油を使った雑貨の企画・製造・販売
本社:東京都世田谷区経堂2-27-24
HP:https://hiba300.jp/
掲出個所:ユースユニフォーム(パンツ左裾部)


2021年12月01日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー12月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー12月号はプレナスなでしこリーグ2021表彰式にて受賞された大竹選手、奈良選手へのインタビューです!受賞に対する想いとは・・・?ぜひご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2021年11月27日
[募集]コーチングスタッフ募集のお知らせ

 2022年度へ向けてアカデミー(Jrユース、ユースなど)のコーチングスタッフを募集致します。興味のある方は気軽にお問い合わせ下さい。宜しくお願い申し上げます。

HP:http://www.sfida.or.jp/join/join_5.html


2021年11月27日
[ユース]東京都U-18女子サッカーリーグ第4節東久留米総合高校試合結果

○4-0(4-0/0-0) 水本、小泉、加藤、遠山

 東京都U-18女子サッカーリーグ第4節は東久留米総合高校との一戦。個人的に相手との対戦経験がなかったこともあり、手探りで相手の出方を見極め対応して行く形となりました。相手は上下左右の空間をコンパクトに保ち、奪ったボールをシンプルにDFラインの背後へ配球する闘い方でした。こうした相手との闘いは、闘い方や対応を誤ると極めて難しいゲームに変化する可能性を秘めている反面、対応さえ間違えなければ試合を優位に進めることが出来ます。特に前半の給水までは相手の土俵で闘うこととなり、相手にいくつかの決定機を作られてしまいました。しかし、給水で掛け違えたボタンを正しく掛け直すことで状況は好転。相手の良さを封じ込め、自分達の強みを発揮できるようになり一気に4得点を挙げゲームを決めることが出来ました。
 後半は相手の対応のさらに上を行くことが出来ず、膠着したゲームとなってしまったのは課題ですが、こうした内容の時こそ決定機で如何に得点を積み上げることが出来るかがポイントとなります。1つを積み上げられなければ2つ目もないわけですから、積み上げるための判断とプレー精度を高めていく努力を繰り返していきたいと思っています。
 チームは確かな積み上げと、確かな努力を重ねてくれています。トレーニングして来たこともよく表現できるようになってきましたし、今はチームとしても個人としても次のステップへ踏み出そうとしています。チーム内での正しい切磋琢磨もあり、各人が成長を欲する姿勢を示してくれていますから、全国大会までの5週間でも大きく前進してくれる可能性があると感じています。伸び代しかないこの年代の選手達がどんな表情に変化して行くのか、引き続き選手達と共に進んで行きたいと思っています。
 本日は寒い中、多くのご両親様にご来場頂き誠にありがとうごじました。無観客試合が続き選手達の成長を肌で感じられない時間も長かったと思いますが、これからは多くの試合をご観戦頂けるようになることを期待しています。有観客試合の際は是非、ご来場頂けますと選手達も大きな励みになると思います。引き続き宜しくお願い致します。

川邊 健一

2021年11月23日
[U14]東京都U-15リーグ2部第2節杉並SC試合結果

○3-1(1-0/2-0) 松澤、田中、松澤

 今日の試合は勝てば予選リーグ1位、引き分けだと2位、負ければ3、4位になる試合でした。試合前のミーティングで、立ち上がりのゲームプラン、ビルドアップ、今チームとして取り組んでいることを話し試合に入りました。
 試合は立ち上がりに何度かチャンスがありましたが決め切る事が出来ず、中盤でも選手同士の距離感が近く、ボールサイドに少しかたまりが出来ている状態でした。トレーニングで、狭い中でのポゼッションをしている為、そこからの突破の形を何度かチャレンジして崩しそうになる場面もありましたが完全に崩し切れず、逆に相手のFWの子は前線で起点になり、そこから2列目の子が背後に抜け出してくる攻撃だったので、何度かカウンターを受けました。ただ時間がたつにつれ少しずつ落ち着いてボールを回せるようになりゲームをコントロールできるようになりました。このまま前半は0-0かと思っていた時に相手DFのクリアーミスでしたが松澤だけはそのミスに反応して、難しいボールをダイレクトで決めてくれました。
 ハーフタイムになるとDFの子達が守備での問題点をすぐに話だし、それをチームで共有し、攻撃はサイドのオーバーラップ、2列目の抜け出し、必ずチャンスがあるからそれを決めるか決めないかと話して試合に入りました。
 後半の立ち上がりから主導権を握り何度も決定機を迎えますが決め切れず、逆に後半10分にDFミスからロングシュートを決められました。今までの彼女達ならここから焦ってしまい、攻撃が単発になり、前がかりになり逆にカウンターをくらってピンチを招いてしまう場面が多かったんですが、相手が勢いを増すなか、そのペースに合わせず、自分達のサッカーを続けれた事が、残り5分での田中のゴールに繋がりました。また3点目のゴールも鹿山からの素晴らしいクロスに松澤が冷静に決めて勝負を決めてくれました。
 緊急事態宣言があけて、トレーニング時間が確保でき、やっとチームとしての完成度が上がってきました。12月に順位決定戦を行う予定ですのでよろしくお願いします。今日もありがとうございました。


2021年11月20日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第8節フィオーレ武蔵野FC試合結果

○8-0(4-0/4-0) 川村、佐久間、小熊、佐久間、井藤、水本、佐久間、島崎

 東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第8節はフィオーレ武蔵野FCとの一戦。試合はここまで積み上げてきたことを意識させつつ、安定した試合運びが出来ていたと思います。しかし、前へ突き進む前進力や、縦への速さには課題が残り、試合の中で微調整を施しながら闘いました。結果的に少しずつ自分達らしさを発揮できるようになり、相手のゴールを脅かすシーンが増えていきましたが、まだ目指すべきレベルには到達できていません。もっと速く、もっと鋭く、相手のゴールへ何度も何度も迫り続ける、愚直なまでに繰り返し続ける。その過程の中で目指すべき姿を手に入れられると考えています。
 またこの試合のトピックスとして2週間前より合流させた中学生(中学3年生3名、中学2年生1名)がどのレベルでチームにフィットできているかを確認することにもありました。4名中3名をスタメン出場させ、1名は後半からの途中出場。どの選手達も時間の経過と共に個々の強みを発揮できるようになり、強気な姿勢と共にチームに勢いが生まれていました。無論、その選手達を牽引した高校生選手達の存在があってこその活躍でしたが、デビュー戦にしてはまずまずの出来であったと振り返っています。
 今日は少なからず積み上げのあった一日でした。試したいことを試し、その成果を受け取ることで、明日へ繋げることが出来ました。明日はTRMですが連日の試合となります。今日できたことを、明日アップデートしてさらに積み上げる。そして良質な課題を抽出し来週へ繋げたいと思います。

川邊 健一

2021年11月07日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第7節SOCIOS.FC試合結果

△4-4(3-2/1-2) 田口、川村、川村、加藤

 東京都女子サッカーリーグ1部リーグ第7節は古豪SOCIOS.FCとの対戦。なでしこリーグや海外でのプロサッカー選手を経験した経験豊富な選手を擁し、ここまで6戦6勝無失点で今節を迎えていました。2ヶ月後の全国大会へ向け、強い相手との試合は最良の調整の機会となり、今節も新たな取り組みと共に、この1週間で積み上げてきた上積みの幅を確認する場としていました。
 試合は4-4のスコアからも想像できるような乱打戦となってしまいました。まずこうした不安定な試合運びを余儀なくされたことから学びを得なければいけません。何度も似たような振る舞いをしてきているわけですからこれが実力だと自覚しています。だからこそ真剣に受け止め、改善に取り掛からない限り、また同じ過ちを繰り返してしまうことは必至です。4分、13分に立て続けに失点。給水直後の24分に1点を返すと、31分、34分と立て続けに得点し3-2と前半のうちに逆転し、最悪のスタートを自分達の自力で取り戻すことが出来ました。次の1点で勝負が決まるという際の戦況で、50分にCKの流れから失点。60分に上手く崩し得点し勝ち越すものの60分に失点。このチームの不安定さを露呈する振る舞いとなってしまいました。開始直後の事故のような失点から0-2となり、そこから3-2と試合をひっくり返した爆発力は素晴らしいと評価していますし、新しいトライやチームが取り組んできたことの上積みは見て取れました。しかし、失点のタイミングと失点の形には修正の余地が多くあり、この伸び代にどのようにアプローチして行くかが今後の課題となりそうです。
 試合内容の善し悪しが極端な試合であり、自分達で自分達の首を絞めたゲームと言えると思います。自分達がコントロールできれば試合に勝つ可能性もあったと思いますが、今日の試合は完全に相手の土俵の上で闘わされたものでした。相手チームの戦略、経験によりドローに持ち込まれた相手の試合と言えるのかもしれません。
 この年代の選手達は様々な局面に遭遇し、それを乗り越えていくことで経験を蓄えていきます。だから失敗はいくらでも許容しますが、同じような過ちを繰り返すことは成長の速度を妨げる要素となります。“同じ過ちを繰り返すこと”も経験と捉えていますが、それでも質の低い似たような繰り返しが多いことに危機感を覚えています。チーム全員でしっかりと自分達と向き合って行く必要があります。
 ここからの2ヶ月間でも成長を続け、自分達の目的地にたどり着くため、1つ1つ丁寧に、そして、毎試合自分達と向き合い、成長の一途を辿りたいと考えています。自分達の時間を自分達で創造する。どんな時でも自分達次第ですから、自分達を信じて前だけを見て進み続けたいと思います。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2021年11月06日
[U15]関東女子ユース(U-15)サッカー選手権大会2回戦 1FC川越水上公園メニーナU-15試合結果

●0-3(0-1/0-2)

 本大会初戦の相手は埼玉県の1FC川越水上公園メニーナU-15。1回戦の埼玉対決を制した、チーム力と技術の高いチームとの全国大会の切符を掛けた一戦でした。
 前半は相手の勢いを受ける形で押し込まれる展開が続きます。奪ってからのビルドアップや攻撃の起点を活かすことがなかなかできず、セカンドボールへの対応も緩かったことで次第に深い位置まで侵入を許すこととなります。守備陣はよくバランスを保っていましたが、警戒していた右サイドの突破からクロスで失点。そのまま相手の厚みのある攻撃を耐えることに時間を費やし、前半を折り返します。
 後半は自分達のやるべきこと、積極的な姿勢を確認し臨みます。序盤こそ勢いを盛り返すことができましたが、空いたDF背後のスペースへアーリークロスから2失点目を、続けて再び右サイドから3点差をつけられます。流れを引き戻す段階での連続失点は重く、これがトータルスコアとなりました。
 ゲームのポイントとしては中盤のボール支配、サイドの出所への寄せ、攻撃のクオリティなどが挙げられますが、完敗の内容でした。それでも難しい対応や応用が求められる展開の中、選手達は柔軟に対応しキャプテンを筆頭に最後まで一矢報いることを目指しました。志半ばではありましたが、意地を見せてくれた選手達には感謝しています。今年は様々な制限下でチームづくりが難しい一年間でしたが、ここまで悔しさを経験したチームは多くありません。これを糧にし同じ思いをしないこと、それがここからのスタートだとチームは解散しました。
 また何よりも選手達やチームを支え応援してくださったたくさんの方には心からの感謝とお詫びを申し上げます。これからも選手達の目標に向け変わらぬサポートを頂ければ何よりです。誠にありがとうございました。

 山田 岳暁

2021年11月05日
[Jrユース]JFAエリートプログラム女子U-14トレーニングキャンプメンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の佐久間 莉代(中2)がJFAエリートプログラム女子U-14トレーニングキャンプメンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:佐久間 莉代(さくま りよ)
年齢:14歳
ポジション:MF
 
期間:2021年11月8日(月)~11日(木)
会場:高円宮記念JFA夢フィールド
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00028270/


2021年11月03日
[U13]東京都U-15リーグ5部第5節葛飾ペガサス試合結果

○21-0(8-0/13-0) 髙橋、内野、片山、丸井、丸井、大口、丸井、奥山、加藤、宮崎、土屋、土屋、山本、加藤、大貫、土屋、大貫、宮崎、加藤、大貫、宮崎

 前節から1ヶ月以上空いての公式戦でしたが、今節もこれまでと変わらず交代枠全てを使いきりチーム全員で闘い勝利する事ができました。しかし初スタメンの選手が居た事もあり緊張からか、前半は得点は入っているものの全体的に消極的なプレーが続きました。消極的なプレーでのミスは何も生まれないので自分から積極的にアクションするようにハーフタイムで伝え後半に入りました。
 選手7名を入れ替えた事もあり後半はキックオフ直後からゴールに迫り開始20秒でゴールを決め、ボールを動かすテンポも上がりリーグ戦初ゴールの選手も貪欲にゴールに向かうプレーでハットトリックを達成するなど積極的に自分からアクションを起こす選手が増えました。先日のTRMとは違いボールが跳ねやすい土のグラウンドでしたがその中でも一つ一つのプレーにこだわってプレーする事や早く良い準備をすればミスは減るはずです。ミスが起きても技術的なミスなのか判断ミスなのかどちらなのかも分からないままプレーを続け、特に仲間とコミュニケーションも取らずにただ目の前のボールに対して一生懸命にプレーするだけでは上達しない。それは普段のTRからやろうとするか、こだわって取り組めてるかどうか。意識を変えなければこのまま変わらないという事を伝え解散しました。
 ここからチーム全体での成長に期待したいと思います。リーグ戦は残り1試合となりますが、引き続き応援の程よろしくお願い致します。

渋谷 由美子

2021年11月03日
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」100%スフィーダ!コーナー11月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC、FC東京応援番組「頂‐ITADAKI-アスリート東京」内の100%スフィーダ!コーナー11月号は白﨑暉選手のスペシャルトーク!今回のトークテーマは芸術の秋にちなんで今ハマっているものを紹介しております。他にもトークテーマが盛りだくさん!ぜひご覧ください!
 
・番組名
「頂‐ITADAKI-アスリート東京」
 ※東京をホームタウンとする「スフィーダ世田谷FC」と「FC東京」を応援する地元スポーツ応援番組。

・コーナー名
「100%スフィーダ」

・番組HP
https://c.myjcom.jp/jch/tokyo/regular/itadaki_athlete.html

・放送エリア
東京全域

・放送時間
エリアごとに放送時間が違うため上記HPより検索して下さい

2021年10月31日
[ユース]U-18 Women's Super League 2021第3節vs星槎国際高校試合結果

○1-0(0-0/1-0) 川村

 U-18 Women's Super League 2021第3節は全国屈指の高校チームである星槎国際高校。過去には日本一にも輝いた功績を持つ強豪高校。ポゼッションサッカーを志向し、技術で勝負する“型”を持ったチームです。これまで幾度となく対戦して来ていたので相手の戦術や特徴は十分に把握していました。だからこそ難しい試合になることはいとも簡単に想定出来ました。
 不運なことにこの日は交通機関の乱れが生じ、選手達が大幅に遅刻する事態に見舞われました。しかし、こうしたイレギュラーはいかなる時も起こりえる可能性を秘めていますし、むしろ試合は想定していないことやイレギュラーに対し、如何に柔軟に対応できるかが勝敗の鍵を握ります。そういう意味では、こうしたイレギュラーはこの年代の選手達にとって歓迎すべきものであり、不測の事態に対応する訓練としてはこれ以上ない時間となりました。予定していたメンバー構成とは大幅に変更せざるを得ない状況、ミーティングを満足に実施する時間すらない状況、それらを受け止め、受け流す。今日のチームはこの状況を楽しんでいるようにすら見えました。結果、この試合に出場可能な選手18名が全員ピッチに立ち、チームで勝利を掴むことができたこの1勝はいつも以上に価値のある1勝だったのではないかと振り返っています。
 試合内容としては、2ヶ月後に迫る全国大会へ向け新たな取り組みを行いました。チームに幅を持たせるために必要な取り組みでしたが、試合を通じ、普段とは違う闘いを求められます。疑問や迷いから生じる“判断”はチームに新たな思考をもたらし、それはチームと選手に新たな学びを与えてくれます。新たな学びは成長へと繋がり、このチームの持っているポテンシャルを引き出してくれるものと考えています。ここからの2ヶ月間で、チームと選手に刺激を与えつつ、最高の状態で2ヶ月後を迎えられるよう日々に意味を感じられる時間を過ごしていきたいと思います。
 良いリスタートの切れた意味ある一日でした。これからもこうした時間を過ごして行きたいと思っています。

川邊 健一

2021年10月30日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2021関東 後期第5節 ザスパクサツ群馬レディースU-15試合結果

●1-4(1-2/0-2) 石浦

 関東リーグ最終戦、幸先よく先制しながらも相手にしてみたらラッキーな形で簡単にリードを許し、自ら勝利を手放す展開をつくり残念な敗戦となりました。今日は特に守備陣の対応の甘さがそのまま失点につながり、試合運びを難しくしました。反対に攻撃陣のプレスや中盤の守備からの攻撃は相手ゴールを脅かしており、3点目を取られるまでは十分チャンスがありました。改めて守備陣には気を引き締めてもらうことと、チャンスを決めきれなかった攻撃のクオリティにも修正が必要です。ピッチ上の課題は上記の通りですが、今節に関してはピッチ外での取り組み不足も影響しています。まだまだ未熟なチームであることは否めず、それを伸び代に変えることが関東大会に向けた時間の使い方だと受け止めています。
 これにて関東リーグは最下位で終了、来季は都リーグから復帰を目指す立場になります。これまでのクラブの歴史継続をさせることができず心から申し訳なく私の力不足を痛感しております。しかしチームにとってはコロナ禍により活動が難しかった時期が長くその影響も決してゼロではありませんでした。それでも苦汁を飲み込みながらチームの成長を目指し今に至ります。波はありながらも、成長はあります。先日のレッズ戦勝利は苦労の成果だと信じていますし、そのチームのポテンシャルを関東大会、全国大会へつなげることを目標に切り替え、挑みます。
 保護者皆様には引き続きサポートをお願いさせて頂くこととなりますが、応援頂く限り諦めることはありません。勝つための強化、トライを続けて参りますので、まずは初戦突破に向けて後押しをお願いいたします。本日もありがとうございました。

山田岳暁

2021年10月30日
スポーツ・オブ・ハート 2021<東京会場> に参加

 10月23日、東京ドームシティ ラクーアガーデンにて開催された、一般社団法人スポーツ・オブ・ハート様主催、スポーツ・オブ・ハート 2021<東京会場>に、スフィーダ世田谷 BFC が参加いたしました。

詳しくはこちら

2021年10月27日
プレナスなでしこリーグ2021表彰式 受賞者

 本日、プレナスなでしこリーグ2021表彰式が開催され、スフィーダ世田谷FCより以下の選手達が個人賞を授賞致しました。多大なる御声援を賜り誠にありがとうございました。

■ベストイレブン
DF 奈良 美紗季
FW 大竹 麻友

■敢闘賞
FW 大竹 麻友

プレナスなでしこリーグ2021 受賞者

2021年10月26日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2021関東 後期第3節 日テレ・東京ヴェルディメニーナ試合結果

●0-7(0-4/0-3)

 レッズ戦から中一日でのタイトな日程での一戦。怪我人などを抱えたチーム状況、前回対戦の対策を踏まえ戦術的なチャレンジをして臨みました。スコアは大差の敗戦となりましたが、一つ一つの場面は試みの中で生じた守備対応のズレや個々の判断が曖昧になった瞬間での失点にて、反省や改善は難しい事ではありません。そこを決めきる相手の技術が見事でもあり、「あそこはこうするべきだった」と選手達の成長につながる好材料が多いゲームにできました。
 また選手達は不慣れな役割を担いつつも、チームとしての狙いやピッチ上での状況判断によく対応できていたと思います。特に守備のバランスを保つことはレッズ戦に続き向上が見られます。課題は奪った直後の攻撃にあります。時間を作る個人のプレーやボールの持ち方・運び方、そこへの関わりや相手を引っ張る動きなど、チームの約束事以外に求められる瞬間的な判断やプレー、アクションの質、状況把握、アイディアをさらに伸ばすことでチームの発展が望めます。
 今日のような試合や、正面からぶつかり合う試合を経験し、やるべきプレーを学んでいくことができた連戦でした。残す1節はコンディションを整え、再び勝利を目指します。
 本日は平日の上無観客試合ながら、選手のサポートを頂き誠にありがとうございました。チーム総力戦で臨んだ試合、選手達は難しいチャレンジに前向きにトライし、順応し、よくコミュニケーションを取り最後まで走り抜いてくれました。悔しさは当然ながら、きちんと積み上げができるチームになってきています。今週は特に怪我のケア、コンディションの回復を優先してほしいと思います。引き続き応援の程よろしくお願いいたします。

山田 岳暁

2021年10月24日
[U15]JFAU-15女子サッカーリーグ2021関東 後期第2節 浦和レッドダイヤモンズレディースジュニアユース試合結果

○2-1(1-1/1-0) 冨沢、石浦

 貴重な観戦可能な試合で、待望のリーグ戦勝利を挙げることができました。
 試合は開始直後からスコアが動く展開となり、両者落ち着く間のない激しい攻防戦となりました。お互い試行錯誤の伺える布陣でぶつかり合い、全開で襲い掛かるレッズ、安定性と粘り強さで対抗するスフィーダという構図の前半は追加点を与えずにセカンドボールの争いに奮闘した中盤の選手が影の立役者だと振り返っています。同点弾は厳しいセカンド争いから空いたサイドへの展開、そこから前掛かりになったDFラインに隙が出たスペースへ流し込み、スピードを活かした攻撃で追いつきました。その1分前にはビルドアップミスから直線的に先制を許していた状況でしたが、消極的にならずシンプルなビルドアップからゴールを挙げた選手達の成長を感じた一点でした。その後も相手の素早いプレスに思うようなボール保持ができず苦しい内容でしたが、球際を引かずに闘えていたことでゴール前のブロックが効果を発揮していました。
 後半は攻撃の起点と中継点を確認し、バランスを取りながら攻撃の時間を作ることを確認し臨みました。開始早々に得たCKでは狙っていた形が追加点に結びつき、体ごと押し込んだ泥臭い逆転ゴールでリードします。再び早い時間で動きがあった後半は、足を止める余裕を与えてくれないタフなものでした。しかしFW、中盤の選手が労を惜しまず出所への制限を掛け続けたことで背後の選手達は自分のラインの微調整に集中することができ、引き締まった守備陣形をキープします。これまでの試合と比較すると、攻め込まれながらも最終的なボールへのプレッシャーや制限をかけることができており、それがGK正面へのシュートや枠を捉えきれない要因となっていました。終盤はシステム変更や自分のポジション以上の役割を担うことも求められた死力の時間帯でしたが、最後まで高い集中力とゴールを割らせないためのコミュニケーションを絶やさず、終了のホイッスルとなります。
 苦しかった試合でしたが、勝つためのプレーに徹してくれたピッチ上の選手達、ベンチからサポートしてくれた全選手のチーム一丸の賜で掴んだこの一勝は、私達にとっては勝点3以上の価値と喜びがあります。諦めないこと、勝つために一つになること、それが勝利につながるのだと実証できたことは、二週後の関東大会へ大きな弾みとなります。今週は残り2節の試合がありタイトなスケジュールになりますが、総力戦でリーグ戦締め括りをしたいと思います。
 本日は会場にお越しになれなかった方も含め、選手を支えてくださっている皆様に嬉しい一報ができ心から嬉しく思います。また私達がスフィーダであるという誇りを取り戻してくれた選手達に感謝しています。走ること、闘うこと、頭を使うこと、コミュニケーションを取ることがどういうことか、なぜ大切かを学んだ一戦ではないかと思います。大きな目標に向かって、引き続きチーム強化を図りたいと思います。引き続き選手達の応援、サポートをよろしくお願いいたします。
 
山田 岳暁

2021年10月24日
[U14]東京都U-15リーグ第3節 FC リーガル アザレイアU15試合結果

〇3-0(1-0/2-0) 笠原、鹿山、田中
 
 2部リーグ初勝利になりました。内容はあまり良いものではありませんでしたが勝ちと言う結果が出た事は良かったです。
 この1ヶ月は幅を使う練習、縦パスをFWに当て突破する練習をして来ましたが縦パスの質、前線がボールが収まらず難しい試合になりました。それでも笠原のミドルシュートが入り少しゲームが落ち着くかと思いましたが前半は慌しいゲーム運びとなりました。
 ハーフタイムで選手同士の距離感、ビルドアップ、サポートの所を話して後半に入りました。後半も落ち着かない試合でしたが時間が進むにつれて中盤の羽柴・鹿山の所でパス交換がうまれたりFWの田中がファーストDFになって前線からの守備が出来る時間帯が増えてきました。途中出場の松澤からの突破で鹿山のゴール、田中と笠原のワンツーから田中のゴールと終盤に2ゴール奪えた事はとても良かったです。
 今の2部リーグの選手達は何本もパスを回してゴールを奪える技術はないのかもしれません。その代わり奪った後に出来るだけシンプルに速くゴールに行こうと話しています。それが後半の2ゴールに見れた事はとても良かったです。しかし決定力不足はまだまだ感じました。
 DFの選手達は0で試合を終えてくれて良かったですがビルドアップの時のCBの縦パスが相手に奪われてゲームを作れていない所、前線が攻撃している時にそれを見入ってしまってポジショニングを取っていない所、GKとの連携などを修正していきます。
 リーグ2試合を引き分けて、1位通過がかなり厳しい中、勝って次に繋げれました。他の試合結果次第ですが可能性がある限り諦めずに勝利目指して戦います。今日はありがとうございました。

神谷 高広

2021年10月23日
[ユース]全日本女子サッカー(U-18)サッカー選手権大会関東予選5位決定戦 つくばFCレディース試合結果

〇4-0(1-0/3-0) 羽柴、川邉、川村、井藤
 
 勝てば全国大会、負ければ終わりの大事な一戦。今、闘っている大会はクラブチームの高校生年代における最大の大会であり、この大会こそが追い求めてきた大会でもあります。5位まで与えられる全国大会への切符。私達はその最後の一枚を目指し走っていました。そういう意味では4-0という結果は最良のものでしたが、勝利の反面、この一戦に懸けるチームの士気や闘争心を引き出しきれずに終わったことで自分達と向き合いきれなかったことにフラストレーションを感じていました。試合には勝てましたが、自分達に負けた、そのように理解しています。
 相手は同じなでしこリーグに所属するつくばFCレディース。相手は先週スカウティングした時とは違い5-4-1という守備的な陣形からカウンターで勝機を見出だす戦いを選択してきました。そのような中、私達は相手の守備ブロック、相手の意図する戦略に真っ向から突っ込んでいくような形となり、闘い方も内容も課題が残るものとなりました。試合の中で微調整を施していく中、修正できた出来たことによる好転はあったものの、もっと賢く闘う術もあったと振り返っています。これからもその伸び代を向き合うことで更なる成長の機会を得ていくつもりですが、本気で課題と向き合い、進み続けなければ、自分達の目標へは到底たどり着けないと感じています。それでも私はこのチームのポテンシャルを信じていますから、それらを引き出すために向き合い続けます。全国までの2ヶ月間を短いと捉えるか、長いと捉えるかは自分達次第でしかありませんが、大事なのは同じ時間に意味を与えられるかどうかだけです。全国までの日々を大切に、そして丁寧に過ごし続けて行きたいと思っています。最終的な結果も大事ですが、自分達に自分達が納得できる、そんな結果を求めることにも拘って行きたいと考えています。
 東京都予選、関東予選と無観客試合が続く中、ご両親の皆様方にはご不便をおかけしておりますが、日々の選手へのサポートには心より感謝しております。全国大会でも選手達が躍動できるようしっかりと準備して参ります。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2021年10月22日
皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会組合せ決定

 以下の通り皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会の組合せが決定致しましたのでお知らせ致します。スフィーダ世田谷FCはシードでの2回戦から参加となります。

2回戦
日時:12月5日(日)13:30キックオフ
会場:セイホクパーク石巻 石巻フットボール場
対戦:早稲田大学ア式蹴球部女子と四国学院大学香川西高校の勝者
対戦表:http://www.jfa.jp/match/empressscup_2021/schedule_result/

2021年10月17日
2021プレナスなでしこリーグ1部 第22節vs大和シルフィード試合結果

△1-1(0-0/1-1) 長﨑

 3月に開幕した2021プレナスなでしこリーグ1部の戦いも最終節を迎え、最下位が確定している大和シルフィードとの対戦。開幕戦から徹底したパスサッカーを展開しており、成熟度も増していて、全く油断なりません。2位を確実なものにするべく、1週間準備を進めてきました。
 立ち上がりから、相手のビルドアップにプレッシャーをかけて、ボールを奪い攻撃に転じます。久しぶりにスタメン出場を果たした安田も積極的にシュートを放ちますが、ゴールに結びつきません。時折、大和のサイドアタックに遭いますが、渡辺と戸田を中心とした守備陣が跳ね返します。
 スコアレスで折り返すと、後半から安田に代えて村上を投入し、更に攻撃を仕掛けていきます。61分、堀江に代えて樫本を入れると、プレスの強度がアップ。65分には樫本のプレスから長崎がボールを奪って素早くシュートを打つと、見事に決まって先制します。その後も主導権を握って攻め込みますが、精度を欠いてしまいました。1点リードで迎えたアディショナルタイムにCKから手痛い失点。そのまま試合が終了し、1-1のドロー結果になりました。
 スフィーダ世田谷FCとして初のなでしこリーグ1部での戦いは、22戦12勝5分5敗、勝点41の第2位でした。優勝こそ逃したものの、選手たちは素晴らしい戦いをしてくれたと感じていますこれも、日頃から我々を支えてくれている、全てのスフィーダファミリーの皆様のおかげです。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!
 年末の皇后杯に向けて、日々精進して参りますので、引き続き、熱いご声援を賜りますようお願い申し上げます。

神川 明彦

2021年10月17日
[ユース]全日本女子サッカー(U-18)サッカー選手権大会関東予選順位決定戦 十文字中学高等学校試合結果

〇5-0(2-0/3-0) 川邉、遠山、島崎、川村、川邉
 
 全国大会への切符は5つ。その最後の一枚を手にするためには、2つの試合を勝ち残ることが必須条件となります。まずは同じ東京都代表の十文字中学高等学校と再戦。結果的に5-0と快勝のように見える結果ですが、雨によるスリッピーなピッチコンディションと相手との嚙み合わせにより決して簡単なものではなかったと振り返っています。しかし、チームは局面局面における優位性を活かしつつ、戦術的にも対応しながら柔軟に相手と向き合えていたと思います。5得点の4得点は相手のウィークポイントを的確に突いた得点。大事な時間帯で決定的なゴールを重ねてくれた選手達は称賛に値します。
 今日のゲームは戦術的にも、戦略的にも、悪いものではなく、結果・内容共に次につながるものになったと思います。こうしたゲームを繰り返していくことで成長して行けますし、この試合を機にこれまであった悪い流れを払拭して行きたいと思います。
 何はともあれ全国大会への出場権を得るためにはもう一つの勝利が必要です。どのような時でも自分達の道は自分達で切り開いていく以外ありません。来週は今日以上のパフォーマンスを発揮し、結果内容共に納得できる試合が出来るよう一週間準備して行きたいと考えています。

川邊 健一

2021年10月14日
警視庁世田谷警察署 一日防犯広報大使就任式

 令和3年10月14日(木)、警視庁世田谷警察署管内の一日防犯広報大使に戸田 歩選手が任命され、警視庁世田谷警察署 七髙 徹署長より委嘱状の交付、戸田 歩選手による詐欺撲滅広報活動が行われました。

詳しくはこちら

2021年10月14日
[お知らせ]2022年度入会希望者向け入会セレクション3次選考結果

 10月12日に実施しました2022年度入会希望者向けスフィーダ世田谷FC U-13入会セレクション3次選考の合格者を以下の通りお知らせいたします。
 
228112 228114 228115 228119 228122
228126 228127 228130 228131 228143
228144 228150 228153 228154 228156
228158 228159 228162 228170 228175
228176 228182 228183 228187 228194

2021年10月14日
[Jrユース]女子GKキャンプ(10/15-17@Jヴィレッジ)メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース所属の辛嶋 心結(中2)及びが田中 千結(中1)が女子GKキャンプメンバーに選出されましたことをご報告致します。
 
氏名:辛嶋 心結(からしま みゆう)
年齢:13歳
ポジション:GK
 
氏名:田中 千結(たなか ちゆ)
年齢:12歳
ポジション:GK
 
期間:2021年10月15日(金)~17日(日)
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00028114/


2021年10月10日
2021プレナスなでしこリーグ1部 第21節vsASハリマアルビオン試合結果

〇2-0(0-0/2-0) 長﨑、大竹

 ホーム最終戦の相手は ASハリマアルビオン。第2節で苦杯を喫した悔しさを忘れたことはありません。並々ならぬ思いで準備を進めてきました。ホーム最終戦を勝利で飾り、サポーターと喜びを分かち合うことも目標ににしてきました。
 立ち上がり、大竹が決定機を迎えますがGKの好セーブに防がれます。その後も鋭い出足でボールを奪って攻撃を仕掛けますが、なかなか得点に至りません。スコアレスで迎えた60分、左サイドで小気味良いパスワークから最後は長崎が巧みなシュートを突き刺して先制に成功します。勢いに乗って攻め込むと、75分にはカウンターから大竹が左足で豪快なシュートを叩き込み、突き放します。残り時間も安定した戦いぶりを見せて、2-0で勝利を収めることができました。これで5連勝達成。3位以上を確定することができました。最終節に向けて、隙なく準備を進めて参ります。引き続き、熱いご声援をいただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2021年10月10日
[ユース]U-18 Women's Super League 2021第2節vsちふれASエルフェン埼玉マリ試合結果

●1-4(0-2/1-2) 川村

 しばらく試合が中断していたU-18 Women's Super League 2021。全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会関東予選の合間に行われた試合のため次戦へ向けた最高の調整の機会でした。キックオフ時間も翌週の試合と同じ早い時間(9:30)であり、良い意味でシュミレーションとなる環境下、これまで何度も失敗してきたミスを繰り返してしまい勝者となり得る闘いが出来ませんでした。繰り返してしまった事実は取り戻すことができないので、この事実をどう未来へ繋げて行くかが問われていると認識しています。ここから先の闘いにおける同様のミスは許されない状況になります。繰り返してしまっていることには原因と理由があり、それを解明し的確に修正する必要があります。修正がうまく出来ていなかった事実を受け入れ、しっかりと向き合い、チームでこの窮地を脱して行きたいと考えています。
 大事な試合の前に課題の多い内容となっていますが、いくばくかの不安はあれど、このチームの潜在能力をこれまでもこれからも信じていますし、選手達の努力が報われる瞬間は必ず訪れることを疑っていませんから、ここから先の未来をしっかりと踏み出して行きたいと思います。下を向くことなく、くじけることなく、そして、折れることなく、地に足をつけ着実に一歩ずつ進んで行きたいと考えています。  本日はたくさんの皆様にご来場頂きまして誠にありがとうございました。今は試合を観て頂ける機会も少なくご不便をおかけしておりますが、結果でお応えできるよう今週も最善の準備を施して参ります。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。
川邉 健一

2021年10月06日
WEリーグ加盟申請と今後の挑戦にむけて

 みなさまのスフィーダ世田谷FCへのいつも変わらぬ熱いご支援に感謝いたします。
 9月27日にWE.リーグより2022-23シーズンの入会審査結果が発表されました。3団体からの申請があったものの、いずれの団体もWE.リーグが設定した基準を満足せず、新規加盟団体はなしとの内容でした。スフィーダ世田谷FCは入会申請を行い、WE.リーグ岡島喜久子チェアより入会は認められなかったとの審査結果の連絡をうけました。
 スフィーダ世田谷FCは2001年の創設以来、日本一のクラブになることを目標の一つとして掲げ、昨シーズンはなでしこ2部で優勝、なでしこ1部に昇格し、日本のトップリーグに戦いの場を移す場所まで歩んできました。WE.リーグの創設により、私たちの目指していた場はなでしこリーグからWE.リーグに移り、更なるステップアップへの挑戦が求められていることは、みなさまもご存知の通りです。そしてWE.リーグのVisionは私たちが過去20年間大事にしてきた内容が謳われており、私たちが目指すにふさわしい場だと思っています。
 今回の入会審査を通じて、日本一のクラブを目指すために、私たちに足りないものがより明確となりました。岡島チェアが指摘したWE.リーグの基準を満たしたホームスタジアムでの80%以上のホームゲーム開催枠の確保、そして現在の3倍程度の規模が求められる財政基盤の強化の2点は、短期間で実現が可能となる項目ではありません。また、これ以外にも克服・改革すべき点は少なくないことも認識しています。
 私たちは、これからも市民クラブという出自を意識し、地域における地に足がついた活動を大事にしながら、一歩一歩WE.リーグを目指す歩みを続けていくつもりです。スフィーダ世田谷FCが続ける挑戦への、みなさまのさらなるご支援をお願いいたします。

2021年10月
スフィーダ世田谷FC
代表 稲田能彦


2021年10月04日
2021プレナスなでしこリーグ1部 第21節 試合情報

 10/10(日)開催の「2021プレナスなでしこリーグ1部 第21節 vs ASハリマアルビオン」戦の試合情報をご案内致します。

日時:2021年10月10日(日)14:00キックオフ
会場:AGFフィールド
相手:ASハリマアルビオン
詳細はこちら

2021年10月03日
[ユース]全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会関東予選2回戦 日テレ・東京ヴェルディメニーナ試合結果

●0-6(0-3/0-3) 

 この試合の勝者は来年1月に開催される全国大会への出場権を得ることになります。結果は敗戦となり、これからは5位を目指しての闘いを始めることになりました。
 試合は日本国内屈指の技術を誇る相手に対し、我慢強く、そして粘り強く守り、一瞬の隙を突いていく形で対抗。前半の給水タイムまではイメージ通りに近い形で闘うことが出来ており、悪くない展開でしたが、時間の経過と共にプレスが一瞬遅れるようになり、後手を踏むようになるとそれを見逃してくれない相手のスキルに屈する形で前半と後半で合計6つものゴールを奪われてしまいました。
 今はこの現実と向き合い、自分達と向き合うことで未来を見出すことが出来ると信じていますし、この時間こそ成長の機会だと捉えています。今を大事にし、今日感じたもの、経験したものを紡ぎ合わせていく。その作業の中で進んで行く力強さを学んでいきたいと考えています。
 本大会の次戦は10/17(日)。残り2戦を勝ち抜く事だけが全国大会への道となります。まずは2週間しっかりと準備をし、ベストなコンディションでその日を迎えたいと思います。最後の瞬間まで走り抜きたいと思いますので引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。

川邊 健一

2021年10月02日
2021プレナスなでしこリーグ1部 第20節vsNGUラブリッジ名古屋試合結果

〇4-1(2-0/2-1) 長﨑、大竹、長﨑、大竹

 前泊を伴う最後のアウェイゲームの相手は、NGUラブリッジ名古屋。攻守において規律のある戦いをする好チームです。前節の反省を活かし、立ち上がりから鋭い出足でプレスをかけて主導権を握ります。14分、長崎が体勢を崩しながらも放ったシュートが幸運な形でゴールイン。良い時間帯に先制します。その後は一進一退の展開になりますが、40分、堀江の見事なスルーパスから抜け出した大竹が右足一閃。豪快なシュートで突き放します。
 後半は安田を投入して、さらに前への推進力をアップさせます。51分、根本が果敢な攻撃参加からグランダーのクロス。これに長崎がタイミングよく合わせて3点目。完全にスフィーダペースとなります。61分には高い位置でボールを奪ってカウンター。最後は大竹が左足で強烈なシュートを突き刺して4-0とし、試合を決定づけました。69分、相手に一点返されますが、その後は落ち着いて対応し、1-4で勝ち切ることに成功。今季初の4連勝を飾ることができました。
 次節は今季ホーム最終戦、ASハリマアルビオンとの対戦です。第2節で苦杯を喫したことを忘れたことはありません。チーム一丸となって全力で準備を進めていきます。引き続き、熱いご声援をいただけら幸いです。何卒よろしくお願い致します。

神川 明彦

2021年10月02日
[ユース]全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会関東予選1回戦 ヴェルフェ矢板レディース試合結果

〇16-0(8-0/8-0) 市川、川邉、田口、島崎、清水、島崎、髙畠、島崎、島崎、羽柴、荒川、水本、羽柴、加藤、羽柴、荒川

 2021シーズン最大の目標である同大会の関東予選。全16チームによる各都県の代表チームが5枠代表権を争う極めて難易度の高い闘いとなります。この大会に勝つために準備と鍛錬を重ね、この日を迎えました。
 その1回戦は栃木県代表のヴェルフェ矢板レディース。相手のレベルも分からず手探りでの闘いを強いられる事となりましたが、チームは16のゴールを挙げ、一回戦を突破することが出来ました。結果が全ての大会ですから勝利できたことに意味があります。それでも試合の中で修正し、適応し、成長して行く。同じ時間を過ごすのであれば質や内容にも強く拘り続けて行くことで更なる成長の機会を見出せるはずです。もっと自分達と向き合い、お互いに引き出し合えれば尚のこと良かったと考えています。
 明日は東京都予選の決勝で対戦した日テレ・東京ヴェルディメニーナ。相手がどれだけ強いかは理解しているつもりですが、臆することなく相手と、何より自分達と向き合って行きたいと考えています。

川邊 健一

2021年10月01日
100%スフィーダ!10月号放送開始!

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」10月号は#5渡辺瑞稀選手、#21岸星美選手へのスペシャルインタビューと最新試合情報の2本立ててお届けします!インタビューでは「秋と言えば〜」をテーマに選手の貴重な一面に迫ります!是非ご覧ください!
 
J:COMチャンネル(11ch)
日時:水17:30~、土23:30~、日9:00~/18:30~

2021年09月30日
JFA100周年表彰受賞

 JFAは2021年9月10日に記念すべき設立100周年を迎え、JFA100周年表彰が行われました。その結果、長年の日本サッカー発展への貢献が認められ、以下の通り表彰を受けましたのでご報告申し上げます。


功労賞
クラブ : スフィーダ世田谷FC
個人 : GM兼総監督 川邊 健一

特別功労賞
個人 :チームドクター 立石 智彦

詳しくはこちら

2021年09月30日
警視庁世田谷警察署 防犯ボランティア団体認定式

 令和3年9月29日(水)、警視庁世田谷警察署管内の施設等における防犯ボランティア団体に認定され、警視庁世田谷警察署 七髙徹署長より委嘱状の交付式が行われました。

詳しくはこちら


ニュースアーカイブへ >