ニュース

スフィーダSNSではリアルタイム最新情報から
選手たちの意外な一面までお届けしてます。


ニュースアーカイブ:

2018年02月21日
花桐なおみ選手の負傷

 2/18(日)に行われましたトレーニングマッチ前半1分で負傷交代した花桐なおみ選手(27歳)ですが、精密検査を行った結果、以下の通りの診断となりましたのでお知らせ致します。一日も早い復帰に向けてスフィーダ世田谷メディカルチームがサポートして参ります。
 花桐なおみ選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。

診断結果:肘関節脱臼
全治:2ヵ月間の見込み

2018年02月19日
犛山菜々恵選手の手術

 犛山菜々恵選手(18歳)ですが、脱臼癖になっていました肩の手術を2/15(木)に行いましたことをお知らせ致します。一日も早い復帰に向けてスフィーダ世田谷メディカルチームがサポートして参ります。犛山菜々恵選手に引き続き温かいご声援を賜りますようお願い申し上げます。

診断結果:右反復性肩関節脱臼
全治:4ヵ月間の見込み

2018年02月15日
2018シーズン2種登録選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、ユースチームの片寄優(17)がトップチームと2種登録することになりましたのでご報告いたします。 ご声援を何卒宜しくお願い致します。

・氏名:片寄 優(かたよせ ゆう)
・身長:163cm
・出身:東京都
・ポジション:FW
・前所属チーム歴:→南八王子サッカークラブ→スフィーダ世田谷FCジュニアユース→スフィーダ世田谷FCユース
・コメント:
 この度、2種登録をさせて頂くことになりました片寄優です。これまで支えて下さった方への感謝を忘れず、トップチームで活躍出来るように日々の練習から向上心を持って取り組み頑張っていきます。宜しくお願いします。

2018年02月12日
[U14A]東京都ガールズ大会 決勝トーナメント一回戦 十文字グリーンに勝利!

〇4-2(2-1/2-1)
試合時間50分
得点 加藤、坂上2、川村

 昨年末に結成した成長過程のチームですが、始動以来のベストゲームでした。ゲームの進め方、個人としての振る舞い等、50分間チームとして機能し続けてくれました。今出来る最高のパフォーマンスをしてくれたと振り返ります。流れの中でボールの奪い方や運び方の状況判断が曖昧な時間帯もありました。しかし、ピッチレベルでコミュニケーションが増えた結果、相手に流れを完全に渡さなかった集中力も評価したいです。次節は、更なるレベルアップが必要な相手となります。頼もしく闘う選手達と挑戦あるのみです。
 本日も大変寒い中、熱い応援ありがとうございました。
川嶋珠生

2018年02月12日
[U14B]東京都ガールズ大会 決勝トーナメント一回戦 十文字中学校に敗戦

×2-5(1-2/1-3)
得点 川邉2

 5失点での大敗となりました。ただでさえ相手とは個の力差がある中で、トレーニング、試合に人が揃わないわけですから、必然の結果であったと思います。そういった中でもAチームに上がるべく、違いを見せようと気を吐いてプレーしている選手がいたのは非常に良かったと思います。3位決定戦までに少しでも成長できるように、また頑張っていきます。
 本日も寒い中、応援ありがとうございました。
田村

2018年02月02日
2018プレナスなでしこリーグ日程発表

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。本日、2018プレナスなでしこリーグの日程が発表されましたのでお知らせ致します。
 2018シーズンもスフィーダ世田谷FCの応援を何卒宜しくお願い申し上げます。

http://www.nadeshikoleague.jp/news/2018/0202_1553.html

2018年01月31日
石野妃芽佳女子GKキャンプ(2/2~4@静岡)メンバー選出のお知らせ

 以下の通り、石野妃芽佳が女子GKキャンプメンバーに選出されましたことをご報告致します。応援のほど宜しくお願い申し上げます。

氏名:石野 妃芽佳(いしの ひめか)
年齢:21歳
ポジション:GK
期間:2月2日(金)~2月4日(日)
会場:静岡県
公式発表:http://www.jfa.jp/news/00016101/

2018年01月30日
100%スフィーダ!2月号まもなく放送開始!

J:COMチャンネル(11ch)
日時:水16:30~、土23:30~、日9:00~

iTSCOMチャンネル(10ch)
日時:木16:30~、土22:00~、日11:30~

 スフィーダ世田谷FC応援番組「100%スフィーダ!」2月号は、昨シーズンで現役を退いた永田真耶さんと、川邊健一監督のスペシャル対談をお届けします!!スフィーダ世田谷での在籍7年間を振り返りながら永田さんの想いを語って頂きました!そして、新加入選手も一覧で紹介します!是非ご覧ください!! 

2018年01月30日
2018シーズンモデルユニフォーム売り上げTOP3発表!!

 1/28(日)まで受け付けておりました先行受注生産受付での売り上げTOP3を発表します!

第1位 田中 真理子 選手
第2位 犛山 菜々恵 選手
第3位 橘木 友理恵 選手

 沢山のご注文誠にありがとうございました!今回受付分は3月中旬頃のお届けを予定しております。また、次回受注生産受付は4月を予定しております。
 引き続きスフィーダ世田谷FCへのご声援をよろしくお願いします!!

2018年01月25日
2018シーズン新加入選手のお知らせ⑩

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、東京国際大学より倉持杏子選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。

・氏名:倉持 杏子(くらもち きょうこ)
・年齢:22歳(1995年12月12日)
・身長:157cm
・出身:東京都
・ポジション:MF
・選抜歴
 2017東関東大学選抜
・前所属チーム歴:
 杉並FC→都立飛鳥高等学校→東京国際大学
・コメント:
 この度、入団させて頂くことになりました倉持杏子です。チームの勝利に貢献できるよう精進し、すばらしい環境でサッカーが出来ることに感謝してプレーします。宜しくお願い致します。

2018年01月22日
2018シーズン新加入選手のお知らせ⑨

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、慶應義塾大学体育会ソッカー部女子より野村智美選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。

・氏名:野村 智美(のむら ともみ)
・年齢:22歳(1995年4月10日)
・身長:164cm
・出身岡山県
・ポジション:GK
・選抜歴
 2014岡山県国体選抜成年女子
 2015岡山県国体選抜成年女子
 2017西関東大学選抜
・前所属チーム歴:
 岡山湯郷Belle U-15→岡山県作陽高等学校→慶應義塾大学体育会ソッカー部女子
・コメント:
 この度、慶應義塾大学より入団させていただくことになりました野村智美です。チームに勢いを与えられる選手を目指し、日々成長し続けられる様、努力して参ります。ご声援の程、宜しくお願い致します。

2018年01月21日
[U14C]東京都ガールズ大会 予選リーグ第3節 ラガッツアFCに勝利!

◯9-0
試合時間 50分
得点:3分横山、16分高橋、25分横山、32分伊井、33分三宅、35分伊井、39分小泉、45分水本、48分水本

 前節の敗戦から各自がしっかりと課題に向き合い、また一歩前進して今日を迎える事が出来ました。大会を通してチームとしてまとまり、今日の試合では攻め方の共有が見られたので成果としては充分なものでした。9得点ものゴールを奪う事ができたのも選手が自分たちで構築した攻撃の形です。
 今日の勝利で2勝1敗となり、グループ突破は来週の十文字vsラガッツアの結果待ちとなります。他力本願ではありますが、全て出し切っての結果ですので胸を張りたいと思います。本日もご声援ありがとうございました。
楠本 洋之

2018年01月21日
[U14B]東京都ガールズ大会 予選リーグ第3節 17多摩レッドにドロー

△2-2(2-2/0-0)
得点 安掛、川邉

 結果は2-2というスコアでしたが、チーム発足以来、最も内容の濃い素晴らしいゲームを展開してくれました。攻守共にこれまでトレーニングで培ってきたことがギュッと凝縮されて試合に表れていたと思います。
 チームとしてはインフルエンザの流行という苦しい状況で、前半途中からは10人で戦うことを強いられましたが、すぐに戦術の変更に対応してくれましたし、相手が勢いづいている時間帯にも全く動じずに、数を質で上回ろうと賢くプレーしている姿は見ていて誇らしいものでした。決定機も多かったですし、これまで勝ちしか知らないチームでしたので、ドローという結果への悔しさに涙を浮かべている選手もいましたが、こういった経験がまた次なる成長へのモチベーションになると思います。年明けからハードなスケジュールでしたので、一度ゆっくり休んで、万全の状態でまた来週からトレーニングに励んでいきたいと思います。
 本日も応援ありがとうございました。三連勝でのグループリーグ突破とはなりませんでしたが、チームの結束力を高める良いゲームだったと思います。決勝トーナメントに進出できると信じてまた頑張っていきますので、引き続き応援のほどよろしくお願い致します。
田村

2018年01月20日
2018モデルユニフォーム先行受注生産受付開始のご案内

 2018モデルユニフォームの先行受注生産申し込みを開始します。
 今回は選手モデルのみの受注となります。希望背番号、オリジナルネーム注文をご希望の方は次回受付をお待ちください。※4月以降予定

・お申込み
 せたがやいち スフィーダ世田谷オンラインショップ
・受付期間
 2018年1月20日(土)21:00~1月28日(日)21:00
・販売価格(税込)
 一般価格¥15,000-
 会員価格¥12,000-
・対象ユニフォーム
 1st フィールド(青)、ゴールキーパー(ピンク) シャツのみ



2018年01月19日
2018シーズンユニフォームスポンサー様決定のお知らせ

 2018シーズンのユニフォームスポンサー様が決定致しましたのでご報告申し上げます。昨年から継続してご支援頂くこととなりましたサミット株式会社様、東邦ホールディングス株式会社様、株式会社キンカン様、株式会社東京組様、株式会社ジェイコムイースト世田谷局様、そして、新たに2018シーズンより株式会社トモズ様とユニフォームスポンサー契約を締結しましたことを御報告申し上げます。心強い各社様からの後押しを受け、2018シーズンも1部昇格を目指して闘って参ります。
 尚、オフィシャルユニフォームの受注生産の受付は明日よりスフィーダ世田谷FCオンラインショップにて1週間程度行う予定です。引き続き応援のほど宜しくお願い申し上げます。
(2018シーズンよりJリーグと同じく広告掲出可能箇所が前面鎖骨部分の左右2箇所も加わり、全7箇所に掲出出来ることになりました)

サミット株式会社
代表者:竹野 浩樹
設立:1963年(昭和38年)7月
事業内容:食品スーパーマーケット
本社:東京都杉並区永福3-57-14
HP:www.summitstore.co.jp
掲出個所:
オフィシャルユニフォーム(前面胸)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面

東邦ホールディングス株式会社
代表者:濱田 矩男
設立:1948年(昭和23年)9月
事業内容:医薬品卸事業
本社:東京都世田谷区代沢5-2-1
HP:www.tohohd.co.jp
掲出個所:
オフィシャルユニフォーム(背面上部)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面

株式会社キンカン
代表者:山﨑 充
設立:1943年(昭和18年)6月
事業内容:一般用医薬品の製造・販売及び医薬部外品、化粧品、食品等の販売
本社:東京都世田谷区三軒茶屋1-34-14
HP:www.kinkan.co.jp
掲出個所:
オフィシャルユニフォーム(背面下部)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面

株式会社東京組
代表者:中野渡 利八郎
設立:1993年(平成5年)11月1日
事業内容:建設業
本社:東京都世田谷区用賀4-10-11 世田谷ビジネススクエア22F
HP:tokyogumi.co.jp
掲出個所:
オフィシャルユニフォーム(前面鎖骨部分右)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面

株式会社トモズ
代表者:徳廣 英之
設立:1993年(平成5年)9月
事業内容:ドラッグストア「トモズ」(調剤・物販併設)・「アメリカンファーマシー」(欧米型ドラッグストア)・「メディコ」・「カツマタ」及び「インクローバー」(ブランド化粧品専門店)の経営
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル 3F
HP:www.tomods.jp
掲出個所:
オフィシャルユニフォーム(前面鎖骨部分左)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面

株式会社ジェイコムイースト世田谷局
代表者:上島 真二
事業内容:ケーブルTV事業、メディア事業
本社:東京都世田谷区経堂5-32-8 マーベラス経堂1階
HP:www.jcom.co.jp
掲出個所:
オフィシャルユニフォーム(肩)、及び選手・スタッフ用プラクティスシャツ、トレーニングトップ前面


HOME


AWAY

2018年01月18日
2018シーズン新体制のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。以下の通り2018シーズンの新体制を御報告申し上げます。尚、未発表のスタッフ・選手がおりますが準備が整い次第、順次発表して参ります。
 2018シーズンも引き続き熱い応援を賜りますようお願い申し上げます。

監督 川邊 健一
GKコーチ 廣瀬 義貴
トレーナー 後藤 香代子
トレーナー 武田 遥河

1 石野 妃芽佳 ※副将
2 戸田 歩
3 原 志帆 ※主将
4 村上 朱音
5 柏原 美羽
6 田中 真理子
7 犛山 菜々恵
8 花桐 なおみ
9 山本 菜桜美
10 薄田 春果 ※副将
11 長崎 茜
12 サポーター
13 橘木 友理恵
14 伊藤 千梅
15 渡辺 瑞稀
16 梅津 美絵
17 根本 彩夏
18 大久保 萌
19 安田 祐美乃
20 須田 綾香
21 長谷 好美
22 松永 早姫
23 ALLISON KAGAWA
24 山崎 萌子
25 田中 江梨奈
26 菅野 永遠
27 三本 紗矢香

2018年01月17日
久保あやの選手の移籍先チーム

 移籍先が未発表だった久保あやの選手ですが、東京都女子サッカーリーグ5部リーグの町田ゼルビアレディースに移籍することになりましたのでお知らせ致します。

2018年01月14日
[U14A]東京都ガールズ大会 予選リーグ第2節 FC Beltaブルーに勝利!

◯1-0(1-0/0-0)
得点者:荒川

 立ち上がりに守備強度を上げた入りができ、前からプレスをかけることで、早い時間に得点を挙げられたことは良かったと思います。
 ただ、今週取り組んできたポゼッションの部分で、お互いの関わりが薄い場面や、外に外に逃げてしまう場面があり、相手の守備のズレを作り出せなかったことが課題の1つだと感じています。中央を経由したボール運びや、複数人が関わったワンタッチプレーでの崩しで良いリズムを作れていた場面もありますので、こういったシーンを増やせるよう取り組んで行きたいと思います。その為にも、ボールの動かし方、関わるタイミングや細かい位置、より深いところまでチームとして統一していきます。
 本日は極寒の中、たくさんのご声援をありがとうございました。決勝Tに向けて継続的に積み上げていきます。引き続き宜しくお願い致します。
岡田あやめ

2018年01月14日
[U14B]東京都ガールズ大会 予選リーグ第2節 FC Beltaレッドに勝利!

◯4-0(2-0/2-0)
得点 川邉2 遠山2

 ボールがイレギュラーしやすいピッチでのゲームということで、前半は一人一人の視野がボールに集まってしまい、結果として判断のスピードと精度が落ち、中盤でのボールロストが増えてしまいました。後半はボールの移動中に情報収集する選手が増え、相手のプレスをワンタッチで剥がすプレーが出てくるなど、前半で出た課題を修正できた選手がいたのは良かったと思います。
 また今週は相手が自陣からビルドアップするスタイルであることが予測できていたので、カウンターに関わる技術や戦術を積み上げてきました。特にボールを奪った最初のタッチの瞬間からどれだけ時間をかけずにフィニッシュに向かえるか、よく意識できていましたし、結果としてカウンターから2ゴール奪えたのは良かったと思います。
 本日も寒い中、応援ありがとうございました。来週のゲームも応援よろしくお願い致します。
田村

2018年01月14日
[U14C]東京都ガールズ大会 予選リーグ第2節 十文字中学校に敗戦

×0-1
試合時間 50分
得点:34分 失点

 この試合を落とすと目標のグループリーグ突破が遠のくため、1週間入念な準備をしてきました。自力では相手に分があり、こちらとしては相手の意図を壊す事、自分たちの戦い方を最小限のポイントにまとめて確実に実行し続けることを共有しました。結果的には準備したことはすべて出せましたし、良く集中してプレーできていましたので「やれることはやってくれた」と評価しています。相手のプレーの選択肢を①横もしくは後方に限定する②前方へのプレーでも相手陣地深くからのロングパスはOKというタスクを確実に実行し続けたことが、逆に相手の集中力とプレー精度を高めてしまい、勝機のひとつであった「相手は今日が初戦」という部分を自ら消してしまいました。
 相手陣地でのボール奪取と、サイド攻撃で一気に攻め切るという事もチーム全体で狙えていましたし、ビハインドで中央突破に切り替えた時もスムーズに対応できました。ハイレベルな試合で勝敗を分けたのは「重要な局面でのワンプレー」です。ノーリスクが最優先の場面で不要にボールロストしてしまい、その後の対応でも一瞬後手を踏んでしまったことがそれではありますが、その一瞬を見逃さずに仕留めてきた事が十文字たる所以だと思います。
 いずれにしてもこのレベルの相手と対等に渡り合えた選手が複数名いたことは何よりの収穫ですし、それゆえに見つかった課題も大変貴重なものです。まだグループリーグは1試合ありますので、また1週間準備してこのチームらしく戦いたいと思います。
本日もご声援誠にありがとうございました。
楠本 洋之

2018年01月08日
[U14A]東京都ガールズ大会 予選リーグ第1節 青梅FC PEACEに勝利!

1-0(1-0/0-0)
得点 荒川

 年明け一発目の公式試合ですが、相手の往年のスタイルであるパワーに少々、押され気味になり、こちらも慌てて状態の悪い前線に強引な配球を繰り返す場面が多々あり、自分達でゲームを難しくしました。辛勝とはなりましたが、次節に向け、より質を高め流動的なサッカーをお見せできるよう準備して参ります。
 本日も応援ありがとうございました。次節もまた応援よろしくお願い致します。
川嶋

2018年01月08日
島田綾子選手の移籍先チーム

 移籍先が未発表だった島田綾子選手ですが、なでしこリーグ2部ニッパツ横浜FCシーガルズに移籍することになりましたのでお知らせ致します。

2018年01月07日
[U14C]東京都ガールズ大会 予選リーグ第1節 ジェファFCsonhoに勝利!

◯4-0 試合時間 50分
得点:17分小泉、25分高橋、37分伊井、43分横山(P)

 新年恒例の新人戦が開幕しました。大事な初戦で勝利するためにポジションごとに約束事を定めて挑み、選手たちが本当に良く実行してくれました。また、試合前にGKが急遽欠場となり、スクランブルで指名した選手が快く引き受けてくれたFor The Team の精神が何よりの勝因です。
 今日は満点の試合でしたが、切り替えて次節 十文字中学との試合に向かいます。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
楠本 洋之

2018年01月07日
[U14B]東京都ガールズ大会 予選リーグ第1節 フィオーレ武蔵野FCU14レッドに勝利!

◯6-0(3-0/3-0)
得点 川邉3 遠山2 笠井

 オフ明け2日目の活動ということで、運動量、スピード感ともに自分達の目指すレベルとはほど遠いものとなりましたが、その中でも自分達のストロングポイントを生かしながらプレーできたのは良かったと思います。  また1週間きっちりコンディションを上げて、来週はもう少し迫力のあるゲームを展開できるように準備して参ります。
 本日も朝早くから応援ありがとうございました。次節もまた応援よろしくお願い致します。
田村

2018年01月06日
100%スフィーダ!1月号放送開始!!

J:COMチャンネル(11ch)
日時:水16:30~、土23:30~、日9:00~

iTSCOMチャンネル(10ch)
日時:木16:30~、土22:00~、日11:30~

・1月号は、スフィーダアカデミーに潜入!!
 スフィーダの下部育成組織のユース、ジュニアユースの練習場にMCの森田さんが潜入!将来のトップチーム入りを目指して切磋琢磨する選手たちの素顔に迫ります!!是非ご覧ください!!

2018年01月04日
[ユース]全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会 2回戦 セレッソ大阪堺ガールズに敗戦

●0-5(0-4,0-1)
得点経過:4分、20分、31分、36分、56分
試合時間:80分

 昨年度大会チャンピオンとの一戦。力の差は大きなものでした。具体的には個の技術、チーム戦術の熟成度、経験値は特筆すべきところです。5失点の敗戦でしたがこれでも最小失点に留めた内容で、選手達は最後まで粘り強く対応し、何度も反撃を試みてくれました。
 試合の入りは決して力みはなく、狙った前進、ショートカウンターへの対応もできていました。しかしペナルティエリア角への侵入とそこからのサイド攻撃を食い止めることができず、ファーストチャンスで失点を許します。その後も中央は阻止できても再びサイドを起点としたフィニッシュの形に翻弄され、「人数をかけて守っているのに空間で決められる」形で連続失点となりました。
 後半は上記の修正と中盤エリアの組み立て、ボールに対してパワーのある関わりを増やそうと臨みました。HTで相手主力が下がったとはいえ、攻守に渡り複数で関わりを続けて反撃に転じるシーンは多く見られました。交代選手達はそれぞれの良さを発揮し、流れを取り戻すきっかけとなりました。 これで大会敗退となりますが、今日の敗北感と日本一の強さを感じられたことは、何よりも大きな経験となり具体的な基準になりました。代表、世界を視野に入れて活動している選手との差を縮め、闘い合えるチームになるための、新たなスタートにしたいと思います。そしてこのチームには可能性とポテンシャルがあります。この舞台でプレーできたこと、支えてくれた方々への感謝を忘れずに、強くなり戻ってきたいと思います。
 最後になりますが、今年度ユースチームを支えて下さった全ての方に心から感謝いたします。本当にありがとうございました。
 九州、関西の強豪と対戦できた経験は必ず今後につながります。唯一の高校3年生の背中を忘れずに、これからも精進します。
 本当にありがとうございました。
山田岳暁

2018年01月03日
[ユース]全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会 1回戦 大分トリニータ レディースに勝利!

○4-1(2-0,2-1)
得点経過:片寄、伊藤、砂原、伊藤、失点
試合時間:80分

 いよいよ始まった本大会、初戦の相手は九州第2代表の大分トリニータレディース。
 初対戦の相手、初戦の難しさ、慣れない9:30キックオフなど難しいゲームになると想定できる材料が揃う中、安定した試合運びをすることが肝要となる一戦でした。
 天候は晴れのちみぞれ、強風ありのコンディションで風下のキックオフ。序盤からノーリスクで速い攻撃を仕掛ける相手に対して受け身になってしまったことで、ポジショニングのアンバランスや連動した守備と攻撃の流れが作れず次第に消極的なプレーが目立ちました。しかし相手の勢いがある時間に失点せず、トーンダウンし始めたところでうまく先制、セットプレーでの追加点を挙げることができ、前半リードで折り返します。
 後半は前線にパワーを持てるよう修正を図り、チームで人とスペースの管理を徹底しようと意識を合わせました。後半は全体的に距離感を保てたことで、球際への寄せ、高い位置でのボール奪取、カウンターへの対応を集中力を持って継続でき、守備からリズムをつくることができました。また途中メンバーが変わってもチームとして目指していた形をある程度表現できたことからも、チーム力を発揮できた試合だと思います。
 まだまだ成長を見込めるチームですので、今日の修正、反省点を2回戦に活かしたいと思います。昨年大会優勝チームとの一戦、非常に楽しみに臨みたいと思います。
 ご父兄の皆様、サポーターの皆様、トップチーム選手達、クラブ関係者の皆さん、例年にない寒さの中朝早くから応援に駆け付けて頂き、本当にありがとうございました。また東京からの応援も本当にありがとうございます。明日は大きな挑戦になりますが、全力でぶつかりたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします。
山田岳暁

2018年01月01日
謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。2017年も多くのご声援を賜り誠にありがとうございました。
 2018年はこれまで以上に実力の拮抗したリーグ戦になることが予想されていますが、ここまで積み上げてきた力を信じ、そしてここから確かな積み上げを重ね一歩も引かずに闘って参りたいと思っています。
 アカデミー共々、引き続き熱い応援のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年12月28日
[U-14]東京都U15リーグ1部第9節 フィオーレ武蔵野FCに敗戦

×1-2
得点経過:3分6分失点、10分坂上
試合時間 50分

 前節全試合終了時点で他チームの結果から準優勝が決まった状態で迎えた最終節でしたが、シーズンの締めくくりとして勝利を目指して戦いました。そんな試合で勝利できなかったことは、このチームの来シーズンへの宿題という事だと思います。サッカーはミスのスポーツとは言え、リカバリーできないミスを続けてしまうと今日の様な敗戦につながってしまいます。何気ない場面でも選択するプレーとポジショニングの原則が浸透していれば防げたものでした。一試合を通してみると自分たちのやるべきことを理解しており、前節に続いてサイドからのゴールは成長の証です。また、強度の高い試合でも技術的な基準は確実に向上しました。来シーズンはこれらを結果につなげる事が求められます。
 本日も平日にも関わらず沢山のご声援ありがとうございました。また1年間選手たちへの惜しみないサポートにも改めて感謝申し上げます。選手個々にとっては壁、また壁の連続だったかもしれませんが前に進んでいるからこそだと思います。育成年代とは言え平等にある一日一日が勝負ですので新年のスタートからまた進んでいけたらと思います。
 保護者の皆さまに限らず、トップチームサポーターやボランティアスタッフの皆さんなど、スフィーダファミリーに支えられて選手たちもサッカーに取り組むことが出来ました。全力のプレーこそが恩返しだと思いますので、それが達成できるよう頑張りますので来年もよろしくお願いいたします。
楠本 洋之

2017年12月28日
引退選手のお知らせ③

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、トップチーム所属の吉田こはる選手が今シーズンをもちまして現役を引退することになりましたので御報告致します。

■氏名:吉田 こはる
■背番号:22
■ポジション:DF
■年齢:19歳
■コメント:
 今シーズンをもちましてスフィーダ世田谷FCを退団することになりました。中学1年から8年間スフィーダ世田谷FCにお世話になりました。
 中学時代、ユース時代と悔しい思いもたくさんしてきました。それでも中学2年、中学3年、そしてユースと3度も全国大会を経験させていただきました。トップチームに昇格してからの2年間は今までで一番苦しいものでした。しかし、トップチームでプレー出来たことは私の誇りです。中学1年から目指していたトップチームに所属し、憧れていた選手と短い間でしたが一緒にプレーをすることが出来きました。スフィーダ世田谷FCでの8年間は私の宝物です。
 トップチームでの2年間でたくさんの応援をしていただいたのにも関わらず何も結果を残すことが出来ず申し訳ありませんでした。サポーターの皆さんは怪我をしていた時も必ず声をかけてくれました。そして留学前に励ましの横断幕を作っていただき本当にありがとうございました。感謝の言葉を直接伝えることが出来ず申し訳ありませんでした。
 スポンサーの皆様、サポーターの皆様、監督、コーチ、運営スタッフの皆様、アカデミーの選手、チームメイト、そしてずっと側で応援してくれた家族のみんなの支えがあったからこそここまでサッカーを続けることが出来ました。心から感謝します。本当にありがとうございました。これからは新たな道で私らしく頑張っていきたいと思います。
 今後もスフィーダ世田谷FCの応援よろしくお願いします。

2017年12月26日
[ユース]関東プリンセスリーグ 群馬FCホワイトスターに勝利!

○4-0(1-0,3-0)
得点経過:6分瀧下、58分シャーン、61分清元、69分細井
試合時間:80分

 最終ライン位置が高く、ピッチを目一杯使う特徴を持つ相手に対し、自分達の距離感を維持し攻守に渡る連動を生み出すことを課題にして臨みました。前半は早い時間の得点で流れを掴むかに見えましたが、決定機の相手GKの好プレーや相手の距離感でサッカーをする時間が多く、カウンターからの失点危機もありました。後半は守備の狙いを統一できたことでカウンターに転じる機会も増え、10分間で3得点を挙げたことは今後の良いイメージにつながると思います。
 ラインブレイクの方法や個人の判断については、この試合を通じて明確な課題となりました。ただ時間とゲーム数を増すごとにチームの統一は図れてきているので、チーム力の強化を引き続き進めたいと思います。また攻撃中のリスクマネジメントの甘さも見える試合だったため、試合の主導権に関わる重要なことであると再認識し修正に掛かりたいと思います。
 本日は平日に関わらず応援に駆け付けて頂き、誠にありがとうございました。参加選手は皆向上を継続していますので、このままチーム全員でよい年越しに向かいたいと思います。

2017年12月24日
[U-14]東京都U15リーグ1部 第8節 文京中学校に勝利!!

〇2-0
得点経過:43分遠山、45分加藤
試合時間 50分

 雨天延期が続き、1か月半ぶりのリーグ戦は既に十文字中学校が優勝を決めている状況で、準優勝をかけて残りの2試合勝利を目指すことが目的でした。前後半でメンバーを入れ替え、それぞれ違った課題を持つ2チームを編成しましたが、確実に成長していることが見えた試合でした。技術的なミスと、プレスの強度はまだまだ改善が求められますが、相手の狙いとその精度をひとつひとつ見極め、正しい対応を取ろうとする姿勢が良かったと思います。選手それぞれの個性がしっかりと発揮されていて、無理のないプレーは「サッカー」と呼べるものでした。強度の非常に高い相手のプレーを真っ向から受けてじわじわとペースを掴み、後半は一気に押し込むことで終始試合を優位に進めることが出来たのも、1試合を通してチームとして戦えた結果です。ゴールシーンは2つとも素晴らしく、防ぐのは困難なスーパーゴールでした。
 最終節を勝利することが出来れば2009シーズン準優勝、2012シーズン優勝以来の入賞です。勝利を目指しつつ来季につながる締めくくりが出来るよう選手たちと進んでいきます。
 本日もたくさんのご声援誠にありがとうございました。
 楠本 洋之

2017年12月24日
[U-13]東京都U15リーグ2部 第9節 17多摩SCレッドに勝利!

〇1-0(0-0,1-0)
得点者:高橋
試合時間 50分

 リーグ最終節に相応しい試合とは行きませんでしたが、一年努力を重ねた選手達が勝利に拘り、ラストワンプレーでの相手のミスを逃さず、ゴールネットを揺らしてくました。ビルドアップから丁寧にボールを動かしながら、サイドバックの攻撃参加まで、相手のプレッシャーの逆を取りながらテンポ良く運べていましたが、突破や崩しに必要なクロスの質や縦パスに対するポストプレーなど、まだまだやるべきことはあります。兎にも角にも、第1節目で苦しんだ同じ場所で勝ち点3で締めくくってくれた選手達を讃えたいと思います。ありがとう、そして、お疲れ様でした!
 一年間、U-13へのご声援、サポート誠にありがとうございました。共に戦えた事、どれも素晴らしい時間でした。
川嶋 珠生

2017年12月18日
[U-13]大曽根由乃 2017JFAナショナルトレセン女子U-14東日本 メンバーに選出

 以下の通り、ジュニアユース(U-13)所属の大曽根由乃が2017JFAナショナルトレセン女子U-14 東日本 メンバーに選出され、本日まで活動に参加しておりましたことをご報告致します。

氏名:大曽根 由乃 (おおそね よしの)
年齢:13歳
期間:12月13日(金)~18日(月)
会場:鹿島ハイツ
JFA発表:こちら

2017年12月16日
退団選手のお知らせ

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、島田綾子(29)、森仁美(26)、久保あやの(20)の3選手がが契約満了に伴い退団することになりましたので御報告致します。引き続きご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

-----------------------------------
■氏名:島田 綾子
■背番号:18
■ポジション:MF
■年齢:29歳
■移籍先:未定
■コメント:
 2017シーズンをもって、スフィーダ世田谷FCを退団することになりました。入団させてもらってから2年間と、他の選手よりも短い期間ではありましたが私の中ではとても熱く濃い2年間でした。
 監督を始めスタッフ、サポーター、関係してくれている大勢の方々に感謝しきれないくらいの気持ちでいっぱいです。チーム最年長として、一人の人間としてスフィーダ世田谷FCに何か貢献できたのかと聞かれると何も残せていないなと申し訳ない気持ちでいっぱいです。その反面ここで出会えた仲間から多くのものを与えてもらい本当に感謝しています。
 これからもスフィーダ世田谷FCを宜しくお願い致します。2年間本当にありがとうございました。

-----------------------------------
■氏名:森 仁美
■背番号:7
■ポジション:MF
■年齢:26歳
■移籍先:未定
■コメント:
 今シーズンを持ちまして、退団することを決断しました。
 スフィーダで過ごした8シーズン、本当にあっという間の時間でした。入団当初は、東京都1部リーグから始まったスフィーダ世田谷FCも、チャレンジリーグ、なでしこリーグと、ここまで来れたのも多くの方に支えられたからこそだと思っています。本当に感謝の気持ちで一杯です。
 私自身もチャレンジリーグに昇格、得点王になれたこと、あと一歩で届かなかった1部昇格、引退からの復帰、100試合達成、多くのことを経験させていただきました。『1部昇格』それだけを目指して走り続けてきましたが、その目標を叶うことができず、申し訳ない気持ちで一杯です。どんなときも会場に足を運んで頂いたサポーターの皆様、朝早くから私達が何不自由なく試合に挑める為に、準備して下さったコーチ、ボランティアスタッフ、アカデミーの皆様、本当にありがとうございました。そして、最高のスタッフとチームメイトに出会えたこと、共に闘えたことを幸せに思います。
 最後になりますが、これからもスフィーダ世田谷の応援、宜しくお願い致します。

-----------------------------------
■氏名:久保 あやの
■背番号:5
■ポジション:DF
■年齢:20歳
■移籍先:未定
■コメント:
 今シーズンをもちまして、ユースからお世話になったスフィーダ世田谷FCを退団する事になりました。  ユース時代は、二種登録でトップの活動に参加させて頂いたり、高校3年時にはキャプテンを務めさせて頂き、大変貴重な経験をさせて頂きました。
 トップチームに昇格してからはサッカー選手として、正直苦しい二年間でもありました。その試練も、私にとっては、サッカーを通じての出会い、喜び、楽しさと同じように全て力になり大切な宝物になりました。短い間でしたが、スフィーダでプレーできた事を誇りに思います。
 温かく見守って下さったサポーターの皆様、スポンサーの皆様、監督、スタッフ、選手、アカデミー選手、スフィーダに関わる多くの方々の支えの中でサッカーができた事に心から感謝します。スフィーダでの時間を糧に『自分らしく』また頑張ります。本当にありがとうございました。

-----------------------------------

以上

2017年12月12日
引退選手のお知らせ②

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、トップチーム所属の高橋美春選手が今シーズンをもちまして現役を引退することになりましたので御報告致します。

■氏名:高橋 美春
■背番号:21
■ポジション:GK
■年齢:26歳
■コメント:
 今シーズンで引退することに決めました。スフィーダでは2年間でしたが、私のサッカー人生の中でかけがえのない時間になりました。ありがとうございました。
 1年間通してこのリーグで戦っていくことは簡単なことではありません。今の私には来年もこの厳しいトップリーグで戦うことは難しいと判断しました。まだやれるのではないか?という嬉しい声も頂けていますがここを区切りにしようと考えました。
 私がサッカーを続けていく中で、出会えた皆さん全てに感謝しかありません。本当にありがとうございました。またどんなときもいつも私の味方で居てくれた家族にも感謝の気持ちで一杯です。
 これから始まる新たな人生に向かって、前を向いて進んでいこうと思います。これからもスフィーダ世田谷の応援を宜しくお願いします。私も負けずに頑張ります。本当にありがとうございました。

2017年12月12日
引退選手のお知らせ①

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、トップチーム所属の永田真耶選手が今シーズンをもちまして現役を引退することになりましたので御報告致します。

■氏名:永田 真耶
■背番号:11
■ポジション:MF
■年齢:30歳
■コメント:
 この度、7年間在籍させていただいたスフィーダ世田谷FCを退団する事となりました。
 7年間昇格だけを追い続けました。なんでもいいから1部に昇格したい。ただそんな思いでした。昇格への想いとは裏腹にサッカー選手としての時間が短くなって行く焦りがありました。同世代の選手が退団して行く中、続けた人しか見れない光景がみたい。と思い歩み続け、無謀にも7年が経ってしまいました。応援してくださる方々と昇格を喜んでいる光景を頭に浮かべ、モチベーションとして熱い想いを持って戦ってきました。それでも、達成する事はできませんでした。ここ数年、手が届きそうな所にも行くことができなくなってしまいました…
 私は7年間ほとんどの時間をピッチ上で戦わせてもらいました。私自身の力不足を強く感じました。そして、節目となる30歳という年齢を迎えてしまいました。未達成感の一言に尽きます。サッカーが全てを教えてくれ、サッカーが全てを与えてくれ、サッカーが全となりました。そんな人生の一部とできる事に出会えた事に感謝をしたいと思います。
 いつも私を支えて下さった方々へ昇格をプレゼントできなかった事が悔しくて仕方がありません。皆様には感謝の一言では表しきれない思いでいっぱいです。直接感謝を伝えられない事も心苦しいですが、本当にありがとうございました。来シーズンスフィーダ世田谷FCは勝負のシーズンとなります。引き続きスフィーダ世田谷FCをよろしくお願いします。

2017年12月10日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部 立川FCに敗戦

●0-1(0-0,0-1)
得点経過:55分失点
試合時間:80分

 リーグ最終節、立川FC戦は0-1の惜敗となり、通算5勝2分2敗で2017年度1部リーグを終えることとなりました。来年度のリーグ戦においては、本日を含めた「2分2敗」の4試合で勝ち切れるまたは勝ち点を積み上げることが非常に重要になります。全9試合中4試合の未勝利は優勝を狙う上で致命的な勝ち点マイナスに当たるため、チームとして1戦1戦を確実に勝利する戦い方を備える必要があります。本日の試合は通年選手スタッフが積み重ねてきた集大成であったため、なんとか勝利で締め括りたかったですが、及びませんでした。
 前節の課題にあった、後手対応を減らしノーファールで弾く・奪い切ることに関しては、意識的に取り組む事はできました。しかし前半は単調で連動性に欠ける攻撃が多く、守備に切り替わる瞬間やセカンドボールを拾えずに相手にカウンターからチャンスを伺う隙を与えてしまいました。後半は、攻撃手段を整理し守備切り替えの予測が立つようにすること、各々の判断ではなくチームで意識を合わせ連動性を持つことを確認し、臨みました。前半に比べボール保持率は増したものの、押し込んだ状態からP.A前の強固な守備を崩すことはできず前半に続く相手のカウンターを阻止した瞬間が唯一の好機となっていました。しかし失点は相手ゴールキックの処理不足から受けたカウンターによるものでした。DFの処理と、DF-MF間の距離感やバランスが悪かった空間を使われてのカウンターでしたので、チーム守備であるスペースを埋めることができなかった瞬間の失点でした。本日の試合は一言でいえば攻守の連動不足。自分たちの良さを意図的に発揮できなかったこと、チーム守備に隙間があることが敗因につながったため、スピード感のある明確な攻撃方法の提示や切り替え速度の強化を図りたいと思います。
 本日も沢山の応援に駆け付けて頂き、ありがとうございました。またクラブの試合案内の不具合によりご不便をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません。この敗戦は一発勝負の大会に向けて貴重な材料が詰まっていると感じています。選手達の取り組みが勝利につながるよう、チーム一丸となって取り組んでいきたいと思います。引き続き応援頂きますようよろしくお願いいたします。
山田 岳暁

2017年12月05日
2018シーズン新加入選手のお知らせ⑧

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、日本体育大学より田中江梨奈選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。

・氏名:田中 江梨奈(たなか えりな)
・年齢:22歳(1995年5月27日)
・身長:167cm
・出身:大阪府
・ポジション:FW
・代表歴:
 2015ユニバーシアード日本女子代表
 2016ユニバーシアード日本女子代表候補
・前所属チーム歴:
 ヴィスポさやま→大商学園高等学校→日本体育大学
・コメント:
 この度、日本体育大学より入団させて頂くことになりました田中 江梨奈です。少しでも早くチームに馴染み、自分の力を出しきりチームに貢献できるように頑張ります。関わって下さっている方々への感謝の気持ちを忘れず日々努力していきたいと思います。応援宜しくお願い致します。

2017年12月04日
2018シーズン新加入選手のお知らせ⑦

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。この度、日本体育大学より松永早姫選手が新加入することになりましたのでご報告いたします。ご声援のほど何卒宜しくお願い致します。

・氏名:松永 早姫(まつなが さき)
・年齢:21歳(1995年12月26日)
・身長:159cm
・出身:千葉県
・ポジション:DF
・代表歴:
 2016ユニバーシアード日本女子代表候補
 2017ユニバーシアード日本女子代表
・前所属チーム歴:
 修徳中学校→修徳高等学校→日本体育大学
・コメント:
 この度、スフィーダ世田谷FCに入団させて頂くことになりました。松永早姫です。個人として、常に向上心を絶やさず成長していきたいと思います。そして、チームの一部昇格に貢献できるよう精一杯頑張ります。

2017年12月03日
[ユース]東京都女子サッカーリーグ1部 東京女子体育大学に勝利!

○5-0(1-0,4-0)
得点経過:片寄、浦部、瀧下、砂原、浦部
試合時間:80分

 リーグ戦も残り2節となると、各チーム試合の目的がはっきりしてきます。スフィーダユースは他チームの結果と自らの勝利でリーグ優勝の可能性を残しており、極めて重要な1戦として臨みました。チームのテーマは2点。個の能力を最大限活かす攻撃、チームでスペースを管理しボール奪取を狙う守備を果たそうと、挑みました。
 立ち上がりから20分間は相手の勢いと消極的な守備により押し込まれることが多く、最も失点の可能性が高く反省の残る時間帯となりました。この時間帯を乗り切り、ラインの高い相手の背後を突いた形で先制を挙げ前半リードで折り返します。後半は守備と前線の関わり方、攻撃の基点を再確認し、早々に追加点を挙げることによって優位な展開となりました。3点目以降の追加点は守備から攻撃への移り変わり、個の活かし方、関わり方共に素晴らしいものでした。結果無失点の快勝で試合を終えることができ喜ばしい反面、立ち上がりで全く違うスコアと展開になる可能性を作った反省は重要な学びとなりました。またチームにとって必要と言えないファール、カードが出たことも同様に改善材料となりました。
 残念ながら別会場の首位十文字大学の勝利により優勝を果たすことはできませんでしたが、更に速い判断とポジション取り、ゲームコントロール力を備えられるよう、次節に向け励んでいきたいと思います。
 本日はたくさんのご父兄様、サポーターの皆様に応援頂き、誠にありがとうございました。全ての時間がU18全国大会に繋がるよう、最善の日々を過ごしたいと思います。引き続きサポート頂きますようお願いいたします。
山田岳暁

2017年11月29日
100%スフィーダ!12月号まもなく放送開始!!

J:COMチャンネル(11ch)
日時:水16:30~、土23:30~、日9:00~

iTSCOMチャンネル(10ch)
日時:木16:30~、土22:00~、日11:30~

■12月号は、橘木選手の仕事密着!!スフィーダのサポートカンパニーであるサミットで働く橘木選手を、MCの森田さんが訪問します!そして先月号で放送された川邊監督と森田さんの対談から未公開部分を放送。そしてさらに、今シーズンのリーグ戦、カップ戦から厳選したゴールダイジェストもお届け!!
是非ご覧ください!!

2017年11月29日
新クラブエンブレム

 日頃より、温かいご声援を賜り誠にありがとうございます。2018年よりクラブエンブレムを新デザインへ一新し、新しい歴史を刻んでいくことになりましたことを御報告申し上げます。尚、現在各所で使用されている旧エンブレムにおいては準備が整ったものから順次変更していく予定となっております。また既存の物で変更できない物においてはやむを得ず旧エンブレムを使用していく物もございますので予めご了承ください。
 2018シーズンは新しいクラブエンブレムと共に、祈願の1部リーグ昇格へ向けて邁進して参りますので引き続きご声援のほど何卒宜しくお願い致します。


ニュースアーカイブへ >